農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 17日

小麦の作業手順/張込から乾燥まで

c0048643_2214836.jpgc0048643_2224174.jpg











当然のことだけれど、作業手順の組み立て方で作業能率は、著しく違ってくる。
写真の袋は、250キロ程度入る。刈取りは、これよりも一回り大きな350-400キロ程度入る
袋を使っている。天候に恵まれさえすれば、大体、この袋で10-13袋/日収穫できる。
これは、通常のコンバイン袋での収穫では150袋以上になる。
軽トラックに一回20-25袋積むとすれば、6-7回の往復で、積込み・搬送・乾燥機への張込
などに1時間と見れば、それだけで所要時間は6-7時間になる。
コンバインを多少改造して(改造の実例写真、参照)大袋を利用することで、二人分の作業
を一人でこなしている。
最初の収穫作業後の予備乾燥、排出、張込、選別など30キロの袋詰めまでの前工程は
全部、この写真に見るような250キロの小袋を使って処理している。
今回収穫した小麦は、収穫直後は全部30%程度の水分があった。天候条件さえ良ければ
19%程度まで水分を落としてから収穫したほうが乾燥機の燃料代がかからなくて良いの
だが、そんな好条件での収穫作業は十数年やっていて二三回しかなかった。他はもうみんな
雨や霧雨との競争で、収穫作業を焦ってきた。
水分30%以上の小麦は、まずは数時間以内に20%程度まで落として、その後はゆっくり
時間をかけて11-12%程度の仕上げ乾燥をする。
(昔、高水分の小麦をコンバイン袋に入れたまま放置して、発酵して、内部に手を入れられない
ほど高温にしてしまったことがある。またオンボロ乾燥機を使っていて、夜中に故障して停止
してしまって、翌朝、小麦が団子状に固まってしまったこともあった、これは余談。)
今年はこの小袋で全部で25袋程度、これを二三回乾燥機に出し入れする。
5年前の記録を見たら、当時は70-80袋程度あった。小麦の検査基準が厳しくなってから
どんどん減らして、いまでは20-30袋程度と三分の一から四分の一になった。
それでも、先日書いたようにクレーンが動かないとなれば、作業は全くお手上げになって
しまう。
[PR]

by agsanissi | 2008-07-17 22:47 | 小麦


<< ソバ畑準備      小麦刈り取り完了 >>