2008年 06月 02日

毒入り餃子事件

先月の28日以来、既に梅雨入りしたような天候が続いている。霧雨が舞い、日最高気温も
9度前後と、今の時期としてかなり低い。昨日は、アメダス気温こそ14度まで上がったが、
山は霧に覆われ、肌寒い一日だった。日中、いったん雨は上がったが、明け方前に再び雨。

「世界の環境ホット・ニュース」から、今年の2月22日から原田和明氏の
「毒餃子事件報道を検証する」が配信されている。今朝、シリーズ第19回目が配信された。
シリーズの最初の頃は、この記事の意図が見えなかったが、
・製造段階混入説に対する疑問(第六回、八回)
・メタホドミス(混入毒物)説の疑問(第十二回)
あたりから、国内混入の可能性を示唆する内容がはっきり見えてくる。
更に、第十五回及び今日配信された第十九回で、反中国感情を煽り立て、福田内閣の親中国
政策に対する警告のための一種のテロ行為と見ている気配が伺われる。

この事件についての僕なりの総括は、まだ出来ないが、ともあれこの連載記事は非常に示唆に
とんだ興味深い内容なので紹介しておく。連載記事の全文⇒参照
[PR]

by agsanissi | 2008-06-02 09:02 | 参考記事


<< インフレ「回帰」か?      どっこい生きている!! >>