<   2006年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 27日

ジャガイモ掘り/完了

14/27.6度、日照10.7時間、今月に入って初めて最低気温が15度を下回る。
朝晩は、ランニングシャツではやや肌寒さを感ずるようになる。

東8の掘り取り完了。今年は、ジャガイモはソバの跡地に作付けした。
西11と東23は、昨年からジャガイモの作付け予定で年末にプラウをかけ「秋起こし」
をしておいた。東8のみは、今年になってジャガイモに変更、昨年末はディスク・プラウ
をかけ(反転深さが浅い)、今年の播種直前にロータリをかけた。
その関係か、西11と東23は、ほとんどソバの野良生えはなかったが、東8のみは
ソバ畑ではないかと見紛うほどソバが7月以降伸びてきた(参照、8/05「ジャガイモ
収穫準備
」)。更に、東8は、去年は最初にダイズを植え、ダイズの出芽状況と生育
が極端に悪かったため、その大部分を潰してソバを播種した。そのためダイズとソバ
の跡地が1対9くらいの割合で混在し、ソバの跡地にはソバ以外の雑草はほとんど
ないが、ダイズ跡地にはヨモギ、露草、イネ科雑草などが生え(7月後半以降)、その
部分がハッキリ区画して見分けられるように分けられような状況、はからずもソバの
雑草抑制効果
を際立たせる結果になった。
というわけでダイズ跡地の機械収穫はやや難航し、掘り取りロスも増加。前日実績に
対して約8割の結果。この日の掘り取り数28袋。前日分とあわせ58袋。
東8の播種実面積は0.9、掘り取り予測60、実袋数58(このほかに、この畑の一部、
全体152列のうち10列分は地元グループの掘り取り用に提供する約束で、この分が
約5袋の見込み)。
以上の結果をまとめると、次のようになる。
東23の実績を基礎に、播種面積や播種株数から東8の掘り取り袋数を計算すると
73-78袋。これに対して実績は63(58+5)で、80-86%の出来。その大方の原因
は芋の小粒化、そして一部は雑草による掘り取りロスの増加。
この畑は、自家小粒種子と購入M玉種子が3対4の割合で混在していたが、収穫した
芋の大きさや収量には西11のような差異はなかった。これは播種時期が西11よりも
2週から10日遅れていて、この間に小粒芋の芽の生育が進んだため差異がなくなっ
たと考えている(参照、8/23「収量比較」)。
一昨日指摘した芋の小粒化の原因として考えられる理由は二つ、野良生えしたソバ
の肥料の横取りと生育抑制効果、もうひとつは播種時期の違い。播種時期は2-3日
の遅れで、これほど差が出るとは考え難い。一方、ソバの野良生えの時期は早くとも
6月後半以降だが、野良生え程度でこれほどの差(後で計量試算してみる)が出るの
かどうか、初めての経験で半信半疑だ。

全体として、今年のジャガイモ掘りをまとめると、
・8月中の掘り取り完了は、本格的にジャガイモ生産を始めてから11年間で初めて
・7日半と記録的効率で掘り取り
・一日あたり掘り取り袋数も記録更新
・面積当たり収量は、過去最高にならぶ
と、色々と記録更新。
播種時期・播種直後の天候条件や培土期の土壌条件は、むしろ悪かった。
一方、生育期間の気温は最適、また雑草対策はほぼ8-9割の出来、掘り取り期の
天候は日照り気味で、8月25日までの総雨量は15ミリ(平年の十分の一以下)と、
この間の気象条件が幸いしたことは明らか。
結果として、過去11年間を通して「8月中に掘り取り完了できないような気象条件
だったか」と振り返ってみると、気象条件によるものは3回から4回で、他は充分可能
だった。その妨げの最大要因は雑草対策で、今年はこの面でのトラブルは2-3度、
全期間を通しての時間ロスも30分ほどに留まった。
[PR]

by agsanissi | 2006-08-27 04:24 | ジャガイモ
2006年 08月 25日

ジャガイモ掘り/7

15.6/25.5度、日照11時間、処暑を過ぎて空気そのものがガラリと変わったように
感ずる。日中の陽射しは強いが、気持ちを萎えさせる気だるさは既にない。

昨日の午前午後を通して岩手生協の方々と会合など。
午前中は久慈支部の方との交流会の打ち合わせ。今年は11月に新ダイズを使って
豆腐作りを計画。普代にも今年の4月から新しくコープ委員会が結成され、ここからも
打ち合わせ会に参加。
午後は、ジャガイモの産直事業提携に伴う「公開安全確認会」を、岩手生協、農協の
産直担当者、コープ地区代表者、生産者(私)が参加して実施。具体的内容は、去年
とほぼ同じ(参照、05/08/18「公開安全確認会」)。
今年は、農薬のポジティブリスト制の発足に伴い、農薬の安全管理に関する細かな
チェック事項が新たに加わったが、懸念されるような該当事項は皆無で問題なし。
その他、ジャガイモの選別場の整理整頓・衛生管理の状況や計量器のチェック、私の
作業場、ジャガイモ圃場などを見て廻る。
最後に、「生涯を通して風邪を含めて病気らしいものを殆ど経験したことがない」という
私に、「健康診断を受けたほうが良いのでは」というかなり遠慮がちの勧告を受ける。

さて、今日は東8のジャガイモ掘り。昨夕、本村では「屋根が壊れたのではないか」と
思うほどの叩きつけるような強雨があったそうだ。圃場ではその時間、ポツリポツリと
雨滴が落ちてきたが、ほとんど地面を潤す間もなく止んでしまう。
それでも野良生えのソバが多く、多少は影響があるかと一時間遅らせて掘り取り始め。
実際には雨の影響は皆無。以前にも増して砂塵が激しく舞う。大きな収穫機を余裕の
ない枕地で旋回を繰り返したせいか収穫機の油圧操作の要になるジョイントの関節部
を破断してしまう。致命的損傷で、一時は「駄目か」と諦めかけたが、予備に持っていた
古いジョイントと交換して30分余の時間ロスで掘り取り再開。
圃場の形状も悪く、畝長は西11や東23の半分程度しかなく、収穫機の旋回・畝合せ
に伴う時間ロスが大きいが、作業はスムーズに進む。ジョイントの切断以外のトラブル
はゼロ(通常は、これだけで致命的トラブルで一週間程度は回復不能だが...)。
芋数は充分だが、東23に比べやや小粒化(L中心から、M中心に)しており、その分
収量はやや減少(0.87ほど?)。小粒化の要因は何か、明日、全体の掘り取りを終え
てから考える。
9-18時、掘り取り31袋。その他、普代広報が写真取材に訪れる。
[PR]

by agsanissi | 2006-08-25 21:32 | ジャガイモ
2006年 08月 23日

ミツバチがやって来た

22.8/26度、日照ゼロ、夜半と夕刻に短時間のにわか雨。
掘り取ったジャガイモの風乾のため、収穫作業は再び二日間ほど小休止。
次の収穫作業に備えて、東8の草刈りや周囲の木立の枝払いなど。

c0048643_21243311.jpgソバ畑の一画に、二階建て建売住宅のような
ミツバチハウスが俄かに林立した。
西向き、日当り良好、安全対策充実、勤務地
に隣接。





c0048643_2134939.jpgこの一棟あたり1.5万から2万のミツバチの集団が
いるそうだ。全部で16棟、30万内外のミツバチの
集団が移住してきた。
ざっと聞いたところでは、
彼らは、全部が一斉に外に出て働くわけではなく、
交替で三割程度のミツバチが外勤。他は巣の清掃
や補修作業などの内勤にあたるそうだ。
蜜の収集にあたる外勤班は、高さ100メートルほど
まで上昇し、行動半径は約2.5キロだそうだ。今年はこの範囲内に十数町歩のソバ畑が
あるから勤務地に不足はあるまい。

ここに設置されたミツバチ集団は、ソバの蜜ばかりを集中的に集めるのか?
従来から、この地域に棲息していた蜂や虫たちとの競合関係は発生しないのか?
A棟から出たミツバチはA棟に戻るのか、戻るとすれば何をサインに戻るのか?
集団毎のバランスは、どうやって保たれているのか?
等など、いろいろ疑問が湧いてきた。折をみて聞いてみなくては...。

ちなみにソバの蜂蜜は、色が黒く、黒砂糖のような味がするそうだ。一般に濃い色の
蜂蜜はミネラル分を豊富に含み、ソバの蜂蜜は鉄分に富むとのこと(参照:「ハチミツ
のお話あれこれ
」)。
[PR]

by agsanissi | 2006-08-23 21:57 | ソバ/ナタネ
2006年 08月 23日

ジャガイモ掘り/収量比較

21.5/31.7度、日照8.2時間。朝方は雲が広がり、やや涼しげだったが、
10時過ぎから雲がスッカリなくなり、地面から蒸すような熱気が立ち上る。

午前中1130には、東23の24列を掘り終わる。19袋、これで東23完了。
まだ東8の掘り取りが残っているが、西11と東23の掘り取りの終わった
ところで、収量差の簡単な比較をしてみる。

西11の播種実面積は1.5、当初予測袋数は120、実袋数は91。
東23はそれぞれ1.2、100、98。
東23は概ね予測どおりの生育と収量だが、西11は当初予測の7割6分
程度の収量に落ちた。この原因が何か?
(尤も、袋数による比較は、収穫機上で粗選別をした後の粗製品による
比較だから厳密な比較にはならないが、経営的には意味がある。また当初
予測値自体は、西11は過去の最良時の1割増し、東23は3割増しほどだ
から、トータルの収量では過去9年間の最良時よりやや良い程度か)

西11の種芋の2/3は自家製の小芋、東23の種芋の全量は購入M玉を
播種しており、また最も悪い部分は4/15播種だから、表面的には自家製
小芋の早植えが収量減の第一原因のように見える。

東23の芋は、全体に揃いが良く、大きさも量もほぼ100%の出来具合で
列や場所によって、多少のバラツキがあるが、全体としては無視してよい
程度。また播種日による生育差は感じられない。
従って東23の芋の出来具合を大ざっぱに「1」と見ての比較。
西11の124列を38、38、48列に分けると播種時期は4/15、19、26で、
その芋の生育状態を収穫機上に上がってくる芋の大きさや量から判断する
と三番目の48列を1とすると、二番目の38列は0.9、最初の38列は0.7
程度。三番目の48列は東23と同じ種芋を使っているが、その生育状況は
東23に比較して0.9程度と見ている。
これを西11の三区分に当てはめると、各0.63、0.81、0.9となる。
西11のトータルの生育量は、大ざっぱに東23の0.78程度。これは当初の
見込み数の0.76にほぼ対応している。

以上の結果から、次のように考えている。
西11と東23の一般的な生育差は培土時の土壌条件の差。これは多少は
畑の履歴とも関係するが、多くは播種・中耕カルチ・培土前後の降雨条件に
左右される。西11は、一時、カチカチの盤になり、その影響が最後まで払拭
出来なかった。
西11の購入芋と自家芋では1対0.9の差があるが、これは浴光育芽中の
自家小芋の芽の生育が遅れ
ていた点と関係すると考えている。加えて自家
小芋分は、播種直後の強雨で種芋と肥料分が流出しており、そのマイナス
因が影響している(購入芋と自家芋の関係は、東8を掘ってみれば、明瞭に
なる)。
通常は、出芽状況も初期成育も自家小芋のほうが良いと観測しているが、
今年に限って出芽状況も初期成育も劣っていた。また最大生育期の茎葉の
生育状況も西11の4/15播種分は最も劣っていて、9割ほどと見ている。
これは早植えが原因ではなく、播種直後に強雨に叩かれ、種芋や肥料分が
流出・流亡した
こと、土壌条件の最悪状態の時に培土を強行した(茎葉の生
育具合から時間的余裕がなかった)ため、土塊を塗り固めたような培土にな
ってしまったこと、などが原因と見ている。
浴光育芽期間に、自家小芋の芽の生育が遅れたのは、低温や日照不足に
よるマイナス因は、小芋ほどダメージが大きいためと見ている。但し、種芋と
重量倍率でみた生育差対費用価格で考えた場合の生育差は、まったく
違った見方が出来る。
[PR]

by agsanissi | 2006-08-23 03:07 | ジャガイモ
2006年 08月 22日

ジャガイモ掘り/5

昨日の気象データ、22/31.5度、日照10.3時間。
高層の筋雲がかかるのみ。10-14時台にかけて30度台の気温が続く。

ジャガイモ掘りの期間中、強烈な陽射しで、収穫機上に日除けの屋根が欲しい
という声が時折上がるが、盆明けと共に逆に寒いほどの気温に下がり、その声
も直ぐに消えてしまうのが通例で、いまだに日除け屋根をつけていない。
今年は、盆明け後も繰り返し30度を超える日が続くが、収穫作業がスムーズで
途中で収穫機を止めるということが絶えてないせいか、「日除け屋根を」という声
も上がらない。

一昨日と同じく42列の収穫を終える。畑の形状で畝筋は前日よりもやや短めの
傾向だが、掘り取り量はむしろやや増加傾向で、1640までに全体で40袋。
但しこの日は、約1メートルほどイネ科雑草が密生する部分がありそこで一度、
また木切れが先端部の掘り取り爪の間に挟まり一度、と記録できるほど僅かの
トラブルが起きる。他のデータはすべて前日のコピー。

この畑の当初の掘り取り見込みは100袋で、あと24列残っている。さて今日の
結果はいかん??
[PR]

by agsanissi | 2006-08-22 04:25 | ジャガイモ
2006年 08月 20日

ジャガイモ掘り再開

20.8/29.7度、日照4.5時間、気温は高いが爽やかな風ありて、
圃場は過ごしやすい。朝、本村は霧に包まれていたが、山は嘘の
ように晴れ渡っていた。次第に薄雲が広がる。

10日ぶりに芋堀りを再開。東23の4/28日播種分の40列+2列の
掘り取りを終える。雑草は、いくらか伸び始めているが、収穫作業に
差し支えそうなものは、ほとんどなくチョッパー処理も不要。

雑草のつかえ、ピンの切断、その他のトラブルは皆無。気味の悪く
なるほど順調に掘り取り進行。

覚書データ、選別作業4人、うち1人は1000から運搬、
B-2、1.8-2キロ、38袋。
[PR]

by agsanissi | 2006-08-20 20:23 | ジャガイモ
2006年 08月 19日

ソバ開花初め

21.7/24.1度、日照ゼロ、ほぼ終日霧に包まれる。

c0048643_20322232.jpgc0048643_20324342.jpg








27日播種から、まる三週経った。そろそろ開花始期を迎えた。
草丈は35から40センチ。
開花始期にあわせてミツバチの巣箱を設置する下準備として
熊除けの電牧を設置に岩泉のSさんが来訪した。
東14の南側、東13との境の法面の下に置くことにして、3×6
メートル四方の周囲に電柵の杭を8本立てる。太陽電池を電源
にして24ボルトの電流を流すそうだ。
明日早朝に巣箱を持参するとのこと。
[PR]

by agsanissi | 2006-08-19 20:52 | ソバ/ナタネ
2006年 08月 18日

搾油テスト/3

23.3/28.7度、日照1.6時間、この日の最高気温は朝の8時台に記録し、
その後は霧が入り、一時は23度台まで下がる。時折霧雨が舞う。

8/1に紹介した「ナタネっておもしろい」の記事に、
江戸時代に「大阪がかなり高い技術をもっていて、粕を安く買い取って、さらに
3度目絞って商売にしていた
そうです」という話が載っている。
ナタネの第一回目の搾油テストでは、510グラムのナタネから53グラムの油
を絞った。その絞り粕をフライパンで炒って、溶接修理した装置に再び入れて、
14トン程度の圧をかけたり、抜いたりして絞ったところ、30分ほどで新たに35
グラムの油が絞れた。
今日は、この絞り粕(350グラムあった。油が90グラム余、その他70グラムは
炒って失われた水分と出し入れするときに散逸した量だが、その割合は不明)
を圧力釜にかけて、5分ほど沸騰させてから、同じく14トンほどの圧をかけて
更に5グラムほどの油を絞った。

これで最初510グラムあったナタネから少なくとも93グラムの油が絞れた。
かなり簡単な装置でも、二割程度の油が絞れることが分った。
プレス機を使って、同じ方法でさらに搾り出すためには、現在の円形筒が直径
11センチだが、それを例えば半分の径(面積当り圧は4倍になる)にするとか、
抽出口の形を工夫するとか、または前処理の方法を変えるとか、何らかの工夫
が必要か。
多分、熱による変性を避けるには、高い圧を一気にかけずに、ゆっくり時間を
かけて絞り出す、というより滲み出てくるのを待ち受けるという姿勢が良いようだ。
尤も、絞り方によって、油の性質や味・風味にどんな差が出てくるか、それを比較
出来るほどには程遠い。
[PR]

by agsanissi | 2006-08-18 21:18 | ソバ/ナタネ
2006年 08月 18日

朝焼け

昨日は最高気温だった。北部沿岸ほど暑かった。
一種のフェーン現象かもしれない。21.4/32.8度、日照11時間。
14時頃、岩泉のSさんが養蜂業者と共に、ソバ畑にミツバチの巣箱を
置かせて欲しいと依頼に見えた。ソバの収量が二割五分増収するとの話。
岩泉は朝から36度あったとか。

c0048643_5115098.jpg明け方、輝くような朝焼けを見た。
ほんの一瞬の出来事で、10分後にはもう
やや赤みを帯びた平凡な雲に変わってしまった。
[PR]

by agsanissi | 2006-08-18 05:18 | 気象/季節メモ
2006年 08月 17日

「耕作者の部屋」

昨日の気象条件は23.1/26.1度、日照時間0.9、朝一時的に2ミリほどの雨が
降り、その後も山は時折霧に包まれ、気温はそれほど上がらぬが蒸し暑い一日
だ。台風10号は、遠く四国沖にあるが、そのもたらす大気が蒸し暑さのもとか。

11日以降、事実上の「夏休み」のようなもので、小麦の調整・選別作業以外は
普代浜に出てコンブ拾いをしたり、山をぶらぶらしているだけで、何もしていない。
久しぶりに夜空を眺め、天の川がクッキリ見えるのに、改めて感動した。
なんと足元ばかりに気を取られていること?!

この間に「耕作者の部屋」の2006年度分のジャガイモの記録を、ボチボチ更新
を始めました。今年は、種芋を全量北海道産に切り替えたり(北上産を全量廃止)
雑草対策に作付け体系を変えたり、また収量増加について本腰を入れて考え直し
てみようかようかと、多少、新しい試みを導入したりしてみた。
まだ更新途上で、新しい試みの結果は充分には反映しておりませんが、どうぞ
参照ください。
[PR]

by agsanissi | 2006-08-17 08:18 | 覚書