<   2010年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 29日

自家用野菜

昨日の早朝から、今朝まで終日降り続く、今朝までの総雨量は40-50ミリ。
昨日の気温は、8度前後。今日は、急速に気温が上昇し、12時に23.3度を記録。
岩手県のみならず、東北全体でも普代の気温が最高記録!?
夕刻、日本海の低気圧が通過し、再び雨。

畑は、ほとんど水浸し。
種芋を蒔き終わって、空いたハウス内にロータリーをかけ、自家用野菜を植える。
春菊、ほうれん草、山東菜、大根、二十日大根(ラディッシュ)、葉大根(ハットリくん)、etc

記録によれば、去年の今日は、コゴミを大量に採っている。
今年は、未だその気配すらなし。
菜花を摘む。夕食に辛子マヨネーズで和えて食べる。
[PR]

by agsanissi | 2010-04-29 21:18 | 野菜/自家菜園
2010年 04月 27日

今日までのジャガイモ播種のまとめ

・4/21、22、西11にワセシロ1トン弱、キタアカリ900キロ強(ワセシロ、キタアカリは播種完了)

・4/25、西1に男爵1.3トン(数列分を残して中止)

・4/26、西11に男爵900キロ(午後から、西11は完了)

・4/27、東8に男爵600キロ(午前中のみ、午後は強風のため中止)

日付の変わり目付近から雨になり、明日は終日雨の予報。
あと400-500キロ程度は播種できるが(肥料との関係)、5/2、3日以降になるか?

【追記】
・5/04、東8に男爵500キロ弱
・5/05、東8に男爵600キロ(これは無肥料)
[PR]

by agsanissi | 2010-04-27 23:25 | ジャガイモ
2010年 04月 26日

ダメ芋特集

昨夜の通り雨で、畑はやや湿気が多い。晴れて風も強く、午後には播種出来そう。
2.3/8.2度、日照7.3時間、午前中はやや雲多く、午後は風強く快晴。風は斬るように冷たい。

午前中に袋詰め、午後から西11の残りの部分に男爵芋(M玉)を播種、約900キロ、これで西11は終わり
西11はワセシロ1トン弱、キタアカリ900キロ強、男爵900キロ(Σ2.8トン程)、63×2=126列

午前中、袋詰めしながら排除したダメ芋、一見良さそうに見えて駄目な芋の代表例を参考にあげておく。
(青森産の誰が見ても「駄目」と直ぐ分かる芋の例は、また後で)

先ず、外見的には全く問題ないが、芽の全く動かない芋の例(育芽をしなければ判別しようがない例)
c0048643_18375984.jpgc0048643_18383898.jpg















芽の動きの悪い芋の例(これも同じだが、やや軽症。とは云え種芋としては不可)
c0048643_18412863.jpgc0048643_1842264.jpg
















注意すれば外見から「おかしい」と分かる例
c0048643_1943531.jpgc0048643_19435092.jpg














芽は動いているが、疫病班のある例
c0048643_1946637.jpgc0048643_19465165.jpg
[PR]

by agsanissi | 2010-04-26 18:42 | ジャガイモ
2010年 04月 25日

作業のまとめ/季節の歩み

・4/21、キタアカリ播種、900キロ強(M玉半切500キロ弱、S玉400キロ強)、前日のワセシロともで約2トン
(これで西11のロータリー済の部分は播種終わり、ワセシロ&キタアカリの播種も完了

・4/22、西1&西11の残りの部分及び東8の一部までロータリー済(東8の鴨糞の散布後は一見土の状態が
悪いように見えたが(当初、東8を優先しようとしたが、ために西1優先に変更して、西1だけでは畑が不足しそう
なので、東8まで延長)、二度かけ(A-4で時速2.1キロ前後)で非常に状態がよくなる。昼過ぎから小雨、3時
過ぎには本降りとなり、中止。

・4/23、前日夕刻から霙混じりの雨、ほぼ終日降り続く、休み。畑は雪になる。記憶では最も遅い雪
○この地域の遅霜の記録は5/8が最終日だが、今年はこの記録を更新するか?
○僕が桜の開花の標準木にしている、和野山の登り口の桜は、ほぼ標準通り4/22に数輪咲いていた。
○タラの芽は、10ミリ程度に伸びているものもある。
○今頃、咲き始める猫柳がある、通常は3月末が盛り。
○去年は、今の時期、コゴミが盛りだったが、まだ姿を見ない。
○ウグイスの啼き声を滅多に聞かぬ。
○フキノトウだけがやたらに目立つ。
○小麦は20センチ程度、ナタネは15~20センチ前後(去年は今が盛り)
○総じて季節の歩みが2~3週遅れている

・4/24、男爵袋詰め、約1.8トンまで。夕刻一時小雨。
(北海道産の種芋には、芽の動かぬ病いもはいくらか混入しているが、青森産のような粗悪な芋はほぼ皆無。
凍結芋は40キロ程度/3トンに対して。これは自慢して良いかと思うが、自家芋には凍結芋はゼロ、原因は
デンプン価が相対的に高いためではないかと推定。デンプン価が低ければ、相対的に水分が多く、凍結しやすい。

c0048643_172309.jpg

播種直前の芽の状態


















・4/25、早朝からやや風強し、沿岸部に強風注意報、表面の土は乾いているように見える。ひょっとして午後
には播種出来るか??(8時過ぎ、東8に試しにロータリーをかけてみる。さすがに土が重い。深度2でA-3で
やっと、一行で中止。午後から播種できれば最良
(次の雨の予報が28日、仮に26、27日の二日間播種できればベストで播種完了見込み。悪くとも2トンまで
播種は可能か?最悪の場合、残り2トンは来週でもOKとする。)

・西1、昼過ぎから男爵の播種開始。やや湿気が残るが比較的順調。1.3トン程度まで播種したところで、
湿気が酷くなり(南西部の斜面下方部、土の状態も悪い)中止する。泥がこびりつき、覆土が上手く出来ない。
ここぞとカラスが群れ集まり、わずかに顔を見せる種芋を突っついていく。夕刻、やや強い通り雨
これで明日一番からの播種可能性は消える。

肥料タンクに肥料を入れて
c0048643_21231642.jpg

後方の芋タンクに種芋を入れて
c0048643_21245981.jpg
[PR]

by agsanissi | 2010-04-25 09:53 | 作業メモ
2010年 04月 20日

ワセシロ播種

昨日は午後から時折、弱い雨。今朝は薄日射すが、午後から霧が入り気温低下。
14時過ぎ、深い霧に包まれ、視界は50m程度か。
昨日から曇り勝ちで、時折小雨混じりの天候に関わらず、意外に畑の状態は良好、午後は播種可能か。

午前中、ワセシロを袋詰め(昨日から)、播種準備。
午後から播種開始。400キロ弱のM&L玉を半切で、4.5キロ程度で走行。
600キロ弱のS玉を全粒で、3.5キロ程度で走行(最初、4キロ強で走行するが、速すぎて欠株多し)。
初めて、播種機に助手を乗せて走行、後ろを注意せずに走れる(運転と走行位置にのみ集中すれば良い)
のは、何と気分が楽なこと!!
実質、2時間で播種完了。肥料は400キロ弱使用か。

種芋(ワセシロ)は、1050キロ購入するが、実際に播種したものは950キロ程。100キロ弱を廃棄。

廃棄種芋の一部は(9割は青森から購入のもの)、写真のごとし。

c0048643_21102834.jpgc0048643_21111292.jpg
[PR]

by agsanissi | 2010-04-20 21:11 | ジャガイモ
2010年 04月 18日

スカッと晴れないな!

最高気温が、昨日は5.7度、今日は7度、昨日の日照時間はゼロ、今日は2.1時間、時々薄日が射し、
かと思うとにわか雨の降り出す不安定な天気。アメダスには反映されないものの(標高200メートルの畑では)
昨日の昼過ぎには小雪が舞い始め、夕刻には元村でも霙から雨へと変わり、明け方まで降り続く。

ジャガイモ播種準備を進めてしまおうと、昨日の午前中、西11にローターリーをかける。
4/05に、半分弱までロータリーをかけたところで、ジョイントを破損した作業の続きだ。一回では土が充分に
耕せず、今日は前回分の重複耕起だ。今回は慎重に、A-4、2.1キロ/時速で、深さメモリ3-4程度で走行。
大きな抵抗はない。比較的スムーズに進む。

重複分の耕起だけで終えるか、新たな部分の耕起に入るか?
土の感触を確かめるため、新たな部分の耕起に入る。深度メモリを4では抵抗が大きすぎるので「3」に変え、
速度はA-4、2.1キロで走行。耕起の深さを確かめてみるが、25~30センチあり、これで充分。
従来、一般的に深度メモリ「5」で走行していきたが、「3」で充分なばかりか、仕上がりはむしろ良好な感じ。
怪我の功名とも云える。
土の湿気を飛ばすため、サブソイラーを掛けておくべきだったとは、後からの後悔。
三分の二程度は終了、取り敢えずワセシロとキタアカリの播種分の畑はできただろうか。

午後からは本格的雪、今朝まで続き、今日の午後は再び雨。播種は早くて21日にか?(22日には再び
雨の予報)
[PR]

by agsanissi | 2010-04-18 20:17 | 作業メモ
2010年 04月 17日

遅々として進まない

・破損したロータリーのベアリングは、一昨日交換して(ベアリングを抜くに抜けず、一部焼いてから抜いた)、
ロータリーは交換済。
・盛岡の加工業者が、去年からの保管人参の最後の分を取りに来る。1.5トンの保管分の内、1.2トン程度は
問題なし。保管法がまずく、袋上部の口元の人参を湿気で腐らせてしまったが(腐れが、内部にも浸透)、
この点を改善すれば保管率は9割程度まで引き上げられる。品質は、この時期が限界か。
・畑の耕起が進まないので、ローダーで(なんだかんだで、ユンボのラジエーター修理なまだ進まない)堆肥を
散布してしまおうと、狭い倉庫内で、散々苦労してローダーの取り付け位置にトラクターをやっとの思いで移動し
「さて取り付け」と思いきや、昨年交換した油圧ホースのカプラの口金の長さが0.6ミリ合わず(こんなことがない
ようにと見本を送ったのに)、差し込み不可。頓挫。
・たまたま、「黒大豆がまたまたブームなんだって」という話から、青森の菓子業者が「黒大豆はないか?」と
電話をしてきたと聞いて、早速電話。「役場にも電話したんですよ。ないと断られたもんだから、散々苦労して
やっと探し当てたばかりなんですよ」との話。こちらは販売先がなくて、まだ数百キロの在庫を抱えたまま。
なんというミスマッチ!!(こういうミスマッチは、至る所にある。最大のミスマッチは市場の「規格外」野菜を
どう販売するかの問題。農協は、この点にはほとんど関心がない)
・そんなこんなで、作業は、遅々として進まない。(尤も、例年こんなもので、その意味では「平年並み」!!)

そろそろ山の木々も、多少は色づいてきたものの、目立つのはフキノトウと猫柳ばかり。それも二三週遅れ。
いったん鳴き出すと、8月まではほぼ毎日のように聞こえるウグイスの声が、今年は途切れ途切れに、時折
聞こえるだけ。
最近の気象変化の異常ぶりを、16日付の「天気で斬る!」(参照)に三ヶ尻知子さんが書いている。
そのまま引用しておくと(記録として残すだけの価値がある)

  ********************************************
春はもともと寒暖のせめぎ合いですが、
今年のせめぎ合いはどちらも勢いが強すぎます

●4月としては14年ぶりに「低温に関する全般気象情報」が発表(気象庁 12日)

●サクラは記録的に3月前半の暖かさで早く開花した一方で、
花冷えの影響で満開までの期間が6地点(大阪、名古屋など)で観測史上最長(過去タイ記録含む)

一方で…
●3月の世界の月平均気温は観測史上1位(気象庁 14日発表)。
(日本では寒暖の差が大きく寒の戻りが印象的でしたが、平均すると平年より高め。)

この高温の原因として、気象庁は温暖化やエルニーニョ現象の影響が考えられると発表しています。
→http://www.jma.go.jp/jma/press/1004/14a/temp1003.html


今年はエルニーニョ現象で暖かい空気が南から入りやすい一方で、
中緯度帯に寒気をもたらす“負の北極振動”が
過去30年で最も顕著な状態が冬から続いている異例の事態。

そもそもエルニーニョ現象と負の北極振動(-1以下のレベル)が
両方起きている状態は過去30年で初めてのこと。

“異常気象”という言葉を軽々しく使用するのは抵抗がありますが、
(異常気象の定義は30年に1回あるかないかの現象)
異常低温、異常高温、異常多雨…
今年はまさしく異常気象なのかもしれません
(春に関しては季節が終わってみないとなんとも言えませんが…)。

[PR]

by agsanissi | 2010-04-17 04:24 | 作業メモ
2010年 04月 12日

再生

今日はまた冬の寒さに戻ってしまったが、10日は日中19.8度、その後は北風に変わり気温は下がるが、
11日に入るや再び南風に変わり、気温は夜中の1時に16.1度、その後は下がる一方で、今朝の4時には
5度を下回る。
ところが、10、11日の温かさに誘われ、今日は畑に向かう谷間の木々も目に見えて芽吹き始め、フキノトウ
だけは既に花開いているが、遅れていた猫柳もニ週遅れで活気づき、桜は、遠目にほんのり桃色に染まって
見える。

麦も、にわかに息を吹き返したように元気に立ち上がった。これから一ヶ月(ちょっと遅れるかな?)
僕が小麦の Sturm und Drang(疾風怒涛期)と命名する時期がやってくる。
これから僅か1ヶ月足らずで、小麦は70~80センチにも成長し、穂をつけ、花をつける。
開花期は、例年、6月1日だが、諸事変な今年はどうだろうか?


c0048643_21311337.jpg

去年の12月21日、幼年期

















c0048643_21333360.jpg

今年の3月22日、冬枯れの時期、寒さに耐える
















c0048643_21382630.jpg


そして4月10日、蘇る。
[PR]

by agsanissi | 2010-04-12 22:02 | 小麦
2010年 04月 11日

寒気の流入

昨日も今朝も温かいけれど(昨日の最高気温は18.6度、今朝は既に15-6度ある)、時に季節外れの寒気が
入ってくる。最低気温が氷点下に下がるのはもち論、日中の最高気温が5-6度の時もある。
それでも、そろそろ冬タイヤを普通タイヤに交換しても良い時期だろうか。

c0048643_8174013.jpg

2月初めから昨日までの和野山付近の
気温変化(の推定値)をみると、
(上は今年、下は去年)
今年の気温変化の方が、やや大きめ
だろうか?
最近、何年かの気温変化を見ると
今年ほど変化の大きな年は見当たら
ない。但し、平均値はほぼ平年並み。

最近の寒気の流入や寒暖差に
ついて、昨日の「天気で斬る!」
(⇒参照)に参考になる記事が
出ている(寒気の放出期はいつまで?)。

要するに、最近の寒気は
北極圏を中心とする大局的な
空気の渦によるもので、
この後も14日頃には、
「北日本を中心にかなり強い
寒気が流れ込む見込み」だ
そうだ。

c0048643_8191114.jpg
[PR]

by agsanissi | 2010-04-11 08:39 | 気象/季節メモ
2010年 04月 10日

またまたやってしまった!!

朝一番で電話がなった。
「いやー、朝っぱらから縁起の悪い話で申し訳ないけれど...」と。さも、云いにくそうな口ぶり。
「ロータリーのチェーンが切れたようで...」

「これでおあいこだね」と、先日、ジョイントを焼き切ってしまった話で水を向けると、後はすらすら。
尤も、ロータリーのチェーン自体は頑丈なもので、到底切れそうにはない。ベアリングがいかれたか、
ひょっとしてギアの一部が欠けたか、チェーンケースが裂けて、オイルが漏れたというから、相当、
大きな負荷がかかったようだ。

c0048643_20374674.jpg
いざ、チェーンケースを取り外そうとした
ところ、ケースの下部がすっかり曲がって
取り付けネジに食い込んで、下部のネジが
外せない。
チェーンかベアリングが食い込んで、
ケースカヴァーを圧迫して、びくともしない。

仕方が無いので、カヴァーを切断して
内部を剥き出しにしたところ。










c0048643_20492223.jpg
上部のベアリング(20ミリほど)が
破損して、下に落ち込み、ギアと
チェーンの間に食い込んで、これが
ケースカヴァーを圧迫している。

チェーンごとギアを取り外して、
カヴァーの圧迫をフリーにして
カヴァーを外すしかない。

とはいえ、ベアリングをまるごと
交換するしかなく、部品取り寄せまで
作業は中断。
[PR]

by agsanissi | 2010-04-10 20:53 | 機械類