農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ソバ/ナタネ( 109 )


2007年 11月 03日

大根

5.7/16.1度、日照4.1時間、朝方はほぼ快晴、久しぶりにカラッとした天気だと心地よく
スタートしたが、まもなく全天、雲に覆われてしまった。

西4の黒ダイズを刈り取ってしまおうかと思ったが、「晴天の日に」と思い直して、ソバの選別
を終わらせ、その後、ロータリハラーを清掃・整備、ソバ粒を一粒残らず取り除く。

c0048643_20551526.jpgc0048643_20553399.jpg久しぶりに大根を見にいった。
25日と今日の写真、
25日の紫色は変異株、
葉色の薄い、やや生育の遅れ
気味のところを中心に抜いた。
太さは45-65ミリ、太い部分で

18センチ程度。葉色の濃い部分は、最大のものよりやや良い程度か。
出荷規格は70ミリの部分が25センチ以上、重さにすると2キロ+αが標準値のようだ。
あと四週、良ければ、4-5割がこの基準値に達するかどうかではないか。
問題点は、
・作土が浅すぎて、根が素直に伸びられず、難渋している
・肥料の散布ムラがある(播種機で対応すれば良し)
・播種日を5日程度早めれば、規格品は2-3割増加するか(但し、S君のものは同じ出芽日
で、生育は遥かに良い。これは人参の連作畑の跡、僕の場合は小麦跡、また散布量自体の
違いを考慮する必要あり。初期成育の遅れと低温化)

外見は、伸長に難渋して如何にも硬そうに見えたが、すき昆布と10分程度煮てみたところ
蕩けるように軟らかくて美味い。
[PR]

by agsanissi | 2007-11-03 21:19 | ソバ/ナタネ
2007年 11月 02日

ソバの本選別

5.8/20.7度、日照1.6時間、朝から黒雲に覆われ、いつ降ってもおかしくない様子。
その割には時折陽射しもあり、気温もかなり高めになる。午後、一時俄雨。

ロータリハラーを使って、ソバの本選別。前の記録を見返したら、05年の同じ時期に
トオミを使った一次選別の写真(参照)とロータリハラーを使った本選別の写真(参照
が載っていた。ほぼ同じことの繰り返し。今年はソバの投入口に小細工をした。

c0048643_0281036.jpgc0048643_029130.jpg
今年は、ずぼらな格好で
ソバ茎のワラを食む
ヤギ公を主役にするか
[PR]

by agsanissi | 2007-11-02 00:29 | ソバ/ナタネ
2007年 10月 30日

ソバの一次選別

昨日今日と二日間で、トオミを使ってソバの一次選別。
刈り取り時には、茎はまだかなり湿気を含んでおり、刈り取った実の中には相当量の茎が
混入してくる。乾燥機にいれ、5-6時間、送風循環をかけるだけで、茎は乾いてかなり吹き
飛ばされる。刈り取り直後に、ここまでやっておかないと、蒸れて発熱し、風味が失われて
しまう。
一次選別で、わらくず(茎)をある程度飛ばして、再度、送風循環にかけて後、最終選別に
かける。一次選別後の収量は、
東23は500キロ(反収は概ね30キロ、コスト割れの限界値は20キロかな?)
東7は900キロ(同じく70キロ)、
さてこの違いは何か?
東23はナタネ跡、東7はダイズ跡、東23はナタネと競合したのに対して、東7はダイズ跡が
プラスした。熟期との関係で東23は台風の影響を強く受けたが、東7は免れた。また東23
の後半部の刈り取りを東7の終了後にした為に、刈り取り期が大幅に遅れ、落実が多かった
などの事情が考えられる。
[PR]

by agsanissi | 2007-10-30 22:11 | ソバ/ナタネ
2007年 10月 14日

ソバ刈り取り

3.4/16.7度、日照6.7時間

東7のソバ刈り取り、東23の刈り取りがまだ終わっていないが、気分転換のため東7に移動。
東23の翌日播種(播種から80日)だが、こっちはまだ黒化率が7-8割程度、台風の影響は
殆どなく、倒伏もない。出芽揃いも良く、80-90キロ/反程度は取れそうな気配。
畑は、総体的には東7よりも東23の方が、どちらかと云えば肥沃だが、ソバの生育は東7の
方が2-3割良いようなのは、ダイズ跡の故だろうか。
非常に快調に刈り取りが進んでいたが、好事魔多し。一袋分を刈り終わったところで(後から
気付いたが)、扱き胴の駆動ベルトが切断、あえなく一時間半で作業中断。
[PR]

by agsanissi | 2007-10-14 20:54 | ソバ/ナタネ
2007年 10月 13日

ナタネ播種

c0048643_19414121.jpg3.1/16.6度、日照4.2時間、内陸を中心に今朝は冷え込んだ。
藪川や区界は氷点下まで下がり、沿岸部では普代だけが特異的
に5度以下にまで下がった。

*************************************

c0048643_19513810.jpg小麦跡の西11と東8にナタネを播種した。東8はディスクプラウで掘り返した
後、ハローで整地して播種した。西11も同じ処理をしようとしたが、土が固く
締まっているうえ、年末の大雨の流出跡の段差が大きく、おまけに麦の生育
不足のせいで雑草が多く(アメリカセンダングサ)、ハローでは処理しきれない。
ロータリで、浅く、軽く、鋤きこもうとしたが、固くてこれも駄目。結局、リバー
シブル・プラウで反転耕起の後、ハローをかける。四苦八苦の末、何とか格好だけつけて
ナタネを播種。経験的には、まあ、これでも充分出芽する。
充分に時間があれば、ディスクプラウで根だけ切って浅く鋤きこんだ後に、播種直前に
ハローで処理したほうが麦の残カン・雑草の分解を促進するにはRプラウで反転するよりは
良いのだが(「現代農業」07/11月号、180.p参照)、現状ではディスクプラウ+ハローでは
播種作業そのものが難航し、出芽率も大幅に下がる可能性がある。一年ほど前「耕す生活」
に「プラウ耕の可否について」(参照)を書いたことがあるが、結局、これも条件的だな。
尤も、プラウがなければ代替手段を考えるほかないから、最初から「条件的」には違いないが。
二町歩にRプラウをかけるには三時間ほどかかる。ひたすら往復運動を繰り返すだけで、
つらつらこんなことを考えた。
・西11(193a)、1時間25分
・東8(138a)、1時間05分
・播種量約1.2キロ/反、12連で畝間は20センチ(メモリ27)、西11の半分はチッソ分で
3.6キロ、残り半分は無肥料。東8はチッソ分で2.7キロ
[PR]

by agsanissi | 2007-10-13 20:14 | ソバ/ナタネ
2007年 10月 08日

ソバ刈り取り

6.7/21.5度、日照8.2時間、昨日は8.9時間、この時期の最長時間は9.3時間程度だから
二日続きでほぼ快晴、今朝は今年一番の冷え込みだ。まだ明るみ始めたばかりの清明な空
に三日月とその下に明るく輝く金星とそのやや左隣に小さめの火星、南西の空に、多分あれ
は木星、が見えている。他の星々はもう見えなくなった空に、惑星の饗宴を見るようで清々しい
気分を味わった。明日は(もう今日か)寒冷前線の通過で下り坂、一時雨模様か。

c0048643_083453.jpg昨日今日とソバの刈り取り開始、午前中はコンバインの清掃・整備
とソバの刈り取り用の組み換え。昨日の午後から刈り取り。
播種から70日余でやや早めだが、台風9号の影響で花が早めに
終わってしまい、黒化率も9割程度か。東23のソバは例年、生育
ムラが多いが、今年も通例にもれず。それでもやや良いほうか。

c0048643_0163745.jpg良いところは100キロほど、悪いところは20-30キロ、まだ半分ほど
しか刈り取っていないが(完了の予定だったが、茎の過水分で中止)
概ね60-70キロ/反、中程度の出来か。
刈り跡には、既に、ナタネがびっしり生えている。このまま春まで育て
花の直後に鋤き込むのが良いか。5/20-25日頃、6月では遅すぎ

刈り取り中、狐が寄って来て、刈り跡を探っている。尾を除けば、やや大きめの猫くらいの
まだ子狐のようだ、独り立ちしたばかりだろうか。数日前、別の畑でプラウをかけている時に
ネズミをしとめた奴と同じ奴だ。味を占めて機械の音に寄って来たのか。コンバインの往復
に合わせて、近づくと10メートルくらい離れて姿勢を低くして、身を隠したつもり。機械の上
からはすっかり丸見えなのが愉快だ。それも五六回繰り返すうちに、襲われる心配がないと
分かったのか、4-5メートル離れては、また戻るの繰り返しに変わった。
[PR]

by agsanissi | 2007-10-08 00:25 | ソバ/ナタネ
2007年 09月 09日

ソバの花/小麦の再乾燥

20.5/26.6度、日照6.3時間、15時過ぎ久しぶりに霧が入り、22度まで下がる。

c0048643_20415062.jpgc0048643_20424148.jpgc0048643_20432759.jpgc0048643_2044631.jpg




左から去年8/19、同9/8、今年(東23)9/9、9/9
*******************************
小麦の選別・袋詰めを始めようとして、隣村で過水分で戻されたと聞いたので、念のため
水分を再チェックしたところ12.6-13.9を表示。7月末の最終乾燥では11%台まで下げて
おいた。この夏の高温・湿気が相当酷かったのか、これほどの戻りはかつてなかった。
約二トンを3時間で13から11.9まで下げる。
[PR]

by agsanissi | 2007-09-09 20:49 | ソバ/ナタネ
2007年 09月 06日

キュウリ/夕顔/冬瓜

アメダスの雨量計には載らないような弱い霧雨が、昨日も今日も舞っている。先月31日以来
の日照時間は7時間強に過ぎない。気象庁の「最新の気象データ」(参照)の中の「天候の
状況
」の過去五日間(9/1-9/5)の日照時間合計(図を参照、クリックすると拡大する)を見る

c0048643_5455585.jpgと、何か規則性があるのかどうか、根室と下関を結ぶ線上で
特に日照時間が短いようだ。普代村も、この線上にある。
「気象人」(参照)の9月の「気象ダイアリー」でこの間の前線
の動きを確認すると、ほぼこの線に平行するように東進して
いる。台風9号の影響で、この先数日間も日照は望めそうに
ない。
****************************************
c0048643_6375778.jpgc0048643_6382989.jpgどういうわけか、この夏はウリ科が
さっぱり駄目
だ。キュウリも夕顔も
冬瓜も、花は盛んに咲いているが
実がさっぱり駄目。偶に付いても
遅々として大きくならない。偶に大
きくなっても、実が固い。

「管理」が悪いかというと、管理らしいことはしたことがないから、それが原因とは云え
まい。敢えて云えば「水不足」くらいしか思い当たるふしがない。その内、「今年は普代村
ではキュウリも夕顔も駄目だ」という声が聞こえてきた。郵便配達員をやっている同僚は、
「まず、どこも駄目だ。そのくせトマトとナスは今年は大豊作だ」と話していた。
水に対する嗜好性、または水ストレスに対する耐性の違いでもあるのだろうか?
尤も、カボチャだけは何があっても元気なようだ。
[PR]

by agsanissi | 2007-09-06 07:14 | ソバ/ナタネ
2007年 09月 03日

ソバ/大根

31日の10時過ぎから雨が断続的に降り続いている。この三日間、八月の暑さと少雨が
ウソのように、すっかり様代わり、雨量は既に60ミリを超え、日最高気温も22度前後に
留まっている。こうなると夏の暑さも、たちまち忘れて、このまま気温が下がり続けるかの
錯覚に陥りがちだ。

・ジャガイモ掘りは、97%程度、ほぼ終わったところで足止め、完了は来週以降か
・ソバは、出芽してやや一ヶ月経過した。草丈は充分だが、ややひ弱。特に東7は
東23の翌日播種だが、成育は4-5日遅れている。

c0048643_6312814.jpg今年も盆過ぎに、ミツバチ集団がやってきた。去年も、
今年の春も「熊の形跡がなかった」ということで、最初
は電牧を設置しなかった。29日の夜、熊に襲われた
ようで、偶々、30日に見回りに来て発見した。
幸いにも外箱を、わずかに破壊されただけで、被害は
最小に留まったようだ。雨の中、急きょ、電牧を張って
いった。


・6月20日前後に播種したダイズの生育が最も旺盛、5月20日前後播種のダイズ
は、畝間を充分に埋めきらず雑草が多く、生育もやや見劣りする。7月9日播種は
30-40センチ前後、さてどうなるか??

c0048643_656525.jpg・25日に播種した大根は、30日から出芽始め。写真は
2日のものだが、ほぼ出芽したように見えるが揃ったの
かどうか、麦わらや麦の野良生えに妨げられ、今ひとつ
判然としない状態。
[PR]

by agsanissi | 2007-09-03 07:11 | ソバ/ナタネ
2007年 08月 26日

加工用大根の播種

25日、14.5/25.4度、日照11時間、陽射しは暑いが、南斜面を吹き上げる風が
爽やか、ミンミンゼミのようなセミの鳴き声が終始聞こえる、夕刻雲広がる。

ジャガイモ掘りは、25、26日と二日ほどお休み。
中休みの利用して、25日に加工大根用(おでん)のテスト播種。
東8の小麦跡に一反歩ほど、品種は本宮と冬だよりの二種類。
テストの趣旨は、
・播種時期(8月後半から月末まで)
・充分な肥大期間(規格は3L以上、径7.5-10で28以上、1.7-2キロ)
・畑における期間(12月初旬?)など。
その他、
・運搬、保管方法・場所、保管中の目減りなど
実際にやや規模を広げてやるとなると、いろいろ問題点も出てくる可能性がある。

管理機でゴンベエを引いて三時間ほど、本宮は西半分(二粒播種)、
冬だよりは東半分(概ね一粒播種)、播種粒数は播種ベルトの穴に
入る粒数で決まる、冬だよりはやや大きめの種子。
間引きの手間を考えれば、冬だよりの種子を篩って使うのが良い。
労働力から云うと、管理機で一反歩の大根を播くよりも、トラクターで
小麦やダイズを4-5町歩播く方が、遥かに楽だな、という印象。
[PR]

by agsanissi | 2007-08-26 04:18 | ソバ/ナタネ