農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ

2012年 01月 25日 ( 1 )


2012年 01月 25日

日々雑纂

首都圏で4年以内に大地震の可能性70%(12/01/24、WSJから、参照
ネオン瞬く都心も含めた南関東地域で4年以内に大地震が発生する可能性が70%というのだ。これは、マグニチュード(M)9という日本史上
最大の地震が昨年発生したことの影響によるという。
「地震活動を研究する政府の地震調査研究推進本部はこれまで、30年以内にM7以上の大地震が首都圏で発生する確率が70%と述べて
きた。だが、東京大学地震研究所によれば、3月11日以来絶え間なく地震が発生していることから、今まで予想していた以上に早く大地震が
発生する確率が高まったという。地震研では、首都圏で大地震が30年以内に発生する確率は今では98%と計算している。
地震研によれば、1つの地域における大地震の起きる確率と小規模地震(M3~6)の発生回数は比例する。つまり、小規模地震の頻度が
高いほど、壊滅的な大地震が発生する確率が増すことになる。
「3月11日から11年末までに日本で発生したM5以上の地震は合計577回で、気象庁が観測した1996年~ 2011年末までの年平均回数の
約4倍だ
。云々⇒「予測精度」は高まったとは云えるかも知れない。では、その結果として実践的に何が出来るか視点で考えると、確率予測の
意味は何だろうか?専門家の”逃げ”ではないかとの



------------------------------------------------------

2011年1月は何をやってた??
[PR]

by agsanissi | 2012-01-25 08:12 | 日々雑纂