農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:覚書( 35 )


2007年 10月 16日

カテゴリ分け

5度台、曇、大まかには高気圧の圏内に入っているが、やや北に傾き北東気流が流れ込み
やすい気圧配置になっている。それで曇空だが、気温は低め、これで平年並みか。3度台は
やや下がりすぎ。

10/8に書いたように「カテゴリ分け」を変更した。今日、05/02の初回分まですべて再分類
を終えた。カテゴリ分けは、更に再検討してみないことには、どうも未だ落ち着きが悪い。

新たに「考える」というカテゴリを設け、ここに農学的なものを入れた。「書評」のようなものも
ここに入れたが、書評のための書評ではなく、やはり農学的意味が中心だから、ここに入れ
た。
農政」のカテゴリを設けるかどうか迷っている。正面切って「農政」をいろいろ取り上げる積り
は今のところないので、「覚書」や「作業メモ」「参考記事」の中に入っている。
参考記事」、これは使い方によっては便利なので、範囲を広げてWEBの面白いページ、
統計調査(農政的なものは、殆どこの面から取り上げている)など入れることにした。
機械類」の中には、機械そのものを扱ったものも、機械の扱い方のものもここに入れた。
「作業メモ」の中には、文字通りの作業メモもあれば、日常雑記のようなものも入っている。
日常雑記を分ければよいようなものだが、もともとそんなものを書く気はないから、敢えて
カテゴリを立てるほどではない。
当然のことだが、カテゴリ分けのために書いているわけではないから、二つ以上のカテゴリに
またがる場合があるが、中心になるもので分類した。これも未だ落ち着きが悪い一因。
「覚書」と「作業メモ」は、互いに交差しており、再検討が必要。
[PR]

by agsanissi | 2007-10-16 06:15 | 覚書
2007年 10月 08日

カテゴリ変更・設定

カテゴリを変更して、新たに作物別のカテゴリを設定した。
従来は、このブログは僕のホームページ全体の中で「作業日誌」を中心にするという意味で
「作業日誌」のカテゴリの中に、作業に該当する事柄全体を含めて記述してきた。

四年前、最初にホームページを立ち上げた当時は、まだブログは産声を上げたばかりで、
数も極めて少なかった。一握りのマニヤを除けばブログという言葉自体も、公開日記風の
その内容と合わせて新奇な初物のようで、やや未知数の感があった。それから僅か数ヶ月
爆発的に拡張、数も内容も、また機能も、量的・質的に充実してきた。
というわけで、ほんの数年前には、HTML文法を使って記述するのが当たり前と思っていた
ホームページ作成作業が何か遺跡発掘作業のような、過去の遺物を掘り返すかの錯覚さえ
覚えるに至ってしまった。要は、便利さにかまけてブログにばかり頼っているに過ぎないが。

ホームページ全体を再構成しなければと思っているが、思っているだけで何も手をつけて
いない。手をつけないでいるうちに、ブログばかりが肥大化して、そこに何もかにも詰め込む
風に変わってきた。為に「作業日誌」というカテゴリでは、もはや内容を適切に反映しなくなっ
てしまった。
というわけで、過渡的なカテゴリ変更を設定し、まずこのブログから再構成することにした。
取り敢えず06/11/18までの分を変更、それ以前も今後、徐々に変更の予定。
[PR]

by agsanissi | 2007-10-08 01:55 | 覚書
2007年 07月 21日

お知らせ

今朝は曇、結局、雨は東北南部に偏って、北緯40度線上は日本海側にのみ留まったようだ。
「脅かしやがって」というところだが、小麦刈りにかまけて気圧配置をこの数日チェックせずに、
ラジオの予報に慌てた自分が悪い。
ともあれ、完了したから取り敢えずは万事良し。今朝は、やや疲れが出た。

それで、今朝は
・20日の「人口推計云々」の続きを掲載
・「土を考える」の19日分までを「講読の部屋」にまとめて掲載(こんな長いもの
まとめて読む奇特な方がいるかしら??)
・予定では、「耕す生活」に去年連載した「土壌微生物の覚書」を掲載するつもり
ですが、注記を入れたり、一部書き直したりしたいと思って、やや躊躇っている
・「日本に農業はいらないか」も、同様の扱いを考慮中
....のお知らせのみ。
黄河文明と長江文明の比較云々は、余力があれば今晩にでも。
[PR]

by agsanissi | 2007-07-21 06:05 | 覚書
2006年 12月 05日

道路の姿が見えてきた

-4.1/10度、晴れたり曇ったり、日照4.2時間、一週間ぶりに最高気温が10度に
達した。

13年前、普代村に越してきた当時、バイパス工事の計画は決まっており、数年以内にも
出来るような話だった。時は流れ、一昨年頃ようやく用地買収も最終段階に達し、今年春
から橋脚工事が始まった。夏頃の橋脚基礎工事の様子は06/06/27に紹介した(参照)。

c0048643_1835252.jpg道路を乗せる所の様子を、是非見たいものと
思っていたが、先月中頃、ふと気付いたときに
は、写真のように出来上がっていた。





c0048643_18434638.jpg


それから二週間、道路は更に300メートルほど
伸びて、左側への山側への橋渡し工事は、ほぼ
最終段階に差し掛かった。




c0048643_1850954.jpg
かなり大掛かりな工事だが、この段階では直接
作業に係わっているのは、大クレーン車の操作
技師一人、橋脚上の三人とわずか数名だけ。
周囲の付帯作業に五-六人、全部で十人内外。

大掛かりなプラモデル工作を見るような具合だ。
[PR]

by agsanissi | 2006-12-05 19:36 | 覚書
2006年 10月 23日

体調不良/左胸の痛み

▼21日の昼過ぎ、カボチャの取り集め・運搬に当たっているとき、突然、左胸上部の
痛みに襲われる。カボチャ運搬をやめて、横になるがいたたまれないような痛みを感ず。
▼今まで一度も経験したことない痛みで、原因は分らず、色々不安を感ずる。
深呼吸を繰り返すと、やや楽になる感じだが、それもわずか。
▼17時過ぎに帰宅して、そのまま横になる。ラジオを聞きながらウトウトするが、
一夜寝れば直るのではないかという思いと、もっと酷くなっているのではないかという思
いが、こもごも交錯する。
▼22日朝、左胸の痛みは消えるが、寝すぎたせいか腰が猛烈に痛い。この日もラジオ
を聞きながら、一日中横になっている。この間、夜に牛乳を一杯飲んだだけで、他には
何も口にせず。22日夜には、胸の痛みは完全に消えたようだ。それにしてもこの痛みの
原因はなんだったのか??
▼23日朝になって初めて起き上がり、かなり長時間机に座る。腰の痛みは和らぐ。
食事をしようかという気になる。お粥を作り食べる。その後再び寝る。
▼二日間寝ながら藤沢周平「闇の傀儡師」上下二冊を読む。

▼21日午後中村建設社長来る。今週末あたりに黒ダイズ刈り取りをお願いしたいと。
[PR]

by agsanissi | 2006-10-23 11:58 | 覚書
2006年 10月 19日

PukiWikiに注目

▼PukiWikiを使って「百姓の知恵袋」を進化できないか
PukiWikiを道具にして、みんなで「百姓の知恵袋」を作成するような形式に
変えられないか??
1.PukiWikiの使い方?
2.そもそも普通のホームページのような使い方が出来るのか?
3.メリットとデメリット
4.知恵を共有できる

PukiWikiの公式ページ
[PR]

by agsanissi | 2006-10-19 07:42 | 覚書
2006年 09月 27日

余談/ブログ集の索引

明け方から雨になった、気温も15度前後と比較的高く、風もやや強い。天気図を見る
と太平洋南岸を低気圧が北上している。疑似台風というか、生まれの違いからか台風
になれない温帯性の低気圧が前線を押し上げている。

去年の6月から「農に生きる」というブログ集の索引(参照)を作っている。
これは「にほんブログ村」の始めたシステムを利用して関連テーマに勝手に集まって
きたブログ記事(参照)を、僕が簡単に分類して過去の記事を参照しやすいように索引
化したものだ。ただトラックバックURLを貼り付けるだけで、「農に生きる」のテーマに
関連した記事が集まるという利点があった。勝手に、ただ貼り付けるだけという手軽さ
が気に入っていた。

ところが22日を最後に、トラックバックURLを貼り付けても僕の記事もブログ村に登録
されなくなってしまった。僕は一応「農に生きる」のテーマの管理人になっている。

変だな、と思っていたら...こんな記事が出ていた。
お知らせとお詫び/ 誠に申し訳ございません。現在トラコミュは試験的にメンバー
専用(ID付トラックバックURL)とさせていただきます。メンバーではないブロガーの
皆様もご参加可能にしていたのですが、一部のスパム行為の為このように対策させ
ていただきました
。トラコミュにご参加いただけるブロガー様はぜひ下記よりメンバー
登録をよろしくお願い申し上げます。 」

勝手に、ただ貼り付けるだけ、という手軽さが良いのに、予めメンバー登録をしなければ
トラックバックも出来ないとなれば「ブログ村」の価値は半減以下だ。しかも管理人の記
事までスパム扱いで掲載されないとなれば、これはお笑いだ。
スパムかどうか、削除するかどうかの判断は「管理人」がすればよいことで、メンバーで
なければ一律に排除などという阿呆臭いシステム、まして管理人の記事まで排除という
馬鹿で排他的なシステムになど、僕は同調する気はさらさらない。
[PR]

by agsanissi | 2006-09-27 08:18 | 覚書
2006年 08月 17日

「耕作者の部屋」

昨日の気象条件は23.1/26.1度、日照時間0.9、朝一時的に2ミリほどの雨が
降り、その後も山は時折霧に包まれ、気温はそれほど上がらぬが蒸し暑い一日
だ。台風10号は、遠く四国沖にあるが、そのもたらす大気が蒸し暑さのもとか。

11日以降、事実上の「夏休み」のようなもので、小麦の調整・選別作業以外は
普代浜に出てコンブ拾いをしたり、山をぶらぶらしているだけで、何もしていない。
久しぶりに夜空を眺め、天の川がクッキリ見えるのに、改めて感動した。
なんと足元ばかりに気を取られていること?!

この間に「耕作者の部屋」の2006年度分のジャガイモの記録を、ボチボチ更新
を始めました。今年は、種芋を全量北海道産に切り替えたり(北上産を全量廃止)
雑草対策に作付け体系を変えたり、また収量増加について本腰を入れて考え直し
てみようかようかと、多少、新しい試みを導入したりしてみた。
まだ更新途上で、新しい試みの結果は充分には反映しておりませんが、どうぞ
参照ください。
[PR]

by agsanissi | 2006-08-17 08:18 | 覚書
2006年 08月 01日

索引と検索窓

いまだに低温注意報が出ている。
今朝目覚めて、「そういえばもう八月だな」と改めて思い出した。
4時半現在の気温は15度前後、七月に30度を超えたのは一日だけ、25度を超えた日数も
七日しかない。日照時間も70時間をやや上回る程度か。この時期、ヤマセが常態とは云え、
やや異常値に近いかな。何かしらの異常が常態のような気もするが....。

さて、「お知らせ」の類だ。
右欄の「カレンダー」部の<Augusut 2006>の、左側の「<」とクリックすると、7月の
記事表題の一覧を、右側の「>」をクリックすると翌月の記事表題の一覧を表示出来る。
次々とクリックすれば、次々と前月または翌月の記事一覧が表示できる。
真ん中の「August 2006」をクリックすると、当月の記事一覧が表示される。

その下の「検索」窓も、なかなかよく出来ていて、特定用語を遺漏なく検索できる。この種の
検索窓は、他のブログにも一応は備えられているが、例えば楽天広場「耕す生活」の検索
窓は、かなりいい加減で遺漏だらけだ。
比べると、Exciteの検索は優れていて、ほぼ完璧だ。
単独語だけではなく、半角マスを空ければ複合語の検索も出来る。例えば「ソバ 湿気」と
検索してみると、10件の記事がヒットし自分で書いて忘れているような記事もヒットする。
これを利用すると、記号や特定用語を記事中に入れておけば、備忘録メモとしても利用で
きて非常に便利だ。
[PR]

by agsanissi | 2006-08-01 05:56 | 覚書
2006年 07月 01日

索引

今日は予報を見ると、朝から晩まで雨マークが出ている。
実際には明け方に、ほんのいっとき強い雨が降っただけで、
いまは薄日が出ている。

右の最下段の「ネームカード」を登録すると無料掲載できる写真の容量制限を
1GBまで拡大できるので作ってみた。どちらが副産物かわからないが、アクセス
解析が出来るようになった。アクセス数のほか、検索エンジンと検索用語が頻度
表示される。
それによると、「植物の病気」が圧倒的で、ファンベルト交換、風来山人、カルチ
と並んでいる。「植物の病気」は一般用語で偶々検索にかかって訪れた可能性
が高い。ファンベルト交換、カルチとなると、逆に最初からこの作業日誌を承知
している人が、特定の記事の掲載場所を探している可能性が高いのかな...。

ところで僕は「索引」が好きだ。索引の掲載されていないような本は信用しない
というくらいに好きだ。昔(と云っても30-40年前のことだが)は、古本屋に行くと
百科事典の「索引」だけ二束三文で売り飛ばされていて、そんなものを集めて
いたくらいに好きだ。百科事典や学術本は「索引」がなければ価値は半減する
くらいに重要だけれど、昔はそういう認識が一般には薄かった。英米の本には
ペーパーブックにでも立派な索引が、昔から付いていた。最近は真似るように
なってきたが良いことだ。尤も、パソコン機能だけで安直に作る例が多いのかな。

さて、ここまでは今日の話題の前置き。そんなわけで特定の記事をお探しの方
の便宜のために、これから毎月一日だけには、6/1の記事「老婆心」を再録する
ことにした。必要に応じて、多少は変更するけれど。

以下再録。
昨日の記事で4/18の記事のことに触れた。この記事を参照したい場合は、
いちいちページの最下段まで行って、「次のページ」「.....」とクリックする
必要はない。
右欄のカレンダー部分のJune2006の「<」をクリックすると、6月の
記事の一覧表が参照できる。もう一回クリックすると、5月の記事一覧を
参照できる。お試しください。

*******************
以後、他のブログも時々注意してみているが、この種の索引機能のあるブログ
は(本人にだけは一覧表示されても)、意識的に探したわけではないから、ない
とは云わないが、「楽天」のブログとExcite以外には、僕は知らない。せいぜい
「最近の記事」が掲載されているだけだ。それほど日々に時の流れにまかせ、
過去のことに関わってはいられないということか。そんなものは最初から、なくて
も良いような気もするが...。

ついでに、楽天の「耕す生活」は、2/20以降更新していないが、なぜか更新を
しなくなってからのほうが日々のアクセス数が増えている。こちらに書いたほう
が良いような記事まで、「作業日誌に長々と書いているな」と多少は反省している。

もう一つついでに、「農に生きる」というブログ集の「索引」も作っている。これは
いくつかのブログ記事を大分類しただけの「索引」だ。暇なときはパラパラ捲って
(とは云わないか)見ると、面白い記事に遭遇しないとも限らない(参照)。
[PR]

by agsanissi | 2006-07-01 08:05 | 覚書