農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ミミズの寝言( 104 )


2009年 09月 01日

何がおきたのか?

自民・公明党が惨敗し、民主党が地すべり的な大勝を収めた。
前回の第44回総選挙と、ちょうど対照的な変化が起きた。

480の総議席数の党派別配分を前回と今回を比較すると、
自民・公明の議席数は331から140に191減少した。(331、140、△191)
一方、民主党は115から308に193増加した。(115、308、+193)
要するに、自民・公明の議席が、そっくり民主党に移動した。

しかし「変化した内容」を見ると、多少、違った側面が見えてくる。
前々回と前回(第43回と第44回衆議院選挙)の比例選挙区の党派別得票数を比較すると、
主要五党(自民、民主、公明、共産、社民)の総得票数は5530万から6421万に、約890万増加した。
総投票数は856万増加したが、社民が71万減らして、合わせて927万票が自民、民主、公明、共産、
その他に流れた。4党の党派別得票数の増加数は、自民+642、民主+300、公明+10、共産+10と
大まかに自民と民主が、増加した投票数を2対1の割合で分け合った。

前回と今回(第44回と第45回衆議院選挙)の比例選挙区の党派別得票数は、
主要五党の総得票数は6452万から6458万に、僅か6万票増加したに過ぎない。
しかし、その内訳を比較すると、自民が712万、公明が93万、社民が71万の合計876万票減らして、
民主が881万、共産が2.5万票増加させた。要するに自民・公明・社民の減少分が、そっくり民主に流れ、
共産の支持者はほとんど固定して変わらない。一方、社民の減少は止まらない。
(尤も、前々回と前回の得票数は総務省の確定数だが、今回はWEB上の新聞発表からの集計数を
僕が集計したものだから、今後、総務省から公表される実数とは多少の移動がある)

三回の総選挙の結果をまとめると、
前回は、「小泉旋風」が無党派層を新たに選挙に動員し、その三分の二を自民党が、三分の一を民主党が
獲得した。今回は、自民党の前回増加分+コアの支持者及び公明党のコアの支持者が、そっくり民主党に
流れたことになる。得票数にして自民は(前回に比較して)27%減らし、公明は10%、社民は19%減らした
ことになる。社民党は総得票数が少ないから変動率の大きさは(社民にとっては大きいが、全体の流れとは)
関係ない。

・「小泉旋風」が、約900万の新たな層を選挙に動員した。
・今回は、「政権交代」の可能性が、新たに170-180万の無党派層を動員したが、
「旋風」というほどの熱気はない。
・民主党に対する期待より、自民・公明の政治支配に対する怒りと失望の現われだ
とする大方の評価が、それを反映している。
・「小泉旋風」=政治改革の期待(小泉は、それを郵政民営化と表現したけれど、実態は政財官の
癒着構造の改革期待だったと僕は理解している)は、すっかり失望に代わり、それが全部、民主へ
の「消極的」期待に代わった。
・「最も首相に相応しい人物」として鳩山は、麻生を大きく引き離したけれど、「どちらも相応しくない」
が過半数を占めている現状が、期待の「消極性」を反映している。
・「期待」は失望に反転する可能性を内包している。

極めて大雑把な総括をすると、
戦後の政治体制の大きな流れを形成する基盤となった約5500-6000万の選挙民に対して、
約1000-1200万の、多くは無党派層と呼ばれた選挙民が、政治に対する期待と失望によって
新たな流れを形成する変動要因として、決定的な役割を果たす中核になった可能性がある。
「自民党をぶっ壊す」と叫んだ小泉の声は、虚空に消えたけれど、その木霊は民主党政権を生んだ。
その共通する波長は、ポピュリズムだと僕は観察している。
(この1000-1200万の無党派層の年代別・性別構成や文化・考え方・行動様式、多分、これらは
それとは対照的な5500-6000万の相体的に「安定した」社会階層とは質的に違うのではないか?)
[PR]

by agsanissi | 2009-09-01 03:50 | ミミズの寝言
2009年 08月 29日

「悪しき」伝統

ソ連邦の崩壊やオバマの選出の歴史的に意義に較べると、随分、見劣りするけれど、
それでも、尚、戦後日本の政治史の中では、それなりの歴史的意義のある変化が起きている。
この変化の胎動は、決して今に始まったことではなく、多分、80年代以来のいろいろな変化が
一つの大きな潮流となって、政治的変化へと集約されているし、かつまたこれを契機に本当の
「変革」が始まるのかもしれない。
というわけで、「農のある風景」のテーマに相応しいかどうか分からぬが、僕はそれを必ずしも
「作業日誌」と矮小化して捉えてはいないから(農のある「文化」と捉えている)、この「変革」に
関係の有りそうな主題を、その関係の濃淡に関わらず拾い集めておく。

****************************************************

かつて中井兆民は「日本には哲学がない」と喝破した。
哲学がなくとも、生きていくには差支えがないことは、ある意味では近代日本の行き方が示している。
「頭脳なき国家」の悲劇などと揶揄されながらも、さしたる不都合も感じずに生きてきた強かさは、
今後とも変わらぬかも知れぬ。
哲学を持つのが良いかどうか、古代哲学の雄たるギリシャと近代哲学の雄たるドイツの運命を眺めてみれば
自ずから明らかだと云えない事もない。
とはいえ哲学を持つかどうかは、一種の民族的性であって、哲学する民に功利的目的があるわけではない。
という意味では、「日本に哲学がない」のも、国民的性であって、必ずしも「悪しき」伝統とはいえぬかも知れぬ。

下手な哲学を持つよりも、功利的に生きたほうが、国民的幸せという意味では、より良いかも知れぬ。
と、考えたわけでもなかろうが、政権選択選挙といいながら、選択すべき政権の戦略的道筋のようなものは
自民党からは勿論、民主党からも見えてこない。

自慢にもならないが、僕は両党のマニフェストは読んでいない。読むだけの価値がないからだ。
マニフェストについて書かれたものは読んでいるけれど、それを見ても読む必要があるとは感じない。

昨日の「大前研一のニュースの視点」(参照)は書いている。
前回、民主党のマニフェストを見ても、そこには「哲学・考え方」 が欠けており、国会議員として基本的に
勉強不足だという点を 指摘しました。
大々的に発表したマニフェストも、いずれ忘れ去られるに違いありません。
では、これに対して自民党のマニフェストはどうなのか? と言うと、残念なことに「どんぐりの背比べ」状態
だと言えます。...
今回の総選挙に当たっては、自民党は民主党を揶揄して、 「責任ある政党としては、経済のパイを大きく
する必要があるが、 民主党にはそれができるのか」という趣旨のことを述べていましたが、聞いていると
呆れてしまいました。
一体、自民党はこの4年間にどれだけ日本経済のパイを大きくしたのでしょうか?日本のGDPを押し上げる
ことができたのでしょうか?


この場合、「哲学」は何か?
パイの分配の仕方、産業を主体にするか、庶民(あるいは消費者)を主体にパイを分配するか、言替えれば
目先の分配率に目を奪われているけれど、パイそのものが小さくなり、また将来的にパイを拡大するグランド
ヴィジョンがないという指摘fだ。

また田原総一郎は「『民主圧勝、自民激減』報道の裏で置き忘れられたもの」(参照)で、
最大の問題は「国のことだから何とかなるさ」と、国を仕切っている政府、官僚が総理大臣も含めて
すべてが、何とかなるさと思っている。
そして今度、新しく政権を取る民主党も、そう思っているのではないか。

と書いている。
これは「パイを実質的に拡大する」方策を持たないにもかかわらず、「見せ掛けのパイ」を借金財政で拡大
してきた「高度経済成長路線」の延長上の路線の破綻をどう立て直していくのかという「哲学」が見えない
との指摘だ。

自民党も民主党も、当面の人気取りに熱中して、より本質的な問題を避けて通っているけれど、
自分たちが直面している本質的問題は何なのかという主体的認識(あるいは課題としての認識)
があるのかどうか、それが問題だ。
[PR]

by agsanissi | 2009-08-29 08:23 | ミミズの寝言
2009年 08月 23日

遅れてきた春?

戦後政治の総括のための覚書
昨日のexciteニュース(参照)によると
民主党は、衆議院で単独過半数に達し、場合によっては三分の二以上の可能性もあるとのこと。
・主要4紙が第45回衆院選を前に行った世論調査が2009年8月22日、出そろった。毎日新聞、読売新聞、
日本経済新聞は450議席のうち民主党が300議席を超す勢いだと報じた。朝日新聞は300議席台を
うかがう勢い、とした。一方、自民党は前議席の300議席の半分も厳しいとみられている。
・毎日新聞は8月22日、民主党が小選挙区、比例あわせて320議席を超す勢いだと報じた。8月19日から
21日にかけておこなった世論調査などから推計した。


現行憲法のもとで、戦後初めて(日本の歴史上初めて)国会の指名を受けて組閣した最初の内閣は、実は
(瓢箪から駒のような奇遇だが)社会党首班の片山内閣だった。
・直前の1947/04/20の第1回参議院選挙、及び4/25の第23回衆議院選挙で比較第一党になった。
当時の獲得議席は、参議院(社会47、自由39、民主29、国民協同10、共産4、諸派13、無所属108)、
衆議院(社会143、自由131、民主124、国民協同31)で、この結果は、戦前の政治体制からの解放気分
が横溢し、いまだ戦後の米ソ対決を主軸にした国際的な政治システムの中での日本の(進路の)方向付け
が不明確な流動的な状態を反映していた。
・朝鮮戦争、サンフランシスコ条約、日米安保条約の締結を通して、明確に(後に「核の傘」といわれる)
米国の傘下に入った。この路線を主導した吉田内閣は、軍事的な独立を捨てて、米国の従属下に入ること
で、経済成長を主軸に置いた国作りの基本的方向を確立した。
・この基本的方向をめぐる対立が、いわゆる「55年体制」の基礎になった。
・90年代に入り、米ソ対決の国際的政治システムは崩壊した。これと共に日本の戦後政治の対決軸の
土台は融解してしまった。奇しくも89年にバブル崩壊とともに「高度成長路線」は終焉したが、これは多分
偶然の一致ではない。
・米ソ対決を主軸にした国際的政治システムの崩壊にともなう経済的変化が、バブル崩壊・高度経済成長
路線の終焉とすれば、自民党単独政権の「安定」支配の終わりが政治的葬送の儀に当たるか。
・1983年の衆議院選挙での自民党の敗北は、自民党自身の内部分裂による「敗北」で、その政治的意味
合い自体は独自に分析する必要があるが、いわゆる「55年体制の崩壊」の大きな流れの中で位置づける
必要がある。
・ここまでの戦後政治の過程を極めて大雑把に時期区分すると、
1.1945-55、戦後揺籃期(戦前の政治支配への反動と新たな再編への模索期間)
2.1955-93、自民党の一人勝ちの時代
3.1993-09、自民党の「安定」支配の内部崩壊期(自己融解現象の極限化と政治的再編の準備期間)

今度の選挙で、民主党政権が誕生(単独であれ、連立であれ)すれば、それは戦後初めての総選挙で
社会党政権が誕生して以来の政治的快挙だと、僕は思う。村山政権は自民党政権の単なるエピゴーネン
で、社会党の葬送の歌になったに過ぎない。1993年の細川政権は「挫折した春」に終わってしまった。
その意味で、今度の民主党政権は「遅れてきた春」にあたるかもしれない。
とはいえ、僕自身は、今度の自民党の敗北は自民党・民主党を含む新たな政治的再編の本当の始まり
なるのではないか、その意味での「春」に過ぎないと観察している。
[PR]

by agsanissi | 2009-08-23 06:03 | ミミズの寝言
2009年 07月 27日

新型インフルの「再生産性」

時事ドットコム(参照)によると、
冬を迎えている南半球で急速に広がる新型インフルエンザについて、1人の感染者から平均何人感染する
かを意味する「再生産数」が、ニュージーランドでは1.96と推定されることが26日、分かった。
オランダ・ユトレヒト大の西浦博研究員(理論疫学)らが解析したもので、季節性インフルエンザの1.1~
1.4よりかなり大きく
、新型の流行初期にメキシコで記録した速報値1.4~1.6よりも大きかった。
西浦研究員は「冬季という季節の要因が影響した可能性がある」と指摘。引き続き9月初旬にかけて感染者
は増加するとし、「仮に日本で今月末から8月に減少傾向になったとしても、南半球からの輸入感染者は
相当数に上り、再流行の引き金になりやすい」としている。

[PR]

by agsanissi | 2009-07-27 08:44 | ミミズの寝言
2009年 07月 24日

いまが最高か?

今朝、ラジオのニュースを聞いていて「民主党の支持率はいまが最高か?」と、ふとそう考えた。

既に、自民党の過半数割れは、半ば既定の事実のようになっている。
株式市場では、早くも「民主党政権になったら、教育、福祉、子育て支援、農業支援が盛んになる」との
早読みから、関連銘柄探し・更に一歩進んで関連銘柄の急騰など、先物買いが始まっている。

今朝のニュースで、インド洋での給油活動を「直ちに停止するわけには行かない」とトーンダウンした発言
が各党の追求・批判を受けているとやっていた。これからは、専ら、いままで発行してきた空手形の引落し
に四苦八苦するのは、自民党ではなく民主党になる。

今年度予算については、既に補正を含めて100兆円以上の歳出額が決まっている。一方、現在見込ま
れている歳入は、当面、42兆円。企業収益が更に悪化すれば、税収入は落ち込む。
こうしたものは、自民党政権の「負の遺産」なのだが、政権を担うということは、その責任を全面的に担う
ということだ。自民党は、これから「その責任」を嵩にかかって追及してくるに違いない。
民主党が、仮に「防戦一方」に回れば、攻守処を換え、守勢一方に回る可能性さえある。

民主党にとって、政権を取れないとすれば勿論のこと
イ、地すべり的勝利で圧倒的多数を握っても
ロ、過半数すれすれ、あるいは国民新党・社民党などを加えて過半数でも
どっちにしても、これからは厳しい批判にさらされざるを得ない。

いままでは「批判」で受けていたが、いざ政権をとれば「実行」で受ける努力が不可欠になる。
[PR]

by agsanissi | 2009-07-24 09:42 | ミミズの寝言
2009年 07月 23日

新型インフル

昨日から15度前後を行ったり来たり、平均値からの偏差は±1度。

09/07/21の「NatureNewsAlert」に
Swine flu shares some features with 1918 pandemic参照)という記事が載っている。

As far as your immune system is concerned, the pandemic H1N1 (swine) flu virus
currently circling the globe bears an uncanny resemblance to an influenza virus
that wreaked havoc nearly a century ago, researchers have found.

サマリーによれば、次の通り。
For months, it has been apparent that swine flu strikes the young more often than
the old — an unusual pattern that suggests older patients could have been exposed
to similar viruses in the past.

この類似性が、老人よりも若者のほうが感染しやすい傾向を指摘しているのみなのかどうかは不明。
[PR]

by agsanissi | 2009-07-23 05:46 | ミミズの寝言
2009年 07月 22日

「国民性調査」

今朝は15度まで下がる。昨日から今朝5時までの累積雨量は25ミリ。

09/07/16に統計数理研究所の「日本人の国民性調査」の結果が公表された。
1953年以来、5年毎に実施され、今回は08年秋に行われた第18次調査の結果(参照)。

「結果のポイント」(統計数理研究所の記者発表資料、参照)によると、
・過去20年間の日本人の意識で最も顕著な変化は、1993年から1998年の間に起きた「社会に対する
悲観的な見方」の急速な浸透
であり、それは日本人の「自信喪失」ともいえる現象であった。
・この閉塞した社会状況を反映するかのように、 “ここ1ヶ月の間に「いらいら」にかかったこと ある”人の
割合は48%と過去 15年間で最高を記録した。

政治意識に関しては、20年間の長期的変化のほかに、最近5年間の変化として
・特にこの5年では、主に選挙を通じて何らかの意思表明をしたいという方向への意識変化が観察される。
・政党支持に関しては、無党派層の増大が半世紀にわたるトレンドだが、この 5年間に限ると今回は
2003年から5ポイント程下がり55%であった。
・すぐれた政治家であっても“政治家にまかせきりはよくない”と考える人は1988年と1993年の間で比較的
大きな増加を示し、その後は同水準を維持している。
・「社会に不満があるときにどうするか」という問で、“何もしない”という回答は1988年の46%から1993年
の34%に急減したあとも着実に減って28%となる一方、“選挙で考慮する”という回答が42%から支持を
伸ばして半数を超える55%と、過去最高を記録している。
・衆議院の総選挙で“何をおいても投票する”という回答も、過去2回の低下傾向から持ち直し、今回は40%
と5年前よりも5ポイント高くなっている。
[PR]

by agsanissi | 2009-07-22 05:12 | ミミズの寝言
2009年 07月 21日

新型インフル

最近、ラジオのニュースからはすっかり姿(音)を消してしまったが、新型インフルエンザは深く、静かに
潜行して、浸透している。

「世界日報」07/19の北米・中南米の特派員報告は「新型インフル、夏でも異常な感染―米CDC」(参照)と
伝えている。
米疾病管理局(CDC)のアン・シュチャット局長が17日明らかにしたところによると、豚インフルエンザは
夏でも異常な感染を続けており、9月から新学期が始まれば、広範な感染が起こり得るとの警告を発した。
高温、多湿の夏季には通常、インフルエンザの感染は低下するのが今までのケースだが、今季は夏季
キャンプや軍隊などで感染が広がっているという。同局長は「夏季に感染の勢いが衰えない原因を示す
データは今のところ得られていない」としている。
CDCによると、米国での確認された感染ケースは4万件だが、今後検査を受けていない感染者が増加する
ことが予想されることから、感染ケースの総数については発表を行わないとしている。


日本の新型インフルの感染報告数(7/17現在)は、「感染症情報センター」によると、3638人(参照)。
「発症日別報告数」(参照)を見ると、5月第二週と7月第二週に二つの山があり、7月は5月より山すそが
広く、山は高くなっている。そのくせ、5月の騒ぎが嘘のように、現在はニュースにならない。
日本のニュースは、文字通り、付和雷同型の「騒ぎ」、あるいは大本営発表型の「当局」がニュースにしたい
ものがニュースになる性格のものか?
[PR]

by agsanissi | 2009-07-21 08:23 | ミミズの寝言
2009年 07月 20日

エコノミスト誌の記事

エコノミスト誌(09/07/16)に、久しぶりに日本の政治記事が載った。
題して「Time's up for the LDP」(参照)。
なんと訳せば良いかな?「自民党-一時代の終焉」かな??

AT HIS back Taro Aso had some disastrous results from Tokyo’s metropolitan
elections on July 12th, in which control of the capital passed from the Liberal Democratic
Party (LDP) after 40 years. In front was a growing rebellion within the LDP against his
leadership. So the prime minister pressed the nuclear button. This week he
declared that he would dissolve the Diet, Japan’s parliament, and lead the ruling
coalition into a general election on August 30th.
という書き出しで始まっている。
[PR]

by agsanissi | 2009-07-20 08:18 | ミミズの寝言
2009年 07月 19日

衰退

◆生き残るための必死の工作そのものが、衰退を早める。
・文明、国家、社会、組織など、衰退期を迎えた有機的組織は、生き残るための方策そのものが
衰退を促進する。卑近な表現を使えば、良かれと思ってやることが、悉く裏目に出る。
・いまの自民党がそれだ。
・「麻生おろし」は、当事者にしてみれば、自らの議員生命を賭けた必死の戦いだろうが、衰退は
今に始まったわけではない。近くは小泉改革が、「いまのままでは自民党は駄目だ」ということを
鮮明にした。安部・福田を通して、そのメッセージの意味を無視ないし軽視してきたし、麻生一流
の思い上がりで、それを否定した。自民党は、それを良しとした。
・彼らが引き継いだ(ないし引き継ごうとした)のは、「劇場型」政治の表面的形式だけだ。「派閥」
という内的統制の規律は失われてしまった(タガが外れた)から。
・小泉改革は自民党時代の「終わりの始まり」を宣告したが、その意味を読み取れず、それを否定
することで、自らの存在意義を否定せざるを得ない羽目に陥った。
・村山社会党委員長を担いだことは、自民党の蘇生術の「高等戦略」としては奇策ではあった。
自民党は蘇り、社会党は死んだ。しかし奇策は、体内に「毒素」を取り込み、自ら体力を消耗させた。

  **************************************************
・民主党は、自民党の「負の遺産」を背負い込むことになる。民主党の特徴を、一言で言えば
ポピュリズムということになるか。
・そのほかの具体的政策ではバラバラで一体性がない。要するに明確な綱領を持たない寄り合い世帯。
・ポピュリズムの最初の試練は「財源」だが、いまや借金財政の重みが、すべて民主党政権に被さってくる。
・この苦難を乗り切る唯一の方策は、ある種の「国民総動員」、国が国民のために何が出来るかではなく、
国民が「国」のために何が出来るかが問われている
という明確なメッセージを打ち出せるリーダーが
必要だが、鳩山にはその資質はない。

◆今晩のニュースから
共同通信社が18、19の両日、衆院選への有権者の関心度や政党支持の傾向を探るために実施した
全国電話世論調査で、比例代表の投票先政党で民主党が36・2%に上り、15・6%だった自民党の
2倍以上に達した。
前回2005年衆院選の第1回トレンド調査では自民党が31・5%、民主党15・2%だったが、完全に
逆転した形だ。
[PR]

by agsanissi | 2009-07-19 09:05 | ミミズの寝言