農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:覚書( 35 )


2006年 06月 27日

道路が通る

朝から「どんよりした天気で、昼前に一時雨」という予報だったが、ほぼ快晴。
雨レーダーを見ると、5時半現在に県南部には雨が降っているから、俄雨の
可能性はある。

c0048643_675447.jpg自宅の南側を普代川が流れている。秋には鮭が
遡行し、時期には、時に鶴が寄ることもある。今の
時期、鴨の群れが泳いでいる。
対岸の道路まで250メートルほどあり、30メートル
ほどの川を挟んで両岸は、去年までは松と広葉樹
が鬱蒼と茂っていて、写真に見える工事ブロックは
もとより、建物群は何一つ見えず、対岸の山も中腹
から上が僅かに見えていただけだった。

そんな風景はありふれたものだから、今では記憶の中にしか残っていない。
いま国道45号線のバイパス工事が進められ、橋脚のブロックが5箇所見え
ている。一つだけコンクリートブロックが見え、他の四つは鉄骨の脚組みが
見えている。右側の四つは対岸、左の一つだけがこちら側。
ここに道路が乗り、車が通るようになれば、眼前の風景はコンクリートの帯
で両断される。
いままでは、朝は鳥の鳴き声以外には、風向きによって聞こえてくる波の寄
せる音と自分の出す音くらいしか聞こえなかったが、それもこれからは車の
騒音にかき消されてしまうのか。
[PR]

by agsanissi | 2006-06-27 06:31 | 覚書
2006年 06月 01日

老婆心

ダイズ播種は、今日の夕刻または明日以降で、ちょっと今朝はのんびり。
昨日の記事で4/18の記事のことに触れた。この記事を参照したい場合は、
いちいちページの最下段まで行って、「次のページ」「.....」とクリックする
必要はない。
右欄のカレンダー部分のJune2006の「<」をクリックすると、5月の
記事の一覧表が参照できる。もう一回クリックすると、4月の記事一覧を
参照できる。お試しください。
[PR]

by agsanissi | 2006-06-01 07:06 | 覚書
2006年 02月 12日

参考資料


「耕す生活」の「半分はお喋り/化学肥料と有機質肥料 」のなかでも書いたけれど、
日本のWEBサイトも、最近はなかなか捨てたもんではなくなってきた。

昔は、無意味な表題だけを並べて、中味は非公開にしたり、有料冊子の宣伝だけという
ほとんど見る価値もないようなホームページが多かったが、有益なデータベースを公開
する動きに加速がついてきた
ような感じがする。
別段、そんな動きのキャッチャーではないから、詳しく調べたことはないが、10年前と
では創世記以前と創世記後くらいの開きがあるし、5年前とでも天地ほどの差がある。

米国という国は、NSAの電子盗聴(参照:エシュロンとNSA)やら国防総省の全国民の
データベース化の計画やらCIAの秘密活動やら国家による情報活動が異常に肥大化して
いる一方では、情報公開のシステムも公開する情報の内容も日本など全く比較の対象に
ならぬほど周到で濃密だ。
一方、日本はまともな情報機関がないのはもち論、スパイ天国と云われるほどに情報が
外国には筒抜けになるにもかかわらず、情報公開のシステムも公開する内容も唖然と
するほど貧弱でお粗末、そのくせ公開申請の書類手続きだけは面倒で、「もういい」と云い
たくなるほど厳重という本末転倒ぶり。
一言で言えば、形式主義で無内容
ネット世界にも、かつてはその形式主義が悪臭ぷんぷんというほどに充満していたが、
その世界に風穴が開き始めたという感じがする。

と、大上段に振りかぶったわりには、意外と卑近なところに話は変わるが、啓林館の
高校生用の理科系教科書が試験公開されている。僕が「耕す生活」で書いている程度の
話でも、化学Ⅰ、生物Ⅰの基礎知識があればはるかに理解しやすいから、時に応じて
参照するとよい。

◆◆ 畑を耕し、自分を耕し、世間を耕す、【耕す生活 ◆◆
[PR]

by agsanissi | 2006-02-12 10:19 | 覚書
2005年 10月 21日

ゆれやすさマップ

近頃、地震が多いようだ。
同じ大きさの地震でも、地盤や活断層の関係でゆれの伝わり方もゆれの大きさも変わってくる。
それで内閣府は、全国の表層地盤の揺れやすさを表した地図を公表した。全国を1km四方に区切って、
それぞれの地域ごとの相対的な揺れやすさを、色で示したもの。
色分け地図
説明資料など

アルプス山脈を境に、くっきり南北に分かれているのは興味深い。
[PR]

by agsanissi | 2005-10-21 07:09 | 覚書
2005年 10月 19日

どんぐり銀行

今朝、ラジオで茨城県大子町の山の環境を守るボランティアグループが「どんぐり銀行」を始めたという話をやっていた。
どんぐりを預けると、一個につき1Dを「預金通帳」に記入し、100D以上になると100Dにつき1本の楢、クヌギ、樫など
の苗木を引き出せるそうだ。
ユニークなアイデアで、いろいろ応用可能性がありそうだ。

帰りの道々、いつもは見過ごしているどんぐりがやけに目に付いた。
[PR]

by agsanissi | 2005-10-19 20:53 | 覚書