農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 06日

快晴だ!!

c0048643_1843760.jpg
久しぶりの快晴、陽だまりの温いこと温いこと。

真冬日の曇り空が続いて、意気消沈、ぐずぐずしていたが
今日は心も晴れ晴れ、迷いが吹っ切れたように雪掻きに
汗する。

締め切ったハウス内は、昼頃には23度にも達し、
いたたまれぬほど暑い。
日中晴れれば、芋を展開するには充分だが、今朝の
明け方は氷点下10度以下にも下がり、やや不安がある。

今日は、倉庫からハウスまで道を付けた。

******************

4-5時間の雪かきに疲労困憊して、ラジオをつけたまま夕刻から居眠りしてしまった。
最近、NHKのラジオ深夜便は「農と自然」に関る話が多く、今日は岩手県遠野の
酪農家が「畑に落葉堆肥を入れると、畑が冷えない」という話をしているところで、ふと
目覚めた。
実践家のこういう話は、心に沁みるようによく響く。「畑が冷えない

間もなく、食糧工房の友人から(2/20参照)、この工房にかかわるメンバーによる
パン職人の日記ブログ」の紹介を受けた。
パンは生き物だ」と書いている。夫々の分野で入れ込む人間は、自分の対象に
夫々に「生き物」を感ずる。この生き物感覚を支えるものの実態は何か。

先の「畑が冷えない」という話も、根っこには生き物感覚があるようだ。
逆に言えば、生き物感覚を感ずるようでないと駄目だ、ということか。
[PR]

by agsanissi | 2005-03-06 18:48 | 作業メモ


<< 温かい朝      週末またまた雪 >>