農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 25日

この一ヶ月の総括

降雨日数から見ると、9~10月と渇水気味に推移した。但し、9月は月間降水量の絶対量が少なく、一方、
10月はほぼ月間降水量が僅か一日に集中して降るというパターン。今年は、雨が降らないか、降れば
短時間に集中して降るか、どちらかに偏った時期が多かったが、9月と10月は、この二つのパターンを
ちょうど分け合った。
11月に入ると、例年は晴天が続き、降水量はめっきり減るが、今年は11/10から18日まで連日雨が続き、
この間に11月の平年雨量の二倍に達した。まるで秋雨前線が遅れてやってきたよう。

こんな中、今年は、ダイズの熟期が遅れ、11月第一週になってやっと刈り取り時期に入った。
黒ダイズは、雨降り期間に入る直前、11/09に刈り取り。収量はやや多め、虫食いはやや少ない。
一方、スズカリは、22~24日にかけて刈り取り。収量はやや多め、スズカリは、第一印象では虫食いが
例年に較べて(実際は、選別してみないと分からないが)やや多め。

人参掘りは、11月に入ってからポツポツ始めるが、当初計画のジャガイモ収穫機での収穫が、雨で畑が
ぬかるみ、殆ど走行不可能な状態。但し、来年以降の収穫見通しを立てるために一度はテスト走行してみる
必要があり、今日の午後に決行(明日の午前中は再び雨の予報)。結果は
・畝間を25×3列から20×3列に変更し、走行前に中耕培土機で土寄せをする
・チョッパーで人参の葉の草刈りをする
・播種は、畝間25、株間5から20×7に変更する
以上のような工夫を加えることで、ほぼ収穫機での収穫見通しが立つと分かった。
作業能率は、二人で半日かかる作業が、二人で約10分で終わる。

その他、短根ゴボウは、播種方法にいろいろ工夫を凝らしてみたけれど、最終的に選別袋詰め・計量の
手間までを含めて総合的に考えると、全く割りに合わない作業だとの結論に達した。
[PR]

by agsanissi | 2009-11-25 22:51 | 作業メモ