カテゴリ:小麦( 82 )


2009年 07月 12日

小麦刈り取り開始

16.1/24.8度、日照4.2時間、7月に入って、量は少ないが、2、4、5、9、10、11日と雨が降っている。
今年の小麦の開花期は、6/27日頃、例年より3日ほど早い。開花期の赤カビ防除が出来ず、登熟期の
霧雨または雨で、劣化は免れず、殆ど諦め気味ながら、「まあ、刈り取ってみようか」と、我ながら意気の
挙がらぬこと夥しい。

すでに、全体に黒ずんだ模様。とはいえ、予期に反して、黒カビは意外に少なく、ざっと見たところ赤カビ
の被害はないようだ。今日のところ褪色はなく、比較的良好なあめ色。やや痩せ麦の傾向もあるが、収量
は中の上といった見当。要するに”まあまあ”といったところ。
昨夜は、やや強い雨。今朝は晴天、やや風強く乾燥には好都合。11時から刈り取り開始、16時までに
6袋強(約1.8トン)を刈り取ったことろで、Vベルト切れる。今日の刈り取りは御仕舞い。

今年は「水田・畑作経営安定対策」(品目横断経営安定対策から名称変更になった)実施から、三年目に
なるが、昨年辺りから小麦作りは「全く阿呆臭く」なってきた。小麦は、一等二等のそれぞれがA、B、C、D
の四段階にランク付けされ、全体で8段階に分かれている。
経営安定対策が実施される三年前に「検査基準」が厳しく改訂され、それまでは赤カビの混入率は1%まで
は許容されていたが、0.04%と、一挙に25倍に厳しくされ、実質的に一粒でも混入すれば規格外とされた。
事実、僕の場合は、その前年には300袋以上あった合格数が、検査基準の改訂年はゼロ、その翌年は
30袋程度、翌々年は70袋程度と回復してきた。ところが品目横断経営安定対策が導入されるとともに、
「過去実績」に基づく固定支払い部分が三分の二程度を占めるように制度設計され、過去実績の基準値を
この最悪の三ヵ年の平均値に固定されたために、まずこれで左の頬っぺたを強かに殴打された。
次に「毎年の生産量と品質に基づく支払い」の30キロあたりの価格は
1等のAが1055円、Bが805円、Cが730円、Dが701円
2等のAが475円、Bが225円、Cが150円、Dが121円

ところが、去年の「規格外」小麦の飼料用価格が30キロ当たり750円。1等のA、B以外は食料用より
飼料用に販売したほうが有利に販売できる。これで右の頬っぺたも強かに殴打された。
要するに、畑作経営安定対策は「麦つくりは阿呆臭い」と強かに思い知らせる政策になった。
普代村では、僕を含めて三人が小麦の作付けをやり、経営安定対策に三人が加入していたが、僕を除く
二人は、去年は作付けせず、麦つくりをやめてしまった。
僕自身は、畑つくりと輪作の必要上から麦つくりを続けているが、「合格品」を作ろうという意欲は失われて
しまった。
これが全部とは云わないまでも、「畑作経営安定対策」の一帰結であることは間違いない。

c0048643_21232879.jpgc0048643_2124352.jpg













遠景と近景とを撮ったつもりだけれど、似たり寄ったりですな?!

c0048643_23323172.jpgc0048643_23331078.jpg
追加。
茎の黒かびが、意外に少ないのに注目!!
刈り跡の茎の色が、層状に違っているのは何故か??
[PR]

by agsanissi | 2009-07-12 21:24 | 小麦
2008年 12月 17日

小麦畑

c0048643_20284332.jpgc0048643_20292872.jpg













今年は、9月末に東14一箇所だけに小麦を播いた。
播種量は、例年通り11キロ/反だが、冬が温かなせいか往年の活気を取り戻したように勢いが良い。
[PR]

by agsanissi | 2008-12-17 20:35 | 小麦
2008年 07月 17日

小麦の作業手順/張込から乾燥まで

c0048643_2214836.jpgc0048643_2224174.jpg











当然のことだけれど、作業手順の組み立て方で作業能率は、著しく違ってくる。
写真の袋は、250キロ程度入る。刈取りは、これよりも一回り大きな350-400キロ程度入る
袋を使っている。天候に恵まれさえすれば、大体、この袋で10-13袋/日収穫できる。
これは、通常のコンバイン袋での収穫では150袋以上になる。
軽トラックに一回20-25袋積むとすれば、6-7回の往復で、積込み・搬送・乾燥機への張込
などに1時間と見れば、それだけで所要時間は6-7時間になる。
コンバインを多少改造して(改造の実例写真、参照)大袋を利用することで、二人分の作業
を一人でこなしている。
最初の収穫作業後の予備乾燥、排出、張込、選別など30キロの袋詰めまでの前工程は
全部、この写真に見るような250キロの小袋を使って処理している。
今回収穫した小麦は、収穫直後は全部30%程度の水分があった。天候条件さえ良ければ
19%程度まで水分を落としてから収穫したほうが乾燥機の燃料代がかからなくて良いの
だが、そんな好条件での収穫作業は十数年やっていて二三回しかなかった。他はもうみんな
雨や霧雨との競争で、収穫作業を焦ってきた。
水分30%以上の小麦は、まずは数時間以内に20%程度まで落として、その後はゆっくり
時間をかけて11-12%程度の仕上げ乾燥をする。
(昔、高水分の小麦をコンバイン袋に入れたまま放置して、発酵して、内部に手を入れられない
ほど高温にしてしまったことがある。またオンボロ乾燥機を使っていて、夜中に故障して停止
してしまって、翌朝、小麦が団子状に固まってしまったこともあった、これは余談。)
今年はこの小袋で全部で25袋程度、これを二三回乾燥機に出し入れする。
5年前の記録を見たら、当時は70-80袋程度あった。小麦の検査基準が厳しくなってから
どんどん減らして、いまでは20-30袋程度と三分の一から四分の一になった。
それでも、先日書いたようにクレーンが動かないとなれば、作業は全くお手上げになって
しまう。
[PR]

by agsanissi | 2008-07-17 22:47 | 小麦
2008年 07月 16日

小麦刈り取り完了

c0048643_4143032.jpgc0048643_4152479.jpgc0048643_4161295.jpg








標高225㍍、周囲より一段と高い位置にある麦畑、13日は前日より晴天が続き、絶好の麦刈り
日和。麦穂をなびかせて吹き渡る風は、あくまで心地よく、穂はいくぶん黒ずみ始めたものの、
香りは爽やか。
朝露の乾くのを待ちきれず9時から刈り取り開始。快調に進み、350キロは入る袋は、15分~
20分程度で満杯。午前中に4袋、午後から7袋、計11袋刈り取ったところで、西1の収穫は
完了。
一方、乾燥機は8袋で満杯。二台の乾燥機に分けて入れる。契約電力では一台の乾燥機しか
運転できず、水分は30%前後、高水分の小麦を循環運転せずに積み重ねて放置すれば発熱
して、劣化する。というわけで二台の乾燥機を三時間交代で綱渡りの終夜運転。
深夜2時ころに雷雨、一時はかなり強く降る。
13日夜の予報は、14日は終日曇、または曇り時々雨、ひょっとすれば刈り取り可能と期待。
深夜の雷雨で期待は萎む。14日朝の予報は内陸および沿岸北部は「濃霧雷大雨洪水注意報
が出され、夜の初めまで不安定な天気が続く」と。この日の刈り取りはほぼ絶望と諦める。
9時頃には雨が上がり、「ひょっとして」と、昼過ぎまでに20%にまで下がった一台の乾燥機の
小麦を排出して待機(2時過ぎから8時前までに19.5ミリ、一時は時間雨量8ミリのかなり強い
雨が降る)。
3時頃から刈り取り開始。やがて濃い霧が出て、半袖シャツで作業をしていたが、寒さがつのり
ジャンパーを着込む。18時前までに4袋を刈り取る。18時に俄か雨。刈り取ってトラックに
積み込んだ小麦を慌てて搬送、乾燥機に張込み。4袋の張込みに約1時間半かかる。
15日は朝から雨、しかし予報では昼前から晴。10時過ぎ心地よく晴れ渡る。
水分は当初29.8%程度、4袋の小麦は1.2~1.3トン程度あるが、水分を20%まで落とすと
1トン強になる。12時に排出、13時過ぎから刈り取り開始。西7の小麦の生育は悪く、西1の
6~7割の収量、刈り取り能率も悪く、一袋に30分程度。16時までかかって4袋、ほぼ刈り取り
完了。

かくて13日から15日の三日間で刈り取り完了、当初は13日の刈り取り後は雨続きで4~5日
は駄目かと、ほぼ諦めかけていたが、乾燥機も天気も綱渡りで、近年にないほど順調に刈り取
り完了。
綱渡りといえば、刈り取りの前々日の11日夜、かなり強い雷。12日になって乾燥機の試運転
中に電源が入らない、一時は慌てた。200Vのブレーカーが落ちており、元に戻して運転再開。
一安心と思いきや、今度はクレーンが反応しない。他のすべての電気は復旧したのに、クレー
ンばかり200Vの500キロクレーンも、100Vの250キロクレーンも、共に反応しない。クレーン
が動かないとなると、全くお手上げだ。ユニック車のクレーンで、何とか対応できるとしても、
能率は絶望的に悪く、「せいぜい4袋で終わりか」と考える。
15時過ぎ、知り合いの電気屋を何とか捉まえて頼み込む。2時間ほどかかり500キロクレーン
だけは応急処置で何とか復旧。250キロクレーンは、ヒューズが飛ぶだけではなく、ヒューズ
入りの基盤そのものがいかれて基盤ごと交換しなければ修復できず。主クレーンが回復すれば、
とりあえずの作業には差し支えなし。これで一安心。

写真は、13日の麦畑の四囲の風景。ほぼ快晴に近かったが、写真で見ると北西の空には
かなりの雲がわいている。

今朝はまた霧雨だ。
[PR]

by agsanissi | 2008-07-16 05:11 | 小麦
2008年 04月 26日

追肥効果が見えてきたかな?

内陸部は、今朝は軒並み氷点下、藪川・区界などは氷点下5~4度まで下がっている。
沿岸部では普代は、やや低いほうで+1.3度。

c0048643_4245986.jpgc0048643_4403976.jpgc0048643_4413290.jpg









こうして三枚を並べて見ると、やや追肥効果が見えてきたかなという気がする。
左は、4/15の追肥直前のもの。隣の二枚は昨日の午後、幾分、傾向は残っているが改善された。

ついでにナタネの話だが、今年はすっかり消えてしまった。
去年のうちは、弱々しいながら出芽していた。ところが、今年戻って見ると、殆ど消えていた。
播種時期が遅すぎたのだろうか、雪がなかったために寒さにやられたのだろうかなどと疑問
に思っていた。東23のソバ跡に、その前の年に播種したナタネのこぼれた種子がきれいに
出芽して、かなりの大きさになっていたものもすっかり駄目になってしまった。
ところが、一部、冬前にかなりの大きさ(15~20センチ)になっていたものは元気に伸びている。
やはり播種時期が遅すぎたせいだろうか、と考えていたところに
岩泉の方が来て、9月に播いたナタネが、去年内はきれいに揃っていたのに、今年になって
「すっかり消えてしまった」と話していた。普代と同様、雪がなかったそうだ。
ナタネは、意外に寒さに弱いのかしら?
[PR]

by agsanissi | 2008-04-26 05:01 | 小麦
2008年 02月 29日

小麦の国際価格

△5.3/9.7度、日照5.9時間、風やや強し。

穀物の世界的な指標相場となっているシカゴ商品取引所(CBOT)小麦先物3月限は
1ブッシェル(約27キロ)当り12ドル台をつけた後、やや反落した。

ロイター電(08/02/27)は、
0400GMT(日本時間午後1時)現在、CBOT小麦先物は期近の3月限が1ブッシェル=11.
80ドル。前日のシカゴ市場から1.6%下げている。アジア時間の序盤では、ストップ高を付け
た前日のムードを引き継ぎ上昇、一時、約6%高の12.74─3/4ドルまで買われる場面もあ
った
、と伝えている。

c0048643_195452100.gif06年後半以降の急騰振りは、右図(07/09/25読売から)
に見るとおり。仮に、06年末と最近のキロ当たり小麦価格
を試算してみると(クリックで拡大)
4ドル×115円÷27キロ≒17円から
12ドル×107円÷27キロ≒47.6円へと
約2.8倍になった。
このような国際価格の急騰を受けて、農水省は輸入麦の
売渡価格の平均30%の引上げを決定した(02/15)。

農水省の報道発表は(参照)、
麦の国際相場は、
(ア)中国やインド等の人口超大国の経済発展による食料需要の増大
(イ)世界的なバイオ燃料の原料としての穀物等の需要増大
(ウ)地球規模の気候変動の影響
といった構造的な要因による穀物需給のひっ迫から大幅に上昇している。

としている。
実際には、「構造的な要因」との報道をバックにした投機的取引による急騰が中心だろう。
サブプライム・ローンの焦付きをきっかけにした金融不安と株安でだぶ付いた資金が石油
市場や穀物市場になだれ込んだ結果の上げ相場だ。
ともあれ、中日新聞(08/02/16)によると政府売渡し価格の「5銘柄加重平均で1トン当た
り5万3270円から、6万9120円になる。記録が残っている1970年以降、73年12月の
35%に次ぐ大幅値上げとなった。輸入小麦価格は昨年4月に1・3%、同10月に10%引
き上げられており、昨年からめん類やパン、菓子などの価格引き上げが相次いでいる
」と
のこと。

農水省の報道発表には、「参考2」として
平成20年度の輸入麦の政府売渡価格の算出に当たって織り込まれるマークアップ等の額
は以下のとおりである。
マークアップ :16,868円/トン(税込み、小麦、一般輸入方式)
港湾諸経費:2,102円/トン(税込み、小麦、一般輸入方式)

と、付録のように報じられている。

「マークアップ」とは何だ?
嵩上げ分、差額、マージンという意味だ。その実態は、関税と思えばよい。
「マークアップ」がマークアップと云われる由縁を初め、小麦の政府売り渡しの仕組みや
国内産小麦との関連は、緒方林太郎氏のブログの「小麦の価格」(08/02/16、参照)を
読んで貰うと分かりやすく説明されている。

一方、同じ問題を取り上げて、こちらのブログは、「小麦 マークアップって…」(参照)で
小麦生産者のみなさんが政府の助成金目当てに
小麦を生産することをやめてくれれば、
消費者は安くて高品質な小麦にありつけるのですが。
と、論じつつ、
小麦生産者は一般消費者の敵ですな」と煽っている。
(引用されている数字は、ウソではないが、実態とはかけ離れている)

このくらいハッキリと煽り立ててくれると、論点が明瞭になって結構ですな!
[PR]

by agsanissi | 2008-02-29 21:10 | 小麦
2007年 12月 19日

今年最後の麦畑の様子

△3.2/3.5度、日照4.9時間、雲多く弱々しい陽射し

c0048643_20152332.jpgc0048643_20161100.jpgc0048643_20163485.jpg







c0048643_20173982.jpgc0048643_20181814.jpgc0048643_20185640.jpg







左から西1、西7、東15で各々9/27播種(11キロ/反)、12/11播種(15キロ/反)、
東15は来年春の出芽待ち、下は一緒に散布した米糠(60キロ/反)、やや分解始め
[PR]

by agsanissi | 2007-12-19 20:28 | 小麦
2007年 12月 11日

小麦播種

△3.2/6.7度、日照3.6時間、陽射しは午前中のみ、午後は全天雲に覆われる。

東15の大豆跡地に小麦を播種する。コンバインで大豆を刈り取った後、そのままの状態で
不耕起播種する。霜解けの泥寧がこびり付いて往生するが、実質的な障害にはならず。
雪は数日前に消えるが、雪の残っているうちに播種したほうが良かったか。
播種面積189a、播種量270キロ(14.2キロ/反、12列、メモリ57)
米糠ペレット1140キロ(30×38袋、60キロ/反)

この時期の播種目的は、
・冬季播種の可否、大豆跡の播種を導入でき、輪作体系のバリエーションが広がる
・ソバ跡の小麦播種は可能だが、野良生えの混入の危険を考えると不可
・米糠ペレットは、偶々、入手したため、利用法を考える
[PR]

by agsanissi | 2007-12-11 21:33 | 小麦
2007年 10月 31日

生育比較

7.0/15.5度、日照5.4時間、このところの雨と温さの故か、いろいろ動き出した。

c0048643_225356.jpgc0048643_2255587.jpgc0048643_2210951.jpgナタネ、
まずは動き始め、
一安心、
やや鈍い?



c0048643_2216549.jpgc0048643_22194613.jpg西7の出芽遅れも、この一週間で
大いに改善した。
正直なもので、ハコベなど新たな
雑草も一斉に芽吹き始めた。
23日と30日の比較写真


c0048643_22313289.jpgc0048643_2232521.jpg6/30播種と7/9播種のスズカリ、
7/9播種は、葉が落ちて、老熟
と共に、ナタネが勢いづいて来た。
[PR]

by agsanissi | 2007-10-31 22:37 | 小麦
2007年 10月 25日

小麦の生育比較

3.3/17.9度、日照8.4時間、今日も快晴、三日前から西7の小麦畑に転がるヨモギの根っこ
を拾い集めて歩く、やや汗ばむ陽気。

c0048643_20191260.jpg16時52分、海上に輝く月を仰ぐ。今日は旧暦の9月15日、実際の
満月は明日の13時52分、21時間早い。ちなみに明日は月が地球
に最接近し(今年の)、南中時(23時43分)の視直径(視角で計った
直径)が今年最大に見えるそうだ。尤も、明日は曇または雨か



c0048643_20285435.jpgc0048643_2029413.jpgc0048643_20301744.jpg






西7の二列目南西側の生育ムラが酷い。生育ムラと云うより、出芽ムラがそのまま生育の
遅れになっている。この部分は、例年悪いし、ダイズを播いても出芽率は悪い。但し、小麦
の場合は、春までにはかなり遅れを取り戻し、収穫時にはほとんど差を感じない。

c0048643_20403755.jpgc0048643_20411971.jpg一方、西1は南側から見ても、北側から
見ても、問題はないようだ。但し、北側
から見ると、4-5列おきにやや色が薄い
ような気がする。北側は入り口付近の
出芽が遅れていたが、今は問題ない
ようだ。

******************************
今晩、Kさんから「5月初めに播いた黒ダイズが、まだ青々している。盆過ぎのような
具合でなんす」との電話を貰った。
「思い当たることはありますか?」と聞いたら、「鶏糞がちょっと多かったか」と。
反歩180キロの鶏糞を入れたとのこと。発酵鶏糞かどうか分からぬが、三分の一以下
で良かったのではないか、倒伏やツル化しなかったのが、せめてもの幸い。
[PR]

by agsanissi | 2007-10-25 20:48 | 小麦