<   2011年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 30日

カボチャ栽培の総括

・11/05/10~11、東23に栗カボチャ直播き
(出芽率が極めて悪い。畝によっては半分程度、平均して2/3程度か。多分、ネズミの食害と思われる形跡多数)
・11/05/17、東23にグレー系統、東8に赤系統を直播き
・共に鴨糞&化成肥料をカップ1/2程度(株当たり)
・11/06/26~7/03にかけて株間の草取り
・11/07/06~7、カボチャ脇にロータリー
・11/07/18、雑草対策と畑の富化対策を兼ねて黒大豆を密植する
・左はダイズの播種直後、右は9/23、採取したカボチャをバックホーで運び出した跡
・緑の濃い部分がダイズで、薄緑の部分はカボチャの畝、全面にびっしりツユクサが密生しているが、
ダイズの部分には殆どツユクサが目立たない。結果としてツユクサはカボチャの日焼けを防ぐ役を果たした。
・結果として、今年は追肥もうどんこ病の防除も摘果もしなかった。要するに、初期の草取りと畝間にダイズを
播種した以外は、何もしなかった。
・予想外の結果は、最盛期には畝間がカボチャの葉で覆われダイズの上にカボチャが出来るものと予想していたが
ダイズの播種時期から後は、カボチャのつるは殆ど伸長せず、伸長してもカボチャがついていないこと。
結果として「摘果」の必要は全くないほど、着果が抑制された。
・これがダイズ効果なのか、天候&栽培条件(追肥なし)の結果なのかは、まだ分からない。
・少なくとも雑草対策としては(麦でもよいが)成功した。
c0048643_505398.jpgc0048643_513156.jpg














・今年は作業場内を整理して、カボチャの風乾&保管用に棚を作った。
・たちまち棚いっぱいになってしまって、半分も収納しきれない。
・収納と出荷時期とのバランスや新たな収納場所をどうするか、去年はかなり遅くまで畑に放置したが栗系統
の劣化は著しい
・栗系統は、5月中頃播種~9月初旬収穫が摘期か。白爵系統はやや遅くてもOK
・追肥については、代謝活性剤を中心に肥切れすれすれのバランスを見ながら利用するのが良いか?⇒綱渡り方策
c0048643_5293696.jpgc0048643_5301871.jpg
















【今日の空模様】特徴:   、最低・最高気温:    度、日照:     時間、


2010年7月は何をやってた??

****************
【日々雑纂】
[PR]

by agsanissi | 2011-09-30 05:41 | 人参・カボチャ
2011年 09月 29日

試し掘り

◆ジャガイモの試し掘り
c0048643_20224670.jpg
・今日の午後、試し掘りをしてみた。収穫機が置いてある部分は、
東14の中でも最も水はけが悪く、いつまでもぬかるむ場所だ。
まずは、収穫機が脱出できるかどうか心もとない。
・4Wに入れ、デフ装置を働かせて、ゆっくりゆっくり動き出す。
収穫機の後輪の辺りが、最も湿気が酷く、30センチ以上も土を
えぐる。写真手前、やや黒っぽく見える部分は、まだ湿気が残っ
ていて、中央部付近には、微かに水たまりも残っている。
・トラクターのところまで歩いて行くのに、長靴を履いた足が
5センチほどもブスブスと沈んで行く。
・23日以来28日まで晴天続きで、この間の総日照時間は51
時間、日平均8.5時間、それでもこんな状況とは酷いもんだ。
・南北に並んだ畝の最西部、この畑の比較的高い部分に移って
試し掘りをしてみる(ワセシロ)。
・通常、収穫機上には3~4人載せて走行するが、テスト走行で
1人だけ載せて、ゆっくりゆっくり(2キロ程度のところを1.5キロ
程度に落として)走行、2~3列掘ってみる予定が、1列掘り始めた
所で、霧雨が舞い始める。300~350キロ程度掘った所で中止。



c0048643_20233611.jpg
・加工販売用にLMクラス、個別販売用にやや大きめのSクラス、
種イモ用(やや小さめのS以下)及び廃棄芋とざっと選別する。
・全体に極めて良質で、収穫機上に土はほとんど上がって来ず
腐敗その他の障害芋も殆どなし。収穫機上に人を載せる必要も
ないくらい。
・左側の大袋がLMクラス(250キロ余)、右側の小袋が種イモ
用(50キロ程度)、コンテナが個別販売用(25キロ余)、ビニール
袋の半分程度が廃棄芋(10キロ余)⇒360キロ余(10/03追記)
・水に浸かって腐敗した可能性のあるものは10数個か?
・但し、数日後に出る場合があるから保管して様子を見る必要が
ある。
・試し掘りをしてみた限りでは、ワセシロに関しては台風による
大雨の実害は微々たるもののようだ。⇒大雨対策、サブソイラー
・男爵は、4列程度に被害芋が出るだろうか??



【今日の空模様】特徴:   、最低・最高気温:    度、日照:     時間、


2010年7月は何をやってた??

****************
【日々雑纂】
[PR]

by agsanissi | 2011-09-29 20:38 | ジャガイモ
2011年 09月 25日

水が湧く

・左は、昨日と同じ写真(9/24の10時半)、右は今日の15時36分。
・ほとんど乾いているかと期待していったが、あに図らんや、却って水が湧き出したように増えている。上方または
畝から滲み出した水だろうか。水に浸かっていた芋は、表面はなんともないが、内部は腐り始めている。
・29日頃、試験的な掘り取りをやってみようかと思ったが、前線と台風17号の接近で19~21日頃の天気の
再現となる可能性も出てきた。その前、28日はどうか?
・そもそも、畑を荒らさずにトラクターが脱出できるかどうかも怪しい!!
c0048643_19452076.jpgc0048643_19461094.jpg















◆カボチャの採集完了
・東23のカボチャ、すべてを採集して作業場に運搬する。2~2.5㌧位あるだろうか?
・2人で実質6時間ほど。改めて、バックホーの威力をつくづく感じた。

【今日の空模様】特徴:   、最低・最高気温:    度、日照:     時間、


****************
【日々雑纂】
[PR]

by agsanissi | 2011-09-25 20:03 | ジャガイモ
2011年 09月 25日

だいぶ引いてきた

・左は、9/23の9時23分。右は9/24の10時半。水に浸かり始めたのが9/21深夜から22日にかけて。
・一部は依然として水が溜まっているけれど、ここはすでに掘り取り終わった部分。まだ掘り取ってないのは
トラクターの車輪がまたいでいる畝とその隣2列、及び5列おいてやや高めの畝の3列。その左方は全く手を
つけていない。点々と畝周辺に芋は散見されるのは、掘取中にこぼれた芋。
c0048643_19541194.jpgc0048643_5265034.jpg














◆9月の降水量の記録
・普代の「日降水量」の歴代記録をみると、87/09/17が最高で225㍉、今回の168㍉は第7位。僕が、普代で
ジャガイモ栽培を始めてからは、04/09/30の220㍉、07/09/17の180㍉が2位、5位に入っている。
・04年は、8月中に9回芋掘りをやって8/28に終わっている。07年は8~9月中に11回やって9/15に終わった。
07年は、8月中に10回やって、その後2週間おいて9/15に一回やって完了、間一髪間に合う。
・というわけで、芋掘り中に、これほど畝が水に浸かった経験は初めてということになる。


【今日の空模様】特徴:   、最低・最高気温:    度、日照:     時間、



****************
【日々雑纂】
[PR]

by agsanissi | 2011-09-25 05:37 | 気象/季節メモ
2011年 09月 23日

台風一過

c0048643_18575978.jpg
・台風15号は浜松市に上陸し、21日午後9時福島県相馬市付近を通過して太平洋に抜ける。
・普代村は、21日24時から22日1時にかけて風雨が最も強い。時間雨量は24時に34㍉、
1時に32ミリを記録。
・風は20時過ぎから翌日3時過ぎまで最も強く、最大瞬間風速は16~17㍍、もっぱら北北東
または北東風。
・雨は、17日から断続的に降り続いていたが、20日午前4時以降は22日午前3時過ぎまで
48時間休みなく降り続き、17~22日の累積雨量は約290㍉、内20~22日に250㍉降る。
これは年間雨量の1/4~1/5に相当する。



・現在、畑にある作物は、ジャガイモ、ダイズ、人参、かぼちゃ、その他わずかに小豆、菜豆。

c0048643_19263246.jpg
大豆畑は、風が渦巻いたようにかき回され、倒伏気味。
このあと立ち上がれるかどうか分からないが、
ざっと見て回った印象では、今のところ被害は2~3割程か、
この大雨が豆肥大期の要水量確保に役立てば不幸中の幸い。









・カボチャの畝間に試験的に播種(11/07/21参照)したダイズが程よく育って、雑草を抑制している。
カボチャの領域には、ツユクサがびっちりと密生(やや薄緑の部分)しているが、これはこれでカボチャの
日焼けを防いで、思わぬ効果を発揮している(このあとのツユクサ退治は難題だ!)。日に当てられた
カボチャは、やや黒っぽく変色しているが(やや採り遅れだな)、ツユクサに覆われた部分は鮮やかな
緑色を保っている。尤も、加工用としての商品価値にはさほどの影響はないかな?
・今日は、比較的天気が良かったので、カボチャを採取。この畑(東23⇒Google地図で見る)は、
東14以上に水はけが悪くぬかるが、ダイズの根が張っているせいか、入れぬことはない。
所によっては長靴が15~20センチも沈む場所もある。左は、ユンボでカボチャを拾い集めた走行跡。
c0048643_19363014.jpgc0048643_19365912.jpg













・東14のジャガイモ畑、17日の掘り取りに備えてチョッパーとカルチをかけて草刈りをした
部分は、一部水に浸かっている。畝が完全に水没した部分を除けば、ジャガイモの多くは
水に浸かった部位よりも上にあるから、被害は1~2割といったところか?
但し、このあと数日畝間の水が引かなければ腐敗が進行する。
c0048643_19541194.jpgc0048643_19543631.jpg













c0048643_201275.jpg
・東14の西側、やや高い方の畝に植わっているワセシロは、幸い、
水は溜まっていない。しかし一部、ズラッと列状に芋がむき出しに
なっている。16日に掘り取り前にチョッパーとカルチを掛けた際に
むき出しになった部分と大雨で畝間の土が流された部分とある。
畝から転がりでた芋を、拾い集めてみた。
去年のような奇形・変形は少なく、概ね標準形をしているが、中で
特大に育った芋は756グラム、コブがいくつも飛び出している。







【今日の空模様】特徴:   、最低・最高気温:    度、日照:     時間、



****************
【日々雑纂】
[PR]

by agsanissi | 2011-09-23 20:13 | 作業メモ
2011年 09月 21日

作業メモ

【今日の空模様】特徴:   、最低・最高気温:    度、日照:     時間、



****************
【日々雑纂】
地震予知は刑事罰裁判の対象になりうるか?イタリア中部のラクイラで、300人以上の死者を出した2009年の地震について、
発生前に住民に対する十分な警告を怠ったとして過失致死罪で起訴された科学者や専門家7人に対する初公判が20日、開かれた。

(WSI、11/09/21から、参照
[PR]

by agsanissi | 2011-09-21 13:28 | 日々雑纂
2011年 09月 20日

作業メモ

・東6(Google地図参照、点々と見えるのは鴨糞、ナスカの地上絵のように見える模様はバックホーの走行跡)で、枝豆に頃合いかと
黒大豆を採取してみた。下の方はまだ充分に実が入ってない。茹でても、今ひとつ充実していない。枝豆としても、あと10日ほどか?
根粒菌はそこそこ、豆付きは比較的充実、草丈は腰高。

c0048643_13153077.jpgc0048643_13154981.jpg















【今日の空模様】

c0048643_17279.jpgc0048643_1722316.jpg



















c0048643_17163341.jpg

特徴:前線は中部地方まで南下。北海道&青森を除く、ほぼ全域で
雨が降っている。また北海道&埼玉を除く全域で何らかの警報&
注意報が出されている。3/11以降、日本列島全域が天変地異に
見舞われているかの印象を受ける。
17日から断続的に降っていた雨は、今朝4時過ぎから絶え間なく
降り続いている。
最低・最高気温:13.4/15.2 度、日照:ゼロ  時間、



****************
【日々雑纂】
名古屋市が8万人に避難指示 101万人に避難勧告、名古屋市は20日、
大雨による川の増水で危険が高まっているとして、守山区、北区の約3万世帯
の約8万人に避難指示を出した。市では天白川、庄内川が氾濫する恐れがある
として、約44万7千世帯、約100万8千人に避難勧告も出している。
[PR]

by agsanissi | 2011-09-20 13:18 | ダイズ
2011年 09月 19日

作業メモ

◆天候とジャガイモ掘り
・9/17までの約40日間に収穫作業を4回やっている。8/10、8/29~31、9/10、9/17で計34時間。
・8月前半は、ほとんど日照りのような状況、8/15から9/18までの35日間の内、アメダスに記録のある降雨日数は20日間、
3時間以上の日照のあった日数は13日間。
・ジャガイモ掘りの直前の降雨と日照時間との関係をみると、8/10を除外すると、8/15~25に断続的に125㍉、26~28日の
日照時間は25時間。29日の朝から始め31日昼まで、午後は雨。8/31~9/6まで99㍉、7~9日に23時間の日照があり、
9/10の午後2時まで芋掘り。9/10~13まで40㍉の雨、14~16日間に20時間の日照があり、9/17に午後2時半まで芋掘り。
・8月中は西7、9月に入って東14に移動、東14で約11時間で1/3強まで終わったところか。
・西7は、南北にやや急な傾斜(西7をGoogle 地図で見ると⇒参照)、東14は東西に緩やかな傾斜だが、殆ど高低差はない
うえに、17日の掘り取り部は、やや湿気がたまりやすい。


【今日の空模様】特徴:   、最低・最高気温:    度、日照:     時間、



****************
【日々雑纂】
2型糖尿病患者の心血管リスク、9月12~16日にスペインで「欧州糖尿病学会」が開催された。そこで2型糖尿病と心臓・冠動脈
リスクとの相関関係
に関する二件の報告が発表されている。
・一つは、「2型糖尿病患者における長期心血管イベントと死亡リスクの予測因子は、空腹時血糖値ではなく、食後血糖値である」と
いうもの(日経メディカルOnline、9/17から、参照)。
・「これまでに、健常者を対象に行った試験で、食後2時間の血糖値が、空腹時血糖値よりも、総死亡リスクに関するより強い予測因子
であることは明らかになっている。

・イタリアの研究グループは「2型糖尿病患者505人について、試験開始時点で、空腹時血糖、朝食後2時間血糖、昼食後2時間血糖、
夕食前血糖、HbA1cの5つの血糖コントロール指標を調べ、心血管イベントと総死亡との関連を分析した。

・色々なモデル分析の結果、「昼食後2時間血糖とHbA1c値」は、心血管イベント発生と総死亡リスクの重要なリスク因子だった。
・会場からは、「なぜ朝食後でなく昼食後血糖が有意だったのか」との質問があり、これに対して「イタリアでは、朝食は軽く済ませ、
昼食はたっぷり食べる習慣があるからだろう」と回答された
。日本では、さしずめ夕食後2時間の血糖値が最も重要なリスク因子という
ことになるか。
・もう一つは、「包括的リスク管理を受けた日本の2型糖尿病患者では心血管リスクが低い」という日本人研究者の報告。(同上、9/15、
参照

・「日本糖尿病学会が推奨する包括的なリスク管理」を行っている「心血管疾患の既往がない2型糖尿病患者2984例」を対象に欧米・
豪州の糖尿病患者コホート研究(「コホート研究」の意味はWikiを参照)と比較対照した結果、心血管疾患と心血管疾患死の発生リスク
は日本人の2型糖尿患者では明らかに低かった、というもの。
・日本人の患者は、追跡期間中、90人が心血管疾患を発症し、5人が死亡した。1000患者・年当たりの発生率を求めると、冠動脈疾患
は4.4、虚血性脳卒中3.1、末梢動脈疾患0.7、心血管死亡0.5となった。他の患者コホートでは、冠動脈疾患が10.8~30.3、脳卒中
5.6~6.8、末梢動脈疾患2.3~4.2、心血管死亡1.8~7.6だったのに比べて有意に低かった(p<0.01)。

人種別にみた2型糖尿病患者の冠動脈疾患発生リスクは、白人では10~30(1000患者・年当たり、以下同)、日本人では6.9~9.4、
虚血性脳卒中については白人で5~7、日本人で9.3~11.3と報告されており、今回のJDDMコホートの方が心血管疾患の発生リスク
は低かった

両報告とも、必ずしも新しい知見というわけだはないが、単一の指標によってだけではなく、より総合的に判断する必要性の認識、また
治療法に関しても薬物療法だけではなく食生活習慣・生活習慣を含めた、より包括的リスク管理が必要だという認識が広まってきた証左
とはみられる(尤も、僕は、2型糖尿病の場合、薬物療法は本質的治療法ではなく、食生活習慣・生活習慣を充分に変えられない人の
ための補助的・代替手段に過ぎないとみなしている)。

参考資料:糖尿病患者の脳心血管リスクとその管理= JDCSのデータから
[PR]

by agsanissi | 2011-09-19 08:42 | 日々雑纂
2011年 09月 18日

作業メモ

・昨日のジャガイモ掘り、8~14時半まで(アメダスでは16時0.5ミリの記録、実際には13時過ぎからポツポツと)
・土の湿気が多く、湿気の割には比較的順調とはいえ、部分的に畝間の雑草(特にコールタと掘り取り刃の境界付近の雑草)が
多いところは、土が重く、雑草と絡み合って、分離できず、やや難航する。
・前回10日とほぼ同量、4~5トンは掘りとっただろうか。
・前回に比較して、やや小ぶり化して、2Lクラスが減り、ML比率が増えたような印象。部分的にSクラスの小芋が処理に困るほど
上がってくる部分がある(東側10列目付近の北より。思い当たる要因がない!)
・西7の男爵芋と播種期は同じ(4/26)。オケラの食害(?)、腐敗、その他の障害芋は、(西7に比べ)極めて(ないと云っても
良いほど)少ない。
・東14の畑をGoogle地図で見ると⇒参照

c0048643_582150.jpg・コンテナの収納量が、畝一周ではやや少なく、一周半程度で満載に
なるが無理をして二周していたところ、畝長がやや長めになったことも
あって、限界点を超えて、コンテナのコンベアが動かなくなってしまった。
・丸印内のチェーンが伸びきって、空回りしている。ここは簡単に補正
できたが、今年になって一挙に4箇所、チェーンの不具合が見つかった。
・やはりチェーン類の点検をはじめ、全面的な見直し・整備が必要な時期
に入ったようだ。
・機械も自分も、あと二十年は無理としても、十年以上はフル活用したい
ものだ!








【今日の空模様】
特徴:前線は、昨日から南下して、下北半島から朝鮮半島の南端にかかっている。前線に沿って雨域が広がり、130度線付近で
雨雲はまっすぐ南下している。降り始めから今朝7時までの、普代の積算雨量は28ミリ。
最低・最高気温:    度、日照:     時間、



****************
【日々雑纂】
地球環境と先進諸国の食習慣、昨日、ちょっと触れた《The Food Revolution》、文明的視点から云々と書いたけれど、この本が
《Revolution》と銘打っている理由は、人間の健康にとってばかりではなく、「地球の健康」にとっても食習慣の根本的転換が必要だ
と説いている点にある。
・序文の一節から、Comparing eating little or no animal products with driving a Prius,and likewise comparing
eating meat with a Hummer,may seem farfetched.But this comparison,as striking as it is,actually understates
the amount of greenhouse gases that stem from meat production.In 2006,a Univesity of Chicago study found
that a vegan diet is far more effective than driving a hybrid car in reducing our carbon footprint.

・二酸化炭素の排出抑制には、プリウスなどのハイブリット・カーに乗り換えるより、肉食文化を菜食文化に転換する方が、より効果的と
いうわけだ。
[PR]

by agsanissi | 2011-09-18 04:59 | ジャガイモ
2011年 09月 16日

カボチャの収穫

・数日前から、ぼちぼちカボチャの収穫を初めた。東23&今日は西8(西8はほぼ完了)、例年より二週ほど早め。
・茎葉は、全体にやや小ぶり。今年は、初期に雑草取りをやっただけで、中期以降は全く放任栽培で、追肥もなし。
・果実は、数も一個あたり重量もやや少なめ。しかし味は充実している。
・去年は、夏の高温と追肥とが重なって、肥大は進んだが、質的にはやや劣る感あり。今年は反対に、質的には充実
しているが、やや肥大が不足気味。
・外観も、非常に良い(去年は、イボイボの多数出たものが多かった)⇒季節柄か、適期収穫か?
来年の課題は、肥料切れの状態を観察しながら、代謝活性剤を中心に活用すること。一種の綱渡り状態。


◆ジャガイモ収穫準備
・午前中にチョッパー(東14、14列)、午後3時過ぎにカルチの深耕爪を入れる。表土は乾いて見えるが数センチ下は
かなり湿気を帯びている。
・前線は、北海道中部まで上がって、昨晩の雨は免れたが、明日は昼過ぎから雨の予報。
・来週は、雨続きの予報。明日は唯一の機会だが、さて何時まで出来るか??

◆お知らせ
・この「作業日誌」を読んでいただいて、僕にコンタクトを取りたいけれど「どうしたら良いか分からない」との声を伺った。
・コメント欄に「コンタクトを取りたい」旨の書き込みを「非公開」欄にチェックを入れた上で書いていただいても良いし、
・「agsanissi@excite.co.jp」のメールアドレスも(僕専用のアドレスとして)使えるようですね。

【今日の空模様】
特徴:僕が普代に来て以来「15日を過ぎて30度以上の記録があったかしら?」とさかのぼってみたところ、
結構あるもので「記憶なんて当てにならないな」と改めて実感した。去年は、暑い夏で9月に入ってもいつまでも
暑かったように思っていたが、中旬以降は順調に下がっている。一方、30度を上回る「遅い記録」は07年9月に
20-21日に30-31度、99年9月に25日に30度という記録がある。今日は11時前に31度、明日以降は雨模様で
気温は下がり気味。
・最低・最高気温:18.6/31.3度、日照: 9.9 時間、


****************
【日々雑纂】
簡単に改善する動脈硬化、真島消化器クリニックのサイトの「脳梗塞・心筋梗塞の完全予防法」(参照)の中に、「簡単に改善する動脈硬化」
という記事が載っている。その一節、
・食習慣の改善を前提としてプラークは改善しますが、血液サラサラ薬+脂質改善薬を如何に強力に使用しても、プラークの改善は望めない
と・・私の4年間の経験ですが。
・“禁煙”“減塩”“高血圧を厳しく管理”“肥満のダイエット”“運動”“サプリなど身体に補給”しても「焼け石に水」「的はずれな努力」というもの
です。色々努力したいなら、まず糖類・劣化コレステロールの厳格な摂取制限&アルコール多飲の禁止を実行してからにしましょう。
・「脳梗塞後・ステント治療後・バイパス治療後・・いずれの場合も、担当医から食事内容の脂質・糖類の制限(薬物による血液の脂質管理では
なく)を指導されている患者さんは極めて少ないという事実・・・、このことが脳梗塞の再発・ステントの再狭窄など・・医師の管理下でさえ動脈
硬化が進行するという不思議・・を解決するヒントかもしれません・・。」

(同じく「糖尿病治療中」にもかかわらず合併症を発症する患者が多い事実)
僕自身は、多分、四年前に心筋梗塞を患い(胸が苦しくて半時間ほど寝ていて、その後三日間は農作業を休んで寝ていただけで、当時、
心筋梗塞だという自覚はなかった)、三年前には糖尿病を指摘された。心筋梗塞の痕跡は心電図に現れ、糖尿病を指摘された当時、HgA1cは
9.5あった。担当医は、入院とカテーテル検査・投薬を勧めるだけで、僕の食・生活習慣には何の関心も払わなかったので、入院も検査も断り、
投薬は当初の一ヶ月だけ、(担当医は全く当てにならないと考えたので)その後は自分で食生活を180度、「革命的に」変えた。
・その結果、半年後にはHgAicは6台に下がり、現在は5.6-5.7で安定している。プラークの検査はしたことがないけれど、血圧、運動量と
心拍数の変化、その他の兆候から判断して、プラークは仮にあったとしても四年前とは大幅に改善していると判断している。
・別段、他人には勧めはしないけれど、僕自身の経験から上記の指摘、動脈硬化・糖尿病の本質的治療法は(手術や投薬ではなく)「食習慣の
改善」が前提になるというのは、最も単純で、明快な基本的テーゼだと確信している。

・「食生活が基本的治療法だ」との指摘は、以前紹介したことのある《心臓病は食生活で治す》(エセルスティン著)の基本テーゼでもある。
最近、新たに《Dr.Dean Drnish's Program for Revesing Heart Disease》と《The China Study》とを改めて熟読したけれど、前者は
食生活に加えて精神生活が身体に与える重要性を強調し、ヨガや社会生活にまで関説しているのが特徴的。
・心臓病・ガン・糖尿病などが激増しているアメリカ社会の病巣を、文明的視点から捉えているのが、John Robbins の《The Food Revolution》
・僕は、「顔と母親がある」すべての食品を禁じているエセルスティンの勧めに、多少の違和感を持っていたが、この本を読んだら、「顔と母親がある」
(少なくともアメリカ製の)食品は、食べる勇気を失ってしまった(尤も、ほとんど食べたことはないけれど)。
[PR]

by agsanissi | 2011-09-16 19:10 | ジャガイモ