農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ソバ/ナタネ( 109 )


2006年 09月 13日

ソバ畑にヨトウ発生

12.7/21.3度、日照6.2時間、11時頃ミツバチに栄養剤をやる必要があると
養蜂業者が、今日も来訪した。白い粉剤で、巣枠の上から振りかけてやれば
良いようだ。
気温が低かったり、天気が悪いと、ミツバチは蜜や花粉を集められず、逆に
集めた蜜を消費してしまうので、砂糖液を給餌してやるが、それだけでは活力
が落ちてしまうので栄養剤を補給してやる必要があるそうだ。
気温は、昨日と大差ないが、日差しがあるせいか、巣箱の周囲にはミツバチが
活発に乱舞している。

昨日、蜜の採取中に「ソバ畑にヨトウが発生したので殺虫剤を撒きたいが、蜂に
影響はないか?」と問い合わせてきた。
業者は、蜂は変な臭いがすれば近づかないから大丈夫だと応えていた。
僕のソバ畑の花は盛りを過ぎて実が付き始めているので、これからはほとんど
実害はないだろう。一応、見回ってみたが、大した数ではない。

c0048643_22174226.jpg8月に播種して、今が花盛りの一部のソバ畑には
かなり大量に発生している。真ん中から上は、線を
引いたように花が消えているが、ヨトウに食い尽くさ
れた跡だ。
昨日の昼過ぎに見に行って、この写真は今朝撮った
ものだが、被害はほとんど広がっていない。



c0048643_22402869.jpg近づいてみると、虫の付着状況が分る。しかし気温が
低いせいか動きは不活発で、半分近くは死にかけて
いる。寄生虫の寄生でミイラ化して死んでいるものも
いる。
被害は限定的で、急速に広がる恐れはないだろうが
ホウレンソウ、人参、ダイズなど他の作物への被害
の拡大を防ぐために、範囲を限定して殺虫剤を散布
することにしたようだ。

6年前にヨトウが大発生したときは(「ソバの害虫防除」参照)、まだ8月の暑い盛りで、
わずか4-5日足らずの期間に八町歩のソバ畑が、ほとんど全滅する勢いで食い尽く
されてしまった。
較べると、今回の大発生の範囲は限定的で、活動は不活発で、大部分は死期を迎え
ている。しかも以前は、ソバに使える登録農薬はひとつもなかったが、現在は2、3の
殺虫剤が登録されている。虫媒花のソバに殺虫剤を使うという考え方が、いまひとつ
納得のいかないところだが....?!

参考:ソバの登録農薬
黄色灯によるソバの害虫防除
[PR]

by agsanissi | 2006-09-13 23:11 | ソバ/ナタネ
2006年 09月 12日

ソバ蜜の採取

16.1/20.5度、今日も日照ゼロ、天気は週末にかけて下り坂模様。
急遽、ソバ蜜を採取することになり、駆けつけた生協の皆さんを交えて
巣箱の内部から蜜の分離採取の様子まで、一通り見学・体験する。

c0048643_18164377.jpgc0048643_1817437.jpg







    (画像の上でクリックすると拡大できます)

巣箱の蓋を開けると内部は、巣の基(巣礎)になるミツロウで作った人工の巣を
張った木枠(巣礎枠)が、上下二段に8枚ずつ16枚入っている。
巣箱の中に巣枠を入れておくと、ミツバチ達はその上にせっせと同じ六角形の
巣を作っていくそうだ(「ミツバチの巣が六角形なのはなぜ?」参照)。

c0048643_18282069.jpg巣の役割は、産卵室、育児室、蜜や花粉の貯蔵室と
いろいろ。この色々な仕事をミツバチは、それぞれに
分担して分業でやっている。(「ミツバチのお話」参照

この巣穴の中を見ると蜜が溜まっている様子が分る。
蜜のたっぷり溜まった巣枠は、一枚あたり3-4キロの
重さはある。




c0048643_18485624.jpg巣穴は、溜まった蜜がこぼれ落ちないように傾斜が
付いているが、ある程度溜まってくるとミツバチは
自分でミツロウで蓋(蜜蓋)をするそうだ。
木枠の左側の包丁で削っている白く見えるのが蓋
で、この蓋をつけたままで分離機にかけても蜜は
分離できないので、丁寧に取ってやる。
この蓋は食べてはみたけれど、特に美味しいもの
ではない、甘いロウの如し。(「ミツロウ」参照

木枠の真ん中から右側に巣穴が塞がって見えるのは「卵で、大きくなると食い破って出てくる」
と云っていたから、蜂の蛹のことだろう。卵は、「ミツバチの不思議な卵」にかいてあるように、
実は違った様子をしている(参照)。

c0048643_19151428.jpg教わって、防護ネットで顔をスッポリ覆って、最初は
おっかなびっくり、包丁を手に蓋削りに挑戦。
この木枠には、蛹が全く付いていない。
冷えた包丁では削りにくいので、コンロに湯
を沸かし、温めた包丁で削るときれいに削ぎ
落とせる。左手の人が手に持っているポリ袋
に入っているのが、削ぎ落とした蓋の部分。





c0048643_19215989.jpg蓋を丁寧に取り去ってから、二枚ずつ遠心分離機に
かけて、蜜を分離してやる。要するに洗濯機の絞り機
と同じで、右に左にとぶん回して巣枠の裏表に溜まった
ソバ蜜を飛ばしてやる。
この後、金網のネットを通してろ過して出来上がり。





10時頃に始めて11時半頃になると、俄かに周囲をミツバチが活発に飛び回り始め
中には果敢に攻撃してくる奴(「根性曲がり」と云っていた)もいる。コンロに火を焚いて
木屑を入れて燻してあるけれど、なんのその。
蜜集めに外勤していた連中が戻ってきて、当然のことながら蜜に寄ってきて蜜集め
どころではないそうだ。というわけで「ハチミツ採取」は、早朝、ミツバチが巣に戻って
来るまでの時間が作業時間とのこと。これこそ、正真正銘、空き巣狙いですね!!

「風来さんは刺されても大丈夫ですか?」と聞かれたけれど、さて、経験がないから「??」
でも、頭の天辺を帽子の上から一発刺されたけれど、その後何とも異常はないから
大丈夫なのかな。

c0048643_812021.jpg後ろ脚に小さな黄色い花粉ダンゴつけたミツバチ。
自分の体重の半分もの花粉ダンゴを運ぶという
から、これはまだ小さいほうだ。
(「花粉とミツバチ」、参照






c0048643_881936.jpgこれは蜂が自ら増設したオス蜂の巣穴だそうだ。
下のほうが潰れているが、蜜の分離中に巣穴が
壊れても、補修担当がいて、どんどん新たに修復
していくそうだ。









参考:山田養蜂場のWEBサイトには
ミツバチの不思議なくらし
養蜂場だより
など、参考になる面白い記事が掲載されています。
[PR]

by agsanissi | 2006-09-12 19:53 | ソバ/ナタネ
2006年 09月 11日

自家菜園メモ/その3

明け方より夕刻のほうが気温が下がっており、最高気温は22度だが、最低気温は
20時現在で17.6度、さらに下がっている。日照ゼロ。

オクラは、8月中は食べ頃のものは2、3日に一度しか採取できなかったが、最近に
なって丈も1.5メートルを超え、急に勢いづいてきた。10センチ前後の幼果は、生
でも食べられるし、色々、料理法もあるが、15-20センチにもなってくると、文字通り
煮ても焼いても食えない。天ぷらにしたらどうかと試してみたが、噛んだ瞬間、ゴボウ
の天ぷらのような風味があるが、髄のような筋が噛み切れない。種だけは、旨みが
ないではないが、それを目的に天ぷらにするほどのものではない。
オクラは、やはり幼果に限るようだ。

c0048643_20242562.jpg種子として利用できるかどうか裂いてみたが、
20センチほどの果実に、直径5ミリほどの種
が60個入っていた。
成熟種子はコーヒーの代用にしたとも云われ
るが、これはどうみてもまだ未熟種子だ。
一日放置したところ、やや水分が失われて、
扁平になり、色が黒ずんできた。


c0048643_2037257.jpg丈夫な皮を引き裂いて、20倍のルーペで内部を
覗いてみると、なんと!もう立派に発芽の準備は
できているように見えるではないか。
これはこれで、乾燥させれば、翌年の種子として
使えるのかどうか試してみたくなった。
[PR]

by agsanissi | 2006-09-11 20:45 | ソバ/ナタネ
2006年 09月 10日

自家菜園メモ/その2

17.4/32度、日照8.3時間、暑い。何かの間違いではないかと思うほど蒸し暑い。
前線に向って熱風が吹きつけたように東北北部沿岸に高温域が集中している。
15時過ぎに、俄かに雲が広がり、間歇的に叩きつけるような雷雨。
加えて霧も入り、気温は急激に下がる。

自家菜園には、小玉スイカ、夕顔、冬瓜、マクワ瓜、地キュウリ、カボチャと、気付けば
ほとんど瓜類ばかりが我が物顔に地を占有している。申し訳ばかりにオクラとオカヒジキ、
トマトなどが間借り人のように隅に控えている。オクラもトマトも然るもので、絡みつく夕顔
に負けじと茎葉を伸ばしている。それでも時折、夕顔に鋏を入れてやらなければ負けそう
な勢いだ。

マクワ瓜は、4月末から繰り返し植えて出芽はするものの、6月にハウス内に出芽した2株
だけが、辛うじて生き延びたが、いまだ10センチほどの実になっているに過ぎない。
5-6年前にスイカを地植えしたことがあるが、生育適温期間が短かすぎるのか、全くものに
ならなかった。小玉ならなんとかなるかと、今年、初めて買ってきた苗と種から育苗した
ものを5株、ハウス内に植えてみた。購入苗から7月中頃に一個、8月初めに一個着果し
た。7月のものは早まって未熟果のうちに食べてしまった。

c0048643_23441493.jpg8月初めに着果したものが、最近やっとこの程度に
育ってきたけれど、季節はもう冷やしたスイカよりも
温かな夕顔や冬瓜のスープのほうが相応しい時期
に移り変わってきてしまった。
育苗した苗からは、やはり8月初めに少なくとも五果
着果したが、更に2-3週は前進しなければ歓迎される
時期を失している。
[PR]

by agsanissi | 2006-09-10 23:57 | ソバ/ナタネ
2006年 09月 09日

自家菜園メモ

18.5/21.7度、朝方に僅かに陽射しがあり、日照は1.2時間。その後は全層雲に
覆われ、午後は霧模様。

c0048643_21154867.jpgキツネだか熊だか、コーンを目当てにやってくる連中に
踏み荒らされて茎葉の朽ち始め、むき出しに見えている
栗カボチャを適当に集めてみた。2、3株分。
最小が1.3キロ、最大は2.5キロ、1キロ前後の未熟果
に見えるものをヤギに試食させる。包丁を入れたところ、
充分、完熟しているようだ。
ヤギには半分だけ、あとは素揚げにして食べてしまった。
5/21播種、6/7出芽、8月初めに着果。

一方、伯爵系のカボチャは、栗カボチャよりも1週間-10日程度早いが、茎葉がまだ青々
しており、葉に覆われて果実の所在も定かならぬため、そのまま放置。

c0048643_21341985.jpgハウス内に直播した夕顔、冬瓜は6月半ばに出芽。
遅々として生育は進まなかったが、8月になって、
一気に爆発的に広がり、各7-8株ある夕顔と冬瓜
の葉で30坪のハウスを覆い尽くす勢い。七分三分
で夕顔が優勢。マクワ瓜は遥かに劣勢。
数日前、直径15、長さ45、重さ3.2キロの冬瓜を
採取してみた。未熟果のうちは濃い緑色で棘の
ような毛に覆われているが、完熟するにつれて色は
褪せ、毛もなくなってくる。

この地域では、夕顔は誰でも知っているが、冬瓜はほとんど知らない。夏に取れるのに
冬瓜とは、唐瓜の間違いではないかと調べるが、冬から来春まで保管できるので冬瓜
というとか。成る程、カボチャほどではないが皮はやや厚めで堅い。
スープや炒め物であんかけにすると、夕顔とほとんど変わりないが、どちらかと言えば、
一見マシュマロのような夕顔の滑らかな食感に対して、冬瓜の果実は梨のような感触。
[PR]

by agsanissi | 2006-09-09 22:13 | ソバ/ナタネ
2006年 09月 08日

ミツバチ

三日前の夕刻から雨勝ちで、今日は8-9時頃には雨雲は太平洋に抜けて、
その後は雨レーダーにもアメダスにも雨の記録は残っていないが、山では
終日霧雨が舞っていた。19.7/21.2度。

岩泉の養蜂業者が様子見に見えたが、岩泉を出たときはカンカン照りだった
のにと呆れていた。今日明日にもミツを採取する予定だったが、集まりが悪く
来週以降に延期するとのこと。

c0048643_21405438.jpgこのところソバ畑に行っても、ブーンという低周波の
うなりのようなミツバチの羽音が聞こえない日が多く
なった。
花が盛期を過ぎて、枯れ始め、畑全体がややくすみ
を帯びた色に変わりつつあるせいかと思っていたが、
必ずしもそればかりではないようだ。
活発に活動するには「25度くらいはないと....」と
云うが、9月に入って朝の10時前にそんな日は一、
二回しかない。

7月26日播種のソバの草丈は、80-90センチほどで、これから一ヶ月くらいはさらに20-30
センチは伸び続けるだろうが、結実率は急激に落ちてくる。岩泉のSさんが7月20日に播種し
たソバは、現在140センチほどあるそうだが、この時期の一週間の差は反収にして30-40
キロ以上に及ぶのではないだろうか?
[PR]

by agsanissi | 2006-09-08 22:02 | ソバ/ナタネ
2006年 08月 23日

ミツバチがやって来た

22.8/26度、日照ゼロ、夜半と夕刻に短時間のにわか雨。
掘り取ったジャガイモの風乾のため、収穫作業は再び二日間ほど小休止。
次の収穫作業に備えて、東8の草刈りや周囲の木立の枝払いなど。

c0048643_21243311.jpgソバ畑の一画に、二階建て建売住宅のような
ミツバチハウスが俄かに林立した。
西向き、日当り良好、安全対策充実、勤務地
に隣接。





c0048643_2134939.jpgこの一棟あたり1.5万から2万のミツバチの集団が
いるそうだ。全部で16棟、30万内外のミツバチの
集団が移住してきた。
ざっと聞いたところでは、
彼らは、全部が一斉に外に出て働くわけではなく、
交替で三割程度のミツバチが外勤。他は巣の清掃
や補修作業などの内勤にあたるそうだ。
蜜の収集にあたる外勤班は、高さ100メートルほど
まで上昇し、行動半径は約2.5キロだそうだ。今年はこの範囲内に十数町歩のソバ畑が
あるから勤務地に不足はあるまい。

ここに設置されたミツバチ集団は、ソバの蜜ばかりを集中的に集めるのか?
従来から、この地域に棲息していた蜂や虫たちとの競合関係は発生しないのか?
A棟から出たミツバチはA棟に戻るのか、戻るとすれば何をサインに戻るのか?
集団毎のバランスは、どうやって保たれているのか?
等など、いろいろ疑問が湧いてきた。折をみて聞いてみなくては...。

ちなみにソバの蜂蜜は、色が黒く、黒砂糖のような味がするそうだ。一般に濃い色の
蜂蜜はミネラル分を豊富に含み、ソバの蜂蜜は鉄分に富むとのこと(参照:「ハチミツ
のお話あれこれ
」)。
[PR]

by agsanissi | 2006-08-23 21:57 | ソバ/ナタネ
2006年 08月 19日

ソバ開花初め

21.7/24.1度、日照ゼロ、ほぼ終日霧に包まれる。

c0048643_20322232.jpgc0048643_20324342.jpg








27日播種から、まる三週経った。そろそろ開花始期を迎えた。
草丈は35から40センチ。
開花始期にあわせてミツバチの巣箱を設置する下準備として
熊除けの電牧を設置に岩泉のSさんが来訪した。
東14の南側、東13との境の法面の下に置くことにして、3×6
メートル四方の周囲に電柵の杭を8本立てる。太陽電池を電源
にして24ボルトの電流を流すそうだ。
明日早朝に巣箱を持参するとのこと。
[PR]

by agsanissi | 2006-08-19 20:52 | ソバ/ナタネ
2006年 08月 18日

搾油テスト/3

23.3/28.7度、日照1.6時間、この日の最高気温は朝の8時台に記録し、
その後は霧が入り、一時は23度台まで下がる。時折霧雨が舞う。

8/1に紹介した「ナタネっておもしろい」の記事に、
江戸時代に「大阪がかなり高い技術をもっていて、粕を安く買い取って、さらに
3度目絞って商売にしていた
そうです」という話が載っている。
ナタネの第一回目の搾油テストでは、510グラムのナタネから53グラムの油
を絞った。その絞り粕をフライパンで炒って、溶接修理した装置に再び入れて、
14トン程度の圧をかけたり、抜いたりして絞ったところ、30分ほどで新たに35
グラムの油が絞れた。
今日は、この絞り粕(350グラムあった。油が90グラム余、その他70グラムは
炒って失われた水分と出し入れするときに散逸した量だが、その割合は不明)
を圧力釜にかけて、5分ほど沸騰させてから、同じく14トンほどの圧をかけて
更に5グラムほどの油を絞った。

これで最初510グラムあったナタネから少なくとも93グラムの油が絞れた。
かなり簡単な装置でも、二割程度の油が絞れることが分った。
プレス機を使って、同じ方法でさらに搾り出すためには、現在の円形筒が直径
11センチだが、それを例えば半分の径(面積当り圧は4倍になる)にするとか、
抽出口の形を工夫するとか、または前処理の方法を変えるとか、何らかの工夫
が必要か。
多分、熱による変性を避けるには、高い圧を一気にかけずに、ゆっくり時間を
かけて絞り出す、というより滲み出てくるのを待ち受けるという姿勢が良いようだ。
尤も、絞り方によって、油の性質や味・風味にどんな差が出てくるか、それを比較
出来るほどには程遠い。
[PR]

by agsanissi | 2006-08-18 21:18 | ソバ/ナタネ
2006年 08月 13日

ソバの生育比較

20.6/23.5度、日照ゼロ、昼前から霧が入り、時折、霧雨が舞う。
大雨洪水雷注意報が出され、13日夜にかけて大気の不安定な状態が
続くとの気象情報。夜、一時的に強い雨、8.5ミリ。
朝、農協の集出荷場に寄ってジャガイモの選別状況を見ながら、次の
掘り取りがいつ出来るか(ジャガイモの展開場所がいつ空くか)見て廻る。
ちょうど盆休みに入るため、早くとも17、8日頃以降、週間天気予報では
その時期から再び天気は下り坂。

c0048643_0443677.jpgc0048643_0451793.jpg







最初に播いた(26日)ソバが、出芽からまる二週たった。
一部、土目が悪く出芽状況に不安のあった西7は、ほぼ
順調に生育している。

c0048643_0504094.jpgc0048643_051999.jpg








一方、播種時の水捌けが悪く、播種後は盤状になってしまった
東14の一部は、結局、出芽できないままに禿げた状態になって
しまった。播種前にかなりの雨が降り、まだその湿気が残った
軟弱な状態の場所に無理をして播いた場合。
ここはダイズや小麦では、明瞭な生育差を感じたことはないが、
ジャガイモでは雑草が多いし、生育も悪い。ナタネはまだ一回
しか播いたことがないが、出芽ムラが酷かった

c0048643_151197.jpg同じくこの畑は東14の右半分。
ナタネの刈り取り直後の28日に播いたが、概ね順調な
生育。播き終わる頃から弱い霧雨が降りだし、31日に
かけて50ミリ程度の雨が降った。
総雨量はかなりの量だが、出芽や生育状況に目立った
影響は現れていないようだ。7、8列おきに生育にやや
濃淡が見えているが、この原因がなんなのか思い当たる
ものがない。
[PR]

by agsanissi | 2006-08-13 01:21 | ソバ/ナタネ