農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 14日

畑おこし

c0048643_6554533.jpgc0048643_6561133.jpg













小麦やナタネの植わっている畑を除いて、リバーシブル・プラウとディスク・プラウをかけてみた。左はリバーシブル・プラウの跡で、
右はディスク・プラウの跡だ。前者は20-30センチの深さで上下反転耕起し、後者は15-20センチの深さで土を掘り起こし、
作物残渣や雑草の根を刻んでいく。
機械本体は、リバーシブルはここに「プラウ耕の様子」として載せてあるし、ディスクは、ここにパワー・ディスクとして載せてある。

最近、雑誌「現代農業」で、「プラウ耕は必要ない」という趣旨の記事を繰り返し載せている。この場合の「プラウ耕」はリバーシブルの
こと。畑には、浅耕や不耕起のほうが深耕よりも良いという趣旨だ。
「現代農業」の記事の取り上げ方には、ある種の流行のようなものがあって、これが良いとなると、一方的に同じ趣旨の記事のみを
掲載する傾向があるから、そのまま真に受けるわけにはいかないけれど、「秋おこしはプラウ耕」と何も考えずに習慣的ワークとして
深起こしをやっているのを反省するには良い機会だ。尤も、考えない人はこんな記事も読まないけれど...。

この記事とは別に2年ほど前から深耕ばかりが、果たしてよいのか疑問に思っている。
リバーシブルの利点としては、
・ヨモギのような永年性の雑草対策としては効果がある(スギナ対策にはならない)
・コーン、ヒマワリなどの大きくて、固い作物残稈の処理には欠かせない

一方、次のような問題点がある。
・土壌(粘土質)の水分条件によっては、練り固めたようになり、全く始末に負えなくなる。
・小麦跡のソバには、麦残稈のすきこむ深さによって、(多分)ソバに発芽障害を引き起こすようだ。
・作土層と非作土層を、繰り返し上下反転することが土作りにプラスになるのか。
このような点から、今年の夏からディスク・プラウを一部に試用している。

入植当初、ディスク・プラウを使ったことがあるが、畑がまるでコンクリートのように固く、プラウの歯が全く立たず、加えてヨモギが
群生していてディスクでは対応できないため、それ以来、もっぱらリバーシブルのみ使ってきた。今年夏に小麦跡の処理に利用し
好結果を得たので、今回は「秋おこし」にディスクを一部利用してみた。

作物残渣などの残っていない裸地は、すでにカチカチに凍って起こせないが、ソバやダイズなどの刈り跡は写真に見られるように
フカフカの感じに掘り起こされ、ここまでのところ中々の好結果だ。
[PR]

by agsanissi | 2005-12-14 08:30 | 機械類
2005年 12月 12日

今日も冷えるね!!

c0048643_21225533.jpg10日から、一段と冷え込みが厳しくなった。
12月初旬としては、三年ぶりの寒さだ。
洗濯機の絞り機の中に干し忘れた洗濯物が、カチカチに凍りつき
絞ったままの状態で、ぶら下がっている。
気温は、日中も2-3度にしかあがらず、厚く張った氷はそのまま
翌朝まで残っている。

鶏は、朝、とびらを開けてやると、待ちかねたように飛び出して
いくが、ひとしきり餌をあさると、風の当たらぬ陽だまりに身を
寄せ合って日向ぼっこをしている。
11月中は、3-4時頃まで、明るいうちは外を跳ね回っていたが
最近は、気温が下がってくるとともに昼前後には、まだ明るいうち
から小屋に戻ってしまう。
[PR]

by agsanissi | 2005-12-12 21:24 | 気象/季節メモ
2005年 12月 06日

タネ芋の保管

c0048643_641798.jpg昨夜から雨、明日は暦の「大雪」だけれど、この時期に雨とは一驚しますね。
温かいのかというと、真冬日すれすれになったり、マイナス6度程度に下がったりと
どうも安定しない天候です。

昨日はジャガイモの保管庫を閉鎖した。後は来年に備えて畑の片付けが残って
いるけれど、保管庫を閉めるとこれで一年の農作業はほぼお仕舞いです。
タネ芋には、三分の一程度、自家芋を使っているけれど、この保管庫を作るまで
いろいろ失敗や苦労を重ねました。
凍結させてしまったり、あちこちに分散したり、土に埋めて大雪で掘り出せなかっ
たり、毎年「保管」には頭を悩めてました。
コンパネで二重壁にして、間に50ミリの断熱材を入れた、この保管庫を自作して
からは事故はなくなりました。
倉庫内はマイナス5-6度まで下がるけれど、保管庫内はマイナス3度からプラス
4度程度でほぼ安定し、ダンボールに入れた状態で保管しておくと、翌春には非常
に安定した状態で取り出せます。
[PR]

by agsanissi | 2005-12-06 07:14 | ジャガイモ
2005年 12月 03日

大風

c0048643_6455248.jpg29日の夜から台風並みの、というか台風以上の強風が連日のように吹き荒れている。

風を受けない陽だまりはポカポカ陽気だが、畑に立っていると耳が引きちぎられそうに
痛い。鼻はさほどにも感じないけれど、耳は温感器か思うほど敏感だね。

畑の一角に立ててあるヤギ小屋の屋根が、度重なる台風にもビクともしなかった(?)
けれど、この大風で吹き飛ばされてしまった。
ヤギには生憎だけれど、この大風が止むまで修繕は待ってもらっている。
[PR]

by agsanissi | 2005-12-03 07:07 | 気象/季節メモ