<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 25日

情報と戦略

「情報と戦略」と表題をつけてみると、軍事論でも論じるようだけれど、さに非ず。

近所に孫が住んでいる。
朝、「腹が痛い」と云ってると我家に連れてきた。普段は保育園に通っているが、土曜日で休園
だったので寝かせたおいた。前々日、僕自身が多少吐き気を催したこともあって、ノロウィルス
かとも疑ったが「お腹が痛いときは食べないで寝ているのが一番だ」と云って寝かせておいた。
間もなく元気になったし、食欲もあったから、後から思えば、単なる便秘だったようだ。
夕刻、またまた「お腹が痛い」と云い出した。今度は、状況からニセ情報を掴ませて「嫌いなもの
を食べない」戦略だな、と慧眼なお祖父ちゃんに直ぐに見破られてしまった。

ある目標を定めて、情報を集めることは、誰でもやる。自分に都合の良い片寄った情報だけ
を集めて間違った判断をしたところで、自分の責任で他人を責めるわけには行かない。
株屋の儲け話を真に受けて大損したとして、儲け話をした株屋の責任か、それを真に受けて
投資した自己責任か。「儲け話」をでっち上げれば責任の所在は、ある程度明確だが、株屋
自身がその「儲け話」を真に受けていたとすれば、責任の分担はどうなるか?
この手のトラブルを避けるために、「投資するときは、自己責任で」と注意書きを付けることが、
最近では一般化した。
バブルの時代に、土地の値上がりを当て込んで土地を担保に過剰融資をして国際金融危機の
引き金になるほどの不良債権を抱え込み、何兆円というその大損を税金でチャラにして金融
危機を「救った」この国の政治・金融の指導者諸氏の責任の取り方・取らせ方は、情報処理と
その判断に伴う責任の取り方という視点から考えると、適切だったのかどうなのか?
政治指導者を選ぶときは、自己責任で」という注意書きを投票所に掲示する事は、まだこの
国では行われていない。尤も、他人の誤った判断でも共同責任を取らされる所が厄介だが、
少なくとも選択しうる機会があるだけでも良しとせざるを得ぬのか。とはいえ選択幅そのもの
の狭隘化は如何ともし難い。

ある目的を達するために、意図的に特定の情報だけを集めたり、提示したり、目的に沿った
改変をしたりすれば、目的の狙い・対象・レベルに応じて、ウィット、マジック、嘘、捏造、謀略
などと様々に呼ばれる。情報操作は、例えば相手の錯覚を利用すれば、情報を示す順番を
変えるだけで、あるいは提示する環境を変えるだけで、敢えて偽情報を使わなくとも目的を
達せられる。

仮に特定の「目的」を持たぬにしても、情報は、それが「情報」として客体化されたときには、
必ず選択され、加工され、操作されているのであって、選択も・加工も・操作も受けない「生の
情報」はそもそも有り得ない。
患者に医者が聴診器をあてる。音が聞こえるとして、その「音」から得る情報の量と質は、医者
の知識と経験に依存している。知識も経験もなければ、単なる音で医療情報にはならないか、
別の誤った情報(「何か」が潜んでいる)を引き出すかも知れない。
地中から掘り出されたばかりの考古学的資料にしても、それ自体は「生の情報」ではない。日本
の旧石器時代論争を見れば分るように「遺跡」としての認識そのものが、選択・操作の結果で
ある(参照)。

歴史では、日記や書簡、あるいは同時代の記録は、しばしば一次史料として扱われるが、
選択・加工・操作を受けているのは云うまでもない。例えば自分の一日を細大漏らさず全部
記録する日記など、そもそも書けるだろうか。日記として客体化するとき、選択・加工・操作は
不可欠のプロセスだ。従って日記を史料として使うには、予め史料批判は不可欠の操作に
なる。

テレビ番組の多くは、ニュース報道を含めて、所詮は視聴率競争の賜物であって、視聴率を
取るために多少の誇張、脚色、編集は不可欠のものですから「テレビに基づく情報の利用は、
すべて自己責任でお願いします
」とテロップを流し続けるようにしたらどうだろうか??
たとえ事実にしても、剥きつけな事実の表示は、余りに興ざめだろうか。それなら特定番組の
担当者の降格・解雇で責任を取ったふりをして(臭いものにそそくさと蓋をして)、全体の信頼性
を救済するに如くはない。この国の知的・文化的レベルに相応した責任の取り方だろうか。
[PR]

by agsanissi | 2007-01-25 13:53 | ミミズの寝言
2007年 01月 24日

娯楽と報道の境界

1938年10月のこと、H・G・ウェルズのSF小説「宇宙戦争」を、かのオーソン・ウェルズが
緊急報道番組風のドラマに仕立てて全米で放送した。放送中、「これはドラマだ」という注意
が繰り返し流されたが、あまりの迫真性に誘われ、緊急避難したり、義勇軍を募ったり、発砲
事件が起きたりと、全米で120万人がパニックに巻き込まれたそうだ(参照)。

それに比べれば、納豆騒動など、ちょっとした座興にすぎない。「社会的病理」などと大袈裟
なことを云ったけれど、エイプリル・フールか、友人・知人の間の冗談としてなら大受けの
お笑いになる。「騙された!」と笑って済ませば、世間の潤滑油にさえなる。
納豆増産用の設備投資をやって破産した業者が出たとか、納豆用ダイズの作付面積が急増
した反動でダイズ価格が大暴落したとかいうならいざ知らず、数週間、納豆がスーパーの棚
から消えたくらい、実害ともいえぬ。納豆の意外な美味しさが見直されるか、多少の揺れ戻し
の後、元の鞘に納まるか、いずれ愉快なエピソードとして記憶の引出にしまわれる。
番組「捏造」などと目くじら立てるほどのことでもない。ありもしない大量破壊兵器製造の「事実」
をでっち上げ、世界を動員して大量破壊攻撃を仕掛ける政治的「捏造」に比べれば、罪のない
お愛嬌に過ぎぬ。

そもそもテレビでは、娯楽と報道の境界は限りなく希薄化し、時にはお互いに交差している
のではないのか。自分に、番組批判の資格が有るとは些かも思っていないが、立花隆の
『「田中真紀子」研究』の一節を見ると、そんな事を感ずる。
立花さんは、政治のワイドショー化として、こんな事を書いている。
日本の政治は、田中真紀子の登場以来、救いがたく低劣化し、ワイドショー化してしまった。
外交問題、景気問題、財政金融問題、有事法制問題などなど、日本の政治はあらゆる側面
で問題山積だというのに、マスコミの政治報道は外務省問題以来ワイドショー化する一方。
....要するにワイドショー化というのは、....井戸端会議のテレビ版ですよ。そこでは、あらゆる
問題が、オバチャンたちの頭に入りやすいレベルに落として徹底的に図式化されなければなら
ない。しかも大衆を感情的にまきこむために、喜怒哀楽、憤怒、嫉妬羨望など感情のスパイス
をたっぷり振りかけた短いフレーズで誇張した表現が多用
される。


ワイドショー化が、テレビ報道の本質かどうかは問わぬ。
しかし見るべきものを見ず、自分の見たいもの・見やすいものをのみ、画面の中に投影して
見る。大宅荘一が、テレビは国民を一億総白痴化させるといったのは半世紀前だ(参照)。
いまやテレビそのものが白痴的だという批判はないまでも、見るもの・見せるものとの間には、
騙す・騙される関係と同様、心理的な同伴関係があるのではないかとは一考に値する。
[PR]

by agsanissi | 2007-01-24 07:51 | ミミズの寝言
2007年 01月 22日

納豆騒動

たわいもない話だが、「納豆でダイエット」のテレビ番組が放映されたあと、暫くは納豆の
品薄状態が続き、最寄のスーパーの陳列棚から納豆が消える騒動が続いたそうだ。
僕は、ふと、もう30年余前のことだが「石油ショック」に揺れる日本で、スーパーからトイ
レットペーパーが消えた当時の大騒動を思い出した。あれはパニックと云ってよいが、
納豆騒動もパニックとは言わないまでも、プチ・パニック、一種の集団ヒステリーだと僕は
見ている。社会的病理現象とさえ考えている。

僕のように世情に疎い人間でさえ、10日以上前には知っていたから、相当に小世間を
騒がせたのではないかと想像はつく。
僕の知る切っ掛けといえば、九日の昼頃、近くの公園をぶらぶら散歩している最中に、
折から近在の職場から昼休の食事に、食堂にでも向うらしい三人連れが「テレビで...、
納豆がないらし....」と話している隻語を小耳に挟んで記憶に留めていたことだ。その後、
妻が買い物に行って納豆が置いてない、納豆のあるべき陳列棚の一部が、そこだけ取り
払ったようにごっそり空いていると話していた。更に、何日かしてテレビの「あるあるなん
とか...」という番組で、納豆を食べてダイエット....とかの話を、娘がどこからか聞き込んで
きた。それですべての話の糸が、僕の頭の中でつながって納得がいった。

それにしても妙な話だ。
僕なんか、もう納豆を何十年となく食べ続けている。しかも最近は十年近く自作のダイズ・
自作の納豆だから、人よりはかなり沢山食べている。「納豆でダイエット」が本当なら、
今頃は僕の体重は減量どころかマイナス体重になっているはずだ。
▽納豆は健康食品、という話も
▽これこそダイエットの決め手、という話も
耳タコというくらいに人口に膾炙した話で、どちらも話題性ゼロだ。
この話題性ゼロのありふれた二つの話を、ひと捻りして、ある種のヒット商品に仕上げた
ところに、この詐欺の手口の見事さがある。振り込め詐欺の横行と何か共通の社会的・
心理的要因があるのではないかとさえ考えたくなる。
尤も、その「ひと捻り」が何なのかは最近まで疑問だった。

昔から、「不安」の時代には迷信が横行し、奇談・珍談の類がはやる。いまは「科学の時代」
だから、さすがに迷信ははやらぬにしても、科学まがいのエセ科学、科学的データまがいの
とんでもデータがはやる。
「初めに結論ありき」で、自分の勝手な推論を裏付けるために、データさえ示せば良しと
ばかり、データの根拠、採取方法、比較方法、系統性、質と量の問題などお構いなしに
論じたり、果てはデータを改竄したりと、とんでも科学が大はやり。こういうエセ科学・
とんでもデータにころりと騙され易いのも「情報化」社会の一面かも知れぬ。
多少の誤解を恐れずに云えば、騙す・騙されるという関係は、その犯罪性や法的責任の
所在には疑問の余地はないが、心理的には僕は一種の共犯関係だと思っている。
「情報」の洪水に曝され、慢性消化不良を起こして、自分の頭で判断して・しっかりとした
認識として定着できないため、そこはかとない不安に捉われ、なにか自分で確かめ得る
手応えのあるものをつかみたいという無意識の願望が、エセ科学エセ・データにころりと
引っかかる下地ではないか。

畏れ入った話だが、先日の「朝日」は、この問題を「番組捏造」と一面トップで取り上げた。
かつて記事捏造で槍玉に揚げられた意趣返しでもあるかと勘繰りたくなった。ともあれ、
同記事の中に納豆でやせる「黄金の法則」として、1.一日2パック、2.朝晩食べる、3.よく
混ぜて20分放置してから食べる、と出ている。これでハタと気付いた。この「20分放置」が、
例のひと捻りだと。

この「黄金の法則」の根拠の是非は新聞記事に任せる。それ以上に深刻な社会的意味
持っているかも知れぬ事実は、この程度の幼稚な報道でスーパーの陳列棚から、納豆の
ようなありふれた食品が消えてしまったり、大幅に値上がりしてしまう、「食」の事情だ。
食をめぐる話題が巷に溢れ、スーパーには満艦飾の食材が溢れ、ダイエットの文字に血眼
になるほど飽食しながら、一朝事あれば、たちまち払底しかねない、日本の「食」の危うさを
暗示していないか。
同時に、自己の判断をテレビ「情報」に即応的に依存する本質的な「危うさ」をも。
[PR]

by agsanissi | 2007-01-22 17:33 | ミミズの寝言
2007年 01月 04日

情報過多/知られすぎた現実

「対談」のどこに惹かれたか??
ザウパー監督は、「対談」でこんなことを云ってる。
結局、私にとっては、ドキュメンタリーとして現実を見せるということは、自分
の仕事の一部だとは思っていません。私の映画を通して現実を見せようと
は思っていない
んです。アフリカで飢餓があり、そして戦争があり、社会的な
崩壊があり、不正義があるということは、人びとはみんな知識として知ってい
ます。ある意味で知り過ぎていると言ってもいいと思います。
たとえば一つ例にとれば、アフリカでエイズが蔓延して、アフリカの人びと
がエイズで死につつあるということは、誰もがうんざりするほど聞かされてい
ます。ですから、またそれを聞かされると、人びとは、あ、それはもう知って
るよ、また同じことだ、もういいよ、となります。情報過多の状態にあるわけ
です。
そうではなくて、その状況の中で一人を取り出し、その人を映画的なコンテ
クストに置いて、顔と名前を与えた上で、その人がどういう経緯でエイズに
罹ってしまったのかということ見せたいと私は思うんです。その関係性を見せ
ていきたい
わけです。つまり映画を通して、既に知られていることを、「知ら
れていること」としてではなく、「知りたいこと」に変えたいのです。
脳は、「何をすべき」というオーダーを受けることを嫌います。逆に、「何
をすべきか考えろ」という形で挑発されたがっているのではないでしょうか。


これを僕の言葉でまとめると、次のようになる。
・情報過多の状態だ(本当に知りたいことは見えない)。
・現実は、程度の差はあれ、知っている。ある意味で知りすぎている。
・だから現実(環境破壊、飢餓、エイズなど)を見せることが目的ではない。
・個々の具体的な経緯(顔、名前、どういう経緯)を知りたい。
・一般的事実と個々の具体的事実との関係性(見えない鎖)を見せたい。

更に云えば、飢餓、戦争、社会的崩壊、不正義などを「知識として知る」こと
によって、遠い世界の現実・自分とは切り離された・かけ離れた社会の現実と
しての認識に客体化される。
そういう意味での「知識」について、対談相手の村上龍はこう云ってる。 
元国連難民高等弁務官事務所の緒方貞子さんがおっしゃったことで、僕もまっ
たく同感なのは、「人道問題に人道的解決なし」ということです。すごく政治
的な問題が多いし、経済の問題も多い。そうしたときに、たとえばアフリカの
タンザニアのそういう悲惨な状況を描くドキュメンタリーを観た人たちが、
「あ、可哀相な人たちだねえ」「これはひどいなあ。何とかしなきゃな」なん
て言って、映画館から出てくると、もう忘れているということが多いんですよ
ね。それが、監督が言った情報過多ということなんですけど。


僕はこの対談を読みながら、10年ほど前に世界的に広く読まれた「ソフィーの世界」の
中の、ソクラテスの言葉の一節を繰り返し考えてみた。
いつの世にも、疑問を投げかける人は最も危険な人なのだ。答えるのは危険
ではない。いくつかの問いのほうが、千の答えよりも多くの起爆剤をふくんで
いる。

現代社会は、アフリカ問題に対して国連をはじめとした先進各国の人道的支援という
「回答」を与えている。
[PR]

by agsanissi | 2007-01-04 18:24 | ミミズの寝言
2007年 01月 03日

「ダーウィンの悪夢」

「ダーウィンの悪夢」というドキュメンタリー映画が、日本でも公開されるそうだ。
JMMのメールマガジン(参照)に掲載されたこの映画の監督フーベルト・ザウパー
と村上龍との対談に惹かれた。

映画の公式サイト(参照)を開くと、いきなり
無数の小魚が、あとから現れた巨大な魚に呑み込まれる姿が映し出され
     「一匹の魚から始まる
          悪夢のグローバリゼーション

のキャプションが踊る。

「Introduction」には、こう書いてある。
これは、あなたが生きている世界の物語
淡水湖では世界第2位の大きさを誇るヴィクトリア湖。そこは、生物多様性の宝庫であること
から「ダーウィンの箱庭」と呼ばれていた。その湖に、今から半世紀ほど前、ささいな試みから、
新しい生き物が放たれた。この大食で肉食の外来魚ナイルパーチは、もともと生息していた
魚の多くを駆逐しながら、どんどんと増え、状況は一変。湖畔の町にはナイルパーチの一大
魚産業が誕生し周辺地域の経済は潤う。しかし、一方では、悪夢のような悲劇が生み出され
ていった。」

不可分の連鎖で繋がれた自然の環の中に持ち込まれた外的な撹乱要因が、
自然の生態系にもたらす波紋。それが人間にとっての単なる外在的な環境に
深刻な影響を及ぼすのみならず、人間の生き方という内在的環境をも規定し、
我々自身を取り込む鎖にほかならぬことを悪夢のグローバリゼーション
示唆しているようだ。
[PR]

by agsanissi | 2007-01-03 07:01 | ミミズの寝言
2007年 01月 02日

十二月の天候/年末低気圧

クリスマス前後までは、可もなし不可もなし。気温、降水量、日射量、どれをとっても
平年並みで、分けての特徴もない。何よりも、この時期、気象条件を気に病む必要も
ないということで、そもそも「十二月の天候」を書くつもりもなかった。

しかし「平穏な年末」の印象は一夜にして覆されてしまった。
十一月の天候」で「一番の印象に残っているのは、9月の後半以来、今年の秋は
太平洋南岸を発達しながら北上する低気圧による暴風雨が非常に多いことだろうか」
と書いたけれど、まるでその総決算でもあるかに27日、この数年来、最大最強の低
気圧に見舞われた。
1時間降水量、3時間降水量、日降水量の全部で、1976年以来30年間の最大値を
記録し、全国に殆ど知られることのない一寒村の名前が『気象人』の27日の見出しに
まで使われている(参照)。
この日、僕はもう普代にはいなかったけれど、「岩手県災害時気象資料06-4」(参照
によれば、午前10時から午後2時までの4時間にわたって時間雨量40-60ミリの大地
に突き刺さるかの猛烈な雨が叩きつけられた。
9月末の豪雨で削られ、その後傷の癒えた小麦・ナタネ畑の流出跡は、再び濁流の
河床と化してしまっただろうか??
[PR]

by agsanissi | 2007-01-02 16:38 | 気象/季節メモ