<   2005年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2005年 05月 30日

出穂期を迎える

c0048643_1954441.jpgc0048643_1962047.jpg









左側は今年の小麦の今日の姿。4日ほど前から出穂が始まり、昨日ほぼ出揃った。
右側は去年の5月22日。去年に比べ約一週間遅れだが、そもそも去年は桜が平年より
一週間も早く咲いたから、出穂期はむしろ今年のほうが平年並み。
問題は、5月10日以降の低温で、草丈が低いまま出穂期を迎えてしまったこと。
15-20センチ程度低く、60センチ前後。
穂がやや小さめに見えるが、どうだろう。
[PR]

by agsanissi | 2005-05-30 19:19 | 小麦
2005年 05月 28日

プラウかけ

ダイズ畑やソバ畑の準備のために、朝からプラウかけをやった。
今週になって降った雨で湿気が多く、土が重くて抵抗があるけれど難航するほどではない。
二町歩ほど反転耕起を終えたところで、15時前に猛烈な雷雨になり、中止した。
そのまま早めに帰宅したが、疲労困憊して、まもなく寝てしまい夜中になって起き出した。

このプラウ、最近、土に入る部分の爪を全部交換した。
開発農地で共同利用している機械で、50-60町歩の畑を毎年起こして8年間使っているから、
延べ400-500町歩起こしたことになる。小さな修理は、いろいろやってきたが、爪の全面交換は始めて。
修理屋は、八年も経って錆付いているから「素人には無理だ」とか云って何万円も請求する。
部品代も入れて20万円以上するので、機械銀行(農協)は色よい返事をしない。
修理交換は自分でやることにして、早速交換。

今日は、交換後初めてのプラウかけ。
やってみて驚いた。スパスパ土に入る。同時に購入したての頃の作業具合を思い出した。
これでなくては、反転耕起にならないな、という当然のことを実感した。

最近、畑の雑草が増えた。プラウも土に入らない。いろいろ考えたけれど、この最も単純な目の前の事実を
見逃していた。使い続け、徐々に徐々に退化して、その退化した状態に慣れてしまうことで忘れていた基本を
思い出すそんな一日だった。
[PR]

by agsanissi | 2005-05-28 01:26 | 作業メモ
2005年 05月 26日

迂闊

昨日更新したはずのものが、登録されていない?!
と、思ったらプレビューだけで「送信」したつもりになったようだ。

昨日、四日ぶりに晴れて、気温も上がってきた。
昨日は13度、今日は20度くらいまで上がってきたようだ。

小麦の生育不足は覆いがたい。
五月の連休までは順調に進んでいたが、その後ストップしてしまい、
爆発的成長期を取り逃がしてしまった。
岩手県南部も、今の時期、去年に比べて20-25センチほど草丈が低いようだ。

昨日は、終日、草取り。
今日は、午前中はダイズ畑の準備でハロー(西11)、午後は草取り。
[PR]

by agsanissi | 2005-05-26 21:45 | 小麦
2005年 05月 23日

濃霧

c0048643_14131365.jpg
朝雨、ここは漁港。畑は向かいの山の上にある。
上三分の一はすっぽり霧に包まれてしまった。

視界は10メートルくらいか。
行きかう車はほとんどないが、たまにポッとカンテラのような光が見えた
と思うと、突然、目の前に車が現れる、そんな具合に走っている。
気温は、またまた7-8度に下がってしまった。
腰を伸ばすに良い休息日ですね。
[PR]

by agsanissi | 2005-05-23 14:21 | 作業メモ
2005年 05月 20日

カッコーが鳴く

相変わらずの草取りで、特に変わったこともないが、変わったことと言えば、
・急に暑くなったことと、
・昨日やったカルチかけの後の、浮き上がった雑草を拾って歩く作業に変わったことだ。

何で程々ということがないかと恨みたくなるほど、急に変わる。
と云って、20度前後だから、ほどよい気温だろうが、4-6度、世間ではストーブでも
焚こうか気温から、いきなりこんな気温に上がれば戸惑う。

おかげでジャガイモの出芽が目に見えて増えた。

昼を過ぎて三時頃だろうか、カッコーが鳴くのが聞こえた。例年より四日遅れだ。
いつもは初鳴きは、9-10時頃に聞くか、たまに夕刻になって聞くことが多いが、
こんな半端な時間に聞いたのは初めてだ。

なぜカッコーの初鳴きにこだわるか。
この辺ではカッコーが鳴いたら、豆を播けというからだ。
季節の変化の目安にしているが、最近10年間、16-17日と変わらない。
今年に限って四日遅れた。

ウグイスもホトトギスも、初鳴きを聞いて以来、鳴き交わす声をあまり聞かない。
めっきり減ったような印象を受けるがどうなのか。
キツネ、狸、カモシカ、キジなどの姿を見かける機会もめっきり減ったようだ。
[PR]

by agsanissi | 2005-05-20 23:59 | 気象/季節メモ
2005年 05月 19日

強風

明け方3時頃から、猛烈な風が終日吹きまくる。
畑には、まともに立っていられないほどの風。
三陸鉄道は、普代久慈間で運休になったとか。

午前中、ジャガイモ畑の一部にカルチをかける。
最初のカルチかけは、なんどやっても緊張する。
ジャガイモを踏みつけないように注意するのはもち論だが、この後のカルチ、さらに培土がうまくいくかどうか
最初のカルチで決まってしまうからだ。

緊張作業で、写真を撮っている余裕がなかった。次回以降のお楽しみ。
午後は、機械修理(リバーシブル・プラウの部品交換)。
[PR]

by agsanissi | 2005-05-19 21:26 | 作業メモ
2005年 05月 16日

雨の中、耕す

終日雨
ほとんど日本中が晴れているのに、「何でここだけ」と恨み節がでるほど
沿岸部の北緯40度線の上に、磁力で引き付けたように雨雲が貼り付いている。

今日は、今朝から、ジャガイモを共同購入していただいている岩手生協の地区の年次総会に招待を受けて、
参加してきた。普段は、ヤギ・鶏との付き合いしかないから、ちょっと場違いなところに引き出された感
無きにしも非ず。
最近、「世の中どうなっちゃったの??というほど変な事件が頻発している。自然と接する感動、物を作る感動、
額に汗して働く爽快さ。こういう機会が失われ世の中が殺伐としてしまった。そいう単純な感動の機会を作る
事が大事だ。そこでジャガイモの購買だけではなく、もっと中味のある交流の機会を作りたいと思っている」と
いう趣旨の挨拶をさせてもらった。予想以上の反響で、早速ということになり、相談会の日程まで決めてきた。

雨で、畑は耕せなかったけれど、何かを耕すきっかけにはなっただろうか。
[PR]

by agsanissi | 2005-05-16 20:45 | 作業メモ
2005年 05月 14日

寒い

東よりの冷たい風が吹いている。
全天、高層の薄雲におおわれ、陽射しはない。
5-6度だが、体感気温は3-4度だろうか。
三時間ほど草取りをする。
午後は、機械修理の手伝いを頼まれ、「しょうがないな」とか言いながら、ホッとしていそいそと手伝う。

この寒さで、
ジャガイモの出芽も、小麦の生育も、止まってしまった。
1週間から10日ていどは遅れるだろうか。

明日明後日は、例年、カッコーの初鳴きの時期だが、果たしてどうか??
[PR]

by agsanissi | 2005-05-14 23:29 | 気象/季節メモ
2005年 05月 13日

北東気流

昨日からの雨が、午前中いっぱい続いた。

11日に「向こう一週間、低温と霜のおそれがある」との注意報が出された。
11日に明け方1度まで下がったが、その後は4-5度にとどまっている。
しかし日中気温もほとんど上がらず、今日なんか朝は6度あったのに、
日中、4-5度に下がってきた。

草取りを始めたばかりで、まだ身体が慣れていないうちに休んでいちゃ困ったもんだ。
「変わったこと始めるからだ」と、この低温の愚痴をこぼしていく。

「草取りは、百姓仕事の基本だぞ」
「ヘイ、そうすか、そうすか」
[PR]

by agsanissi | 2005-05-13 20:15 | 気象/季節メモ
2005年 05月 12日

朝、7時に畑に行って、3時間草取りをやってきた。

雨の予報が出ていた。何時頃から雨になるか?
普通は、三つのウェブサイトを見ている。
1.気象庁の分布予報
2.レーダーアメダスの雨模様
3.気象協会の総合気象数値予測システム

1と2は、同じ情報をもとにしているが、1は15時間後までの天気の分布予報(晴、曇、雨)をメッシュ地図で
示している。2は6時間後までの雨雲だけの動きを示している。天気の大まかな変化の様子を頭に入れる
には、雨雲の動きだけを取り出した2よりも1のほうが便利だ。

これに対して3は気象協会が独自に開発して、この4月に試験的に公開したばかりのニューフェースだが、
他は知らず、わが地域に関する限り中々精度が良い。
といって、ミクロ的に一番精度がいいのは我が鼻と肌で感じる空気と風の匂いだ。

この三つを見て、今日は10-11時頃に雨だなと思って出かけた。
9時半頃に風の匂いが変わった。そろそろ雨だなと思ったら、10時から雨になった。

時々、NOAAの画像をみるけれど、空気の流れを肌に感ずるようで、いかにもダイナミックで楽しい。
[PR]

by agsanissi | 2005-05-12 19:40 | 気象/季節メモ