<   2007年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 29日

「食料自給率という幻想」

△3.1/5.8度、日照7.5時間、明け方はやや雲があったが、日中はほぼ快晴。
今年の畑作業は、ダイズ跡地に小麦を播種する予定と人参の掘り取りに各一日を残す
のみで、ほぼ終わった。加工用大根は、4-5割は出荷基準に達するかという甘い見通
しを書いたが、11月半ば以降の急な冷え込みで完全に肥大はストップした。仮にこの
冷え込みがなかったとしても、出荷基準(径7以上の部分が25センチ以上)からすれば
8月末播種は最初から無理があったか?後はダイズの選別、種芋の保管など残務整理
を残すのみ。「農作業」という意味での作業日誌は、基本的に終わりだ。

何がきっかけだったか、「池田信夫blog」の07/09/01の記事「食料自給率という幻想」
参照)が目に付いた。
「耕す生活」の冒頭にも書いたことがあるけれど、僕は「食料自給率」のために農的生活を
選択したわけではない。もっと根源的な疑問からスタートした。
人は、農業はもう過去の産業だ、と思っているかもしれない。僕は、農業はこれからの産業
だと考えている。産業革命以来、農業は工業への労働供給の貯水池になり下がり、農業その
ものが工業化することで工業の付属物に成り下がってしまった。しかしその工業活動は、過去
の太陽エネルギーの蓄積に依存し、いまやその蓄積を使い尽くし、かつその蕩尽の結果として
の排出物の前に地球そのものが窒息しかねない事態に陥れてしまった。
他方、農業そのものは、本来、土と水との協働作業で、現在及び将来の太陽エネルギーを
蓄積していくクリーンな営みではなかったのか。工業化され、工業の付属物に成り下がって
しまった農業が、大量のガソリンを消費し、化成肥料や農薬を大量消費する「工業的」浪費に
倣わざるを得なかったのではないか。農業は、工業から独立して自分の足で立てばよい。そう
すれば必ず新しい視界が開かれる、と考えている。
参照

その意味では、「食料自給率」とか「食料安全保障」とかの議論に大して関心を払ったことが
ない。食料自給や食糧の安全保障の見地から日本農業を守らなければならないという議論
は、多少見当違いじゃないのかという感想を抱いている。
それにしても「池田信夫blog」を読んで以来、「食料自給率」という穴を通して農業・農業政策
を考えた場合、どういう情景が見えてくるか、自分なりに整理しておくのも悪くないなと考えて
いる(「耕す生活」にシリーズで書いた「日本に農業はいらないか」も改めて見直す必要がある
かな?)。
全体像が見えているわけではない。例によって、行き当たりばったり、書きながら考える、書く
ことで考えをまとめていくという方針で書いている。

まず、池田氏の論点は三つある。
1.この問題についての経済学者の合意は「食料自給率なんてナンセンス」である。リカード
以来の国際分業の原理から考えれば、(特殊な高級農産物や生鮮野菜などを除いて)比較
優位のない農産物を日本で生産するのは不合理である。

比較優位のない日本の農業は不合理であるから、特殊な農業分野を除けば不要である。
2.食料の輸入がゼロになるというのは、日本がすべての国と全面戦争に突入した場合ぐらい
しか考えられないが、そういう事態は、あの第2次大戦でも発生しなかった。その経験でもわか
るように、戦争の際に決定的な資源は食料ではなく石油である。その99.7%を輸入に頼って
いる日本が、食料だけ自給したって何の足しにもならない

主要資源を輸入に依存しているのに、食料のみを取り出して「安全保障」を云々するのは
ナンセンスである。
3.1960年には80%もあった自給率が半減したのは、単なる都市化の影響ではない。最大の
原因は、米価の極端な統制だ。コメさえつくっていれば確実に元がとれるので、非効率な兼業
農家が残り、コメ以外の作物をつくらなくなったのだ。こういう補助金に寄生している兼業農家が
ガンなので、(中略)米価を含む農産物価格の規制や関税を全廃し、兼業農家を駆逐する必要
がある。

食料自給率が半減した最大の原因は、米価統制などの農産物価格の規制にあるから、自由な
競争を規制する価格規制や関税を全廃し、非効率な兼業農家を一掃する必要がある。

まず、この辺を取っ掛かりに考えてみようか。
[PR]

by agsanissi | 2007-11-29 22:33 | 考える&学ぶ
2007年 11月 27日

「品目横断的経営安定対策は詐欺に近い」?!

11/24付け読売新聞WEB版に、
鳩山法相は24日、福岡県大川市で講演し、大規模農家を対象に今年度に導入された品目
横断的経営安定対策について「自民党と農水省でやってきた品目横断は詐欺に近いと思う」
と批判した。(中略)
法相は「今年の場合、麦で言えば2割増産した人が2割、3割減収になっている」と指摘した
上で、「結果として増産して減収になるというようなことは、どこかに嘘(うそ)がある。法律を
変えるのはすぐにはできなくても、緊急対策できちんとしのいでいかなければならない」と述
べた。

という記事が出ている。
実際の交付金の申請はこれから行われるわけで、麦の販売収入が確定するのは年度末
になる。下線部の指摘、実際に法相がこういう指摘をしたのかどうか、またどういう統計に
基づいて指摘したのか分からないが(個別事例としては、当然あり得る)、
・なぜ、今の時期にこういう指摘をしたのか?
・これを指摘したのが、なぜ、法相なのか?
・単なる個人的思い付きなのか、アドバルーンか?
趣旨の分かりにくい記事だが、参考記事として掲載しておく。
[PR]

by agsanissi | 2007-11-27 22:34 | 参考記事
2007年 11月 27日

人参総括/ダイズ刈り取り

気温差が激しい。昨日は氷点下1度から日中18度近くまで上がった。昨日の暑さをそのまま
引き継いで今日の最高気温は真夜中の1時に記録し10.1度、その後は6度台まで下がるが
日中気温の最高気温は9.8度までしか上がらない、これで概ね平年並みの気温。ほぼ快晴
だが、沿岸部には強風注意報が出され、風が冷たい、体感温度は5-6度といったところか。

人参掘り取りは、昨日で一先ずお仕舞い。後半に入ると再び大きさは均等になり、全体として
やや大きめになる。この部分も前々作はソバ、従って前々作の影響による大きさのバラつき
はほぼないと見てよい。また目立つ雑草は露草だけだが、生育初期のものはほとんど取る。
生育後半になって部分的に取り残しの露草が繁茂したところがあるが、この影響による生育
差は目立つほどではない。従って生育ムラの主因は、主に肥料の散布ムラによると見る。
全体として加工用300ケース+生食用15ケース、その他750キロとして約7.6トン(反収は
4.5トン)、上の中といった出来か。一方、播種量から考えると、11万粒に対して出芽率を
0.6とすれば、一本当り115グラムに相当する。

今日は東15の7/9播種分のスズカリの刈り取り。

c0048643_20442972.jpgc0048643_20451967.jpg11/21に紹介した6/20播種分
は播種直後に除草剤を施用した
が、7/9播種分はナタネで雑草
を抑える方針で除草剤なし。
肥料はともになし。草丈は高い
ものが40-50、低いもので20-
30センチほど。

c0048643_2058229.jpgc0048643_2059961.jpgc0048643_20595645.jpg






播種時期による豆質の差を比較してみると、
左からそれぞれ5/22、6/20、7/9播種分。この地域のスズカリの播種適期は5月中頃
から5月いっぱいとされている。今年は8、9月の気温が高かったためか、通常よりは食害
が多い、紫斑病はやや少ない。食害・病害は、播種時期が遅いほど少ない。7/9播種分は
小粒がやや多いか?なお、殺菌剤・殺虫剤の類は、いずれも使っていない。

一方、雑草対策という点から見ると
c0048643_21253496.jpgc0048643_21272996.jpgc0048643_21302322.jpgc0048643_21312899.jpgc0048643_21325077.jpg




左から去年のスズカリ(畝間60、中耕3回)、二番目は今年の5/22播種分(畝間75、中耕
3回)、三番目は5/23播種分(畝間75、中耕2回)、四番目は6/20播種分(畝間35、除草
剤施用)、五番目は7/9播種分(畝間35、除草剤なし)。
[PR]

by agsanissi | 2007-11-27 21:51 | ダイズ
2007年 11月 22日

人参/ばらつき

△0.8/1.6度、日照4.1時間、朝の冷え込みは差ほどでもなかったが、日中の気温は
上がらず底冷えのする日。最高気温は10時に記録し、その後は0度前後、最高気温が
1度台というのは、この時期として15年ぶりとも26年ぶりとも。一方、内陸地方は11月
としては記録的な積雪とか。
依然として風が強く、内陸にかかる雪雲が吹き飛ばされてくるのか、晴れ間は一瞬にし
て雲に覆われ、見る間に真っ白になるほど吹雪くかとおもうと、たちまち陽射しが現れ、
サッと融けてしまう、そんなことを二度三度と繰り返す。

c0048643_2031554.jpg大きなものは700-800グラム、小さなものは30-50グラム、
入り口、出口だけではなく、5列に植えてあるうち両端は大きく
真ん中付近は小さい傾向がある。このバラつきの一番の原因
は肥料の散布ムラ、あるいは散布方法によるバラつき。背負い
式の散布器で手振りした。散布筒を左右に振りながら前進する
が、両端の滞留時間が中心部分よりもやや長いために肥料が
多めに出ているのではないか。
雑草、生育初期の雑草は大きな影響があるが、生育中期または後期以降の雑草は
肥大には差ほどの影響はないようだ。
個々の人参の大きさは、比較的均等であったり、大きなバラつきがあったりするが、
列全体の収量に注目すると、今日までに22列で240ケース、ほぼ250キロ/列で
均等している。ということはあるバラつきの範囲内では、肥料の総量によって人参
の総収量は規定されるということか。
[PR]

by agsanissi | 2007-11-22 21:18 | ソバ/ナタネ
2007年 11月 21日

ダイズ刈り取り

3.3/4.9度、日照5時間、相変わらず風が強い、岩手県全域に風雪注意報。午後は急速に
雲が広がり、気温は下がる。15時過ぎ1度台まで、時々吹雪く。

昨日今日と晴天が続いたので、急遽、予定を変更して、人参掘り取りは10時までで切り上げ、
その後、東15の6/4播種と6/20播種のスズカリを刈り取る。

c0048643_21103238.jpgc0048643_21111639.jpg写真は6/20播種のもの、
10年以上、ダイズをやって
いるが、こんなに草のない
きれいなダイズ畑は初めて
だ。草丈は、6/4、6/20共
60-70センチ余、莢付きの
状態もほぼ同じ。
畝幅は75(6/4)と35(6/20)だから、面積当りの収量は後者が(多分)倍以上ある。
ざっと見たところ虫食いが極めて多い、一方、紫斑病は少ない。全体的な総括は7/9播種分
を刈り取った後に。この他に東5に5/23播種分が残っているがテスト刈りをしたところ、未熟
粒が極めて多く(原因は?)、刈り取るかどうするか考慮中。
[PR]

by agsanissi | 2007-11-21 21:30 | ダイズ
2007年 11月 20日

人参掘り/これまでのところ

△4/14.5度、日照7.3時間、予報とは裏腹に昨日今日とほぼ快晴に近い、但し時々小雪
舞う。昨日は日中の最高気温が3度と寒い一日だった、今日は気温は上がるが猛烈な風が
一日中吹き荒れ、うっかり立っていると吹き飛ばされそうな強風。

c0048643_20403414.jpg天気図を見ると二つ玉低気圧に挟まれどう見ても大荒れの
天気が予想されるが、雨雲は北緯40度線で際どくはずれて
晴天域に入ったようだ。

人参掘りは、最初の8列を終わって、日曜日から次の19列
に入り、今日までに10列を終わったところで、210ケース。
6-7時間で30-34ケースのペース。
最初の8列は、大きさがほぼ均等していたが、次の10列に
入ったところでバラつきが出るようになる。
傾向としては、入り口と出口は300-400グラムと大きく、真ん中付近が100グラム以下と
小さい。
・すぐに考えられる原因は、肥料の散布ムラ
・とすると最初の8列には、極端なバラつきが見られないのは何故か?
・雑草(露草)の影響?
・前作はすべてダイズだが、前々作は最初の8列は人参、次の10列部分はソバ、その影響?

ところで重曹の効果については、明らかに重曹の効果とみなせるものはない。

参考:20日の「気象人」から(参照
日本海中部に発達した低気圧があって、活発な寒冷前線が本州を通過し
た。暖気が入り、午後は札幌や旭川で雨に変わった。ただ、北海道内陸
は24時間降雪量20センチ程度の雪となった。
太平洋側は晴れたが、関東南部は5700mのトラフ通過に伴って昼過ぎま
でくもり。東京は夕方になって、澄んだ青空が広がった。
■最大瞬間風速
秋田 南南西の風 39.3m/s(11:56)
釧路 南南東の風 34.2m/s(14:50)
相川 西南西の風 32.1m/s(10:30)
根室 南の風 31.0m/s(13:59)
[PR]

by agsanissi | 2007-11-20 21:16 | ソバ/ナタネ
2007年 11月 18日

初雪

4.2/8.1度、日照2.7時間、9時過ぎから時々雨、午後は3時過ぎに雪、時々吹雪く。
初雪になる。週間予報では今週いっぱい曇時々雨または雪、週間天気図(参照)を
見ると、北緯40度ないし50度線付近を繰り返し、低気圧が通過する。

午前中の最低気温は4.2度、3時過ぎに2.2度まで下がり、湿った畑に立っていると
足元から深々と冷たさが伝わってくる。朝から強風注意報が出ていたが、午後は風雪
注意報に変わる。畑の北側の松林がゴーゴー唸りを上げる。3時過ぎ綿雪のような雪
が舞い始める。
人参掘りは半分ほどで切り上げる、15ケース、今日までの累計で150ケース。
月曜日以降、人参掘りは一時中断して、ダイズを刈り取る予定だったが、天候が悪く
来週以降に延期せざるを得ぬか。
[PR]

by agsanissi | 2007-11-18 18:29 | 気象/季節メモ
2007年 11月 16日

人参掘り取り記録

△0.1/7.5度、日照5.6時間、和野山は氷点下2度、初氷、例年より2週間ほど遅い。
盛岡は初雪とか。

最近の麦畑
c0048643_191613.jpgc0048643_19163481.jpgc0048643_191716.jpg






★人参掘り取りの記録
12日、11ケース(半日)
13日、12ケース(午前中雨、半日)
14日、24ケース
15日、22ケース(昼前後1時間ほど俄雨)
16日、32ケース(午後からディガーを使用)
去年は規格外が3-4割あったが、今年は1割以下か
[PR]

by agsanissi | 2007-11-16 19:26 | ソバ/ナタネ
2007年 11月 15日

中国の「一人っ子」

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」の07/10/20に(参照
医療専門誌『ランセット』(The Lancet、英語雑誌)の調査に依れば、1979年の一人っ子
政策導入以来、中国では一億人の赤ちゃんが堕胎で死亡していると衝撃の報告がでた。

との記事が出ていた。Lancetの記事を探してみたが確認できなかったので、触れないで
おいた。
14日の「人民網日本語版」に(参照
中国の農村の出生性比(女児100人に対する男児の数)が依然高いレベルを保っている。
出生性比は自然な状態で103から107とされているが、中国国家統計局のサンプル調査に
よると、中国の出生性比は119.58、農村ではさらに高い122.85となっている。「新華網」が
伝えた。

と出ている。
農村での高い男性比率は、云うまでもなく、労働力に対する期待からで、同じ「一人っ子」なら、
同じ生計費なら、女児よりも男児ということだ。もち論、自然の産み分けの結果ではない。
05/11/16の「中国情報局」ニュースに(参照
人口を抑制するための「計画生育」いわゆる一人っ子政策が1979年に本格的に導入されて
から現在までで、全国の「一人っ子」は約9000万人を数える。このうち、2002年の男女比は
11対7となっており、正常値を超えている。

と出ている。ということは出生性比は157.14ということで、一億人の赤ちゃんが堕胎というの
も肯ける。当局は「違法行為である男女産み分け」というが、「国家人口・計画生育」という発想
が生み出した結果であることは云うまでもない。
[PR]

by agsanissi | 2007-11-15 00:27 | 参考記事
2007年 11月 14日

米糠ペレット

2.9/14.7度、日照5.2時間、知り合いの穀物業者がペレット状の米糠を使ってみて欲しいと
持ってきた。今朝4時前に持って来たいというのを、5時過ぎにしてもらって、水星が見られる
かと海岸に出てみた。水平線上には雲が多く、生憎見えなかった。

c0048643_232354.jpg
運転手は、朝が早いから
「水星を見たことがあるか」と聞いてみた。
「なんも、星なんてみんな同じさ」と味気ないことを応える。
確かにな、実体よりも夢を託して見ているのかな!



c0048643_2323675.jpgさて、米糠だ。4.8トンある。
積み下ろしに1時間かかった。これだけで今日の仕事は
お仕舞いというくらいに堪えた。
そのまま使うか、堆肥の一部に使うか、木酢液に溶かし
て使うか、ペレット状のものを態々溶かして使うのも阿呆
臭いしなどと、考慮中。


c0048643_23215790.jpg人参掘り、探してみたら去年の人参の写真が一枚もない。
その前の写真はあるが、生育中の葉っぱの写真ばかりで
人参本体の写真は、5、6年前まで一枚もない。
余技扱いなのかしら?
総体的に大きいが、平均すれば200-300か、
今日は5時間で24ケース。
[PR]

by agsanissi | 2007-11-14 23:32 | 作業メモ