カテゴリ:作業メモ( 123 )


2011年 10月 14日

作業メモ

◆芋掘り
・13日午後、ワセシロを5列掘る。これでワセシロは16列まで終わる。残りはあと20列程度
・実質1時間弱で5列、無人走行。1列掘り終わるごとに要所(掘り取り部、籠ローラー、屑タンク)を点検すれば問題なし
・これで掘り取り時期の融通性は飛躍的に向上(今までネックになっていた盆最中も可能)
・畑での選別は、昨日は黒崎からボランティア4人参加(14~16時半)
・全体で約2トン(出荷用1.5~1.6、タネ用200、譲る250、他に腐れ等の廃棄?etc)

◆天気の崩れ
・高気圧の中心は東海上に抜けて、次の低気圧が接近。東北地方は今日の後半から天気は下り坂。大陸から前線が近づいているが
日本海には新たな低気圧が発生して、二つ玉低気圧になる可能性も。
・野外作業は(当面、東5&西11の畑起こし)、土・日は駄目、次の芋掘りは少なくとも来週後半以降。

◆当面の作業
・東5、西11、西7⇒来年に向けての畑起こし。東14も対象になるが、芋掘りを終わってからの課題
・人参堀り⇒ぼちぼち、合間を見て、1回目は17日か
・アズキは完了(13日、面積によっては採取はボランティアに任せて良い)
・大豆の収穫(11月)
ジャガイモの回転掘り取り・展開・選別・置き場所・出荷の流れ、スムーズな流れを確保する一番の問題点は何か?
イ.広い置き場所があればすべて解決する(機械倉庫に6~7トンはおける)
ロ.畑においておける限界点(劣化の問題)
ハ.遅滞のない回転(中継?)
ニ.分散(この場合は運搬が問題)

◆カボチャ
・室内には収納しきれず、外に野積みにして、夜はシートを掛けて保管することに、約1.5トン(⇒簡易テントを考慮)
c0048643_19362873.jpgc0048643_19365423.jpg














◆台車製作
・外枠の形式だけは完成する。あとは500キロ程度の荷重に耐えられるよう補強工作が必要。
c0048643_19404315.jpgc0048643_194115100.jpg














【今日の空模様】
特徴:明日にかけて日本海に低気圧が発生して、九州付近の低気圧と並進する見込み。大荒れの天気が予想される。
気象庁は、13日16時25分に「大雨と雷及び突風に関する全般気象情報第1号」を発表、15日にかけて東北地方も
対象地域に拡大される。



****************
【日々雑纂】
糖尿病診断アクセス革命参照)、
[PR]

by agsanissi | 2011-10-14 05:33 | 作業メモ
2011年 10月 11日

作業メモ

◆ジャガイモ掘り
・9/29、10/02、10/04、10/05とぼちぼち芋掘り。収穫機上に選別人員を乗せずに、ほぼ無人走行でワセロ&男爵を17列(各11&6)掘る。
・条件さえ整えれば、無人走行で充分対応できる(最低一人は乗せたほうが良い)。
条件は、1.畑の充分な乾燥、2.欠株をなくすこと(土が上がってこない条件)、3.機械の点検・整備、4.補助装置の工夫(鏡など)、
・次の雨は15日、その前13又は14日に一回

◆ワセシロ選別・袋詰め
・作業場内の床上に広げたイモを、乾いて物から袋詰め、一旦、300~500キロの袋に詰めて一時保管。
・先月の大雨で水に浸かったイモの被害を除くと、病気その他の障害イモが殆ど無い、作柄としては申し分のない状態か。
・M&L以上の規格品が、7.5~8割程度、50~60グラム前後が1割弱、残りがやや大きめのS玉
・浸水被害
掘り上げた当初は何も兆候はないのに、数日、放置しておくと表面に黒い斑点が浮きだしてきて、やがて火傷の傷跡のような爛れた肌になり
液汁が滲み出してくる。握れば、もち論、膿のような感触があるが、割ってみると中はまだ意外としっかりしている。

c0048643_2051532.jpgc0048643_2055330.jpg













c0048643_20133659.jpg



・一方、表面は意外と軽症のように見えながら、
中はスッカリ腐食してドロドロのクリーム状に
変質しているものがある。
・このイモは、「一部切れば良いか」と別にした
ところ、太鼓のような「中が空洞」の音がしたの
で、割ってみたところ、無惨!!
・握った一瞬、「軽いな!?」という感触はある。
・これは(水に浸蝕されたと云うより、ストロン部
から菌が侵入して腐敗した。
・こんなものを、どんどん排除して、500キロ
程度の袋に入れて出荷まで一時保管する。






・問題は、この特大袋を10~20袋作業場内に保管するには自在に移動できる工夫が必要。
そこで左のような移動クレーンを用意したけれど、200キロ程度ならひとりでも比較的簡単に移動できる、500キロとなると、このクレーンだけ
では容易ではない。
c0048643_20225251.jpgc0048643_20274319.jpg














・そこでもう一工夫。廃棄されたブロードキャスターの外枠を利用して台車をつくることにした。
・大きな外枠を4つに刻んで、1メートル程度の(トンパックのフレコンは、直径1メートル程度で高さも概ね1メートル)台車の枠を作る。
・見れば簡単だけれど、四カ所の溶接部の内三カ所は難なくできるけれど、四カ所全部をピタッと合わせて溶接するのは神業とは
云わないけれど、素人には中々容易ではない。最後はバックホーのバケットをプレス代わりに使って隙間調整。今日はここまで!

c0048643_2024660.jpgc0048643_20232982.jpg

















【今日の空模様】特徴:   、最低・最高気温:    度、日照:     時間、


2010年7月は何をやってた??

****************
【日々雑纂】
[PR]

by agsanissi | 2011-10-11 20:12 | 作業メモ
2011年 10月 02日

作業メモ

◆加工用ジャガイモの仕入れ担当者の来訪
・9/30、去年、試験的に加工用に使って頂いたジャガイモを今年から本格的に納品することになり、二度目の来訪をうける。
・台風15号に伴う大雨の後、23日以来概ね晴天が続いていたが、30日に限って朝から雨になる。30分一往復の芋掘り体験
でもして頂ければ、また違った目でジャガイモを観察する機会になったかもしれないのに残念!
・小雨の中、ジャガイモ畑に行ってみて、「茎葉が、枯れ上がってほとんど跡形もなくなっている」のを初体験したようで、北海道
では「茎葉が残っていました」とのこと。ジャガイモの茎葉は、芋のでんぷんとしてスッカリ転流して枯れ上がった状態になって
「初めて芋は完熟するので」、茎葉を枯凋剤で枯らすような作り方は「芋作りの邪道だ」と故吉田先生は常々仰っていたとは僕。
・色々な地域の現場を体験することは、一種の異文化体験で、そこから新たな発見や進歩が生まれる。

◆小ハウス内及び周囲の雑草のジャングルを片付ける
・小ハウスは、ジャガイモの浴芽に利用したきり、その後は(5月初めから)ほとんど放置状態で、雑草が勝手気ままに生い茂り
ジャングル同様になっていた。
・10/01、生協祭の農産物出品用に小豆を手取り採取。今年は分枝がたくさん出て、重すぎるせいなのかどうか、殆ど寝てしまい
そこに台風15号が追い打ちをかけて半転び。ただでさえコンバイン収穫は難しいのに、これでは全く不可能。おまけに半熟状態で
転んでしまったため後熟が必要で、その場所を確保するため、急遽、小ハウス内を片付け。ついでに周囲の雑草も一挙に整理。
・山のような雑草は堆肥化するために西8の畑の隅に積み重ねる。

◆ワセシロ掘り取り
c0048643_20501846.jpg
・午後から畑も、やや乾いた様子で、ワセシロを2往復4列掘りとる。
一部は、水に浸かっていたようで酸欠状態で腐敗した芋が上がって
くる。この畑の中では畝長が最も短い部分だが、一往復半で収穫機
が溢れかえってしまい、畝の途中で降ろそうとするが送りコンベアが
重すぎて動かず、四苦八苦して人力で袋に落とす。100キロくらい
落とした所で、やっとコンベアが動くようになり、イヤハヤ人力の微力さ
に呆れ返る。
・2往復4列で、2トントラックに満載。1.5トン程か、うれしい悲鳴!!
・晴れ上がった空から、皮肉にもパラパラ小雨が落ちてくる。








【今日の空模様】
特徴:9/23以降、日最低気温はやっと10度を下回っていたが、30日は12度。10月に入って急激に下がって、1日は6.1度、今朝は
4.3度(5時18分)。低温と霜の注意報が出る。きのこ類は「始まったと思ったら終わってしまった」とのこと、最悪の年だそうだ。
・この時期、5度以下の時期があったかどうか、調べてみると97/10/03に4.5度というのがある。僕が普代に来て以来、この時期の
4.3度は最低記録ということになる。
最低・最高気温: 4.3/18.6度、日照: 4.7 時間、


****************
【日々雑纂】
病院と介護施設の充実が日本経済を浮揚させる、日経ビジネス(9/30号⇒参照)に表題のような記事が載っている。
冒頭に書いている。
「日本はこの15年間ほとんど成長できずにきた。....何も手をこまねいていたわけではない。15年間で230兆円にも上る財政政策を実施
したし、ゼロ金利政策や量的緩和という金融政策もとった。できるだけのことはやった。しかし、これまでに実行した政策はすべて効果に
乏しく、結局約1000兆円という国債残高と、金利操作をしても流動性コントロールの利かない“流動性の罠”状態だけが残った。

・どうすれば良いか?
日本経済を活性化させるには“満たされていない需要”を探せばよいのである。ニーズの無い分野にカネを注ぎ込んだりスジ悪の刺激策を
打つのではなく、国民が満ち足りていない分野=実需の存在する分野に対して刺激を与え、実体経済の活動として現実化すればよいので
ある。

・とうわけで、表題のような提案となる。しかし「病院と介護施設の充実した」社会が、たとえ社会的実需を満たしたとしても「健全な社会」と
云えるのか??

・昔、僕は自分が農業を始めるにあたって、現在の社会のあり方は「社会的糖尿病」だと書いたことがある。これは比喩的な意味で書いた
のだけれど、世界の糖尿病人口は急増し、高血圧・糖尿病・心臓病など生活習慣病などの増加にともなう医療費の急増は、やがて社会保障
システムそのものを押しつぶす勢いだ。比喩が、単なる比喩ではなく社会的現実になりつつある。
・昨日送られてきた「McDougallNewsletter」(11/09月号⇒参照)に、こんな記事が載っている。
Today 14 million US workers are unemployed, and the economy is losing more jobs everyday; the rare exception
is the healthcare industry, where employment is increasing. Since 2001, 1.7 million new jobs have been added,
while private sector employment, outside of the healthcare systems, is being lost. While northeastern US cities
were once robust centers for the production of goods—steel mills, coal mines, and other manufacturers—now the
biggest employers are hospitals, clinics, and related medical services.
The Cleveland Clinic is the largest employer
in the region, with 29,000 workers.

・何事も、アメリカは日本の先を進んでいる。確かに、これは社会的実需のある分野に社会的資源を集中した結果だ。とはいえ「活力ある社会」
と、果たして言えるのか??
[PR]

by agsanissi | 2011-10-02 21:23 | 作業メモ
2011年 09月 23日

台風一過

c0048643_18575978.jpg
・台風15号は浜松市に上陸し、21日午後9時福島県相馬市付近を通過して太平洋に抜ける。
・普代村は、21日24時から22日1時にかけて風雨が最も強い。時間雨量は24時に34㍉、
1時に32ミリを記録。
・風は20時過ぎから翌日3時過ぎまで最も強く、最大瞬間風速は16~17㍍、もっぱら北北東
または北東風。
・雨は、17日から断続的に降り続いていたが、20日午前4時以降は22日午前3時過ぎまで
48時間休みなく降り続き、17~22日の累積雨量は約290㍉、内20~22日に250㍉降る。
これは年間雨量の1/4~1/5に相当する。



・現在、畑にある作物は、ジャガイモ、ダイズ、人参、かぼちゃ、その他わずかに小豆、菜豆。

c0048643_19263246.jpg
大豆畑は、風が渦巻いたようにかき回され、倒伏気味。
このあと立ち上がれるかどうか分からないが、
ざっと見て回った印象では、今のところ被害は2~3割程か、
この大雨が豆肥大期の要水量確保に役立てば不幸中の幸い。









・カボチャの畝間に試験的に播種(11/07/21参照)したダイズが程よく育って、雑草を抑制している。
カボチャの領域には、ツユクサがびっちりと密生(やや薄緑の部分)しているが、これはこれでカボチャの
日焼けを防いで、思わぬ効果を発揮している(このあとのツユクサ退治は難題だ!)。日に当てられた
カボチャは、やや黒っぽく変色しているが(やや採り遅れだな)、ツユクサに覆われた部分は鮮やかな
緑色を保っている。尤も、加工用としての商品価値にはさほどの影響はないかな?
・今日は、比較的天気が良かったので、カボチャを採取。この畑(東23⇒Google地図で見る)は、
東14以上に水はけが悪くぬかるが、ダイズの根が張っているせいか、入れぬことはない。
所によっては長靴が15~20センチも沈む場所もある。左は、ユンボでカボチャを拾い集めた走行跡。
c0048643_19363014.jpgc0048643_19365912.jpg













・東14のジャガイモ畑、17日の掘り取りに備えてチョッパーとカルチをかけて草刈りをした
部分は、一部水に浸かっている。畝が完全に水没した部分を除けば、ジャガイモの多くは
水に浸かった部位よりも上にあるから、被害は1~2割といったところか?
但し、このあと数日畝間の水が引かなければ腐敗が進行する。
c0048643_19541194.jpgc0048643_19543631.jpg













c0048643_201275.jpg
・東14の西側、やや高い方の畝に植わっているワセシロは、幸い、
水は溜まっていない。しかし一部、ズラッと列状に芋がむき出しに
なっている。16日に掘り取り前にチョッパーとカルチを掛けた際に
むき出しになった部分と大雨で畝間の土が流された部分とある。
畝から転がりでた芋を、拾い集めてみた。
去年のような奇形・変形は少なく、概ね標準形をしているが、中で
特大に育った芋は756グラム、コブがいくつも飛び出している。







【今日の空模様】特徴:   、最低・最高気温:    度、日照:     時間、



****************
【日々雑纂】
[PR]

by agsanissi | 2011-09-23 20:13 | 作業メモ
2011年 09月 03日

作業メモ

・アメダスデータでは、雨は昨日の19時過ぎは降っていない。衛星画像では雲域は切れている。夜中、一時星も見える。
・予報では、朝まで雨、午後はいったん天気回復し、4日早朝から昼過ぎまで雨。
・3~4日は、普代祭だが、巡り合わせが良ければ、日中晴れ間に遭遇するかもしれない。
・この数日、なぜか深夜に大雨、日中は時折小雨がぱらつく程度のパターンが続いている。
c0048643_3593180.jpgc0048643_3595080.jpg














・台風12号は、四国沖を時速15キロで北北西に進んでいる。台風の目は、やや小さく&不明瞭になったか?
・そのまま北上して日本海に抜け、6日早朝には北緯50度のハバロフスク付近に達する予報だが、どうやら台風一過とはいかないようだ。
・週間予報ノ天気図を見ると、6日はまだ複雑な形状で、すっきり回復は望めない。7日は緩やかに高気圧に覆われ、北海道を除いて
穏やかな晴天に恵まれるだろうか。

c0048643_4334144.jpgc0048643_434790.jpg
















◆作業予定
・いずれ次の芋掘りは、良くて10,11日頃の見通しは変わりそうにない。
・さて、この間、3日から9日頃まで前半は専ら選外芋の選別。これがさて、どのくらいあるだろうか??
・ざっと見たところ、3~4トン、収穫量の4割弱はあるだろうか。
・キタアカリに比べ、製品率は格段に良い。主な理由は腐れが少ないこと。全体に、キタアカリよりやや大ぶり。
・無傷のものでは、S玉及び2L以上はすべて選外。腐れと病気は数十キロ単位、多分、おけら又はネズミの食害ではないか思われる
ものが、(対策を考えなければと思うほど)今年は異常に多い(尤も、これも数十キロ単位)。
・全体に、大ぶりにシフトして、2Lクラス以上が多い。最大で500グラム(ぴったり500グラムあったそうだ)とか。その割には中心空洞
がないようだ(去年の男爵芋は、ひどかった!!)。
・一般論として言えば、これで4割が選外になって販売できないとすれば、百姓は絶対に続けられないな。
・その意味では、現在の市場規格と流通システムそのものが、新規就農と後継者不足を(すなわち農業の衰退を)招いている。
・ここにメスを入れない農業改革は、全部、的外れの小手先改革と断じても大過ないと、僕は思っている。
・尤も、それでも百姓はしたたかに生き残っていくものだし、その生き残った人々の生き方の中に新たな燭光は見えてくるのかな。

・7日以降、後半の予定は畑の収穫準備、収穫機の整備・点検、作業具の工作など。


【今日の空模様】特徴:   、最低・最高気温:    度、日照:     時間、


2010年7月は何をやってた??

****************
【日々雑纂】
[PR]

by agsanissi | 2011-09-03 04:30 | 作業メモ
2011年 08月 02日

作業メモ

・朝から重苦しい曇天、やや風強し!ルビクス散布は延期?
・昨日と似たよう気圧配置、全体として低気圧の圏内、このすっきりしない天候の要因は太平洋高気圧が弱いこと。
・22度付近に台風9号があって、四国に向かって北針しているかに見えるが、この後台湾に向かう予報


◆今週中の作業日程
・収穫機の修理・部品交換
・キタアカリの収穫準備(レグロックス、チョッパー、畝間成型?)
・東5にチョッパー(鶏糞の受け入れ準備)、東23、8の一部も考慮

【今日の空模様】特徴:   、最低・最高気温:    度、日照:     時間、



****************
【日々雑纂】
[PR]

by agsanissi | 2011-08-02 07:42 | 作業メモ
2011年 07月 13日

作業メモ

・早朝、東14のワセシロにアミノ酢糖&AG液肥1号(各800、400倍)を散布。北端にて旋回後、散布機の
アームを広げたところ松の木に引っかかり、油圧ホースに穴が開く。アームの開閉が効かなくなり、応急的に
ビニールテープで何重にも補強して、なんとか当面の作業に間に合わせる。

・ワセシロの生育比較(左側は11/06/18、培土の直後の様子。右側は今朝、トラクターの運転席から)
c0048643_2175741.jpgc0048643_2182932.jpg
















【今日の空模様】
特徴:13時5分に、今日も「大雨洪水警報」が出る。昨日の警報は空振りに終わったが、今日は14時前後に時間雨量
20~30ミリの強い雨が降る。この時間、久慈方面に出かけていたが、国道45号線を走っている間も、叩きつけるような
強い雨の地域と強い日差しの照りつける地域と交互に走り抜ける。レーダーで見ると、切れ切れの小さな・強い雨雲が
斑模様に沿岸部を抜けていく。
最低・最高気温:21.2/30.4 度、日照:3.2 時間、


2010年7月は何をやってた??

****************
【日々雑纂】
日本の貧困率、被災者住宅の設備を見て、「立派だね、家より良いよ!!」との声を耳にするけれど、これは日本の
豊かさを示すのか、それとも貧しさの表現か。もち論、世界標準から見ればダントツの快適さには違いない。
とはいえ、中期的スパンで見れば、日本の貧困率は「過去最悪の16%」に達するそうだ。朝日(7/12)によると、
所得が少なく生活が苦しい人の割合を示す「相対的貧困率」が、2010年調査(09年時点)は16.0%で、07年調査
(06年時点)より0.3ポイント悪化した。18歳未満に限ると15.7%で、ともに、厚生労働省が貧困率を算出している
1985年以降、最悪の水準になった。相対的貧困率は、すべての国民を所得順に並べて、真ん中の人の所得の半分
(貧困線)に満たない人の割合
を指す。経済協力開発機構(OECD)の08年報告書では、加盟30カ国の平均は10.6%。
[PR]

by agsanissi | 2011-07-13 04:57 | 作業メモ
2011年 06月 09日

作業メモ

◆作業メモ
《6/09》
・西1&西11にプラウ(所要2.2時間+2時間)、西11は、半分まで

《6/08》
・午前、いわて生協久慈支部の総代会に招待される
・午後、東29にプラウ(所要4時間)、状態は比較的良好。青ダイズか

《6/07》
・午前、東14の防除、テントウムシダマシ、バイジット千倍液2000リットル、概ね3.6-4.4キロで走るが、4.0で良い。
・西7のキタアカリに中耕カルチ(4回目、次は培土)
・午後、東29にプラウ開始、


【今日の空模様】特徴:   、最低・最高気温:    度、日照:     時間、


2010年6月は何をやってた??

****************
【日々雑纂】
・ネットの接続状態は、ますます悪化。自宅では事実上、実用に耐えない。
[PR]

by agsanissi | 2011-06-09 10:25 | 作業メモ
2011年 06月 03日

作業メモ

・昨夜19時過ぎから弱い雨、今朝まで続いた可能性(アメダスには反映されない)。
c0048643_19582918.jpg・昨日&今日と東6にプラウ、所要4時間⇒ダイズ畑準備


・一般的な土の色(左側)、全体としての感触は良い
・真中付近に縦長に、プラウ幅にして二列ほど、黄色の土
(これは初めて見る)
・真ん中より、やや東寄りに一部壁土のごとし(例外的)









c0048643_2024478.jpgc0048643_205879.jpgc0048643_2084146.jpg













◆来週末までの作業予定(~6/10)
・東8、29、西1にプラウ&ハロー(東29は、ハローのみで済ませないか?)
・ジャガイモのカルチ(二回、キタアカリは培土まで)、5/03播種分は初回


【今日の空模様】特徴:   、最低・最高気温:    度、日照:     時間、


2010年6月は何をやってた??

****************
【日々雑纂】
茶番、ネットの通信状態が不安定で、「日々雑纂」も半ば休止状態だがこれだけは記録のために書いておく。
菅内閣不信任案の提出される直前に開かれた民主党代議士会も茶番なら、不信任案を審議する国会も茶番。
共に、ほとんど実質的意味のない茶番に過ぎない。
・これで菅内閣は、大震災に対する対策その他の政策にスピード感を以て臨める展望が開けたのか?否。
党内を総結集して、国民の支持を獲得できるような展望を提起したのか、自民党を始め野党の力を結集して、
国家の総力を挙げて復興事業に取り組める体制を作れたのか?否。復興法案その他に参議院での支持を
獲得できる見通しが付いたのか?否。要するに、ただ単に、菅内閣の当面の延命を得たに過ぎない!!
・姑息で、ケチな、底の浅い見え透いた延命策に過ぎない。こんな下策に即座に同調する鳩山も阿呆なら、
情緒的演説で自己満足にふける原口も腹が座ってない。小沢派の腰砕けは、ある意味、分かりきっている。
・国家の総力を挙げて復興事業に取り組む決意があるなら、今、最も大事なことは復興事業を大目標に
大連立を作ることだ。そのために必要なことは
1.自民党に首相の座を譲る代わりに復興事業及び福島原発問題の処理にめどを付ける迄の「大連立内閣」を作る。
2.復興事業が軌道に乗るまで「増税は凍結」、復興事業は復興国債で処理する
3.復興庁を新設し、権限を集中し、復興事業を統括する。
などで合意すること(大震災翌日、または数日内にこのような決断が出来れば、菅にとっては起死回生の政策
だったが、今からでも決して遅くはない)。
[PR]

by agsanissi | 2011-06-03 05:06 | 作業メモ
2011年 05月 17日

作業メモ

◆作業メモ
・西7のジャガイモの草取り(昨日のカルチで浮いた草を拾って歩く)
・午後は東23&東8にカボチャ(23は栗1列、グレー2列、8は赤系を43株)
・バックホーのバケットの爪の改良工作

【今日の空模様】
特徴:勢力の弱い高気圧に覆われ、曇り時々晴。ほぼ終日有るか無いかの弱い北東風が吹き、気温は昨日よりも
10度程度低い。沿岸北部には珍しく、何も注意報が出ていない。
最低・最高気温:9.8/15.1 度、日照:6.8 時間、


2010年5月は何をやってた??

****************
【日々雑纂】
[PR]

by agsanissi | 2011-05-17 20:36 | 作業メモ