<   2009年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 30日

年末低気圧の通過

暴風と高波及び大雪に関する全般気象情報 第1号(気象庁サイトから転載)

平成21年12月30日04時50分 気象庁予報部発表

(見出し)
 31日から1月1日にかけて日本付近は強い冬型の気圧配置となり、西日
本の日本海側や東日本、北日本では暴風や高波、大雪に注意・警戒が必要です。

(本文)
 発達中の低気圧が日本海にあって東北東へ進んでいます。今後は急速に発達し、
31日朝には北海道付近へ達する見込みです。31日から1月1日にかけて日本付近は
強い冬型の気圧配置となるでしょう。

[防災事項]
<暴風・高波>
 西日本の日本海側や東日本、北日本では31日から1月1日にかけ、沿岸、海上を
中心に風が非常に強く吹くでしょう。
 予想される最大風速は、
  陸上で18から20メートル、
  海上で20から25メートルの見込みです。
 また、北日本の日本海側から山陰にかけての沿岸では、31日から1月1日にかけて、
波の高さが6メートルの大しけとなるでしょう。
 暴風やふぶきによる交通障害、高波に厳重な警戒が必要です。
 1月1日以降も北日本と北陸地方を中心に暴風や高波が続くおそれがあります。

<大雪>
 東日本と西日本の日本海側と北日本では、31日から1月1日にかけて、大雪となる
おそれがあります。また、中国地方の瀬戸内側では31日に、東海地方では31日から
1月1日にかけて、平野部でも雪が積もるおそれがあります。

 31日06時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、
 北海道地方             50センチ
 東北地方・北陸地方         30センチ
 東海地方・関東甲信地方       20センチ
 近畿北部・中国地方・四国・九州北部 10センチ
の見込みです。

 大雪や路面凍結による交通障害、電線や樹木への着雪などに注意・警戒して下さい。
また、積雪の多い所では、なだれにも注意して下さい。
 1月1日以降も東日本の日本海側と北日本では大雪となるおそれがあります。
[PR]

by agsanissi | 2009-12-30 16:19 | 気象/季節メモ
2009年 12月 22日

小麦の様子

年末の様子を、一昨年と比べてみた。去年の記録は残ってない。似たようなもんだろうか。
上二枚は07/12/19(西1)、下二枚は09/12/21(東6)

c0048643_5442983.jpgc0048643_5444557.jpg














c0048643_5472673.jpg
c0048643_5481357.jpg
[PR]

by agsanissi | 2009-12-22 05:49 | 小麦
2009年 12月 22日

人参の土中保管

人参・カボチャを来年2月・3月頃まで、できるだけ鮮度を保って保管するには、どんな方法が良いか?

今年は、取り敢えず人参を1.5トンほど、土に埋めて保管することにした。

c0048643_5194176.jpg
まずは、1.7×2.7、深さ1.2メートル程の
穴を掘って、底にパレットを並べ









c0048643_5242084.jpg




250キロほどの袋に入れ
6袋を二列にならべ
取り出しの時の便宜と
やや中空にしておくため
古タイヤを袋の上に置いて
コンパネを被せて
上から、土を薄くかける。
[PR]

by agsanissi | 2009-12-22 05:33 | 人参・カボチャ
2009年 12月 18日

真冬日

-3.4/0.7度、日照0.8時間、朝方一時小雪が舞う。朝は一面真っ白。和野山は、終日雪が消えず。
茂市は、10センチの積雪とか。
普代は、辛うじて真冬日をまぬがれたが、県内のアメダス観測地点では軒並み真冬日を記録。

c0048643_2115366.gif
北陸から東北にかけて、上空5千mの500hPa付近は、
マイナス36度の寒気にすっぽり覆われている。
予報では、明日が寒気の峠で週末まで続くとか。
尤も、盛岡の最低気温は21、22日あたりが
ピークのようだ。

鴨糞は、西8、7、1&東23に各1、5、10、5とする。
昨日から搬入。
夕刻、向野場からマニュアスプレッタ移動する(外里建設)。

今年の農作業は、種芋の保管を最後にほぼ完了。
20日頃、埼玉に戻ろうかと考えていたが、寒気を避けて
23日に延期。
[PR]

by agsanissi | 2009-12-18 21:26 | 気象/季節メモ
2009年 12月 15日

サブソイラー

ハウス内の気温は、氷点下8度まで下がる。日中の最高気温は2-3度、昼過ぎから雲広がる、昨日と同じパターン。

東8にプラウ、時々、トラクターの運転台の警告ランプが点灯する。昨日から点灯するが、エンジン回転を下げると
消える。今朝は下げても消えない。この「警告ランプ」は、エアーフィルター関係の警告(フィルターの汚れ)と聞いていたが、
実際は「油圧オイルが少ない」という警告だった。というのは作業中にリバーシブル・プラウの反転が、多少、ぎこちないので
「油圧オイルが足りないのでは?」と思って、補給したところ、「警告ランプ」も消えて、以後、エンジン回転を上げても点灯
しなくなった。

c0048643_4543846.jpgc0048643_4554283.jpg















写真は三連のリバーシブル・プラウ。東南アジアの写真では、この羽根と同じ形状の木製の鋤を牛に引かせる姿を
見ることがある。原理は同じことだ。三枚の羽を連ねて鋤幅を広げている。リバーシブルとは反転できるとの意味。
畑の他端で反転させて戻ってくる。一方、右の写真は反転させた地際に群れ集まるカラス。地中に潜っていた幼虫、
根に集まる小虫、時にはネズミや穴兎などを狙って思わぬご馳走にありつくこともある。

東8は3時間弱で完了、その後、西1に移り、三分の一程度まで(ここは二時間かからぬか?)
西11は男爵、西1はワセシロ、東8は男爵&キタアカリとする。

プラウの作業中に、余裕があれば「今年中にサブソイラーもかけてしまうか?」と、ふと考えた。
・土壌の形状から考えると、今年中にかける利点は云うまでもない。
・生物学的・化学的点から考えると、年末と春では、どっちが良いか?
1.土壌水の浸透性
2.春の乾きの速さ
3.小動物・微生物への影響

単純に、作業上の利点から云うと、
ジャガイモ畑では、「播種後にサブソイラーをかける」というのも、排水・大雨による流出防止の観点から魅力的。
仮に春以降とすれば、播種前に粗い下層土を露出させないためにも播種後が良い。
人参・カボチャも同様。

鴨糞は、西1、7、東23(?)に10、5、5(可能か??)
[PR]

by agsanissi | 2009-12-15 13:10 | 作業メモ
2009年 12月 14日

リバーシブル・プラウ

-3.3/5.4度、午前中は僅かに日差しあり、午後は雲に覆われ、15時過ぎ俄に雪が舞う。

年末年始の農閑期までに、やっておくべきこと。
・種芋の保管作業&ドリームアップ用の保管?
・盛岡用人参の袋詰め(約1トン)&土中保管
・大根?
・ユンボの修理(ラジエーター部の油圧配管の漏れ)?
・プラウ(西11、1、東8。東23は来年でもOK)

西11にプラウをかける。湿気が多く、土が重たい。概ねC2-3で走るが、難航する(5.6-6.2キロ程度)。
但し終わってみれば、所要は3時間半で、いつも通り。15時半頃、ほぼ終わった頃に雪舞が強くなる。
免税軽油、最終の100リットルを補給してもらう。
明日は、今日の雪の降り加減だが、東8&西1にプラウの予定(明後日までに完了すればOK)
[PR]

by agsanissi | 2009-12-14 20:54 | 作業メモ
2009年 12月 07日

定期診断

朝方の気温はやや高め、日中の最高気温は7度前後、晴の予報だったが、昼前後一時、霙混じりの雪になる。
午後は風強く、夕刻以降は台風並みの強風が吹き荒れる。

今日は三ヶ月ごとの定期診断(循環器及び眼科)で県立病院に行ってきた。診断時間は実質10分程度、往復と待ち時間を
含めて、8時に出かけて14時に戻ってきた。身軽にと思って、文庫本を一冊(『歴史序説』第二巻)を持って出かけたが、
待ち時間に読みおっわてしまった。

前回に書いた通り、糖尿病の診察は本来「内科」の担当だが、当面、糖尿病そのものの深刻化の可能性はないので、
血液検査と循環器・眼科の診察のみを受けている。
血圧は、昨年末頃は130/80程度あり、一時的異常ではないかと思っていたが、今年の春以降は110/60前後で
安定しており、現在になって「結果的に見ると」何らかの異常を反映していたと納得している。
体重は、昨年末に58キロ前後あったが、今年の春以降は52-53キロ前後で安定している。
血液検査の結果は、今年9月の特定健診の結果を含めて時系列に並べると、次の通り。
・ヘモグロビンA1c、9.5(08/09/10)、6.1(09/03/04)、5.7(09/06/01)、5.7(09/09/07)、5.6(09/12/07)
・HDLコレステロール、47(同上)、                57(同上)      62(同上)          
・LDLコレステロール、153(同上)、               131(同上)     108(同上)

糖尿病の診断基準は、今年11月に「日本糖尿病学会」で新基準値の中間発表が公表された(参照)。
従来からの空腹時血糖値、OGTT2時間値(概ね食後2時間値)、随時血糖値に加えて、新たに「ヘモグロビンA1c」が
診断基準に加えられた
。それぞれ126(mg/dl)、200、200、6.1%を超える値で、別の日に再検査した結果も
各値を超える場合に糖尿病と診断される。
ヘモグロビンA1cを、新たに診断基準として採用する理由は、その時々の血糖値は食事内容その他の一時的・短期的な
原因で大きく変動する場合があるのに対して、ヘモグロビンA1cは過去1、2ヶ月の平均血糖値を現しており、ばらつきが
少なく、比較的安定的な推移を示すからである。
僕の場合、現在は、どの値も該当しないが、これは糖尿病が「治った」状態ではなく、適正に「管理」されている状態とみるのが
正しい。というのは食事内容によっては、食後2時間値が180-190に跳ね上がることがあり、前にも書いた通り、ある種の
地雷を抱えた状態は変わらないからである。
[PR]

by agsanissi | 2009-12-07 20:02 | 糖尿病
2009年 12月 06日

加工用生産へのシフトに伴なう課題及び問題点

当面は、ジャガイモ、人参、カボチャ。「玉ねぎ」生産の要望が強い(岩手県内には、大規模な玉ねぎ生産者は
皆無に等しいそうだ)が、これは昨年から実験的に栽培しているが、栽培法や作業体系の面で課題が多く、対応
できるかどうかは未定。(今年はマルチなしでテスト)

1.ジャガイモ
・生協用と加工組合用(及びコロッケ用)の二本立て(ないし三本立て)になるが、L・M中心、2L以上中心、S以下と
量的配分は問題になるが、実質的に競合関係はない
・但し、加工用は大玉中心と考えれば、品種的にはワセシロが良い。大玉化に伴なう空洞の発生率も少ない。
・肥大化促進のための具体的措置(質を落とさぬこと、追肥の可能性?ルビクスの応用?)(12/10)
・75×30は現状通りで良い、ルビクスの回数及び追肥(液肥、Caを含む)の検討(12/10)
・培土の問題点(時期、方法、機械の改良可能性)(12/10)
・堀取り時期は、9月まで延長して考えられ、出荷時期も調整できる。
ワセシロの選別問題(独自にやる?、L・Mを生協用に廻すにはどうする?)

2.カボチャ及び人参
・出荷時期を9月末から翌年3月まで延長出来るか?(12~1月までは問題なし。2、3月ないし4月まで保管
した場合の劣化の可能性)
・劣化の程度、劣化を防ぐ保管法(量的には2~3トン、現在の保管庫で対応可能、温度・湿度の問題或いは土中??)
・人参は、300-450グラム中心にシフトすること(播種間隔、施肥法、堆肥など)
・人参の品種は、継続で良い
・播種方法と側状同時施肥の方法(12/10)
・ジュース用加工用途がなくなった場合の対応(継続のための方法?)
・カボチャは、2~3千個の風乾と保管場所・方法
・カボチャの畑での収穫・積出・運搬は、どういう方法が良いか(トラクター、ユンボ)
[PR]

by agsanissi | 2009-12-06 18:11 | 覚書
2009年 12月 05日

生食用加工野菜

前に「システム作り?」で紹介したことのある「いわて未来づくり機構」の活動の一環としての
「意欲ある生産者の固まり」を創る取組みをきっかけに、生食用カット野菜の加工生産を手がける食材加工組合との
取引が、今年から始まった。主に、ジャガイモ、人参、カボチャ、今年は、まずはお付き合い程度。
当食材加工組合は、「地場産の食材を効率的に消費者に供給する新しい食品流通の仕組みを組み立てる」目的で設立
されたが、いままでは地場産食材の比率は、米、大根など一部の食材を除いて、ほとんど県外産の食材に依存しなければ
需要を賄えない状態が続いた。特にジャガイモ、人参、玉ねぎ、カボチャなどは、そのほとんどを北海道産に依存していた。
今年は、特にジャガイモの不作で北海道産ジャガイモの入手が困難という事情もあって、僕のところに2L以上のジャガイモを
売ってもらえないかという話が舞い込み、取引が始まった。
僕のジャガイモ生産は、ほとんど岩手生協との契約栽培に一本化されているが、最初はSから2Lまで込み取引という契約
だったが、次第にSを外す、2Lを外すと改変され、今ではM、Lのみ契約対象とされ、収益率は大幅に悪化していた。
そこへ「出来るだけ大きな芋、出来れば2L以上」という話が降って湧いたように舞い込み、大歓迎。
更に、昨年から偶々「小さな芋を安く入手したい」というコロッケ業者との取引が始まっており、今年はジャガイモ生産を開始
してから13年目にして始めて「芋が不足する」ほど(豪雨による流出被害も一因だが)、文字通り全量売れてしまった。
おかげで収益率は大幅に改善。分かりきった事ながら、「規格外」品を含めて生産物の販売比率を如何に引き上げるかが
収益率向上の鍵になると、改めて肝に銘じた。

◆原料野菜生産(いろいろなタイプがあるが)についての僕の基本的な考え方は
・食生活の外食産業への依存度、及び原料野菜についての国内産・県内産への需要の高まりを考慮すると外食産業の
原料用カット野菜の需要は、当面、拡大する。またその性格上、大ロットの需要を満たせるような生産地の育成ないし
確保は(外食産業ないし外食産業を対象にした加工業者にとっても)重要な課題だ。
・一方、現在の生鮮市場の「規格」には、不合理なものが多く、また野菜の生理的特性にも必ずしも適合していない。
このように不合理で、不適正な「規格」(「規格」そのものの必要性を否定しているわけではない)が多くの「規格外」野菜
を生み出す一因にもなっている。
・その上、様々な中間コストが発生し、合理的な生産・流通・加工システムを形成していく上では、既存の農協・市場に
依存したシステムは隘路にさえなっている。
・生産規模に応じた「棲み分け」という考え方にたてば、大規模生産者は加工用野菜にある程度特化した(契約)生産を
ターゲットに生産計画を組み立てていくほうが、経営の安定性という点でも望ましいのではないか。

以上のような考え方で、生産・流通・加工をつなぐ「システムつくり」の面でも、また供給面でも当面、ジャガイモ、人参、
カボチャを中心に全面的に協力していくことにした。
[PR]

by agsanissi | 2009-12-05 23:42 | 覚書
2009年 12月 02日

人参掘り取り完了

昨日で、人参掘り取りを完了した。
これで、ハウス内に、多少、自家用野菜が残っているが(春菊、白菜、葉大根)、今年の収穫作業はすべて完了した。
人参は、当初、ジャガイモ収穫機で収穫する予定だったが、月半ばの雨続きで畑がぬかるみ実質作業が出来ず、
加えて播種方法を改善しなければロスが多く、最後は人手で掘り取った。
東23は、播種量20万粒のうち1/4~1/3程度は、多分、7月の雨続きで(31日の内23日間は雨)死んだ。
西7の10万粒は、ほぼ百%出芽したが、10月の台風に伴う大雨で一割程度が土を被った。というわけで収量は
予定の六割程度だろうか?
来年の改善点は(取敢えず考えられる点)、
・畝幅25×3列から25×2列×2列縦列(基本的にジャガイモの播種方法と同一にする、3列の一列縦列にすると
掘取り位置がずれる。二列縦列にすると走行距離は二倍になるが、播種量は4/3倍になる。)
・この場合、播種と同時施肥(側条)が望ましいが、どうする?
・中耕カルチを浅くかける事(この場合、ディガーは不要か?)
[PR]

by agsanissi | 2009-12-02 06:21 | 人参・カボチャ