2008年 05月 15日

政治的空白/続

内閣は、執行機関である。何を執行するかの政治的意思を決定するのは国会である。
従って、憲法上は国会が「国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である」と規定
している。
日本は立憲国家だから、法律によらない如何なる政治的行為も、公式には認められていない。
尤も、現首相の親父さんは「人命は地球よりも重い」という迷言を吐いて超法規的行為によって
ハイジャック犯の政治的脅迫に屈するという余り名誉とはいえない前例を残してはいる。
ともあれ、この超法規的行為が憲法上許される行為か否かを問うような野暮な裁判は、その
後、誰も起こしてはおらず、内閣が超法規的行為を執行する前例を事実上容認したままに
なっている。
国会を構成するのは二院で、確かに予算案及び条約に関しては衆議院の議決に優先権が
明記されているものの、一般的には、必ずしも衆議院の優位性が明記されているわけでは
ない。参議院が衆議院と異なった議決をするか、またはそもそも議決をしなかったときは、
衆議院の三分の二の多数決による議決が優先権を持つと規定しているに過ぎない。これは
衆議院の優先権を認めるというよりは、政治的意思決定が宙に浮くのを防ぐための便宜的
手段の色合いが濃い。そもそも政治的意思の最終的決定権がどこにあるかをめぐって、これ
ほど曖昧で、しかも場合によっては緊急の政治的課題の決定を最低でも60日間は店晒しに
しておくことを合法化するような憲法規定の曖昧さが、60年以上にわたってただの一度も緊要
な政治的問題にならなかったこと自体、稀有の歴史的事例かもしれない。
これも第九条と形式的にはともかく実質的には立派な軍隊(それとも逆かな?)とが両立しうる
ような国の柔軟性の現われか?
これは融通無碍とも云えるし、無原則とも見える。
「無原則」というと、非常に悪く聞こえるけれど、何を原則とするかは相対的なもので、完全な
無原則というのは単なる自己矛盾でしかない。

政治家というのは、大きく二つに分ければ理念型と無原則型に分けられる、と考えている。
福田さんは典型的な無原則型で、一方、安部さんは理念型の政治家で、自分の理念の重みで
潰れてしまった例だ。社会的環境と強烈な人間的個性がマッチして桁外れに強い理念型の
政治家が現れると、政治家個人の前に世間が潰されてしまう。信長、ロベスピエール、ヒット
ラー、レーニン、毛沢東などが、この例だろうか。ブッシュは、小粒の理念型のようだ。
郵政民営化を馬鹿の一つ覚えのように掲げて首相の座を射止めた小泉さんは、一見、理念型
の政治家のように見えるが、実態は無原則型の政治家だ。

現在、衆参両院の政治的意思は、ほぼ完全に分裂しており、この時期に奇しくも政府与党が
たまたまの偶然によって三分の二の多数を支配しているのは、「天の配剤」ではないかと思わ
れるほど微妙にして、稀有な政治的組み合わせである。もし仮に、この時期に自民党・公明党
連合が衆議院の三分の二の多数を支配していなければ、まるで二重政権のように政治的意思
は完全に分裂し、身動き取れない状態に陥るか、全く整合性のないその場しのぎの衆愚政治に
堕してしまう可能性なきにしもあらず。やや前者に近い状態が日銀総裁人事で現出した。

福田さんは、何をやろうとしているかわからないとか、政策に期待が持てないとか批判されて、
世論調査の支持率も、いくつかの例外を除けば、ほぼ歴史的な最低線にまで落ち込んでいる。
12日の日経BPnetのコラム「支持率20%割れでも磐石の福田経済無策内閣」(参照)で、
森永卓郎さんが
福田内閣の支持率低下が止まらない。5月2日の毎日新聞によれば、前月比6ポイントダウン
の18%となり、とうとう20%を割ってしまった。昨年9月の政権発足直後には57%あった支持
率が、10カ月で3分の1になったわけである。逆に、発足直後には25%だった不支持率は増加
する一方で、前回比4ポイント増の61%となった。
まさに政局激動前夜かという状態であるはずだが、政界は与野党揃って静けさを保っている。
もちろん、あちこちで次の政権をにらんで、こそこそと人が集まっているのだが、声高に倒閣を
叫ぶ者がいない。
不思議なのは、ここに来て自民党内では福田批判がトーンダウンしてしまったことだ。こわもて
の古賀誠選対委員長までが「福田さんは素晴らしい」などと言い出す始末。民主党は民主党
で、暫定税率再可決なら問責決議案を出すといっておきながら、「やはり出さない」などと言って
いる
」と批判している。

しかし、もし仮に、ここで「民意」を反映して、衆議院を解散したとして、いったいどんな状態が
生まれるのか?自民党・公明党が三分の二の多数を失うのは確実としても、民主党が多数派
になれる可能性も少ない。仮に、民主党が多数派を制して政権党になったとして、困るのは
却って民主党ではないかと、僕は見ている。
民主党は、単にアンチ自民党で一つに結びついている野合集団で、反対すべき自民党が野党
に後退してしまえば、忽ち集合力を失って、瓦解する不安定性を内包している。
というのは、現在の与野党の対立は、07/11/11の「頭の体操」(参照)で書いたように、「冷戦
体制」の崩壊という現実を反映してはいるものの、部分的に90年代までの対立軸をそのまま
引きずっており、新たな時代に対応した再編が不可欠になっている。
しかしまだ、その再編の準備が整っていない。

このような歴史的過渡期にあるからこそ、安部さんのようなひ弱な理念型政治家では自ら
潰れてしまうのが相当なところで、福田さんのように何をやろうとしているのか分からない
政治家だからこそ務まると考えたほうが良い。しかし何をやろうとしているかは明確で、
現在の連合政権を一日でも長く延長し、その間に次の再編への準備を整えるのが使命と
考えているのではないかと、僕はみなしている。
「このままでは、日本は潰れてしまう」などのもっともらしい批判が聞こえてくるが、そんなこと
で潰れはしない、というか日本では幸か不幸か政治的意思決定がそれほど決定的な役割を
果たした例は稀な例外でしかない。拙速な政権交代などやっても何も生まれぬ。
[PR]

by agsanissi | 2008-05-15 05:55 | ミミズの寝言


<< どっこい生きている!!      「政治的空白」 >>