農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 30日

小麦の生育比較

c0048643_21301932.jpgc0048643_21305861.jpgc0048643_21315296.jpg







小麦はこれから一ヶ月、爆発的成長期を迎える。
いまはまだ四節で草丈が25センチ程度だが、約一ヵ月後には70-80センチに達し、
開花期を迎える。
2年前、去年、今年と各4/30の写真を比較してみた(画像をクリックすると拡大する)。
写真だけから判断すると、繁茂の具合は今年が最も良いが、葉の勢いは去年のほうが
いかにも強勢に見える。去年は、12月末から3月末まで丸々三ヶ月間雪の下にあり、
初めての経験でどうなることかと心配したが、雪の保温効果で却って保護されたのか、
4月には目を見張るほど回復した。ところが、この後、5月に入って約2週間、日平均
気温が10度以下という低温が続き、生育が停滞してしまった。
今年は、4月が低温期を経験したが、生育パターンからすれば4月の低温はさほどの
影響はないようだ。

*********
[PR]

by agsanissi | 2006-04-30 22:08 | 小麦
2006年 04月 29日

種芋の大きさと収量

昨日はほとんど快晴に近かったが、今日は霞をかけたような薄雲が広がる。
日照時間も昨日の半分しかないが、気温は19度と昨日をやや上回る。

朝6時から夕刻6時まで、芋の袋詰め、播種、芋畑の準備と俄かに忙しくなる。
昨日に続き東23に約1トンを播種。昨日分と併せて2トン、80列に播種。
これで、ほぼ全体の七割強を終える。

*************************
前に紹介した「ジャガイモのつくり方」に、種芋の大きさと生育・収量の比較表が
掲載されている。それによれば、
種芋の重量は各5、38、75gで植え付け後69日目の株当り芋重は56、255、315g、
最終株当り収量は641、809、920g...などであった(男爵芋)。

茎数、芋数、規格内歩留まりなどが分からないから、これだけの資料では実際的判断は
出来ない。しかし種芋は大きいほど生育も早く、最終収量も大きいが、種芋の重量に対し
て収量は比例的には増大せず、相対的には小芋ほど収量倍率が大きいとはいえる。

ジャガイモの生育適温は10-23度で、この気温域の期間が短い地域では生育の速い
大きい芋ほど有利だが、逆に生育期間の充分に長い地域では小芋ほど有利とも云える。
「生育期間の充分ある地域では、全粒種芋を使った場合では、30-120gの間で、種芋
分を最終収量から引いた実収量で比較してみると大差が見られないことが多い」(同書)
[PR]

by agsanissi | 2006-04-29 22:20 | ジャガイモ
2006年 04月 28日

ジャガイモ播種

更に二ヶ所あるジャガイモの予定地の畑が、まだ出来ていない。
いまだに湿気が多く、改善を待っていたが、とうとう一ヶ月近く経ってしまった。
これ以上待ちきれず、湿気のひどい部分を残してハローをかけた。
土が重く、一回目は浅く、二回目はやや深めにして、二度かけした。

午後から芋の袋詰めをして、16時から約1トンの半切のM芋を播種する。
40列、肥料600kgを施用。
[PR]

by agsanissi | 2006-04-28 22:14 | ジャガイモ
2006年 04月 26日

ジャガイモ播種

一週間ぶりにジャガイモ播種。
これで西11の二町歩の播種をやっとこさ完了する。
15、19、26日の三日かかるが、正味時間は4時間20分。
全体で約3トンを124列に、ジャガイモ専用肥料を1.6トン施用。
これでやっと四割五分程度の播種を終える。

山の登り口に墓地があり、その日当りの良い一角にソメイヨシノがある。
ここの桜が、毎年、最も早く開花するので、これを指標木にしている。
23日に、平年に一日遅れで開花し、今日の帰りにはほぼ満開になっていた。
この桜から十メートルほど離れた日陰にあるソメイヨシノは、いまだ一輪も
咲いていない。
[PR]

by agsanissi | 2006-04-26 22:54 | ジャガイモ
2006年 04月 24日

播種時期と収量

午前中は雨、午後は晴の予報だが濃霧に包まれ、日差しはゼロ。

ジャガイモの播種適期を調べてみた。
「ジャガイモのつくり方」(浅間・知識共著、農文協)に、植え付け時期と収量の関係についての
東北農試の比較表が掲載されている(男爵芋、昭和37年)。それによれば、

植付け時期、萌芽期、枯凋期、株当り芋数、株当り収量は、それぞれ次の通り。
4/8、5/15、8/12、5.5個、698g
4/25、5/18、8/19、6個、965g
5/21、5/29、8/26、4.6個、735g
6/15、6/24、9/13、3.5個、325g

萌芽期までの期間は、植え付け時期が遅いほど短縮されるが、
植え付け時期が遅れるほど、萌芽期から枯凋期までの期間短縮の割合に
比較して、芋数と収量の減少割合はより大きい。
ちなみに盛岡市(東北農試の所在地)の過去30年間の日平均気温の平年値は
4/8は6.8度、4/25は10.5度、5/21は14.5度、6/15は18.2度。

ジャガイモの芽が動き出すのは6-9度程度だから、日平均気温がこの程度になる
時期を目安に播種するのが無難だろうか。
普代の日平均気温は、いまだに5-6度程度だから、この点から見れば焦るには
及ばないとも云えるか。
[PR]

by agsanissi | 2006-04-24 22:23 | ジャガイモ
2006年 04月 23日

芽の状態

ジャガイモ播種予定だったが、湿気が多すぎるので中止した。
20日の強い雨で、一部、土が流され芋が露出してしまったので、
ホーを使って覆土して歩いた。
一転して総日照時間は10分、気温も10度以上下がって7-8度。
ウグイスが頻りと鳴き交わし、ツグミの群れが飛び交っていた。

c0048643_2017760.jpgc0048643_20173794.jpg







浴光育芽を開始して45日経った。キタアカリの中には、すでに葉が
開き始めたものもあるが、これは例外で大方は、まだ右のような状態
だ。低温のため芽の動きが著しく遅れている。
播種自体が遅れて、やや焦り気味の気分だが、仮に土に入れたところで
低温のため出芽が遅れるのだから同じことだと腹をくくった。

c0048643_20254785.jpgc0048643_20261363.jpg







芽の動かない典型的形状の芋を拾ってみた。
押しつぶされたようにひしゃげている。
無差別に一つを拾い出して割ってみると、右のような状態になっている。
[PR]

by agsanissi | 2006-04-23 20:30 | ジャガイモ
2006年 04月 22日

一点の曇りなし

朝から、一点の曇りもない文句なしの快晴。日照時間11時間10分。
昨日までは、冬物の下着にセーターを着て、ジャンパーを重ねていたのに
今日は半袖シャツ一枚。桜も、明日には開花するかも知れない。

明日、ジャガイモの播種予定で袋詰めした。
芽の状態や芽の動かないダメ芋などを紹介するつもりだったが、写真機を
山に忘れてきたてしまった。
[PR]

by agsanissi | 2006-04-22 20:56 | 気象/季節メモ
2006年 04月 21日

暖房デグリーデー

c0048643_2158317.jpg去年は、ちょうど食べ頃だったダラボウは、今年は
まだこんなものだ。一週間程度の遅れだろうか。
また21日は、ソメイヨシノの平均開花日だが、
まだその気配が伺えない。

「理科年表」に暖房デグリーデーというのが掲載
されている。日平均気温が10度以下になる期間
の(基準温度14度との差の)積算温度で、暖房に
要するエネルギーを表したものだ。

普代村から60キロ南の宮古市の日平均気温10度以下の平均終日が4/23だ。
暖房デグリーデーの終日とソメイヨシノの開花日は、ほぼ対応している。
4月の日平均気温の20日までの平均値が去年は7.2度だったが、今年は4.8度
で、いまだに5度前後にとどまっている。
日平均気温が安定して10度を上回るのは、いつのことか?

4月の「晴」の予報は、ことごとく悪いほうに外れたが、今日は珍しく「雨」の予報が
良いほうに外れて、午後から雲が切れ、晴れ間が広がった。
[PR]

by agsanissi | 2006-04-21 22:27 | 気象/季節メモ
2006年 04月 21日

寒冷渦

うって変わって静かな朝をむかえた。向いの山に薄く霧がかかっている。
昨日は雨の中、生温かな空気だったが、ピンと張り詰めたような冷気だ。
これから雨の予報だが、??と半信半疑。

昨日の荒れ模様の天気のもとは「寒冷渦」というそうだ。
気象衛星画像を見ると、なるほど厚い雨雲が日本海を中心に、昨日一日
まるで台風のように大きな渦を描いて留まっている。
静かな雨になったり、叩きつけるような強雨になったり、終日続いた。
なかなか厳しい「穀雨」になった。

いまは雨雲の切れ目に入っているが、これから、この寒冷渦が列島を
抜けて行く。「東北地方から西日本にかけては21日日中を中心に、雷や突風、
降ひょうに注意が必要」というのも納得。
[PR]

by agsanissi | 2006-04-21 06:12 | 気象/季節メモ
2006年 04月 19日

ジャガイモ播種

16日に霙混じりの雪が降った。
17、18日とかろうじて雨は免れたものの、陽射しは殆どなく、気温も上がらない。
16日までの半月間に9日は雨が降った。この間の総日照時間が64時間で、
日平均で4時間と、平年の三分の二しかない。

こんな具合で畑が乾く暇がない。
表面は乾いて見えるが、昨日、ジャガイモ予定地にロータリをかけようとしたところ
粘土を捏ねたような状態になり、5メートルほどで中止した。

午後から、ジャガイモ(小芋全粒)約900kgを播種する。実質1時間半。
これで15日分とあわせて1.9トン(86列)を播種。播種を終えるとまもなく霧雨に
なる。明日明後日と再び雨の予報。
[PR]

by agsanissi | 2006-04-19 22:02 | ジャガイモ