農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ジャガイモ( 257 )


2013年 03月 22日

ハウスの開閉

ジャガイモの浴光育芽期間の、主な仕事は

 ・種芋の点検(病害芋や芽の動きの悪いものを排除する)
 ・ハウスの開閉(日中陽射しがあれば全開、曇の日でも5度以上あれば全開にする)
 ・種芋にまんべんなく光を当てるために、上下反転すること

今朝は、ジャガイモを広げたばかりで、ザッと一通り点検したので、開閉だけ。
暁方氷点下5度まで下がったが、日中は10度前後の予報。

例年、3月末から4月初めは降雪があるが(去年は、3月25日に畑は25センチの積雪だった)、
どうやら今年は3月末の大量の降雪はなささそう。

24~29日の週間アンサンブル予想図(参照)を見ると、
25日後半と28日夜半から29日にかけて天気は下り坂の様子。
例年なら、これが雪になりそうだが、今年は大崩れはなさそう。
c0048643_14442927.jpg

[PR]

by agsanissi | 2013-03-22 14:27 | ジャガイモ
2013年 03月 21日

ジャガイモを広げる


自家製の種芋は、14日までに、すべてハウス内に運搬。
16日には、購入種芋(男爵及びワセシロ・キタアカリを各2㌧、500、200キロ)を搬入。
まだ気温がやや低いので、徐々に昇温を図る目的で、ダンボール又は袋詰のままハウス内に保管。
日中のハウス内の温度は、30度以上に達する。

19,20日の二日間で、すべての種芋を広げて、簡単に点検。保管中の腐れ・その他の障害芋を排除。
自家芋3.2トンに対して、約80キロ程度。保管前(前年中)に”念入り”点検しなかったわりには悪くない。
ワセシロに、やや病害が多く目立つのは、前年の種芋が悪かったせいか(通常の種芋が入手できずB級品)。

昨夜、二つ玉低気圧が通過し、深夜に一時降雪。2~3㌢か。
今朝は、一点の雲もない青空に雪がキラキラ輝く。軽い粉雪で、強風に吹き煽られ、砂塵のように舞う。

珍しく畑の雪は、自宅周辺よりも少ない模様。
道路には、殆ど雪は残っておらず、畑に雪も明日には消えるか。
ハウス内は、21度(気温は、9時に0.4度)、片側のみ開放する。
[PR]

by agsanissi | 2013-03-21 09:46 | ジャガイモ
2013年 03月 14日

種芋準備

48歳で普代村に来て、今年で20年目に入ります。

昨日は、保管庫の種芋を運び出しました。例年になく寒い年で、「芋の状態はどうかな?」と
かすかな懸念もありましたが、全く問題なし。保管前に、充分に点検しなかったため、ちらほら腐れも
見られますが、これは点検したにしても避けられぬこと。

段ボールで200余、肥料袋で9袋、各2トン、1トン程度。
c0048643_8474237.jpgc0048643_8472551.jpg











今朝、いつも通り3時頃目覚めましたが、チョット腰回りが重い感じがして、
再び横になって6時まで寝てしまいました。昨日の疲れかしら....。
こんな時は、「年と取ったな!」 と自分でも実感します。
以前なら一日でやってしまったことも、最近は二日、三日かけてやってます。
これもまた良し!
[PR]

by agsanissi | 2013-03-14 08:49 | ジャガイモ
2013年 03月 12日

仕事始め

すっかりご無沙汰してしまいました。
別段、何があったわけでもありません。
なんとなく疎遠に....なってしまいました。

今日は、今年の仕事始めです。心機一転、ブログも再開です。

種芋の浴光育芽の準備のため、ハウスの補修と内部の整理。
畑の雪は、数日前に、すっかり消えて、今日は小春日和です。

去年の今日は、大雪に見まわれ、畑には来られませんでした。
一昨年の今日は、前の日から今日と全く作業をやっていて、地震にあいました。

その時の実感は、「長い地震だな」と思っただけで、特別大きな地震とも、東北地方が
とんでもない災厄に見舞われたとも、全く想像だに出来ませんでした。
何か、とんでもない事態に見舞われているようだと知ったのは、停電の復旧したやっと
三日後のことでした。同じ三陸沿岸でも、ここは”ちょっと変わった”そんなところです。

去年の3月12日朝です。身動き取れません!    今年は、雪がすっかり融けました。
c0048643_8223423.jpgc0048643_828470.jpg
[PR]

by agsanissi | 2013-03-12 22:33 | ジャガイモ
2012年 06月 07日

生育比較

・西11にプラウ⇒ヒマワリ播種準備;小麦を縮小する代わりに、輪作の体系の一部としてヒマワリを導入予定
・西11の地図をGoogleで見ると(去年の末の航空写真のようだ;参照)、三つの部分に分かれている。
去年一年は「休閑地」として放置に任せていた。奥から雑草の群落、小麦播種、ここも雑草の群落。
地図に濃淡があるのは、奥のほうが雑草の群生が酷いため。手前は一度プラウをかけた跡。
・去年の年末に播種した小麦はほとんど物にならず。潰す。
・一部はプラウでは対応できず、チョッパーで雑草を処理した後パワーディスクで処理。雑草の鋤き込みは
殆どできないが、ヒマワリの播種には取り敢えず支障ない程度には処理できたか?(年末にはプラウ)

◆ジャガイモの生育比較
・5/26と今朝
・欠株を所々掘り返してみたところ、意外と多いのがネズミの食害。
中には、土壌の盤を突き破れなくて、「停滞しているか」と思われるものさえある。
c0048643_20561542.jpgc0048643_20564532.jpg











◆ 【2011年6月は何をやってた??】 ◆

-----------------------------------------------------
[PR]

by agsanissi | 2012-06-07 20:58 | ジャガイモ
2012年 06月 06日

中耕カルチ

・台風は、今のところ三陸沖に向かう模様。毎日、時に朝晩で変化する週間予報!
・カッコーは、今や「たけなわ」(といえるのか)。ホトトギスは時折。何やら分からぬが珍しい鳴き声も。
・今日に限ってホトトギスは頻り、これからが本番か?

・昨日二度目の中耕カルチ(東6)、前回のカルチで叩き割った「かわらけ」をひきつめたような土に。
一昨日、多少雨があり、この湿気で多少は熟れるかと期待。
・前回は爪だけ、今回は両脇に羽根をつけ、心持ち幅を広げる。培土前に後二回はカルチを。
・右側の写真から、多少は土がこなれているのが見て取れるだろうか。
・時速5.5キロ程度、初回は慎重に4キロ強で。午前中で十分に終わる予定だったが(200メートルを
47往復として、走行距離9.4キロ、旋回時間のロスを見ても二時間半程度か)、朝一で屑鉄屋の相手を
して、開始時間が遅れる。
・午後、三分の一程度、午前に比べて土が乾燥。
・その後、東23の十勝コガネに移る(初回、まだ一割程度しか出芽してない)。この出芽の悪さは驚き
・タネの素質(芽の動きが悪い乃至遅いのは事実)、土の問題、気象条件、その他??
何が要因と確定できず、とはいえ、こんな事態は初めて。
・腐敗、病気等を除けば、ジャガイモが出芽しないことはあり得ない(とは思うものの)、やや不安にはなる。


c0048643_5231530.jpgc0048643_525579.jpg










◆ 【2011年6月は何をやってた??】 ◆

-----------------------------------------------------
[PR]

by agsanissi | 2012-06-06 05:22 | ジャガイモ
2012年 06月 01日

管理作業

・5/29~6/1と、三日かけてジャガイモの中耕カルチ。
・5/02播種の十勝コガネを除いて、中耕カルチの一回目は全て終わる。
・東23のキタアカリ及び東29のワセシロの一部は二度目。
・ワセシロの一部は、湿気のためか出芽せず。
・湿害に依る、これほどの面積の出芽不良ははじめての経験。
・十勝コガネの出芽の遅れの原因はなにか?
(浴光育芽の段階で、芽の動きが著しく遅かった

◆ 【2011年6月は何をやってた??】 ◆

-----------------------------------------------------
[PR]

by agsanissi | 2012-06-01 13:17 | ジャガイモ
2012年 05月 31日

生育状況

・今朝、ホトトギスの鳴くを聞く。ホトトギスの初鳴きの標準日は5月末で30日か31日。
・今年の生物気象現象は、3月に大きな狂いが生じたが(ネコヤナギ、蕗などは3~4週程度も遅れた)、
4月の半ば以降は一週前後(桜の開花は4~5日遅れ)、5月以降はほぼ例年通りのようだ。

◆ジャガイモの生育状況
c0048643_2048596.jpg
・5/19の東6の自家男爵、14日頃が出芽開始か。
4~5日で揃えばベスト、一週間で揃えば合格圏と
考えている。
14日が出芽開始日とすれば、播種日(4/22)から、
約三週、概ね標準通り。








・同じ場所の5/24と26日の写真。右の写真では
欠株と見られる箇所が5~6箇所見られる。
c0048643_436586.jpgc0048643_4374696.jpg










c0048643_4481226.jpg

・中央部付近に、やや凹んで薄く見える
部分がある。湿気が多くそのために
凹んでいる。列状に出芽が遅れているか
または種芋が腐った可能性もある。

・今年は5月前半の雨が特に多かった。
3-6日に140ミリ、10-11日に60ミリ、
ために流出したところもあれば、盤に
なった箇所、畑もある。







◆ 【2011年5月は何をやってた??】 ◆

-----------------------------------------------------
[PR]

by agsanissi | 2012-05-31 21:07 | ジャガイモ
2012年 05月 30日

この一ヶ月

・昨日、和野山でカッコーの鳴くのを今年初めて聞く。黒崎の自宅では25日に初鳴きを聞く。
その後、数日間は朝だけ短時間鳴いていたが、昨日は初めて和野山で聞くと同時に日中頻りと鳴いていた。
・昔から、「カッコーが鳴いたらマメを蒔け」と云われた。この18年間、ほぼ例外なしに5/15~18に鳴いて
いたが、今年に限って約10日遅れた。鶯はいつも通り5/8頃、ホトトギスはこの数日と思うが、どうかな?
・今年は春から、いろいろと天候異変が続いた。結果的には、桜の開花も山菜も、ジャガイモの出芽も
数日遅れに留まった。

◆ジャガイモ播種のまとめ
・4/22、東23にキタアカリを600キロ(30列、内29&30列は六分程度)、
東6に自家男爵を22列、播種量は600㌔
・4/26、東6に男爵を1.6トン(70列)播種。
・4/29、東6に男爵を約900㌔播種(48列、内40列は通常通り。
・5/02、東29にワセシロを1.2トン播種(68列)。
東23に十勝コガネを500キロ播種(20列)。
・その後、5/09&17日に種芋及び肥料が残っていたため追加播種を試みるも、9日は畑の湿気が多く
中止。17日は繰り返し降雨に当てられ、表土がカチカチの盤になってしまって覆土が巧くできず中止。
時期的リミットもあり、結局、追加播種は中止。
・4月初めに繰り返し種芋が水に浸かったこと、半ばからの天候不順、追加播種の中止など思うように
播種作業が進まず、いささか竜頭蛇尾の感有り。とはいえ、出芽状況をみるとほぼ順調なようだ。
(参考)
・キタアカリの平均一個重50グラム前後、自家男爵は55、購入男爵50、
ワセシロは60、十勝50弱




◆ 【2011年5月は何をやってた??】 ◆

-----------------------------------------------------
[PR]

by agsanissi | 2012-05-30 03:52 | ジャガイモ
2012年 04月 22日

ジャガイモ播種

・今日、ジャガイモを播く。
・東23にキタアカリを600㌔、東6に男爵(自家タネ)600㌔を播く。
・やや大ぶりの芋にシフトするため株間を、31.5センチから37.5センチに変更する。
・畝間は、5年ほど前に72から75に変更したが、株間の変更は17年前にジャガイモ生産を始めて以来。

・播種までの作業工程は、昨年末にプラウで天地返し。今年、サブソイラー(4/17&20)。
c0048643_19503597.jpgc0048643_19505243.jpg










・4/21にハローで整地。例年はロータリーで整地をしているが、今年は何年ぶりかでハローで。
ハローの耕深はやや浅めで(15~20センチ)、芋が地表面に出てしまうことがあるので、通常は
ロータリーを使っているが、作業能率がロータリーの時速2㌔前後に対して、ハローは5~6㌔で
作業できる点が、断然魅力的。
・覆土対策は別に考えるとして、取り敢えず、ハロー耕起でやってみる。
c0048643_2019971.jpg

・今日播種した52列(東23に30列、東6に22列)の
うち、芋が地表面に出たのは3列、各数メートル程、
トラクターのタイヤの踏跡や段差のあるところなどの
特別の事情のある場合で、一般的には問題なし。
・やや覆土を厚くするなどの工夫が必要。




c0048643_20313575.jpg

・播種直前のキタアカリ。キタアカリの芽の動きは良好で
先月末にハウス内に広げて、まだ三週間程度。
・芽の動きは、最も早く、先週から、畑さえ準備できれば、
いつでも播ける状態になっていた。







◆ 【2011年4月は何をやってた??】 ◆

-----------------------------------------------------
[PR]

by agsanissi | 2012-04-22 19:52 | ジャガイモ