カテゴリ:作業メモ( 123 )


2011年 05月 11日

作業メモ

・向かいの屋根が湿っている。雨とまでは行かぬも、湿気を帯びた空気。日の出は見えず(4:26)。
高気圧と次の高気圧の谷間に入る?風なく静穏、絶好の防除日和。
・34~35度線付近に梅雨前線のような前線が停滞、38度線以下の西日本はほぼ全域雨。

◆作業メモ
・午前中は、西8のロータリーの予定、無風静穏状態のため、急遽、除草剤散布に変更
・午後は、昨日に続き、東23に栗カボチャ(自家採種)約500株播種
・自宅裏庭にナタネを散撒き

◆防除機データ、13メートル×2×230メートル、650リットル(B-4で3.8-4.1キロ、二回目は圧をやや上げた状態で
4.1で走行、550リットルでは最後10m程度は不足。(これは勘違い、本来、500補給して650にすべき)

c0048643_255269.jpg【今日の空模様】
特徴:ほぼ終日無風状態に近い。
明方は南風、日中、9-15時は北東風でこの間は気温は9-10度。
南風に変わるとともに気温はやや上昇。
この日の最高気温は15:57に記録、その後は日の入りと共に下がる。
最低・最高気温:7.4/12.8 度、日照:ゼロ  時間、


2010年5月は何をやってた??

****************
【日々雑纂】
菅首相、エネルギー計画見直し表明(WSJ、5/11から) 菅直人首相は10日、これまで
総発電量の半分を原子力で賄う事を目標としたエネルギー政策を見直し、代わりに太陽光発電
など再生可能エネルギー比率を上げる長期計画を策定する考えを明らかにした。...従来計画で
は、総発電量のうち現行29%の原子力を2030年までに50%に引き上げる目標を設定し、この
ため14基の原子力発電炉を新たに設置することにしていた。

経済指標:景気指数、現状・先行きとも落ち込み最大、内閣府が11日発表した3月の景気動向指数速報(CI、2005年=100)は、
景気の現状を示す一致指数が前月比3.2ポイント低下の103.6だった。東日本大震災の発生を受け、5カ月ぶりに低下した。数カ月後の
景気の先行きを示す先行指数は4.5ポイント低下の99.5。ともに落ち込み幅は過去最大だった。(日経速報メールから、5/11)
[PR]

by agsanissi | 2011-05-11 05:15 | 作業メモ
2011年 05月 07日

作業メモ/自家菜園他

◆メモ
・人参は20×3列、とすること(秋冬&年内用と越冬用とに分ける必要はあるか??)
・ナタネ、緑肥用と菜花用(時期を選ばず?)
・西7、法面との境(拡げる&整地、何に利用?)

◆強風
・昨日から強風注意報継続(一時的に止むかと思いきや、豈図らんや!)
・除草剤はのびのび(防除機・調整他、6本目&11本目を走行、両脇5本は可、5本目の角度調整可?速度と噴霧量
訂正:5本目、両側で9本、9×1.5=13.5
・ハウス内、山東菜・葉大根・蔓なしインゲン・春菊など播種、
・カボチャ苗つくり用の用土準備
・オクラ準備


【今日の空模様】
特徴:太平洋南岸の前線を伴う低気圧が厚い雨雲を抱える。この影響はない。日本海の低気圧に伴う雨雲は切れ切れ、
明日未明に通過か?日中は等圧線のやや混み合った状態、低気圧の通過後は比較的静穏か(明日午前中)。
最低・最高気温:6.7/24.7度、日照:7.3 時間、瞬間最大風速15.5(WSW、12:23)


2010年5月は何をやってた??
参考:2009年5月
・09/05/10には、早くも中耕カルチをやってるな!(09/04/04播種)、この16年間で、最も早く播種。


****************
【日々雑纂】
浜岡原発の運転休止を要請、「文部科学省の地震調査研究推進本部の評価によれば、これから30年以内にマグニチュード8
程度の想定東海地震が発生する可能性は87%と極めて切迫をしております。こうした浜岡原子力発電所の置かれた特別な状況
を考慮するならば、想定される東海地震に十分耐えられるよう、防潮堤の設置など、中長期の対策を確実に実施することが必要
です。国民の安全と安心を守るためには、こうした中長期対策が完成するまでの間、現在、定期検査中で停止中の3号機のみ
ならず、運転中のものも含めて、すべての原子炉の運転を停止すべきと私は判断をいたしました。」(菅総理の記者会見から)
浜岡原発の「停止要請」は非科学的だ(池田信夫Blogで批判、参照)、

経済指標:米国雇用統計、米労働省が6日発表した4月の雇用統計によると、非農業部門の雇用者数(季節調整済み)は前月に
比べ24万4000人増となった。7カ月連続のプラスで、昨年5月以来11カ月ぶりの増加幅となった。一方、失業率は9.0%となり、
前月に比べて0.2ポイント悪化。米労働市場は回復してきたが、依然として失業率が高く、厳しい状況が続いていることを示した。
・雇用者数増加の内訳は、民間部門は前月比26万8000人増で、プラス幅は06年2月以来の大きさ。主要業種は軒並み増加、
製造業は2万9000人増、小売業は5万7100人増、建設業は5000人増。一方、政府部門は2万4000人減で、6カ月連続のマイナス。
・米連邦準備制度理事会(FRB)が6日発表した3月の消費者信用残高は、前月比で60億ドル増加した。ブルームバーグ・ニュース
がまとめたエコノミストの予想中央値は50億ドルの増加だった。前月は76億ドル増。クレジットカードなど回転信用は19億ドル
増加(3カ月ぶりのプラス)
、教育や自動車ローン&移動住宅向け融資を含む非回転信用は41億ドル増加。特に連邦政府の学資
ローンが季節調整前ベースで62億ドル伸びた。
・アメリプライズ・ファイナンシャル(デトロイト)のシニアエコノミスト、ラッセル・プライス氏は「消費者は景気見通しや家計の状況に
ついて、やや自信を強めている」と指摘。「状況は現段階から徐々に改善するだろう。雇用の伸びが継続すれば、消費支出も引き続き
好調となろう」と述べた。
[PR]

by agsanissi | 2011-05-07 07:41 | 作業メモ
2010年 12月 21日

プラウ耕/2

今晩から天気は下り坂で(今晩は皆既月食のはずだったが、辛うじて見られるだろうか?)、明日は早朝から雨の予報。
*今朝は九州南岸にある低気圧が、太平洋沿岸を北上して明日21時には38度付近まで
達する見通しで、沿岸部は明日午後は大雨になる可能性がでてきたな。


今日中に終わらせるつもりで、7時半から東14のプラウ開始。
昨日は、アメダスで朝7時に8度あったが、今朝は同じ時間にマイナス3度、尤も、十数年前には、この時期、プラウをかけると
5~10センチ程度の氷の盤になっていて、トラクターの走るに連れてバタンバタンとテーブルでもひっくり返したように土が
裏返ったものだ。それに比べれば、うっすら表面が霜の降りたようになっているだけ。
その湿気のせいか、ダイズの残かんがプラウにまとわりついて返し刃の間を抜けていかず団子になって塊付き始末に悪い。
この畑の最も長い地点(260メートル)まで、北側から約10メートルを残してプラウ耕を終える(10時半、2反歩半)。
最後になって、団子の塊付きもできなくなりスムーズに走行。

この部分、部分的に湿気が多く、収穫機が自重で土にうもって走行できず、何度かジャガイモ掘りを投げた悪い思い出がある。
更に去年植えたナタネの野良生えがかなり出ており、来春の(端境期)の青菜にもってこいで、捨てるに惜しい。

さて、プラウ耕の可否だが、この時期に天地返しをやっておくと、翌年春の雪解けが他の畑より明らかに早い
固くしまった土に鋤を入れ、空気の相を送り込んでおけば、土壌中の生態系は明らかに変わるはずだ。
どんなふうに変わるか、それを調べた実験的事実があるかどうかは知らないが、空気の相が増えれば、嫌気的な菌よりも
好気的な菌が栄えるだろうし、雪や雨が降って土壌にできた間隙をぬって水が浸透すれば、雪の天井に覆われた環境で
小動物にっとても、多少は良い生活環境に変わるかもしれない。実際何が起こっているか、複雑すぎて想像の限りでは
ないが、いずれそれらの総合的結果としてプラウ耕の後は春の雪解けが早いのだろう。
ひと休みしてから、さて、東23のプラウを終わらせてしまおう(14~15時には完了する見通しがたった)。

15時15分、東23のプラウ完了、これで今年の畑作業は、すべて完了
できれば越年用の人参に、来春すぐにも(雪の下でも)作用するよう追肥をしておこうかとも考えたが、明日、大雨の可能性が
あるので中止(2月後半にでも様子をみて)。
[PR]

by agsanissi | 2010-12-21 11:32 | 作業メモ
2010年 12月 20日

プラウ耕

アメダスでは日中気温は12度まで上がる。強風波浪注意報が出ていたが、この時期は連日のように強風注意報が
出ているから、3~4メートルの風はどちらかと言えば穏やかに感ずる。
c0048643_20204084.jpg

標高210メートル付近にある西7の畑を吹き渡る風は、
真冬というより秋の空を思わせるような長閑さ。

尤も、作物が消えて、雑草の枯れ枝だけが取り残された
荒涼たる様の畑は、やはり冬枯れそのもの。

プラウで鋤起こされ、むき出しにされた土には、僕の目
には見えない小動物や虫の卵、時にはネズミや穴兎が
顔を出し、そんな僥倖にありつこうと、プラウ跡の溝付近
にはカラスが帯状に群れ集まってくる。



c0048643_20413138.jpg
プラウというのは、要するに鋤のことで(と言っても、農作業が
縁遠くなってしまった人には「鋤」そのものが??かな)、畑の
土を上下反転させる道具、または機械だ。
Google画像検索で「農機具 鋤」とサーチすると、いろいろな
タイプの鋤が見られる。
湾曲した羽を土中に挿し込み、引っ張ることで、深さ30センチ
から、大きな羽では1メートルの深さで土を上下反転させる。
写真のプラウは、油圧装置で反転させ、トラクターの往復運動
に伴って、同一方向へと土を次々と反転させていく。

以前、「耕す生活」(参照)で「プラウ耕の可否」というのを書いた
ことがあるけれど、まあ、要するに「畑の条件に合わせて」という
事で、一概に良し悪しは論じられないというのが結論だ。


但し、翌年、ジャガイモを植える予定の畑だけは、雑草対策を兼ねて、前年の冬にプラウ耕を欠かさずやっている。
春の残雪や畑の湿気状態などによっても前後するけれど、毎年決まって、その年の最初の畑仕事がジャガイモ播種で
3月下旬から4月中旬にやっている。プラウ耕の跡の畑は、冬の間に凍結と融解を繰り返して良い具合に熟れている
けれど、そうでない畑(プラウ耕をかけなかった畑)に、この時期いきなりプラウをかけたり、ロータリーをかけたりすれば
とんでもない土塊だらけの畑にしてしまって、何度ロータリーをかけても処置なしという状態になってしまうことがある。

というわけで、今年最後の追い込みをかけて、西7、東14&23にプラウをかける予定だ(総計570a)。
今日は西7が終わり、東14の一部まで終わった。どうやら22日は朝から雨の可能性があり、明日がリミット。
[PR]

by agsanissi | 2010-12-20 21:18 | 作業メモ
2010年 12月 19日

【参考】09/12/14-12/23

年末のこの時期、今年も去年をなぞるように、同じようなことを、同じように繰り返している。
他人には、面白みも何もない記録だから、非公開の「覚書B」にいれておいたが、今年は
参照用に、ここにいれてみた(二年連続日記のようなもんだ)。

12/14西11にプラウ、人参の袋詰めは2袋追加(33袋まで済)、免税軽油100リットル(7290円)
10/12/17、西7にプラウ、開始後半時間ほどで(脱落防止装置のチェックを忘れ)トラクターとの留め金の
片側が外れてしまう。一旦、トラクターから外して、ユンボでプラウだけを畑の外に持ち出す。トラクターへの
装着金具が曲がって、広がってしまい、このままでは装着不可。明日修理のこと。半日、無駄にした。

12/15東8にプラウ(一部、西1まで?)、盛岡用人参の袋詰め(累計40)、S機械格納
10/12/15、盛岡、ジャガイモ・人参・カボチャなど引き取りに来る(今年の最終便、白爵系は試験的に170キロ余)
12/16西1のプラウ済み(11時)、機械類格納、人参袋詰め(52袋)&ダイズ選別
10/12/16、スズカリ選別完了、38PS&JD6300を機械倉庫に格納
12/17種芋運搬・保管(キタアカリ43+男爵40ケース、保管済)、、AT農場(鴨糞)電話(西7、8、1&東23に5、1、10、5台)、
Nにマミュアの件電話(明日16時に向野場)
10/12/17、午前中男爵芋(種用)の最終箱詰め(262ケースまで)、午後プラウ取り付け金具の修理、ユンボの
排土板を梃子に慎重にプレス、約1時間かかる。ACCの今年の最終会議は事前に欠席通知。

10/12/18、19、自家採種の種芋の最終箱詰め・保管完了(最終的に483ケース)、DUP用に保管したS芋2トン
は、結局、引き取りに来ず。連絡もなく、電話にも応答せず。凍結の可能性があるが、現状のまま予冷庫に保管する。
9月から原料芋の引き取りペースは去年の半分に、零細企業の冷凍コロッケは厳しい。事業閉鎖または倒産か、急転直下!

12/18、午前種芋運搬(40ケース、累計123ケース)、盛岡人参取りに来る(KM以外、52袋準備約1トン)
MTダイズ取りに来る(3万円)、向野場からマニュア持参、朝一時雪のち曇内陸は雪、人参土中保管(明日に延期)
10/12/18、今年もMK&MT各180、240キロダイズ購入(やや小粒のため200円を150円に値下げする。
人参は「土中保管」を止め、畑にそのまま置いて、3-4月頃掘り出す予定。

12/19、朝MKに電話、予冷庫で男爵積み・運搬(最終回分)、土建屋(13時に来る、マニュア)、午後人参保管(延期)
種芋保管数155ケース(うちキタアカリ43ケース)⇒今年、自家採種の種芋保管が約三倍に増えたのは、予約した
ワセシロが北海道の不作のため全く入手できず、全て自家採種を使うことにしたため。再来年以降の対策?
青森は二度と使わない!!
(岡山は、休眠期間が合わず)

NT山芋貰う(黒大豆、野田のODEの電話)、越戸で合う
⇒10/12/19、妻を久慈駅に送る。午後は、収穫機の整備・格納、プラウは明日以降、今年も23日以降に延期。

c0048643_19455167.jpg
4-5日前に、カボチャとジャガイモを煮て、毒入り団子を
仕掛けたところ翌日から、次々とネズミの死骸が出てきた。
最初は子ネズミ、三日目から多分、親ネズミかと思われる
大きなネズミが、今日で10匹目。取り敢えず、死に絶えた
かとは思うが、念のため保管庫内にも団子を仕掛けて後
閉鎖した。

予定では20日(午前中役場、岩銀、燃料、農協入金、郵便局)西7、21日東14、
22日東23(これは午前中で終わる)
⇒週間予報では、22日後半から天気は崩れるか?


12/20帰宅予定(九戸廻りか)寒気の強まりで土・日は内陸は雪の予報、
帰宅は23日に延期
(17日)、
去年は20日前後に寒気のピーク(底)が来たが、今年は16日が寒気の底で
24日にかけて暖かくなりそう。


c0048643_6102866.jpg
[PR]

by agsanissi | 2010-12-19 02:34 | 作業メモ
2010年 12月 16日

作業メモ

昨日は、明け方は雪(初雪だ)で、辛うじてプラスの気温だったが、終日1度前後、15時過ぎには早くも氷点下に
下がり、土は凍っていた。
今朝は氷点下7度(アメダスで)まで下がった。和野山は、アメダスより2-3度低いから9度前後まで下がったはず。
作業場前に見事な霜柱がビッシリ立っていた。写真を撮ろうと思いきや、肝心のカメラを忘れた。

・越冬用の人参を除いて、畑の作物は自家用も含めて、今日で全てなくなった。
ACCとの関係のみ、越冬用との作付け比率は?(保管・運搬との兼ね合い、保管・保存法によっては年間分
・12日、13日で刈り残してあったスズカリ、青ダイズの刈り取りは全て完了した。黒ダイズは、先月17日に完了。
黒、青ダイズは、ざっと見たところスズカリより品質が良い。スズカリは粒が小さい上に、紫斑病が目立つ。
15日、16日でスズカリの一次選別を終える。大中小の三通りに分けられるが、良い年は大粒が6割、中粒3-4割、
小粒は1割以下。今年は大中粒併せて6割、小粒が4割程度(他に屑ダイズがある)か。
スズカリは、来年以降は自家販売用&緑肥用に限定する。販売用は黒、青にシフトする。全体は3-4程度
・ジャガイモは、断続的に11月まで掘っており、12月に入ってからも一部掘り残しの部分を掘った(かつてない経験)。
・人参は、最初から越冬用(3-4月ころ掘り取り予定)として播種した部分をのぞいて、12月初めに完了。
・今朝、自家用の白菜とブロッコリーをすべて取る。⇒白菜の表面は凍っている。
・ハウス内の自家用トマトは、青いまま大量に残っていたが、11/27すべて取る。
・自家採取の種芋保管は、今日までにワセシロ171ケース、キタアカリ50、男爵222まで終わった。更に50ケース
ほど余裕があり、今週中に終わる予定(現在の総計443ケース)。
収穫機の整備と格納(半日程度)⇒本格的整備は来春
・最後に残った大きな仕事は、東23、東14、西7のプラウかけ、全体で6町歩弱、17日、18日で終わるかどうか?
輪作体系の再編成の考慮
カボチャ、栗系と白爵系の作付け比率
[PR]

by agsanissi | 2010-12-16 20:39 | 作業メモ
2010年 08月 24日

近況

農作業の忙しい「この時期に」ほとんど丸一ヶ月作業日誌を更新しないのは、
「農作業が忙しくて更新できない」と解釈してくださる方が多いけれど、実はそうではない。

もち論、更新すべき作業を何もしてないわけではない。
前にも、簡単に書いたとおり、黒崎の引越して以来、NTT中継局との距離が遠いとの理由で
ネットの接続状態が、極めて悪い。
1.極端に遅い
2.安定しない(入力したものが、途中で「切断され」すべてパーになる!!)
状態を繰り返し、阿呆臭くて使っていられない。

要するに、通信過疎地なのだ!(都会では、考えられないような不便さ。その格差が広がっている。)
村では、国の補助を受けて、高速通信網の整備に取り掛かっている。
10月~11月頃を目処に、利用可能になるそうだ。

それまでの辛抱と、まあ、一種の逼塞状態。

ジャガイモ掘りは、実労働時間で
8/11に5時間
8/17に1時間
8/21、22に各6時間
今日、8/24に5~6時間の予定。
盆前は、トラブルやら、雨降りやらで、殆ど出来ず、21日以降になってやっと本格始動。

今年の傾向は、全般に芋の肥大が悪く、小芋が多い。
男爵よりもキタアカリが小さく、男爵芋では西1よりも西11が小さい。
22日から、西1を掘り始めたが、ここにきて、やっと平年並みの生育ぶり。
「暑さ」で生育・肥大がストップした(23~25度が生育適温)と考えているが、必ずしもそれのみではない??

一方、雑草の繁盛ぶりとテントウムシダマシの跳梁跋扈は尋常一様ではない!!
テントウムシダマシは、通常は、7月前半の一回。多くて二回。今年は、ピークが何回あっただろうか?
現在は、菜豆やカボチャの葉に移動して、いまだに活動しているが、ピークは過ぎたようだ。
[PR]

by agsanissi | 2010-08-24 05:36 | 作業メモ
2010年 07月 05日

束の間の晴れ間

先月27日以降、量は少ないが、毎日雨が降っている。晴れ間がないわけではない。
しかし毎日、濃霧注意報が出され、畑への道は日中からライトを付けた車が行き交っている。
5月末の大雨で決壊した海岸沿いの道路は、当分、復旧の見通しはなく。普段は日に何台も
車の通わぬ道路を、うるさく通り抜けていく。

27日以降今日までの総日照時間は16.2時間、今日は3.6時間だから久しぶりの晴れ間の
気がする。ジャガイモの葉にテントウムシダマシの食害が目立ち始めた。僅かだが、疫病の兆候も
見え始めた。小麦は登熟期を迎え、カビの心配も募る。人参は、そろそろ播種限界に近い。

朝からジャガイモ&小麦の防除、人参畑の準備と大車輪で働き、溜まっていた仕事を一挙に
片付けてしまった。明日は昼過ぎから再び雨の予報が入っているが、朝一番で人参播種の準備も
整った。
c0048643_20245063.jpg

c0048643_20264165.jpg


c0048643_2031059.jpg

c0048643_20354092.jpg

[PR]

by agsanissi | 2010-07-05 20:38 | 作業メモ
2010年 07月 02日

作業メモ

27日以降、わずかだが連日雨。0.5、14.5、0.5、27.5、4.5、今朝も一時にわか雨。
ダイズ播種が終わったのが、せめてもの慰め!!

但し、週間予報では4日まで連続して雨だったが、前線は南下し、当面、梅雨前線の影響はない。

c0048643_16105293.jpg

























問題は寒気の影響だが、これの予測は(いつどこで雨が降るか、全く気まぐれに依存する!!)至難の業。
今日は、入道雲が発達する。13時23分雷鳴り始める。夕刻、17時頃俄雨&雷鳴。
17時56分内陸&沿岸南部に大雨・洪水警報、沿岸部一帯に大雨&濃霧注意報など出る。

小麦、ジャガイモの防除は出来ず、25日播種予定の人参も播けず、人参畑の準備もままならず。
辛うじて、カボチャ周辺の雑草(西8)対策はOK。カボチャの出芽状態はかつてなく悪い。特に、5月前半。
但し、出芽したものの生育状態は良好。菜豆、インゲン豆も良い。
キュウリは、5月蒔きは駄目、5月後半から6月にかけて追い蒔きしたキュウリは極めて良い。
ジャガイモの生育は、必ずしも悪くないが、いつになく不揃いが目立つ。なぜか??

c0048643_16211594.jpg






◆昨日から、Evernoteを利用してみる。糖尿病をきっかけに「生活行動記録」をつけているが、
代替するかどうか。検索、PCとの併用(特にデータの保管・検索)を考慮すれば、優劣は明らか。
ノートでなければならない点(代替不可があるとすれば、なにか。好みの問題?)
情報は、取捨選択して「捨てることが肝要。何でも入れられる便利さは、ゴミ箱と化す危険と隣り合わせ。
[PR]

by agsanissi | 2010-07-02 12:10 | 作業メモ
2010年 06月 17日

作業メモ

昨日、終日14度前後、雨は4時過ぎに降り出し14時過ぎに止む。アメダスの累積雨量24ミリ、その後、濃霧
普代川上流の野辺山の累積雨量(16日13時現在)は30ミリ。今朝は12-3度。

・東14のロ-タリーは14日に終わるが、土の状態が悪く、再度、ロータリーをかける必要あり。
ダイズ播種は来週にずれ込むか?
・14日、アズキ播種の最中、18PSのジョイントが破損し、頓挫。15日午後まで延期(80メートル×12列)
・15日、午前中、東6、小麦の防除(ルビクス+チルト乳剤)、ブームの調子悪く、散布予定量の半分程度。
・同日、東5のダイズ予定地にロータリーをかけている最中に、ロータリーの回転ストップ(チェーンが
外れた?)、あれこれとトラブル続き。アズキ播種は終わる(自家用)。自宅物置の外形出来。
・16日、雨。この日「東北北部が梅雨入りしたと見られる」と。

昨日は秋田沖と関東沖に二つの低気圧があり、関東沖の低気圧から伸びる前線は30度線を中心に
大陸までかかり、雨雲は関東甲信から北海道にかけてかかり、広範囲で雨がふった。
今日は低気圧は三陸沖に抜け、前線も後退。天気は回復する見通し。

◆週末から来週にかけての予定(優先順位)
1.JD61のロータリーの点検修理
2.ジャガイモのカルチ、または培土
3.ダイズ播種(その前に東14&5にロータリー)、播種機の準備
[PR]

by agsanissi | 2010-06-17 04:43 | 作業メモ