カテゴリ:ダイズ( 75 )


2005年 08月 28日

ダイズ/その後

c0048643_6323660.jpgc0048643_633119.jpg












発芽直後に、全面穴だらけにされてしまったダイズは、出芽率も悪く、その後の生育も
遅々として進まなかったが、これは「穴あき」のせいといより、気象条件のほうが主な原因
だったようだ。
7月後半以降の高温で、順調に生育し、8月第一週には開花し、やや小ぶりという程度まで
回復した。生育初期の穴あきの影響は、少なくとも外観には見られない。
但し、7月中頃に雨が多く、適期にカルチかけが出来なかったため、雑草に覆われてしまった。
ことに発芽斑のため雑草繁茂が酷い。
[PR]

by agsanissi | 2005-08-28 07:19 | ダイズ
2005年 06月 28日

ダイズ

c0048643_11121379.jpg
平地はやや晴れ間があるが、山は濃霧に包まれ、気温も20度程度か。
20日に播種した人参が、微かに発芽の兆候が見える。
麦は、やや色づき始め、今後の天候次第だが、7月15-20日頃に刈り時か。

病兆か、他の何かの兆候か分からぬが、ダイズの初生葉が尽く
穴だらけだ。自家種はもち論、種苗センターから購入したものも
すべて例外なしに穴だらけ。
子葉自体も何らかの損傷を受けているものが多い。
第一本葉は、幾分かましのようにも見えるけれど、やはり穴あきだ。これが、今後の生長にどう影響するのか?
[PR]

by agsanissi | 2005-06-28 11:31 | ダイズ
2005年 06月 13日

ダイズ発芽状況

濃霧に包まれていた。
畑仕事は小休止で、ゆっくり山に登っていった。山の上は嘘のように
すっかり晴れ渡っている。
平地の本村が濃霧のときは、山の上は晴れていることが多い。年に何回かはそんな時もある。

2日播種のダイズが大分発芽したけれど、せいぜい五割程度ではないか。
6日播種のダイズも発芽し始めている。ひょっとしたら発芽揃いは一緒になるかもしれない。

もともと発芽状況は悪いとは覚悟しているけれど、この揃いの悪さは何なのか?
単に遅れているだけなのか、
播種後の降雨の影響なのか、
種子の悪さの問題なのか、
更に数日待ってみないと分からない。

それにしても、播種前の畑をウロウロしていた鳩をまったく見掛けないのはどういうわけか?
午後は霧が入ってくるとともに気温は急低下、加えてかなり強いにわか雨になる。
[PR]

by agsanissi | 2005-06-13 20:01 | ダイズ
2005年 06月 02日

ダイズ播種

c0048643_19485963.jpg
午前中は昨日の続きで麦に追肥(尿素を窒素分で2kg/反程度)
午後はダイズ播種の準備・プランターの調整に手間取り、3時過ぎから
播種開始。麦の播種機をそのまま使っているから種子の落ち口は沢山
見えるが、元を止めてあるから、実際の畝間は、10、62、10、62の
変則的な幅になっている。72センチ間隔で二列播種と思えばよい。

去年の収穫期の高温・長雨で種子の質が極めて悪いので、三割増し
で播種した。約1時間半で1.6haの播種を終える。
途中から霧雨になる。
[PR]

by agsanissi | 2005-06-02 20:01 | ダイズ
2005年 05月 06日

ダイズ畑準備

明日は低気圧接近で早朝から雨の予報。
4月は40ミリ程度の雨しか降っていない。

内部に雨を送ってやろうと、今日のうちにダイズの播種予定地のうち
2haにプラウをかけた。
[PR]

by agsanissi | 2005-05-06 21:57 | ダイズ