<   2005年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2005年 02月 28日

荒業

c0048643_1951864.jpg

これ以上降り積もれば、押しつぶされ兼ねないと、
リースに出していたユンボを、急遽、返却してもらって
荒業で、除雪作業。

両ハウス間に積もった雪は、計算上は82立方メートル
以上、反対側も含めて考えれば200立方メートルは
あるから、とてものことシャベルでは間に合わない。
時折、雪の舞うなか、どかどか大慌てで除雪。


取り敢えず潰される心配のなくなったところで、
明日からはシャベルも使って、もう少し丁寧な除雪と整地作業の予定。

二月は、全国的に気温が低く、鶏の産卵率が下がり、ために卵価が5週連続で
値上がりとラジオで喋っていたが、ここらで二月の最高気温の平均が2-3度、
やや寒いのかな。春はまだ先の話。
[PR]

by agsanissi | 2005-02-28 20:25 | 作業メモ
2005年 02月 26日

よく降るね

c0048643_20163431.jpg
雪国でもないのに何でこんなに降るの、というほどよく降る。
自宅前で、新たに30-40センチも降った。

ラッセルを待って、昼過ぎに山に行った。
ヤギ小屋の入り口が塞がって出られなくなってやしないかと
気遣ったが、何事やあらん泰然として、口をモグモグ。

去年の今頃は、芋の展開準備でアタフタしていたが、
今年は「春が遅いか」と考え、来月10日頃を展開日とした。
この雪では、展開日を遅らせたのは正解だったようだ。
[PR]

by agsanissi | 2005-02-26 20:56 | 作業メモ
2005年 02月 25日

畑は雪の中

c0048643_15374849.jpg

畑は、まだ一面の雪の中。静まり返った静寂。
12月末の雪が、そのまま根雪になり、一度も土が顔を見せないそうだ。

沿岸部の冬は、
降雪はあるものの、二月、三月は土が見えていることが多く、
三月末に南岸低気圧の北上とともに、湿った重い雪がドッと
降ってお仕舞いというパターンが多かった。


今年は、特に寒いわけではないが、日中気温が上がらないようだ。
氷点下10度を下回る日も少ないが、日中5度を上回る日も滅多にない。
時々雨が降ってはしまり、しまって踏んでも沈まない雪が30-40センチも
積もっている。

当分、畑仕事はお預けのようだ。
[PR]

by agsanissi | 2005-02-25 13:56 | 気象/季節メモ
2005年 02月 23日

天候急変

関東から西は春一番が吹き、気温も上昇したそうだが、
東北・北海道は低気圧が発達して通過し荒れた天候になった。

岩手県全域に風雪注意報が出され、岩手県内の東北道は吹雪で通行止め。
三年前に、トンネルをひとつ越えて岩手に入った途端、晴天から吹雪に一変
してビックリしたことがある。
今年は、一日違いで無難に到着。

沿岸部は、朝から雪、雨、霙、再び雪と変わり、気圧は昨夜から20気圧も
低下し、強風が吹き荒れた。一日中自宅に引きこもり。

今日は旧暦の1月15日、いまは強風に吹き払われ雲ひとつない、上空80度
ばかりに満月が輝いている。
(ちなみに去年の今日は2月4日、去年より三週遅れているが、それに何か
意味があるのか、ないのか分からない。去年の22、23日は21、15度にも
なったが、今年は平年並みに2,3度だ)
****************************

★ 低気圧に関する東北地方気象情報 第3号 ★
平成17年2月23日16時45分 仙台管区気象台発表

(見出し)
東北地方の日本海側では、発達中の低気圧の影響で、23日宵のうちにかけ
て西の風が雪を伴って非常に強く、海上では24日明け方にかけて大しけと
なる見込みです。暴風や高波に警戒して下さい。

(本文)
【気象状況】
北海道南部に発達中の低気圧があって、北東へ進んでいます。また、低気圧
から南西に延びる寒冷前線が、東北地方南部を通過中です。

【風・波】
<風の実況>
 23日16時までの、主な地点の最大風速と最大瞬間風速は次の通りです
(単位はメートル)。
   最大風速(風向・起時)     最大瞬間風速(風向・起時)
 八戸15.7(南南西12時50分) 32.0(南西12時43分)
 秋田22.5(西南西12時30分) 35.5(西南西12時18分)
 酒田17.8(西南西12時30分) 34.2(西12時22分)
 石巻13.4(西北西15時20分) 26.3(西北西15時18分)
[PR]

by agsanissi | 2005-02-23 21:55 | 気象/季節メモ
2005年 02月 22日

帰宅

今日の16時頃、普代に無事到着した。

沿道の畑を横目に、あれこれと今年の計画が頭に押し寄せてくる。

現場主義」という言葉があるが、何よりも百姓は現場主義に徹しなければ駄目だ。
そういう点から見ると、最近の「耕す生活」は、「耕す生活」がなかったせいか、
やや言葉遊びに近い観念的傾向が強かったかなと反省。
とはいえ、現場を離れることも大事かなと、一晩寝て起きたらふとそんな思いが浮かんだ。環境が変わって、意識の表層からは消えていても、意識下には「耕す生活」があるのだから、単なる言葉遊びであるはずがない。視野を変えてみる。02/23)

今日はもう遅いから畑には行かないけれど、明日行って見よう。
多分、一面の雪世界だろうけれど。
[PR]

by agsanissi | 2005-02-22 20:42 | 作業メモ
2005年 02月 20日

都市近郊農業の試み

昨日書いたばかりのパン工房の「専用ブログ」が早速出来た。

関連して、都市近郊農業というテーマでここにもちょっと書いておいた。
[PR]

by agsanissi | 2005-02-20 18:24 | 作業メモ
2005年 02月 19日

南部小麦全粒粉のパン

南部小麦の全粒粉入りパンを試食してみてとの「招待」を受け、
帰宅前の土産話にと、パン工房を始めようという友人を訪ね、羽生まで遠征してきた。

シッカリした歯ごたえのある、パンはこれでなくちゃ、という良いパンだ。
何よりも、全粒粉の風味と全粒粉特有の微かな粒々感が独特の味わいを出している。

実は、この南部小麦、僕が供給したものだから、自分誉めのきらいもあるが、
それよりも何よりも全粒粉には精製粉にはない風味がある。これに慣れてくると、
精製粉なんか滓を食ってるのじゃないかと思うくらいだ。
もち論、向き不向きがあって、何にでも全粒粉というわけではないが、パンやクッキー
には風味といい、舌触りといい、更に栄養面から見たって全粒粉がお勧めだ。

★パン工房と云うか、食糧工房と云うか、計画段階から専用のBlogを立ち上げて
関心のある人、興味のある人、専門知識のある人を巻き込んで、パンを練るように、
工房つくりの案もネットを通して練り上げていったらどうですか。
考えを整理するにも良いし、要望・ニーズを取り入れるにも良いし、記録にもなるし、
一石三鳥、一石四鳥くらいの効果があるでしょう。
早速、今日にでも立ち上げてみたらどうです。
まずは、現在までの進捗具合、今後の問題点、頭の中でもやもやしてることを、
そのまま
全部書き出してみる、そんなつもりで始めてみてはどうですか。
未整理でみっともないと思ったら、非公開にすればよいし...。
[PR]

by agsanissi | 2005-02-19 18:43 | 小麦
2005年 02月 18日

天候不順

この週末には、
岩手に戻ろうかと思案しつつも、
ここに来て天候不順で2,3日延期だ。

九州地方は、一時は「春一番」が吹くかと予想されたが、
それはなかったようだ。ただ5月の陽気とか。

**************************
埼玉では、ボチボチ、ジャガイモ植えも始ったようだ。
単純に緯度だけから比較すると、2月初旬植えでも良いのじゃないか
と考えていたけれど、埼玉北部ともなれば、話を聞いてみれば、
明け方の冷え込みは、時に岩手沿岸北部よりも厳しいようだ。

播種から出芽まで約1ヶ月、出芽後3週目からストロンが延び始め
早くも小芋が、数ミリの芋が出来始める。
この時期以降の気温をみながら、地温が25-30度にも上がって
来るようなら、出来るだけ培土を厚くして、芋床の地温の上昇を
避けてやるような工夫が肝要かもしれない。
[PR]

by agsanissi | 2005-02-18 15:18 | 気象/季節メモ
2005年 02月 16日

久々の雪になる

c0048643_17533286.jpg
昨日までは斜面の地肌が見え、道路も乾いていたが、すっかり様代わりになった。

太平洋の南岸を進む低気圧の影響で、岩手県でも昼過ぎから雪が降り始めた。
寒気が入ってはいるが、それでも夕刻の気温は沿岸部では氷点下1-2度、夜は雨に変る予報まで出ている。

去年の二月のように20度を上回る馬鹿陽気はないが、それでも今年に入って真冬日はまだ一日しかない。

遠く案じても詮無いことながら、湿った重い雪は閉口だ。
[PR]

by agsanissi | 2005-02-16 18:22 | 気象/季節メモ
2005年 02月 02日

モード変更準備

c0048643_1565460.jpg

★心の準備

二月に入った。
あと10日か2週、
そろそろ心の準備を整えねば、
温暖な関東平野から、東北北部では
いきなりでは中々厳しい。

この写真は、北上山地の峠だけれど、
さすがに、峠を越えて沿岸に向かうと
刻々と風景の彩りは変ってくる。
心が和む。

★お知らせ

去年まで、この掲示板を、作業日誌に使っていたけれど、いまや世はBlog でなければあけぬ有様。
使い勝手も良いことだし、リンクも張りやすいことだし、少なくとも今年一年、この場をお借りすることにしました。
引き続き、ご愛顧のほど、宜しくお願いします。
[PR]

by agsanissi | 2005-02-02 15:37 | 作業メモ