「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ソバ/ナタネ( 109 )


2009年 09月 18日

ナタネばら撒き/ハロー

10.6/22.6度、日照9.4時間、予報通り、ほぼ快晴。次の高気圧との谷間に入るのは夕刻以降で、
低気圧の中心は北緯50度付近のサハリンを通過し、北海道北部が今夜雨域に入る。
北東北は、日中いっぱい昨日の高気圧圏の影響下にあって晴天。北東側はやや厚い層積雲が
広がるが、南側の空は、写真のように上空の薄雲が広がるのみ。

c0048643_19293337.jpg
昨日、東14にディスク・プラウをかけた直後に、ナタネを
ブロードキャスタでばら撒き。
ナタネのばら撒きは、初めての経験で手探り状態。メモリ3
から始め、6、9と次第に開度をあげて散布。1.6回りした
ところでナタネが底をつく。250aに対して30キロ。
北東側の一列目はやや厚め、次の10メートル程度は薄め
に散布(自然落下のタネを考慮)。
今日、ハローをかけて仕上げ(1:58)。
[PR]

by agsanissi | 2009-09-18 19:36 | ソバ/ナタネ
2009年 04月 22日

土方イモ/仁徳一寸ソラマメ

13.3/19.6度、日照4.9時間。午前中は比較的よく晴れる、午後は雲広がる。
昨日の雨上がりの後、気温は高く、畑に向かう谷間の木々は一斉に命の息吹を吹き込まれた如くに芽吹き、
早くも例年の五月初旬の風情を漂わせる。季節の移ろいは、例年より約二週早い。

まさかとは思うものの、ジャガイモ畑に出芽の兆候は見られぬものかと畝間を歩いてみる。未だ兆候なし。
如何せん、今日で最長19日目。幾ら早くとも来週初めから週末が最も早い出芽期と見るべきだろう。

数日前、地元の人から通称「土方イモ」を貰う。多分、キクイモと同じものと思うが、正確には分らない。
漬物にして食べるというが、5ミリ角程度の細切りにして「かき揚げ」風にして食べてみたが、中々美味い。
キクイモだとすれば、食品成分表によると糖質、たんぱく質、脂質を僅かに含んでいるが、ノンカロリーで
果糖の製造及びアルコールの原料になると書いてある。糖質は、人の胃腸では消化吸収できない糖質で、
そのためノンカロリーなのではないか?
一度植えると、放置しておいても「次々と増えて始末に困るほど」で、それで土方イモと云うとは、呉れた人
の弁だが、利用法も曖昧で、販路がどの程度あるものだかも分らず、まずは試作程度に数十株を大ハウス
と小ハウスの合間の25メートルに植えてみる。

更にその脇に、これまた背丈ほどにも生長するソラマメ(仁徳一寸)を植える。株間40で二条二粒播き。
通常、ソラマメは秋播き-5月・6月収穫だが、場所によっては「ニ度播き」も可能。とすれば、この地域では
必ずしも春播きも悪くはあるまいと、敢えてこの時期に播種。さて、どうなることか?
[PR]

by agsanissi | 2009-04-22 21:43 | ソバ/ナタネ
2008年 12月 09日

人参ジュース

「人参をジューサーで搾った人参ジュースを試供したいという話」の件を12/06に書いた。
瓶詰め、缶詰などの加工は一切せず、人参百%の生ジュースを「季節商品」として提供しよう
という構想。
まずは「国民宿舎の食事に提供してもらうのを手始めに」と、普及所、役場の方とともに行って
きた。当初は、希望者に販売して貰うつもりで考えていた。村内の食堂全体でも「200キロも
どうか?」などと考えていたが、バイキング形式の料理に一括して出してみましょうということに
なり、国民宿舎で全量一括買い上げということで、話はとんとん拍子で進んでしまった。
その場で「絞って、試飲して見ましょう」ということで、実演してみた。以前に試飲したときに比べ
一段と甘みは増している。ちなみに糖度は11.7とかなり高い。
話は、更に進んで、年間に利用する野菜を地元の農家から直接に買いましょうという処まで
進んで、「協議会」のようなものを作って対応するということになった。
[PR]

by agsanissi | 2008-12-09 20:25 | ソバ/ナタネ
2008年 07月 28日

ソバ播種のまとめ

このところ連日のように、濃霧注意報が出され、低温・低日照の日々が続いている。
22日以降、連日、雨または霧雨が舞っている。19日から27日までの総日照時間は
7.8時間と、日平均1時間に満たない。
今朝も、県全域に雷大雨洪水注意報が出ている。

この地域の、ソバの播種限界は今月一杯と見ている。その後は、収量が急減する。
花は咲いても、ほとんど実がつかない。ソバには、もともと徒花が多いけれど、
8月10日過ぎに播いたソバは、ほとんど全部が徒花になってしまう。
そんなわけで、天候回復を待っているわけにもいかず、必ずしも悪天候というわけ
でもないので、25、26、27日の三日間でソバを播いた。

c0048643_7581792.jpg
25日、西11、1.889
26日、東5、0.839
27日、東15、1.006、
合計3.7ha(ソバは7キロ強、肥料は窒素分で5キロ/反)
[PR]

by agsanissi | 2008-07-28 07:59 | ソバ/ナタネ
2008年 07月 19日

ソバ畑準備

昨日、ソバ畑の準備のため二度目のハローをかけた西11の雑草が、前々から気になっている。
一昨年、麦を播いて、年末にかけての大雨で繰り返し流され、一部土砂を被って生育が悪く、
その後は萎縮病の被害か、全般的にも生育が遅れて、そのせいもあって部分的に雑草が繁茂
した。さらに小麦の収穫後に播いたナタネが、殆ど消えてしまって、その跡に雑草と野良生えの
麦が相当に茂っていた。
ここに7月初めにディスクプラウをかけた後、ハローをかけ、一雨あった後に、雑草処理の目的も
かねて、昨日再度ハローをかけた。
いかにソバとはいえ、どうもこのままでは雑草に負けてしまうのではないかと気になって、明け
方から目が冴えて、リバーシブル・プラウをかけなおそうと、明るくなるのを待って、早速山に登っ
てきた。

今朝の山は、霧が深く、10メートル先が判然としない。畑に障害物があるでなし、霧で支障が
あるわけではないが、見通しの効かない作業も気が乗らない。そんなわけで控えている。

この二年ほど、リバーシブル・プラウの代わりにディスク・プラウを使う機会が多かった(というより、
意識的に後者を使ってきた)が、結果として、どうも雑草が増えてきた印象がある。

c0048643_20595925.jpgc0048643_2154179.jpgc0048643_2115135.jpg
[PR]

by agsanissi | 2008-07-19 07:33 | ソバ/ナタネ
2007年 12月 12日

加工用大根

昨夜18時過ぎから降り出した雨が、いまも降り続いている。気温は2.6-2.8度、
雪と雨の境目、山は雪の可能性もある。但し、午後は天気回復模様。

昨日、加工大根の総括会議があった。テスト播種したのは四人、内一人は8/13播種、
他は8月末(25-28日)播種。出荷したのは8/13播種の一人のみ。他の三人の内一人
は11月末に凍結、一人はこれから、僕のは規格に達するものが殆どないという状況。
・積算気温、10月の雨量、肥料など総合的に関連することだが、規格基準(7.5×25)
に達するには、8/15-20頃が安全圏ということかな
・出荷した人の話では、「大きなもので4キロもあった」とのこと。目見当で平均して2.2
キロ以上ないと規格基準に達しないとか(7×40以上程度かな)
・当然、生産者側としては、キロ単価で出荷できないかという要求が出る。

加工用大根は、大きく分けて、漬物用、刺身のツマ用、おでん用とある。ローソンに出荷
するおでん用として始めたが、おでん用は太さに関わらず、中心部だけをくり抜いて製品
にするとか。従って、どんなに太くても、外周部はごみ扱いのため、おでん用大根の単価
はキロではなく、一本単位が標準なのだそうだ。
加工業者としては、一本の大根から8本以上ということで、規格基準を設定しているが、
実際には9本、10本以上取れるものもある(7本以下のものは出荷されない)。実際に
製品として取れた本数単位で計量されるのが合理的だけれど、現状では無理とか。

ついでに。おでん用大根の需要は順調に伸びてきたが、大阪のローソンでなんだかの
製品の賞味期限をごまかしていた問題が発覚して以来、おでん用大根の需要も「ガッタリ
減ってしまった」と話していた。
[PR]

by agsanissi | 2007-12-12 08:49 | ソバ/ナタネ
2007年 11月 22日

人参/ばらつき

△0.8/1.6度、日照4.1時間、朝の冷え込みは差ほどでもなかったが、日中の気温は
上がらず底冷えのする日。最高気温は10時に記録し、その後は0度前後、最高気温が
1度台というのは、この時期として15年ぶりとも26年ぶりとも。一方、内陸地方は11月
としては記録的な積雪とか。
依然として風が強く、内陸にかかる雪雲が吹き飛ばされてくるのか、晴れ間は一瞬にし
て雲に覆われ、見る間に真っ白になるほど吹雪くかとおもうと、たちまち陽射しが現れ、
サッと融けてしまう、そんなことを二度三度と繰り返す。

c0048643_2031554.jpg大きなものは700-800グラム、小さなものは30-50グラム、
入り口、出口だけではなく、5列に植えてあるうち両端は大きく
真ん中付近は小さい傾向がある。このバラつきの一番の原因
は肥料の散布ムラ、あるいは散布方法によるバラつき。背負い
式の散布器で手振りした。散布筒を左右に振りながら前進する
が、両端の滞留時間が中心部分よりもやや長いために肥料が
多めに出ているのではないか。
雑草、生育初期の雑草は大きな影響があるが、生育中期または後期以降の雑草は
肥大には差ほどの影響はないようだ。
個々の人参の大きさは、比較的均等であったり、大きなバラつきがあったりするが、
列全体の収量に注目すると、今日までに22列で240ケース、ほぼ250キロ/列で
均等している。ということはあるバラつきの範囲内では、肥料の総量によって人参
の総収量は規定されるということか。
[PR]

by agsanissi | 2007-11-22 21:18 | ソバ/ナタネ
2007年 11月 20日

人参掘り/これまでのところ

△4/14.5度、日照7.3時間、予報とは裏腹に昨日今日とほぼ快晴に近い、但し時々小雪
舞う。昨日は日中の最高気温が3度と寒い一日だった、今日は気温は上がるが猛烈な風が
一日中吹き荒れ、うっかり立っていると吹き飛ばされそうな強風。

c0048643_20403414.jpg天気図を見ると二つ玉低気圧に挟まれどう見ても大荒れの
天気が予想されるが、雨雲は北緯40度線で際どくはずれて
晴天域に入ったようだ。

人参掘りは、最初の8列を終わって、日曜日から次の19列
に入り、今日までに10列を終わったところで、210ケース。
6-7時間で30-34ケースのペース。
最初の8列は、大きさがほぼ均等していたが、次の10列に
入ったところでバラつきが出るようになる。
傾向としては、入り口と出口は300-400グラムと大きく、真ん中付近が100グラム以下と
小さい。
・すぐに考えられる原因は、肥料の散布ムラ
・とすると最初の8列には、極端なバラつきが見られないのは何故か?
・雑草(露草)の影響?
・前作はすべてダイズだが、前々作は最初の8列は人参、次の10列部分はソバ、その影響?

ところで重曹の効果については、明らかに重曹の効果とみなせるものはない。

参考:20日の「気象人」から(参照
日本海中部に発達した低気圧があって、活発な寒冷前線が本州を通過し
た。暖気が入り、午後は札幌や旭川で雨に変わった。ただ、北海道内陸
は24時間降雪量20センチ程度の雪となった。
太平洋側は晴れたが、関東南部は5700mのトラフ通過に伴って昼過ぎま
でくもり。東京は夕方になって、澄んだ青空が広がった。
■最大瞬間風速
秋田 南南西の風 39.3m/s(11:56)
釧路 南南東の風 34.2m/s(14:50)
相川 西南西の風 32.1m/s(10:30)
根室 南の風 31.0m/s(13:59)
[PR]

by agsanissi | 2007-11-20 21:16 | ソバ/ナタネ
2007年 11月 16日

人参掘り取り記録

△0.1/7.5度、日照5.6時間、和野山は氷点下2度、初氷、例年より2週間ほど遅い。
盛岡は初雪とか。

最近の麦畑
c0048643_191613.jpgc0048643_19163481.jpgc0048643_191716.jpg






★人参掘り取りの記録
12日、11ケース(半日)
13日、12ケース(午前中雨、半日)
14日、24ケース
15日、22ケース(昼前後1時間ほど俄雨)
16日、32ケース(午後からディガーを使用)
去年は規格外が3-4割あったが、今年は1割以下か
[PR]

by agsanissi | 2007-11-16 19:26 | ソバ/ナタネ
2007年 11月 12日

人参掘り取り開始

9.4/14.6度、日照2時間、山に登る道は昨夜の風雨で夥しい落ち葉に覆われ、
本格的な冬枯れの季節に入る。気温は比較的高い。沿岸北部には波浪警報が
出されているが、海はさほどには荒れていない。漁は休みだったようだ。

c0048643_19431291.jpg雨は昨夜のうちに止んで、23時過ぎには星空が見えていた。
雨の中心は、12日には青森県に移り、岩手県沿岸北部では
日中には晴れ間が出た。

一昨日昨日の雨は135ミリに達し、西7の小麦畑の斜面には
わずかに流出跡が見える。人参掘りは無理かと思っていたが、
この雨ですぽっすぽっと簡単に抜けるようになっており、手抜
き作業で抜き取り。2時間半程度で10ケース。
15時過ぎ再び雨、19時過ぎ沿岸北部に暴風警報が出る。
風雨強まる、昨夜よりはるかに風強し、本格的荒れ模様。
[PR]

by agsanissi | 2007-11-12 20:01 | ソバ/ナタネ