2008年 08月 04日

マイマイガ

c0048643_624425.jpgc0048643_6251240.jpgc0048643_626244.jpg









「ドクガ科マイマイガ」というらしい。科名の由来は分からぬが、特に毒性が強いわけではない
らしい。昨夕は、街灯の乱舞が減ったので「ピークは過ぎたのかな」と思っていたところ、今朝は
倍増する勢いだ。
「マイマイガ」と検索すると、1.6万件ほどヒットする。
去年の「デイリー東北」(07/08/11)に、「謎の大発生 もぉ~〝ガ〟まん限界!」(参照)とある。
「岩手県二戸地方の四市町村で今月四日ごろから、ガが局地的に大量発生している」と伝えて
いる。
・森林昆虫に詳しい東京大学農学生命科学研究科の鎌田直人准教授は「マイマイガは毒性は
強くないが、人によってアレルギーの症状が出ることもある」と指摘。基本的に樹木の葉をかじる
ため、農作物への影響は心配しなくてよいと説明する。
大量発生の正確な要因は分からず、温暖化傾向が影響しているかどうかについては「何とも
言えない」とした上で、「日本全国で同調し、八―十年周期で個体の密度が高くなる。ちょうどこの
時期に来たということだろう」と分析。
・一方、マイマイガの過去の大発生例をみると、ウイルス病などが流行して密度が下がり、自然に
終息するため、「来年も同じ場所で大発生する確率は低い」とみている。

今年の「岩手日報」(08/07/31、参照)は、
「2年続けての被害となった葛巻町」は街中真っ暗作戦が奏功したと伝えている。「2年続けて」
といっても、大量発生場所は微妙に移動している。

参考:検索ついでに、見事なリンクが紹介されているブログをみつけた。
・【みんなで作る日本産蛾類図鑑V2
イモムシ・毛虫図鑑(晶子のお部屋は虫づくし)
日本産蛾類ファイル(HIGHLAND PARK みやましろ
[PR]

by agsanissi | 2008-08-04 06:59 | 気象/季節メモ


<< マイマイガ/2      暑い!! >>