カテゴリ:野菜/自家菜園( 18 )


2010年 07月 09日

玉ねぎ「収穫」

18.2/22.4度、雨量7ミリ、日照5時間。
12:44に大雨、洪水、雷、濃霧の注意報が出され、降ったり、やんだり、カラッと晴れたり、曇ったり、雷鳴が轟いたり、
慌しく変化する一日。県内各地で、40~50ミリ/時間の局地的な大雨を観測している。
16時06分には盛岡気象台から「大雨と雷及び突風に関する岩手県気象情報」が出される。

*******************************

「収穫」と云うにはおこがましいけれど(と書いて、はて「オコ」とは何だと考えたら分からない。烏滸とも、尾籠
とも書く。時に痴も、これに当てる。「大言海」には「おこ」と云う国の蛮人の愚かな風俗に喩えた語だという語源説
が載っている。「烏滸の沙汰」は、これに当たるかな?)、「収穫」には違いない。

c0048643_3523652.jpg


























実際を見るに如くはない。
一昨年は、150本を11/03に定植して(マルチ張り)、最終的に23本が生き残り、殆ど全部が小玉。
昨年は、9/01に播種したが、これが殆どものにならず、再度、苗を200本購入して10/14に定植(マルチなしで
直植え)。結果として、これ以前に収穫したものを含めて130~140程度。小玉が多いが、中玉もそこそこに
出来ているのが、やや意外の感。春先、死んだものもあるから、実質7割以上の収穫。最初のテストとしては、
まずまずの成果。
夜は、小玉だけを選んで、圧力釜で炊いてみたけれど、口の中でとろけるような甘みがあって、食感も味も良好。

今年への反省点は、
・鴨糞の併用
・春先の追肥
・マルチは不要
・種子からやる、苗からが効率的?
添え物のハタケシメジは、一昨日から散見。

***************************************
[PR]

by agsanissi | 2010-07-09 04:18 | 野菜/自家菜園
2010年 04月 29日

自家用野菜

昨日の早朝から、今朝まで終日降り続く、今朝までの総雨量は40-50ミリ。
昨日の気温は、8度前後。今日は、急速に気温が上昇し、12時に23.3度を記録。
岩手県のみならず、東北全体でも普代の気温が最高記録!?
夕刻、日本海の低気圧が通過し、再び雨。

畑は、ほとんど水浸し。
種芋を蒔き終わって、空いたハウス内にロータリーをかけ、自家用野菜を植える。
春菊、ほうれん草、山東菜、大根、二十日大根(ラディッシュ)、葉大根(ハットリくん)、etc

記録によれば、去年の今日は、コゴミを大量に採っている。
今年は、未だその気配すらなし。
菜花を摘む。夕食に辛子マヨネーズで和えて食べる。
[PR]

by agsanissi | 2010-04-29 21:18 | 野菜/自家菜園
2009年 10月 24日

ヤーコン

c0048643_21202539.jpgc0048643_21213654.jpg
今日の予報は、
「高気圧に広くおおわれ秋晴れ」
のはずだった。
確かに天気図は、その通り。
ところが実際は、日照があったのは
午前中だけで、わずかに2.7時間。
午後は厚い雲に覆われ、
今にも雨の降りそうな気配。

台風20号に前線の雲が押し上げられ
列島全体が厚い雲に覆われる。




ヤーコンの地上部は、まだ青々としているが、そろそろ霜の時期を迎え、今日は地上部を刈り倒して
一部だけ(6株)試掘してみた。茎葉は背丈を超えて、優に2メートル近くある。

c0048643_21424393.jpgc0048643_21433716.jpg














ディガーで掘り起こして、茎を持って引っくり返したところ。
一株に、こんな風にイモが付いている。
c0048643_214756.jpgc0048643_21474737.jpg
















イモをもぎ取った跡は、こんな状態。多分、これはそのまま翌年の種芋として使えるのでは?
6株全体の収量は、大小取り混ぜてこんなもの。全部で30キロ余あった。5キロ/株で、大変な生産力だ。
c0048643_21532843.jpgc0048643_2154824.jpg
[PR]

by agsanissi | 2009-10-24 21:30 | 野菜/自家菜園
2009年 10月 15日

玉ねぎ定植

去年、初めて玉ねぎを育ててみた。この地域では10月中頃が定植時期だそうだが、10月の末になって
思い立ち、それから急遽、苗を購入して11月3日に定植した(マルチを張って)。
三種類各50本ずつ150本植えて、最終的に生き残ったのが23本、小玉の玉ねぎしか出来なかった。
更に、春に苗を購入して定植してみたが、これも秋植えとほぼ同時期に収穫、こっちの方がやや大きめ。

今年は、9/01に播種して育苗したが、これが現状では生育不足で心もとない
それで久慈の「朝市」で、苗を200本購入して、10/14に定植した。最近は暖かなので、マルチを張った
のでは「花が咲く」かも知れないとの助言を受けて、やや短めに切り揃えたうえで、マルチを張らずに、直に
定植した。

c0048643_644320.jpgc0048643_65338.jpg
[PR]

by agsanissi | 2009-10-15 06:05 | 野菜/自家菜園
2009年 08月 30日

大根播種

13時までの最低・最高気温は、13.5/20度、午前11時に最高気温で、その後は下がってくる。
重苦しい曇天、午前中は僅かに日差し。

東23、カボチャの間に大根播種。今晩から明日にかけて台風接近に伴う大雨の可能性があり、
タネが流される可能性はあるが、天候回復を待っていれば、播種時期を逸する可能性のほうが高い
と見て、播種する。

400粒×5列に、各一列ずつ(南側から)
・おでん大根(タネは数年前&去年のもの)、トーホク
・でん太、タキイ
・夏祭(7/01播種分は、素直な伸びで非常に良い大根)、トーホク
・耐病総太り、アタリヤ
・干し理想、タキイ
播種直後に、ロロックス(千倍)&ルビクス(800倍)を散布、一部、人参にも散布。

c0048643_1731024.jpgc0048643_17313262.jpg
[PR]

by agsanissi | 2009-08-30 13:58 | 野菜/自家菜園
2009年 08月 05日

モロヘイヤ

6/16にモロヘイヤのタネを播いた。原産地がどこなのか?エジプト・中近東付近とすれば、温かいに越した
ことはなかろうとハウス内に播いてみた。当初は水が不足したのか、気温が低かったのか、出芽率も悪いし、
遅々として伸びない。
昨日、やっと30-40センチに育ったものが何茎か揃ったので、初めて食べてみた。
サッと軽く、塩茹でにして、刻んで、ミニトマト、ワカメ、玉ねぎと一緒にして、天ツユとカツオ節を少々、酢の物
風にして食べてみた。これも良いが、食感から云うと、納豆との組み合わせが断然良いかなと、今朝は生で
刻んで、納豆と混ぜてみたが、ちょうどメカブを混ぜたような感触で、その滑らかさが美味さを引き出す!

栄養成分などを調べてみる。
「クスリになる..」と謳った二冊の本には載ってない。
「クスリになる食べ物事典」(参照)には、にんじんは「ベータカロチンの王様」と紹介してある。
・「ガンにはベータカロチン!」が浸透し、ベータカロチンを含む人参が食卓のスーパースター的存在に
なった。
・ビタミンCを含む食品と組み合わせると、ベータカロチンの変質を抑制する。生の人参にはアスコルピ
ナーゼという酵素が含まれていて、ビタミンCを破壊するので、加熱するか、生食では酢で和えると、
酵素の働きが抑制されて効果的。

また「ガン予防」に効果的と、にんじんの他にはカボチャ、小松菜、ブロッコリーを紹介。
・カボチャの黄色い果肉はベータカロチンの色。
・ベータカロチンは、ガン細胞の発生を防いだり、免疫機構を高めてガン細胞が発生しときに戦って
くれるマクロファージなどの活性を強める。
・カボチャのビタミンCは、加熱による損失が少なく、ベータカロチンとビタミンCを一緒にとるには効果的。


一方、小松菜は、ほうれん草にはない栄養素が含まれ
・100グラムで、ガンに有効なベータカロチンとビタミンCは一日の摂取量を取れる。
・カルシウムも多く、100グラム中に一日の摂取量の半分を含む。
ブロッコリーは
・人参がベータカロチンをたっぷり含み、一芸に秀でた天才型とすれば
・ベータカロチンの他、ビタミンCや食物繊維も備えた優等生型
・100グラム中にベータカロチンと食物繊維は一日の摂取量の1/5、ビタミンCは一日分を含む
・但し小松菜とブロッコリーのビタミンCは熱に弱い。


「クスリになる食べ物」(参照)には、
・人参の英語のキャロットの語源は「カロテン」
・100グラム中のカロテン含有量は、青ジソ、パセリには首位の座を譲りますが、カロテンを効果的に
摂るには、人参が最適。


こう書かれるとベータカロチン、ビタミンC、カルシウムを摂るには、にんじん、小松菜、ブロッコリーなどが
最適なのかと思ってしまうけれど、
AllAboutサイトの「夏バテにおすすめ! モロヘイヤで栄養補給」という記事(参照)には
モロヘイヤは、古代からインドやエジプトを中心とした中近東でも広く栽培・利用されてきました。
「モロヘイヤ」というのは、アラビア語の「王様の野菜」という意味。どんな薬を飲んでも治らない
重病の王様がモロヘイヤのスープを飲んで治ったとか、王族以外には食用が禁じられていた
などの古代エジプトの話に由来しているようです。

と書いてあり、
「モロヘイヤに多く含まれている栄養素」としてβ-カロテン、ビタミンB2、ビタミンC、カルシウムの含有量
について小松菜、ほうれん草との比較が載っている。
『ウィキペディア(Wikipedia)』には、シマツナソという別名で載っている。


「健康食品百科」(参照)には、
ジュートと呼ばれるシナノキ科の一年草です。はじめは綱に使う繊維採取用に栽培されていましたが、
その栄養価の高さから健康野菜として見直され、食用として沖縄などで栽培されるようになりました。..
栄養価が高いので栄養補助食品として有用

とある。

「野菜・茶業試験場ニュースNo.64 2001」(参照)をみると、
「健康増進に有効な抗酸化活性の高い野菜とその成分」としてモロヘイヤを紹介している。
「研究背景」を
生活習慣病が増加し、健康指向が高まる中で、野菜 のもつ疾病予防・健康増進の機能(生理的機能性)
が注目されてきた。野菜に含まれる機能性成分のうち、抗酸化成分は活性酸素による生体成分の酸化
傷害を抑えることにより種々の疾病や老化を防止する可能性がある。そこで、野菜の抗酸化活性を評価し、
活性成分を明らかにした。

と説明した上で、
野菜の抗酸化作用について
アオシソとモロヘイヤが最も高い抗酸化活性を示し、次いでパセリ、コマツナ、シュンギクの順に活性が
高いことが明らかになった
(比較図は同サイトを参照)。
としている。

参考に、以上の比較表を作ってみると(五訂「食品成分表」による、100g中の成分、単位は省略)
          β-カロテン、ビタミンB2、ビタミンC、カルシウム、鉄分、食物繊維
モロヘイヤ   10000    0.18    65     260    1.0   5.9
にんじん     8600    0.04    0.27    30     0.2   3.0
カボチャ     4000    0.08     32     14     0.5   4.1 
コマツナ     3100    0.13     39    170     2.8   1.9
ブロッコリー    770    0.09     54     33     0.7   3.7
ほうれん草   5400     0.11     19     69     0.9   3.6 
*モロヘイヤは茎葉、生。にんじんは皮むき、ゆで。カボチャは果実、ゆで。コマツナは葉、生。
ブロッコリーは花序、ゆで。ほうれん草は葉、ゆで。

こうしてみると、栄養機能食品という意味では、鉄分でコマツナに譲るほかは、少なくとも比較対照成分では、
最も優れものといえそうだ。尤も、通常の一食当たりの重量比で考えた場合の各栄養成分の摂りやすさは
(にんじん、カボチャの100グラムは簡単に摂れるけれど、モロヘイヤの100グラムはかなりのボリュームに
なる)、また別問題。
この点は、抗酸化作用についても同様で、アオシソやパセリに比べれば、モロヘイヤのほうが遥かに取り
安い。
[PR]

by agsanissi | 2009-08-05 16:29 | 野菜/自家菜園
2009年 07月 29日

大きくなったね!!

c0048643_644444.jpg
先月までとは様代わり、このところ雨と濃霧注意報が続く
今朝も雨、更に一週間は不順な天候が続くとの予報












菊イモ、左から6/02、6/29、7/28(菊イモの右側はソラマメ)
c0048643_6465469.jpgc0048643_6474230.jpgc0048643_6481418.jpg











左から6/29と7/28のヤーコンと菊イモ
c0048643_6583448.jpgc0048643_659321.jpgc0048643_6593181.jpg
[PR]

by agsanissi | 2009-07-29 06:48 | 野菜/自家菜園
2009年 07月 16日

絹さやの反省点

21.9/30度、日照10.1時間、午前中やや風強し
午後は、ジャガイモ(東6&5)に殺虫剤、やや遅い感もあるが、テントウムシダマシの二次発生(男爵芋は
3-4割がテントウムシダマシの被害を受け、半数程度は黄変期末期に入っている。キタアカリは半数程度
が黄変期始期で葉茎が残っている)対策。その後、西8にゴボウ播種(前回分を含めて2キロ4万粒)。

さやえんどうは、先月26日頃から収穫の最盛期に入るが、僅か二週間程度で収量が激減してしまった。
16年前に、一度、作付けしただけで、今年が実質的に初めて。どの程度、収量が上がるものか知らないが
10-15キロ程度は採ったから満足はしているが、改善点・反省点をあげておくと...
1.株間・畝間を広げて、風通しと作業性を良くする事
イ.畝間は1.5メートル以上とすること
ロ.株間は、生育状況をみて、大胆に間引きをすること
ハ.支柱は、高さ1.8メートル程度を目安に、しっかりとした丈夫なものにすること。
上部は番線を利用して固定。

2.うどんこ病及びアブラムシ対策
イ.うどんこ病の病徴を見逃さないこと
ロ.アブラムシ-ブロア利用?

c0048643_20123189.jpgc0048643_20131832.jpgc0048643_20135875.jpg










c0048643_20174180.jpgc0048643_20181864.jpg
[PR]

by agsanissi | 2009-07-16 20:18 | 野菜/自家菜園
2009年 06月 19日

ヤーコンの記録

アメダスでは、雨は明け方と23時過ぎにのみ記録、しかし日中も濃霧に覆われ、歩けば微かに霧滴を感ず。
時折、霧が晴れて雲間から薄日が差し、ほのかに温かみを感じ、そのせいか、ここ数日に比べ気温はやや
高めで、13-15度で推移。
渇水とか、真夏日とか、熱中症とか、西日本の様子を伝えるニュースが異次元世界の如し。

c0048643_23325165.jpgc0048643_23341769.jpgc0048643_23352777.jpg









4/30に定植、左から5/11、6/02、6/09


c0048643_23414874.jpgc0048643_23421420.jpgc0048643_23425346.jpg









去年作のヤーコンを年末にハウス内に伏せ込んだものの現状、
一部、花が咲き始める、やや徒長気味、6/14に定植。右は今年のもの。右端は土方芋。
(画面上でクリックすると拡大表示できる)
[PR]

by agsanissi | 2009-06-19 23:48 | 野菜/自家菜園
2009年 06月 16日

アズキ播種

c0048643_224566.jpgc0048643_2141861.jpg
五連の人参播種機を45センチ幅三連に
変えて、ロールを交換して、アズキを播く。
アズキ用に購入したロール(右側)は穴が
大きすぎて4粒播きになるため、人参、大
根、ほうれん草などに使っているロール
穴を、一つ措きにドリルで加工して使う。



1-2粒播きで、3キロ(西8に一反部程度か)。北側半分が空いたが、ゴボウにするかどうか。
六月初旬の播種予定にしていたが、雨模様で延び延びになり、とうとう今頃になってしまった。
アズキは、霜にあたると、すっかり硬くなって、いくら煮ても芯が残るようになるため、早めに
播かなければならないが、播種限界はいつ頃だろうか??

一昨日、ハウス内のキャベツを全部(10株)穫り、その跡を片付け、モロヘイヤを播種
[PR]

by agsanissi | 2009-06-16 21:28 | 野菜/自家菜園