農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ

2012年 01月 22日 ( 1 )


2012年 01月 22日

日々雑纂

・昨日は終日小雨、18㍉前後、気温は3~4度、一昨日から同じような空模様。今日もまた同じか。過去30日間の降水量で見ると、太平洋側の
渇水状態は、北東北の沿岸部を除いて、ほぼ解消しつつあるか。
・午後雨の予報、午前中、3日ぶりの散歩に出る。予報に反し薄っすらと晴れ間、レーダーアメダスでは雨域は抜ける、次の低気圧が接近して
いるが、北側にそれるか早くとも夜遅く。今週の運動不足を取り戻すべく再び散歩に出る。次いでに図書館から借りた【異所性脂肪】のコピーを
取る。120頁で3800円、全部のコピーをとっても300円だからね、到底、買う気にはなれないな、しかもこの手の研究論文集は結構、繰り返し
が多い。

◆異所性脂肪
・ちょっと気になっていることがある。別段、「気に病む」という意味ではなく、「ちょっと注意して調べている」という意味だ。食物から摂取する脂肪
と身体の脂肪の関係だ。脂肪の摂取量が多ければ、肥満になるわけではないし、体脂肪率が高くなるわけでもない。あくまでもエネルギーの
収支バランスがポイントで、支出より収入が多ければ(身体の預金は)、その収入源がなんであれ脂肪として蓄えられる。こんなことは常識じゃ
ないかと思っていたが、「必ずしもそうじゃない」ということは、この問題をめぐって未だに論文やら著作物が沢山出ていることを見ても伺われる。
・バーンスタイン医師は、(前にも引用したことがあるが)「脂肪を摂ることがあなたをあなたを脂肪太りにするという誤った議論は、〈トマトを食べ
れば赤くなる〉と云っているのと同じ程度の科学的論拠である」と喝破している。
・しかし「栄養バランス」の観点から脂肪摂取量は総カロリー摂取量の20~25%以下に抑えるよう推奨されている。日本糖尿病学会の推奨
する「食事療法」では炭水化物60%、タンパク質15~20、脂肪20~25となっている。僕は、いろいろ試行錯誤のすえ、血糖値管理を最重視
すれば炭水化物は20~30%に抑えるほかないと考え、実際そうしている。最近は、いちいち計量してないが脂肪の摂取量は結果的に30~40
程度になっている。血糖値管理の視点からは、それで良しとして、果たしてこれで他のリスクはないのかどうか、それを考えている。
・一つは「高脂肪食は食後高血糖を抑制する点では動脈硬化を抑えることが考えられますが,食後脂質代謝異常によって,トータルで動脈硬化
を進展させている可能性があ
ると言えます
」(参照)という指摘。同じことは「食後高血糖のみを危惧する余り低炭水化物食を奨励することで食後
高TG血症を引き起す
ことが、実際には動脈硬化をより促進させてしまう可能性がある
」(12/01/11「低炭水化物食への一つの懸念ないしは
忠告」参照
)とも指摘されている。
・二つ目は、最近新たに注目されている「異所性脂肪」に関連して、骨格筋細胞内脂質の増加及び肝脂肪の蓄積とそれに伴うインスリン抵抗性
の問題。「異所性」脂肪というのは、皮下脂肪や内臓脂肪のような脂肪組織以外の「本来あるべきでない場所」に過剰に溢れ出した脂肪という
意味(と、僕は理解している)で、肝臓や骨格筋、心臓その他の臓器の周囲等々至るところに付着しているようだ。
・で、問題は日本人(ないしアジア系住民)は、遺伝的に皮下脂肪や内臓脂肪の収容能力が低いのか、肥満でないにもかかわらず「脂肪肝」の
割合が(欧米人に比べて)高いことがひとつ。次に骨格筋細胞内脂質に関して「2 型糖尿病では,非肥満の状態でも骨格筋細胞内脂質は健常
者の約 2 倍と筋細胞内は“肥満”状態となっており,インスリン感受性も健常者の約50%しかないこと
」「長距離ランナーにおいて,たった3 日間
の高脂肪食は骨格筋の細胞内脂質を倍増
させ,その変化量は,極めて個人差が強いこと
」(参照)という指摘があること。
・但し、「異所性脂肪」が、皮下脂肪や内臓脂肪の過剰蓄積に先立って蓄積されることはなく、その意味ではあくまでも脂肪の過剰蓄積が大前提
としてある。
関連する余談
・Googleで「異所性脂肪」と検索すると約57万件ヒットする。NHKでの放送が話題になっているらしいが(参照)、この紹介にある
「肥満=病気」という従来の常識が大きく変わりつつあります。
肥満の原因として皮下脂肪や内臓脂肪が挙げられますが、「太っている」「やせている」
に関係なく、誰でも蓄積する第3の脂肪「異所性(いしょせい)脂肪」の存在です。

との解説、また《NHK追跡!AtoZ3月6日放送【「肥満は悪くない!?」太らずたまる悪玉脂肪》との表題は、多分、曲解か誤解に因るものだろう。
・ちなみに「異所性脂肪」でGoogleSchlarの検索にかけると、わずか14件しかヒットしない。しかも内容も読める論文はたった1件だけで、ほかは
表題だけ、要約(Abstract)もついていない。一方、「ectopic fat」でWeb全体で検索すると約3150件ヒットし、その全部は見てないけれど、
ほぼ必ずAbstractがついており、相当量の論文はWeb上に全文公開されている。はっきり云って、日本語で検索される57万件は屑ばかりで
読むに値しないと見なしている。

------------------------------------------------------

2011年1月は何をやってた??
[PR]

by agsanissi | 2012-01-22 10:36 | 日々雑纂