<   2007年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 27日

小麦播種

10.9/23.6度、日照4.1時間

西7(1.51)と西1(1.025)に小麦播種、12列、畝幅は約20センチ、11キロ/反(メモリ44)、
肥料は窒素分で5.4キロ/反、ジャガイモの防除用通路は、そのまま防除用に使用。従って
実面積は、この部分を除いた面積に相当する。9月播種分は、これで完了。
[PR]

by agsanissi | 2007-09-27 22:35 | 小麦
2007年 09月 27日

気温の比較


c0048643_84962.jpgc0048643_7303141.jpg












c0048643_7364598.jpgc0048643_7365999.jpg














c0048643_7385160.jpgc0048643_73987.jpg














c0048643_7413513.jpgc0048643_7414819.jpg
[PR]

by agsanissi | 2007-09-27 07:44 | 気象/季節メモ
2007年 09月 25日

小麦検査/播種準備/シメジ

14.4/26.6度、日照7.3時間、昼前後、前線通過で一時的に気温が上るが、概ね21-23度。
昨日の朝は初めて10度台まで下がり、谷合の道の木々の中には早くも色づき始めたものが
散見される。N君が、先週辺りから「シメジはまだかな?」と数日置きに顔を見せるが、二ヶ所
ほど走りのものが出ただけで、気温の下がり方が遅いせいか、その気配がまだ見えない。
----------------------------------------------------
午前中は小麦の等級検査。
刈り取り時期によって、はっきり明暗が分かれた。三分の一は7/10と12日に刈り取り、
三分の二は18、20日に刈り取った。10日の午後から霧雨になり、そのまま11日から
17日まで連日雨になった。18日以降の刈り取り分は黒カビと退色(色あせ)の害を受け
た。結果、三分の一は一等(容積重は813)、三分の二は格外(主に黒カビが原因)。
他に二人、MI君とMA君が検査を受ける。二人とも刈り取り時期は20日以降。刈り取り
時期に拘わらず黒カビの被害は意外と少ないが(これは登熟期の違いのせいか)全量
格外。MI君のものは開口粒が三分の一ほど、一見すると粒が大きく充実しているように
見えるが容積重はやや低め(800)、他に赤カビ(見本になるような赤カビ)、穂発芽など。
MA君のものは開口粒が半分ほどあり、一見して格外で全く問題外。これほど酷い開口
粒は見たことがないという代物。
午後は、西7にハローをかける、一時間半。明日は西1にハローの予定で、これで9月
播種分の準備は完了。
[PR]

by agsanissi | 2007-09-25 21:34 | 小麦
2007年 09月 23日

ユンボの修理&整備・清掃

13.7/20.8度、日照4.9時間、一昨日のバカ陽気から前線の南下に伴い平年並みの
陽気に戻る。

ユンボのキャタピラを支えるガイドローラーのベアリングが損傷し、交換する。
問題は、取り付けビスがすっかり錆付いて磨耗しており、果たして取り外せるか?

c0048643_21451491.jpgc0048643_21455073.jpgc0048643_21461314.jpg






まずは、キャタピラを張っているグリスを抜いて、キャタを思いっきり緩めて、ジャッキで
持ち上げ作業空間を広げる。ベアリングが飛んで、カバーだけ残った邪魔な部品の残骸
をサンダーで切り取って取り外し、最後に、一番の難関は台座からのビスの取り外し。
4本のうち2本は六角ソケットが使えそうだが、オイルを注すだけではビクとも動かない。
ビスの台座をトーチで熱してみる。熱しては回し、熱しては回し、二三度繰り返すうちに
動いた!!あとはその繰り返し。頭の潰れかけた2本はフリーレンチで対応。
ベアリングは抜け落ちてなくなり、軸のシャフトは削られて磨耗し、すっかりバラバラに
破損してしまったガイドローラーと新品の交換部品。
取り外したビスは、頭が少々潰れているだけで、本体は新品同様。丈夫そうな高級ビス
なので19の頭を17に成型加工して、そのまま使うことに。

c0048643_22204352.jpgc0048643_2221851.jpgc0048643_22212929.jpg






新しいガイドローラーに交換し、ジャッキを外して、正面の穴の奥にあるグリスニップル
からグリスを注入して、キャタを張って、修理完了。
ビスが抜けないときはどうするか、頭を舐めてしまったらどうするか、サンダーで削るか
焼き切るか、いざとなれば台座に溶接するか...等々、昨日は手付かずであれこれ
迷っていたが、いざ始めてみれば一時間半ほどで作業は終わった。

ついでにと、キャタの裏カバーを外してみれば、いやはや驚いた。

c0048643_22362574.jpgc0048643_22352870.jpgまるで粘土で固めたみたいに、カバーの形状
にピッタリあわせてぎっしり砂が詰まっている。
洗い流してみると...これが素顔。
見える三本の銅パイプは油圧用パイプ、やや
腐食が見えている。危ない、危ない。
[PR]

by agsanissi | 2007-09-23 22:58 | 機械類
2007年 09月 21日

作業予定

・小麦、ナタネの播種(10/6まで)
収穫機の整備、ユンボの修理&整備

・作付&予定
西1(150)、ジャガイモ⇒小麦
西4(40)、黒ダイズ⇒小麦(11月)
西5(60)、ダイズ、ジャガイモ⇒小麦(11月)
西7(160)、ジャガイモ⇒小麦
西8(40)、人参、カボチャ
西11(200)、小麦⇒ナタネ
東5(90)、ダイズ
東7(130)、ソバ⇒プラウ
東8(160)、小麦⇒大根、ナタネ
東14(250)、ダイズ⇒小麦(11月)
東15(180)、ダイズ⇒小麦(11月)
東23(160)、ソバ
東25(250)、借りる?⇒プラウ

★東25に借り入れは中止、東14の次作はジャガイモ、東15の後作は小麦(11月)に
変更(07/10/17追記
[PR]

by agsanissi | 2007-09-21 21:29 | 作業メモ
2007年 09月 21日

収穫機の清掃・整備/最も遅い真夏日

18.6/31.1度、日照9.9時間、昨日も今日も30度を超える。9月初旬の30度超えは意外と
珍しくない。9月の日最高気温の上位10位までの記録(参照)を見ると、2000年9/2の33度
がトップ、次いで今年の9/8の32.9度、去年9/10の32度が8位、この辺が今までの最も遅い
時期の真夏日。ちなみに9/21の平年値(1979-2000の平均値)は12.3/21.7度。
今日は各地で最も遅い真夏日を記録したそうだ。特に北海道の高温が目を引く。停滞前線を
境に寒気と暖気が交錯しているが、前線が押し上げられると共に、北海道も各地で真夏日を
記録、札幌では86年ぶりに最も遅い真夏日の記録を更新したそうだ。いろいろな意味で記憶
に値する日になりそうだ。明日は前線が南下し、天気はやや下り坂。

c0048643_2016165.jpgc0048643_20161938.jpgc0048643_20193654.jpg









************************************************
昨日今日と二日かけて収穫機の清掃&整備、問題点

c0048643_20501174.jpg選別台の回転コロの前二列の隙間間隔を
広げる。これでS玉以下は、殆ど自動的に
選別・排除され、作業能率は大いに向上。




c0048643_20572147.jpgゴムローラーの損傷、これは去年から。
そっくり交換するか、補修方法はないか
どうか、例えばシリコンなどで整形補修
出来ないかどうか??



c0048643_2125544.jpgゴムローラーの磨耗、これは左右とも
交換を要す。





c0048643_218167.jpgc0048643_2184983.jpg隙間調整が必要か?
後部は良しとして、前部
は隙間が空きすぎか?




c0048643_2114490.jpg使用油脂類と小道具一式
[PR]

by agsanissi | 2007-09-21 21:16 | 機械類
2007年 09月 18日

大雨情報/まとめ

16.3/17.7度、最高気温は夜中の1時、最低気温は昼の11時に記録する。1ミリ以上の
雨は18時過ぎには止んだが、21時現在、沿岸部の一部に霧雨のような雨が舞っている。

c0048643_2165525.jpgc0048643_2171644.jpg













c0048643_2173498.jpg18日18時の天気図を見ると、このような気圧配置で
北部沿岸部に雨が降っているのが、納得いかないが、
赤外画像と並べてみると、高気圧の縁辺に沿って湿っ
た気流が流れ込み弱い雨になっているようだ。
結局、16日降り始めからの普代の総雨量は270ミリ。

この雨による普代川の水位の変化は、
17日12時-同21時(0.91→1.44)、↑
17日21時-18日0時(1.44→1.40)、↓
18日0時-同1時(1.40)、→
18日1時-同11時(1.40-1.59)、↑
18日11時-20時(1.59-1.44)、↓
この間の雨の降り方と比較してみると、1時間に10ミリを超える雨が数時間にわたって
降り続くと、1-2時間の時間差で増水し始めるが、5ミリ程度の雨ではほとんど影響を
受けないか、増水から減水に転ずる可能性が高いようだ。
この二日間、殆ど自宅に篭りきりで畑(ソバ、ダイズ)の被害状況は不明。

参考:今回の「大雨に関する岩手県気象情報」のまとめ(参照)&
平成19年秋雨前線による大雨」(参照
[PR]

by agsanissi | 2007-09-18 21:51 | 気象/季節メモ
2007年 09月 17日

大雨情報

気温は18-9度、昨日の午後から断続的に降ったり止んだり、日にちが変わると共に
休みなく降り続く。降り始めから17日23時までの総雨量は176ミリ、予報では明日
または明後日の早朝まで雨模様とか。

c0048643_22572262.jpgc0048643_22573935.jpgc0048643_2335215.jpg








前線は、今朝から殆ど同じ位置に張り付き、明日になってもほぼ同じ形勢。


c0048643_2381298.jpgc0048643_238298.jpg雨は、高気圧の影響下にある北海道と
関東地方を除いて、ほぼ全域で降って
いる。
普代では、昨日の降り始めから23時
現在の総雨量は176ミリに達する。
特に13時以降、約4時間にわたって
10ミリ以上のやや強い雨が降り、この
間に55ミリ、その後やや小康状態。

内陸及び沿岸部の広域に、今朝から大雨洪水注意報が出されているが、沿岸北部では
17時過ぎに注意報から「警報」に変更された。この雨で、普代川の水位は今朝の5時頃
から高まり始め、通常水位60センチから昼12時には91センチ、16時には通報水位の
1.2メートルを超え、22時までに1.44メートルに達した。その後は、やや小康状態。
一方、久慈市の久慈川では八日町で23時現在、警戒水位の1.9メートルを超えて3.04
メートル、同じく生出町で2.3に対して2.62メートルに達している(参照)。
[PR]

by agsanissi | 2007-09-17 23:48 | 気象/季節メモ
2007年 09月 16日

ダイズの生育状況/大雨の気象情報

20.9/26.3度、朝一時的に雨すぐに止む。秋雨前線の南下に伴い、17時過ぎ
盛岡気象台は「大雨に関する岩手県気象情報」を公表する。
★【気象状況】
 東北地方には前線が停滞しています。17日は、前線に向かって南から暖
かく湿った空気が入り、前線の活動が活発になる見込みです。
★【雨】
<地域・時期・量的予想>
 岩手県では、17日朝のうちから宵の内にかけて、内陸を中心に雷を伴っ
て1時間に40ミリの激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。
予想される16日18時から17日18時までの24時間降水量は多い所で
  内陸        200ミリ
  沿岸北部、沿岸南部 150ミリ
********************************************
c0048643_2117581.jpgc0048643_21173964.jpgc0048643_2118148.jpg






7/9播種のスズカリ・ダイズが良い具合に育ってきた。草丈は50-60センチ、色も
濃い緑色に変わって来た。茎当り莢数はやや少ない印象もあるが、充分ものになる
可能性も出てきた。写真は左から8/23、9/16、同近接(東15)。
[PR]

by agsanissi | 2007-09-16 21:30 | ダイズ
2007年 09月 15日

ジャガイモ掘り/小麦運搬

16.8/26.8度、日照7.5時間、秋雨前線の北上に伴って、週末の天気は下り坂という予報
だったが、雨雲は東北北部を通り越して北海道まで北上し、雨の中心は北海道。午後から
晴れ間が広がり、直射光線はかなり暑いが風は爽やか。台風11号は、来週半ば以降、朝鮮
半島から東北北部に向かう可能性もでてきた。

午前中は小麦の運搬。等級検査のため小麦を農協倉庫に搬送する。N君に手伝いを依頼
して、二人で32袋(8×4段積)×2パレットで3回往復(3回目は26袋で、総計154袋)、
8時半-11時半、実質3時間で完了。2人労働で、半日で40袋×2パレット、3往復で最大
240袋は運搬可能


午後はジャガイモ掘り、喉につかえる小骨のように気になっていた残り8列を1時間で完了、
3袋、これで今年のジャガイモ掘りはすべて完了(実質5.4日×3.5人、延べ約19人労働)。
ちなみに31日までに掘り取った分の選別・箱詰め(規格選別)は昨日今日で完了の由。
これからの作業予定は、16日以降三週間を目処に小麦とナタネの播種。
・小麦は9月播きと11月播き(ダイズ跡)の分割播種テスト(面積をどの程度にする?)、
11月播きのテストはダイズ跡の有効利用、収穫期の分散の二重の意味で重要、
・ナタネはやや遅らせ10月初旬か(西11&東8、西7は?)
[PR]

by agsanissi | 2007-09-15 21:43 | ジャガイモ