農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 20日

「地あぶら工房」訪問

昨日は、一関市大東町を訪問し、「菜の花プロジェクト受託組合」を立ち上げ、
ナタネの栽培から搾油・ナタネ油の製造・販売までを一貫した事業として行って
いる組合を見学してきた。

ナタネの栽培から搾油までを行っているのは、岩手県では唯一のところ。
僕自身の関心は、搾油工程や搾油の技術的なこともさることながら、搾油施設の「あぶら工房」
を開設して、わずか二年。この短い期間に、地元のかなり狭い地域で会員100人、栽培面積
12町歩強(平成17年実績)にまで広がった(ちなみに13年は30人余、8町歩)、その誘引は
なんだろうか?という点にあった。

c0048643_550974.jpgナタネ油の搾油は、焙煎・搾り・ろ過という
基本的に江戸時代に完成していた最もシン
プルな技術だけで充分効率的に搾油できる
のが特徴だ。

言い換えれば、添加剤を加えたり、複雑な
化学変化などのプロセスを必要とせず、喩
えてみれば野菜を洗ってそのまま食べる
ように
、ナタネの種子の油分を抽出してその
まま利用できる。



c0048643_691681.jpg搾油の技術的工程に係わる問題は、別の機会に譲る
(「ナタネもの語り」のブログを予定、06/8/07参照)が、
この訪問で最も印象に残った点は二つ。
一つは、ナタネ栽培の最初の誘引がナタネ油を絞って
利用したい、という最もシンプルな動機にあったこと。

いわゆる「菜の花プロジェクト」には、環境問題、バイオ
マスの利用、遊休地対策、食の安全・安心など、様々な
意義付けが語られているが、それ以前に昔ながらの
ナタネ油を食べたい」という思いから出発したこと。


二つ目は、バイオマス関連で語られる際は、しばしば利用後の廃油を燃料として再利用でき、
環境に「やさしい」ということが強調されるが、「ナタネ油は最後の一滴まで利用できて」廃油
がでないと、目を輝かして語っておられたこと。この点、全く認識を新たにした。
廃油の「再利用」という考え方も、確かに環境問題にはプラスには違いないが、「廃物ゼロ」には
本質的にかなわない。
[PR]

by agsanissi | 2006-12-20 06:44 | ソバ/ナタネ
2006年 12月 17日

お天気模様

16日、0.7/12.3度、日照6.5時間、午後は人参掘りをやるが、汗ばむほど温か

17日、1.1/2.8度、日本海と太平洋に二つの低気圧があって進む。終日雨で
和野山は今朝から雪で道路はシャーベット状。雨は沿岸部を中心に降る、内陸では
雪の模様。
午前中、倉庫内で販売用ソバの選別・袋詰め作業をする。足の指先が冷たく痺れ
昼過ぎには早々に帰宅。

18日、雨は昨夜10時前まで続く。雲ひとつなく快晴、気温は氷点下に下がるが、
思ったほどには冷え込みはきつくはない。強風波浪注意報が出ているが、風はゼロ。
俄かに雲が広がり、8時前後に雪が舞い、たちまち辺り一面真っ白になる。内陸部の
雪雲が風で流されたものか?!9時には再び晴れ間が広がる。
和野山は4-5センチ、向野場は10センチ前後と(道下)。
-2.3/2.7度、日照5.5時間、かなり温か!!ヤギは、ハウス内につなぐ。
[PR]

by agsanissi | 2006-12-17 19:48 | 気象/季節メモ
2006年 12月 16日

作業メモ/帰宅準備

○14日、種芋の選別保管、ソバのロータリ選別を完了
○15日、黒ダイズの手選別は完了(3袋750-800キロ)

**** 作業予定 ****
○16日、販売用黒ダイズ(720キロ)袋詰め、持ち帰り用人参掘り取り(60キロ)、
機械類の収納、選外黒ダイズの最終選別(販売用は出ず、種子用に充当する)
・ユニックのバッテリー修復(1時間程度の充電でOK)
持ち帰り用、ジャガイモ、人参、カボチャ、冬瓜、ダイズ
機械類、ロータリカルチ、サブソイラー、施肥機

○17日、販売用ソバの選別・袋詰め(これで基本的作業はすべて完了)、昼まで
○18日、郵便局、農協(預金)、OJへ、帰宅準備(書籍、衣類、土産)
・ダム料金支払、535の入金、郵便転送手続き、ダムの止栓
○19日、一関研修(油工房、役場7時20分スタート、19時10分帰着)
○20日、
○21日、帰宅??(予報では夜雨、22日か)
[PR]

by agsanissi | 2006-12-16 05:10 | 作業メモ
2006年 12月 13日

豆腐作り講習会

-2/10.6度、陽射しはなく終日曇空

岩手生協久慈支部の皆さんと豆腐作り講習会を開いた。
先月、刈り取ったばかりのスズカリ大豆を素材に、どこの家庭にもある道具を使って、
安直かつお手軽に「豆腐作り」を楽しむ講習会を開いた。
カレーライスのように、手軽に「豆腐を作りを楽しもう」がうたい文句。

スズカリは、中粒ダイズで、百粒重は26-27グラム前後とやや小さめ。しかしタン
パク質含量が高めで、豆腐の加工適正に優れている(参照)。

一人分300グラム、前日から丸一昼夜水に浸して約2.5倍に膨らんだダイズを、
各自持ち寄ったミキサー、フードプロセッサーで、1分半から2分間、細かく砕いて
まず「呉」を作る。これに呉の2倍から3倍程度の水を加えて、大鍋で30分程度、
焦げ付かないようにユックリ撹拌しながら煮立てる。
すでに、この段階で砕き方の粗いもの、細かいもの、激しく泡だつもの、泡の殆ど
立たないものなど、かなりの違いが出る。ミキサーに較べてフードプロセッサーで
砕いた粒子は粗めになるし、同じくフードプロセッサーでも時間のかけ方で粒子の
大きさは違ってくる。そこは、各自、砕き方を揃えずに、むしろ粒子の大きさの違い
で「豆腐の仕上がり」にどんな違いが現れるか較べるために、まちまちにやってみた。

木綿の晒しで作った漉し袋を笊に入れて、煮立った「呉」を受ける。木ヘラで押さえ
ながら、徐々に絞って、最後は直接手を使って、もうこれ以上は絞れませんという
まで絞り込んだ。中々、この絞りの工程が熱くて厄介なのだが、さすがにベテラン
の主婦の皆さん、僕が力任せに絞っても殆ど絞れないほど充分に絞りきっている。
絞った液体が豆乳、残りがオカラ(この辺ではキラズとも云う)。
豆乳の温度は50-60度に下がっているから、再度、弱火にかけて70度以上に
温度を上げて、さてニガリの投入。撹拌するでなく、放置するでなく、やさしく、やさ
しく「寄せ」ていく。頃合を見て、後は分離するのを待つ。ここは緊張の一瞬。

c0048643_20591150.jpg
ここに来て、やっと、「あっ、写真を撮っておか
なくちゃ」と思い出す。

入道雲か積雲のように大きな塊り状に寄って
来るもの、





c0048643_21143287.jpg
すじ雲かうろこ雲のように、やや小さめの塊り
状に寄って来るものなど

砕いたダイズの粒子の大きさ、ニガリを投入
したときの温度の違い、寄せ方の違いなどの
微妙な違いで、見た目に大きな違いが出来る
ことに、先ずはビックリ。





この状態で、皆さんそれぞれの「寄せ豆腐」を味わい較べて、まずは一様にその仄かな
甘みに感動。次いで同じように作りながら、その食感や滑らかさの違いに静かな感動。
10-15分、さて充分に分離した状態で、


c0048643_213518.jpg
笊に晒し布をあてて、水を切って出来上がり。
当然、水の切り具合で違うが、450-600グラム
程度の豆腐の出来上がり。
自前の豆腐を味わった皆さんが等しく口にする
感動は、その仄かな甘み。
[PR]

by agsanissi | 2006-12-13 21:45 | ダイズ
2006年 12月 12日

畑起こし

-5.5/6.7度、日照2.6時間、明け方は晴、その後雲広がり陽射しなし。

この後週末にかけて天気は崩れる模様、種芋選別の予定を変更して
西1、5、7のジャガイモ予定地にプラウをかける。しかしダイズ残さが
プラウの刃に絡まり、上手く鋤き込めないため、西1と5は、雑草の多い
部分のみで中止する。
西1は北側にプラウ、南側のダイコンを植えた部分にハローをかける。
西5は北側のヨモギの多い部分にのみプラウ。
これらの部分は、来年は除草剤を使う必要があるか?

西7は東側の上部と下部の西側にプラウをかける。全体で1時間40分。

東8のジャガイモの堀り残し(太田自工に譲った部分)にハローをかける。
かなりジャガイモの顔を出すが、半分以下じゃないか?
発芽問題、発芽後の小麦刈り取り前後に、この部分に除草剤使用の予定。

▼プラウを一部分だけに限定した理由は、現代農業の記事に触発された
気味もある。問題は、春の対策
[PR]

by agsanissi | 2006-12-12 17:23 | 作業メモ
2006年 12月 07日

人参掘り/ボランティア

-3.1/10.6度、日照2.7時間、雲の多い一日。時折雲間から顔を見せる陽射しの
温もりに救われる。強風注意報が出されていたが、幸い風は強くない。

先週の初めダイズの選別作業の最中に腰を痛めかけ、以来、人参堀りを休んで
ダイズ選別作業をやっている。他の仲間は掘り取りを終えて、加工用人参の出荷
期限も迫ってきている。人を頼もうにも、単価が安い上、今年は人参の肥大が悪く
掘り取っても人件費も出そうにないため、このまま諦めるしかないかと半ば投げて
いた。

農協で働く主婦グループの一人が、「一人で腰を痛めて往生しているだろう」と見か
ねて、ボランティアを募って、昨日から人参掘りに来てくれた。僕には、どうせ掘り
取った重い人参ケースは運べなかろうと、男手まで交えて...。
心の底から「お蔭さまで」と手を合せたいほどの有り難味。
[PR]

by agsanissi | 2006-12-07 20:20 | ソバ/ナタネ
2006年 12月 05日

道路の姿が見えてきた

-4.1/10度、晴れたり曇ったり、日照4.2時間、一週間ぶりに最高気温が10度に
達した。

13年前、普代村に越してきた当時、バイパス工事の計画は決まっており、数年以内にも
出来るような話だった。時は流れ、一昨年頃ようやく用地買収も最終段階に達し、今年春
から橋脚工事が始まった。夏頃の橋脚基礎工事の様子は06/06/27に紹介した(参照)。

c0048643_1835252.jpg道路を乗せる所の様子を、是非見たいものと
思っていたが、先月中頃、ふと気付いたときに
は、写真のように出来上がっていた。





c0048643_18434638.jpg


それから二週間、道路は更に300メートルほど
伸びて、左側への山側への橋渡し工事は、ほぼ
最終段階に差し掛かった。




c0048643_1850954.jpg
かなり大掛かりな工事だが、この段階では直接
作業に係わっているのは、大クレーン車の操作
技師一人、橋脚上の三人とわずか数名だけ。
周囲の付帯作業に五-六人、全部で十人内外。

大掛かりなプラモデル工作を見るような具合だ。
[PR]

by agsanissi | 2006-12-05 19:36 | 覚書
2006年 12月 04日

白ダイズ選別

-5.5/5.3度、日照5.5時間、山は氷点下8度まで下がり、外に置いたバケツに
厚さ15ミリほどの氷が張っていた。17時過ぎには早くも氷点下に下がり、中天
に皓皓と輝く十四夜の月が、そぞろ寒さを誘う。さすがに今朝はストーブを焚く。

今日から白ダイズ(スズカリ)の選別。小さい小さいと思っていたが、選別の結果
を見ると必ずしも、極端に小さいわけではなさそうだ。
大中小に選別すると、4:4:1程度。例年だと、6:3:1か、小粒がそれ以下で、
製品としてはかなり劣る場合が多い。
今年は、小粒がかなり多く、品質も良いので、再選別にかければ8-9割は出荷
できるのではないか。粒がやや小さめという点を除けば、大中小とも品質は全体
にかなり良好で、紫斑病も少ない。
百粒重を測ってみると、大は31グラム、中は27グラム、小は19グラム。一方、
スズカリの品種特性によれば百粒重は26.5グラムで、九分の八はこの範囲を
超えているから、ほぼ適正な大きさということになる。
問題は、わずか19グラムの小粒ダイズで、網を変えて再選別をしてどの程度
まで、篩い分け出来るか(限りなく小さいものも混在している)、百粒重を上げら
れるか?
[PR]

by agsanissi | 2006-12-04 20:40 | ダイズ
2006年 12月 03日

黒ダイズ選別

0/3.8度、気温は上がらないが、午前中は日照が4時間ほどありやや温か。
アメダスでは普代の最低気温は0度だが、山は氷点下5度まで下がり、今年
一番の冷え込みで、氷が厚くはり、初めて9時を過ぎても融けなかった。
午前中は、晴れて陽射しもあったが、雪がチラチラ舞っていた。

黒ダイズの機械選別を一通り終えたが、虫食いが非常に多く、機械選別だけでは
充分に対応しきれないため(能率は250キロを半-1時間程度)、手選別をする。

c0048643_2045019.jpgc0048643_20452467.jpgc0048643_20454856.jpg







ダイズ選別機は、転がり具合と大きさの二段階に選別する粒度選別機(機械本体は
06/5/905/11/9の写真を参照)だが、写真のように比較的良く選別されている。
左側は屑ダイズ、中は選外、右側が完成品。選外品は、再選別にかければ二割から
三割程度は完成品が得られる。ダイズの品質が良い年は、完成品はそのまま出荷で
きるし、選外品の割合もわずか。
黒ダイズを、初めて栽培して驚いたが、虫食いが極めて多い。総収量の二割から三割
程度には及ぶのではないか。ほとんどは機械選別で取り除かれるが、生憎と黒ダイズ
では虫食いがものすごく目立つ。下の選別台を見れば分るように一粒あるだけで存在
感が光って見える(写真上でクリックすると拡大できます)。

c0048643_211116100.jpgこんな風にして、ダイズを流しながら、ひたすら虫食い
ダイズをひろう。一日がかりで250キロ程度のダイズ
から3キロ程度を拾う。到底全部は拾いきれないが、
1%強密度を下げるだけで、見た目は大いに改善され
る。
[PR]

by agsanissi | 2006-12-03 21:19 | ダイズ
2006年 12月 03日

十一月の天候

昨日の気温は-1.6/7.7度、日照時間も午前中だけで4時間近くもあり、
久しぶりのぽかぽか陽気、陽射しの有り難味をひとしお感ずる朝だった。
尤も、それも昼過ぎまで。午後は雲が広がり、一昨日までの深々と冷え
込む寒さとは違うものの、なお陽射しが恋しい。夕刻は、一時雨。

11月に入って、ブログをパッタリ更新しなくなってしまったので「どうかしましたか?」と
近況を気遣うメールを頂いたりした。
接続できない?!」以来、ネットの接続時間をグッと減らして、自宅にいるときは接続
しっぱなしの状態から、必要なときしか「パソコンを立ち上げない」状態に変えてしまっ
たら、特別なことがなければ更新しなくなってしまって、日常的な日誌にならなくなって
しまった(去年とて11月は9件、12月は4件しか書いていない)。
尤も、それよりなにより、この時期、外の農作業はお仕舞い。今年はダイズ選別の依頼
が何件か入って、この一週間は専ら黒ダイズの選別のみ。昨日から、やっと自分の黒
ダイズの選別開始。終われば次は白ダイズの選別。取り立てて書きたいこともなし。

さて、今年の11月は温かかったのか?
22.9/-2.5度、平均気温は7.4度で、平年値を1.1度上回る。まだコタツを出そうという
気にもならないし、ストーブも焚いたことがないから、やや温かいのかな??
尤も、最低気温は10月四旬から5-6度以下に下がり、11月3-6日頃に紅葉は酣期を
むかえた。
一番の印象に残っているのは、9月の後半以来、今年の秋は太平洋南岸を発達しなが
ら北上する低気圧による暴風雨が非常に多いことだろうか。
北東北太平洋沿岸部への影響だけからみても、
9月は7-8日、27-28日
10月は1-3日、6-7日、23-25日
11月は14-15日、20-21日、27-28日。
このうち9月27-28日の暴雨風は、沿岸部漁業に深刻なダメージを与えたようだ。
[PR]

by agsanissi | 2006-12-03 07:14 | 気象/季節メモ