「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 28日

天候不順

月曜日から悪い天気が続いている。最初の三日間は雨、後の三日間は概ね曇。
日照時間は0.4、0.1、4時間と、後半の三日間で4.5時間しかない。今日は心
もち回復。

先週末、ダイズの乾燥は好い具合に進み、今週半ばから後半には収穫期に入る
と見ていたが、この雨で丸味を帯びていたダイズが再び長円形に戻ってしまい、
更に数日晴天が続かなければダメ模様。何%かは腐れが出始めている。

c0048643_20134625.jpgc0048643_20143354.jpg









それぞれ10/17     と               10/27の小麦
[PR]

by agsanissi | 2006-10-28 20:18 | 小麦
2006年 10月 24日

低気圧次々通過/風雨続く

▼23日朝の降り始めから24日8時まで24.5ミリ、時折強い風が吹く

▼22日朝しばらく起きて椅子に座るが、その後再び終日ウトウトする、午後3時頃
岩泉のSさんが来た様子で、24日朝に外に出て初めて気がつく。梨のみやげ物と
名刺が玄関前においてある。24日朝に御礼の電話をする。ソバは水がついた模様
で全滅したとか。脇の川があふれたか??

c0048643_8522542.jpg▼24日朝、21日夕刻以来初めて起きる。
ほぼ調子は戻るか??ダルさが残る、充実感がない。
朝はラーメンと梨2個、昼前に牛乳一杯。

▼盛岡気象台から、以下の気象情報が出される。
高波と大雨に関する岩手県気象情報 第2号

平成18年10月24日17時15分 盛岡地方気象台発表

(見出し)
海上・海岸では25日朝の内までしけるでしょう。水沢、両磐、宮古地域と
沿岸南部では25日明け方までの24時間雨量が130ミリの大雨となる見
込みです。高波に警戒し、がけ崩れ、河川の増水に注意してください。

(本文)
【気象状況】
 低気圧が茨城県沖にあってほとんど停滞しています。

【風・波】
<地域・時期・量的予想>

 岩手県の海上・海岸では、低気圧の影響で北東風が強く、
25日朝のうちにかけてうねりを伴いしけるでしょう。

 沿岸北部、沿岸南部で予想される
     最大風速は  海上 18メートル
            陸上 10メートル

     波の高さは  24日 6メートル 
            25日 6のち3メートル です。

<防災事項>
 船舶や海岸付近の施設では、高波に警戒し、強風に注意して下さい。特に
、10月6日から8日の低気圧により、施設に被害を受けた地域は警戒が必
要です。

【雨】
<実況>
 24日17時までの24時間降水量は次のとおりです。(単位はミリ、ア
メダスによる速報値)
大槌    70 一関市祭畤 61 大船渡   61
釜石    58 一関    58 奥州市若柳 57
一関市千厩 56 宮古    33 盛岡    26 

<地域・時期・量的予想>
 水沢、両磐、宮古地域と沿岸南部では25日明け方に
かけて大雨となる見込みです。

 24日18時から25日18時までに予想される雨量は
 60ミリ です。

 25日明け方までに予想される24時間雨量は
 水沢・両磐地域   平地100ミリ 山地130ミリ
 宮古地域・沿岸南部   120ミリ         です。
[PR]

by agsanissi | 2006-10-24 08:56 | 気象/季節メモ
2006年 10月 23日

体調不良/左胸の痛み

▼21日の昼過ぎ、カボチャの取り集め・運搬に当たっているとき、突然、左胸上部の
痛みに襲われる。カボチャ運搬をやめて、横になるがいたたまれないような痛みを感ず。
▼今まで一度も経験したことない痛みで、原因は分らず、色々不安を感ずる。
深呼吸を繰り返すと、やや楽になる感じだが、それもわずか。
▼17時過ぎに帰宅して、そのまま横になる。ラジオを聞きながらウトウトするが、
一夜寝れば直るのではないかという思いと、もっと酷くなっているのではないかという思
いが、こもごも交錯する。
▼22日朝、左胸の痛みは消えるが、寝すぎたせいか腰が猛烈に痛い。この日もラジオ
を聞きながら、一日中横になっている。この間、夜に牛乳を一杯飲んだだけで、他には
何も口にせず。22日夜には、胸の痛みは完全に消えたようだ。それにしてもこの痛みの
原因はなんだったのか??
▼23日朝になって初めて起き上がり、かなり長時間机に座る。腰の痛みは和らぐ。
食事をしようかという気になる。お粥を作り食べる。その後再び寝る。
▼二日間寝ながら藤沢周平「闇の傀儡師」上下二冊を読む。

▼21日午後中村建設社長来る。今週末あたりに黒ダイズ刈り取りをお願いしたいと。
[PR]

by agsanissi | 2006-10-23 11:58 | 覚書
2006年 10月 20日

ナタネ/生育良好

10.8/18.2度、午前中は繰り返し俄か雨、昼前後に寒冷前線が通過、その直前に一時
的に気温が上がるが概ね14-5度前後で、終日重苦しい曇天。

去年のナタネの生育状況と較べてみようと写真を探してみたが、記録に残っていない。
改めて過去の記録を探してみると不備ばかり目立つことが多く、作業日誌としてはかな
り好い加減だと反省している。

c0048643_18104415.jpg東23のナタネ畑。先月27日の降雨時の写真と
較べてみると(参照)、出芽状況は予想以上に
良い。








c0048643_1826165.jpg部分的には、かなり流されてはいるものの
改めて播き直すほどの面積でもない。



c0048643_19276.jpg






c0048643_18382139.jpg今年の4/30の、東14のこの状況と比べると
比較にならぬほど出芽揃いは良い。去年は
ジャガイモの収穫後にプラウをかけ、ごろごろ
の土塊を出してしまったのに対し、今年は収穫
直後にハローだけで処理した結果、土目の
状態が極めて良かった(参照)。ナタネの出芽
状況の改善はそのお陰だ。
[PR]

by agsanissi | 2006-10-20 18:56 | ソバ/ナタネ
2006年 10月 19日

ソバの刈り取り完了

4.9/21.9度、日照8.6時間

c0048643_2082215.jpg東14のソバ刈り取り完了、他に東15に7反歩ほど
残っているが、これは小麦跡で生育状況が最初か
ら悪く(肥料不足かな?)、刈り取りに値しないため
実質的に刈り取りは完了。
開花初めから今日でほぼ60日、出芽から76日で
岩手早生の本来の生育日数(62日)からすれば
2週ほど遅れているが、まだ黒化しないものが結構
残っている。すき込んだナタネの窒素分がかなり
効いている印象だ。


ソバの刈り跡を見ると、左側の緑に見える部分はナタネが育ってきたもので、20-30センチ
に伸びている。ここはソバの播種時に水捌けが悪く、ソバの出芽の悪かった部分とほぼ一致
している(比較06/8/13)。
右端の全体にやや緑色に見える部分は、ソバ播種の前日にナタネをすき込んだ部分。全体
にナタネが伸びているが、ここでも傾向としては湿気の強い部分はソバの生育が悪く、ナタネ
の勢いが良い。ソバの勢いの良い部分は、ナタネの勢いは弱い。
この畑は、このまま置いて、来年ダイズの不耕起播種をテストして見ようかと考慮中。
春に、ナタネがどうなっているか、他の雑草の状況がどうか、除草剤を使わなければか??
[PR]

by agsanissi | 2006-10-19 20:40 | ソバ/ナタネ
2006年 10月 19日

PukiWikiに注目

▼PukiWikiを使って「百姓の知恵袋」を進化できないか
PukiWikiを道具にして、みんなで「百姓の知恵袋」を作成するような形式に
変えられないか??
1.PukiWikiの使い方?
2.そもそも普通のホームページのような使い方が出来るのか?
3.メリットとデメリット
4.知恵を共有できる

PukiWikiの公式ページ
[PR]

by agsanissi | 2006-10-19 07:42 | 覚書
2006年 10月 18日

自家菜園/カボチャ片付け

6.7/14.2度、日照8.6時間、上空に薄雲が広がるが陽射しを遮ることなく晴れ渡るが
空気はかなり冷たい。

c0048643_22203077.jpg7-8日の嵐で、カボチャの葉はスッカリ吹き飛ばされ
カボチャがむき出しになった。
日数的には充分だが、やや密植の嫌いがあり、粗放
的というより植えただけで何もしなかったこともあって
全体に小さめだ。しかし1.2キロ以上のものは、ほぼ
完熟しており問題なし。
雑草対策としては、目論見通りの結果になったが、
さてこの後を、どうするか??
[PR]

by agsanissi | 2006-10-18 22:34 | ソバ/ナタネ
2006年 10月 18日

小麦/近接写真/参考記事

昨夜は一時通り雨、10分ほど。気温はだんだん下がって、5-6時に6.7度。
昨日から山の木々もハッキリと黄色味から赤味を帯びてきた。

c0048643_7101829.jpgc0048643_7105585.jpg











▼参考記事
「国際戦略コラム」に「農産物の危機」(参照)と題する世界の穀物需給に
関するコメントが掲載されている。
また10/16の農業協同組合新聞では特集「日本の食料が危ない」の中で
日本と世界各国の穀物自給率比較」(参照)を扱っている。
[PR]

by agsanissi | 2006-10-18 07:12 | 小麦
2006年 10月 16日

小麦畑

高気圧の中心がやや南に偏り、高気圧の縁辺に沿って北東気流が流れ込んだせいか
終日曇り空で午前中は冷たい雨が降った。真夜中から日中にかけて気温は下がって
13時に12度になった。18時過ぎ、ようやく高気圧に覆われ星空が回復した。

c0048643_20473484.jpg
西11の小麦は回復した。先月27日の強雨に
流され、一時は播き直しまで考えたが、予想外
に被害は軽かった、というか回復した。
9/273010/2と、各時期の写真を比べて
みると、その回復振りが分る。
10/7、8の嵐は実質的影響はなかったようだ。





c0048643_2163738.jpg27日に出芽したとすれば20日経った。右側の
麦は第四葉まで伸びて、更に第一葉の葉腋から
分けつの一枚目の葉が微かに出ているのが見え
ている。
左側の麦をよく見ると、種子から根が二段に伸び
ているのが分る。これは27日の大雨で流された
麦で、いったん根が出て出芽したところで流され、
流れ着いた場所で新しい根を伸ばして根付いた
ようだ。



c0048643_21203185.jpg左側の麦を大写しにすると、こんな風だ。
同じく四葉まで伸びてはいるが、右側に比べやや
貧弱なのは、いったん根付いたところで流されて
余分なエネルギーを使ったせいだろうか。
[PR]

by agsanissi | 2006-10-16 21:29 | 小麦
2006年 10月 16日

時ならぬ雨/ソバ

時ならぬ強い雨音に目が覚めた、3時半頃だ。外に出てみる。真っ暗だ。
風がやや強い。空気はやけに生暖かい。この数日、霜注意報が出ていたが、
何事だろう?とネットを開いてみる。

昨夜の19時頃に11度、それから気温が上がって真夜中の2時に15度。
台風18号のことは、スッカリ忘れていたけれど、その余波かしらと
気象衛星画像を見てみる。台風を取り巻く大きな雨雲が東北北部沿岸部に
かすかにかかっている。この一帯、軒並み昨日より10度前後も高い。
雨も沿岸から数キロ、岸を掠めるように降っている。

4時過ぎ雨は一段と強くなる。昨日、ソバを300キロ程度刈り取った。茎がまだ
生きていて、湿って重く、コンバインのこき胴の周囲のネットにべったり張付き
選別効率が悪い。刈り取りを待って脱粒するのと、待たずに刈り取って吹き飛
ばすのは、どっちが多いか
などと迷いながら、結局、300キロ程度で止めにし
た。この雨で、また脱粒かと気をおけぬが、間もなく雨は止む。やれやれ...
[PR]

by agsanissi | 2006-10-16 08:09 | ソバ/ナタネ