農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 30日

凍結被害

今朝、山は一番の冷え込みを記録した。ハウス内で△10度まで下がったようだ。
この時期、十数年間、ハウスで浴光育芽をやっているが、3月末に(というよりも育芽中に)氷点下10度まで
下がったことはない。ということで、かなり薄目に広げておいたせいも、多少は影響するだろうが、ざっと見た
ところ、凍結被害がかなり広がっている。
数日おいて、完全に死んでいれば液汁を出しているか、芽が黒くなっている。慌てることもないので、そのまま
放置。
今日の午後は、自家芋を点検して保管中に劣化したシワ芋を廃棄したが、凍結被害はなかった。これは
何故か??
[PR]

by agsanissi | 2010-03-30 20:56 | ジャガイモ
2010年 03月 29日

自家芋を拡げる

△3.8/3度、陽射しは午前中のみ、昼前後から雲広がる。今日の最高気温は午前10時で、午後に入って
1度以下に下がる。ハウスの裾は一時的に開放するが、午後は閉める。
昼過ぎから雪の予報が出ていたが南岸低気圧は沿岸部を遠く離れ、事実上、西高東低の冬型気圧配置
となり、一時的に晴れ間も広がる。時々、雪がちらつくがこれは真冬並みの寒気のせい。

c0048643_19502575.jpg

伸び伸びになっていた自家芋を、ようやく展開。
男爵111ケース、キタアカリ43ケース。
両者で1.5トン弱。
芽はかなり伸びているが、全般にキタアカリの
芽の伸びが早い。
写真手前(下側)がキタアカリ。

18時半過ぎ、1時間余に間に10センチほどの
積雪。
18時42分、沿岸部に大雪・風雪・雷注意報出る。
[PR]

by agsanissi | 2010-03-29 19:53 | ジャガイモ
2010年 03月 28日

冷え込む

このところ気象のことばかり書いているが、
今のところ、朝晩のハウスの開け閉めと、ジャガイモの点検があるだけだから、
農作業と云って、他にやるべき事は、これといってない。
機械を修理したり、工作物を工夫して見たり、まあ、大方は日向で本を読んでいる。

今朝は、三月に入って一番の冷え込みでマイナス7度、ハウス内はマイナス8度まで下がった。
勿論、種芋は広げたままだが、特に凍結が増えたという形跡はない。要するに、駄目な芋は駄目で、
0~マイナス5度くらいのところでダウンしている。日中も氷点下の「真冬日」が続くと、かなり深刻な
ダメージを受けるが、日中、気温が上がれば朝方の冷え込みはマイナス8度くらいまでは大丈夫と
は、経験的に分かっている。
アメダスでは、-7.3度/3.2度だが、ハウス内は8時半には21度まで上がっている。空気が冷た
いので、片側のみ開放。
*過去33年間の、普代の3月の日最低気温の記録を見ると、80年代、70年代には
マイナス12~13度がズラリと並んでいる。年間記録でも、70-80年代にはマイナス
18~20度が、当たり前のように並んでいるから、これに比較すれば、やや「温かく」
成っているようだ。


小ハウス内に、自家芋を拡げる予定だったが、明日は再び雪の予報のため延期する。
但し、南岸低気圧はやや沿岸部から離れて通過する模様で、25日ほどの雪にならぬのは勿論、
ただちらつく程度に終わるかも知れぬ。
[PR]

by agsanissi | 2010-03-28 20:57 | 気象/季節メモ
2010年 03月 27日

天気急変

△5.1/2.8度、午前中はほぼ快晴、8時過ぎハウス内は22度(最低気温は△6度)、片側を開放。
予報では、風雪注意報が出ているが信じられないような青空。昼前から急速に雲が広がり、昼前後には
全層雲に覆われ、気温も下がり始める。
12時半、ハウスの裾を降ろす。内部は8度まで下がる。雪が舞い始める。
北海道産の男爵芋の中に劣化するもの(凍結までは行かないが、寒さで芽の死ぬもの)でる。
この手の種芋は、もともと素質が悪いと思っている。

小ハウス内に自家芋を拡げる予定だったが、明日に延期。
[PR]

by agsanissi | 2010-03-27 13:46 | 気象/季節メモ
2010年 03月 26日

雪の朝

南岸低気圧の通過した後は、冬型気圧配置に変わり、高気圧に覆われて晴れることが多い。
今朝も、殆ど雲ひとつない快晴だ。こんな日は、雪に囲まれたハウス内の気温は急上昇する。
朝はまだ、谷側の登りは不安がある。大事をとって黒崎側を廻る。道路の通行には支障はない。
作業場前は、18-20センチの雪が積もっている。畑は、当然、全面真っ白だ。

8時半、すでにハウス内は35度(明け方の最低気温は0度)まで上がっている。
洗濯物を干しておいたが、すっかり乾いている。湿度は25%程度。

裾側には、天井から落ちた雪がどっさり溜まっている。今朝は60-70センチだろうか。
雪かき1時間、両側を全面開放して(今年は初めてだな)、12度まで下がる。

c0048643_19263226.jpgc0048643_192735100.jpg















c0048643_19281913.jpgc0048643_19291029.jpg
[PR]

by agsanissi | 2010-03-26 10:29 | ジャガイモ
2010年 03月 26日

豆乳ヨーグルト/12時間後

雪は23時過ぎには止む、積雪は日中とほぼ変わらず、10センチ前後。
5時の気温は0.4度、ほぼ無風、雲なし。


保温開始から、ほぼ12時間後の4時35分。
市販ヨーグルト並みの固さになる。滑らかさも同じか、むしろより滑らか。
斑模様になっているのは、市販ヨーグルトを混ぜて、良く撹拌しなかったため。
味はよし!!豆乳臭さは皆無。
後は冷蔵庫に。

c0048643_615645.jpgc0048643_622396.jpg
[PR]

by agsanissi | 2010-03-26 06:02 | 料理
2010年 03月 25日

豆乳ヨーグルト

黒豆を一昼夜水につけ、一分半、軽くミキサーにかけ、弱火で半時間程度煮込む。
鍋底に焦げ付きやすいので(焦げ付かせれば豆の風味が台無しになる)、
丁寧に、ゆっくり、底から撹拌すること。豆の生臭さが抜ければ、OK。

晒木綿で絞って、液が豆乳、固形物がオカラ。
黒豆を使うと、豆乳もオカラも、やや紫色に染まるが、味も風味も白大豆に遥かに勝る。

オカラは、オカラで使うとして、
豆乳に、少々、砂糖を混ぜて、市販のヨーグルトを五分の一程度加えて、30-40度に
保温する。
僕は、携帯用の保冷庫に20ワットの電球を入れて、中蓋の開閉で、温度を調節している。

今日の16時半に仕掛けて、22時、すなわち5時間半後の様子は、以下の通り。
市販のヨーグルトより、心持ち軟らかいかな?明朝まで、引き続き保温。

c0048643_23134738.jpgc0048643_2314194.jpg
[PR]

by agsanissi | 2010-03-25 23:15 | 料理
2010年 03月 25日

朝から雪になる

午前6時に1.8度、その後は気温が下がって0.5度前後、7時過ぎから雪が降り出す。
湿った重い雪で、やや霙に近い。

天気図は、典型的な南岸低気圧。
21日の嵐は、前線が日本海側から太平洋側へ、西から東に抜けていった。前線に向かって
温かな空気が流れ込み、季節外れの高温になった。
今回は北からの冷たい空気が太平洋南岸にまで張り出し、南からの温かな空気とせめぎ合い、
発生した前線が太平洋南岸を北上していく。
僕は、これを太平洋側の北国に春を告げる空からの「冬の最終便」だと思っている。

c0048643_13474622.jpg
去年の3/25にも、ちょうど今日と同じような
南岸低気圧が通過した(参照)。





c0048643_13564499.jpg












c0048643_13582593.jpg



コロッケ屋が、素材のジャガイモを
欲しいとのこと、昼前、共に山に行く。
積雪、既に10センチを超す。
400キロ余を渡す。
ハウス内は5度、比較的温か。
積み込み後、直ぐに帰宅。

黒豆で豆乳ヨーグルトを試作。
[PR]

by agsanissi | 2010-03-25 13:52 | 気象/季節メモ
2010年 03月 24日

ユンボ/修理出来るだろうか?

天気予報では晴天だったが、ほぼ終日曇り空。気温も低い。
ハウス内は0/25度、日中の外気は△1/6.7度、日照約二時間。午前中、片側のみ開放。

昨年末から、ユンボのラジエター部の油圧オイルが漏れている。オイルを補給しながら使っているが、
最近、漏出が酷くなった。

c0048643_1948818.jpgc0048643_19483166.jpg
















c0048643_19524016.jpg
オイルを流しているパイプの(手前から見て)裏側に
穴が空いており、全体としてもかなり腐食しており、
本格的修理はオイル部をそっくり「交換」するしかない
が、応急的に穴を塞げば、当分は持つのではないか。

取り外して修理出来ればベストだが、簡単には取り外
せそうにない。
さてどうするか?思案中。
・穴の開いた箇所を無理やり潰して漏出を防ぐか
・切断してパイプを詰めてロウ付けするか
・それとも正攻法で行くか(出来るか??)
[PR]

by agsanissi | 2010-03-24 19:54 | 機械類
2010年 03月 23日

種芋の良否

・△0.4/8度、日照0.5時間
・曇、午前中ほんの一刻日差しあり、ハウス内は△2/14度(9時半)、裾は閉鎖のまま。
やや厚めに広げた部分の芋を、多少、拡散する。芽は、まだほとんど動いておらず。
今年の北海道芋は、良品揃い。それだけに青森産の悪さが目立つ。

・素質もあるけれど、消費者(購入者)の批判的な目の厳しさも関係するかな(というより
これが最大の要素かもしれない)。北海道で、こんな種芋を販売すれば、忽ち、厳しい
批判に曝され、種芋販売の継続は出来ないのじゃないか?
同じことは岩手産の種芋を購入した時にも感じた。
[PR]

by agsanissi | 2010-03-23 13:42 | ジャガイモ