「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 29日

ジャガ芋播種

【作業メモ】


◆4/26、購入男爵の播種
・東6、
◆4/25、ジャガ芋播種機の調整
・ハローの耕深が、やや浅めのため、播種機の側で「播種位置の調整」を図る。
・左側の写真の排土板は、肥料を落とし、次いで土を被せながら芋を落としていくと云う順序。この排土板を
それぞれ約5㍉程度下げて、より深い位置に肥料&芋を落とすように調整する。購入以来初めて。
・17年使い続けて、多分、5㍉程度(あるいはそれ以上)はすり減っているか。
・右側、培土機の角度を調整して、より多くの土を被せるようにする。鎮圧ローラーのバネ位置を上げる。
c0048643_14434585.jpgc0048643_14443025.jpg










◆ 【2011年4月は何をやってた??】 ◆

-----------------------------------------------------
[PR]

by agsanissi | 2012-04-29 14:46 | 日々雑纂
2012年 04月 22日

ジャガイモ播種

・今日、ジャガイモを播く。
・東23にキタアカリを600㌔、東6に男爵(自家タネ)600㌔を播く。
・やや大ぶりの芋にシフトするため株間を、31.5センチから37.5センチに変更する。
・畝間は、5年ほど前に72から75に変更したが、株間の変更は17年前にジャガイモ生産を始めて以来。

・播種までの作業工程は、昨年末にプラウで天地返し。今年、サブソイラー(4/17&20)。
c0048643_19503597.jpgc0048643_19505243.jpg










・4/21にハローで整地。例年はロータリーで整地をしているが、今年は何年ぶりかでハローで。
ハローの耕深はやや浅めで(15~20センチ)、芋が地表面に出てしまうことがあるので、通常は
ロータリーを使っているが、作業能率がロータリーの時速2㌔前後に対して、ハローは5~6㌔で
作業できる点が、断然魅力的。
・覆土対策は別に考えるとして、取り敢えず、ハロー耕起でやってみる。
c0048643_2019971.jpg

・今日播種した52列(東23に30列、東6に22列)の
うち、芋が地表面に出たのは3列、各数メートル程、
トラクターのタイヤの踏跡や段差のあるところなどの
特別の事情のある場合で、一般的には問題なし。
・やや覆土を厚くするなどの工夫が必要。




c0048643_20313575.jpg

・播種直前のキタアカリ。キタアカリの芽の動きは良好で
先月末にハウス内に広げて、まだ三週間程度。
・芽の動きは、最も早く、先週から、畑さえ準備できれば、
いつでも播ける状態になっていた。







◆ 【2011年4月は何をやってた??】 ◆

-----------------------------------------------------
[PR]

by agsanissi | 2012-04-22 19:52 | ジャガイモ
2012年 04月 08日

ハウス周囲の洪水

c0048643_694416.jpg・3月初めから昨日までの和野山付近の気温の
推移を見てみると、右のようになっている。
・日付欄の赤線は、降雪日。3-6日に44、
9-13日に46、23-25日に53㍉降っている。
・これがちょっと融けては積り、融けては積りを
繰り返し、3/25,26頃には50~60センチにも
なっていた。
・28~30日と気温が高く、31日にハウス内に
浸水。この時は比較的軽傷。3、4日と再び
気温上昇、雨風とともに雪解けは一挙に進み
3月末までは真っ白だった畑は、5日には
ほぼ9割方露出。
・4日から5日朝にかけて、再び浸水。今度は10~15センチ程度泥水をかぶった模様。4日は終日強風が
吹き荒れたため、終日在宅。様子を見に行って、つい手を出したくなるような事態を避けるには、自然の
脅威が静まるまで、じっと我慢の一手しかない。
・5日朝には、大方の水は引いた跡。5日は、強風で破損したビニールなどの補修&浸水したジャガ芋の
反転。5~8日と、一通り大ハウス内のジャガ芋の反転&浸水対策を終える(男爵4㌧+ワセシロ2㌧)。
・泥水を一時的にかぶっただけで、当面、浸水による腐敗や凍結(5~7日と、最低気温は△5度前後まで
下がっているけれど)などの被害はない模様。

◆ジャガ芋の浴光育芽の開始時期&芽の動きをまとめておくと
・3/20、購入男爵3㌧(芽は微かに動き始める、芋は良質
・3/21、自家男爵1㌧(やや動き始める
・3/27、自家ワセシロ2㌧(やや動き始めるか
・3/29、小ハウスにキタアカリ約0.8㌧(比較的良好
・4/01、小ハウスに十勝こがね500㌔(殆ど動きが感じられない、芋は良質
・4/02、大ハウスに購入ワセシロ600㌔(芋は極めて粗悪品;最終的に6割は残るか??

◆ 【2011年4月は何をやってた??】 ◆

-----------------------------------------------------
[PR]

by agsanissi | 2012-04-08 06:18 | 気象/季節メモ
2012年 04月 07日

春が遅い

・3、4日の低気圧通過後も、北日本には次々と低気圧が発生し、安定しない天気が続いている。
晴れたり曇ったり、いきなり吹雪に変わったかと思う間もなく、晴れ間が広がったり、めまぐるしく変化する。
・例年なら、3月第四週にはネコヤナギが芽吹き始めているが、今年はまだ。「ネコヤナギ」と当ブログ記事
を検索してみたところ、二件ヒットした。
・08/04/03の記事(参照)に「さて、温かいのかというと、ネコヤナギの芽吹きが、いつになく遅いようだ。
そういえば、31日前後には鳴き始めるヒバリの声を、まだ聞いていないなと思い出したところ今日は久しぶり
の晴天で、天高く舞っていた。」とある。
・今年は、ヒバリの初鳴きは昨日。午前中にほんのいっとき空高く舞っていた。3月一杯は、ほとんど白一色
の世界だったから(雪景色の中、空高く舞うヒバリはちょっと想像しにくい)、多分、昨日が初鳴きだろう。
・一方、ジャガ芋の芽の動きは遅い。最初に広げたのは、3/20だから18日目に入る。購入男爵の芽は
殆ど目立たない。自家タネのキタアカリや男爵の芽は、保管状態の差もあって、比較的動きが良い。
キタアカリは、畑の準備が出来れば直ぐにも蒔けないこともない。
・写真は、左がキタアカリ、右は自家男爵。
c0048643_19484998.jpgc0048643_194997.jpg











・購入タネの芽の動きは遅い。特に右の十勝こがねは、殆ど芽が動いていない。
c0048643_19531994.jpgc0048643_1955847.jpg












・これはワセシロ。左は自家タネ、泥をかぶった跡。右は購入ワセシロ。ワセシロは、北海道産も岡山産も
去年の夏に予約を入れたったが、「不作」で入手できず。B級品なら入手できるといことで、最初から
二割程度は「捨てるつもり」で購入した。とはいえ、あまりの劣品に開けてびっくり。病気持ちでない物を
探せないくらい例外なしに悪い。「よくこれほどの粗悪品を集められたもんだ!」と感心するほど悪い。
c0048643_205445.jpgc0048643_206194.jpg












c0048643_20111049.jpg
・これで「検査合格品」というから
驚きですね!一体、何のための
どんな検査をやってるのかしら??

・左側に添付した二本線の入った
証票が「種馬鈴しょ検査合格証票」、
二度と購入しないよう生産者名を
しっかりと確認するためだけに
役立つ「証票」に過ぎませんね。








◆ 【2011年4月は何をやってた??】 ◆

-----------------------------------------------------
[PR]

by agsanissi | 2012-04-07 13:51 | ジャガイモ
2012年 04月 06日

悪戦苦闘

・先月末から大雪・その雪の急激な雪解け・浴光催芽中のジャガ芋の浸水・一昨日の強風・車の故障etc
・この時期、去年の地震&津波は山の上で、殆ど知らぬ間に通りすぎてしまったが、今年は津波と台風が
一緒に襲ってきたような、悪戦苦闘。それも昨日で、やっと人心地がつきました。
・昨夜は、久しぶりにブログを更新しようかと思いきや、強風のあおりで村の「高速無線システム」がダウン。
ネット接続ができませんでした。
・昨日は、少なくとも表面上の水は引いた後なので、風に煽られて破損した部分のビニールの補修。
・今日は、購入した男爵芋を広げたり、反転をしたり。10~15センチ程度、泥水をかぶった形跡は残って
いるが、浸水で直接ダメージを受けた様子は今のところありません。地面を充分に均していないので、未だ
に水の溜まったところも散見されます。それでも水に浸かった時間は、長くとも半日。酸欠で腐れる時間で
はありませんが、夜明け前の凍結が問題ですが、幸い温かったせいで、凍結害は少ないくらい。
・まだ途中経過ですが、浸水による実害は殆どないか、至って軽傷の模様。

・写真は、3/30昼前のハウスの周囲の様子。ハウスは西7と西8の畑の中間部の最も低い場所(Google
地図で見る、参照)にあって、急激に雪解けが進めば、音を立てて流れこんでくる。
・尤も、こんなに大量の雪も珍しいし、一挙に雪解けが進んで洪水のように溢れたのも初めて!
c0048643_1333835.jpgc0048643_134115.jpg











・3/31日には、掘割を更に延長し、4/01には廃船を沈めて土盛を重ねたけれど、4/03は急に17度付近
まで気温が上がり、雪解けが一挙に進んで、土盛を越えてハウス内にも泥水が流れ込んだ模様。

c0048643_19324320.jpgc0048643_19331750.jpg













◆ 【2011年3月は何をやってた??】 ◆

-----------------------------------------------------
[PR]

by agsanissi | 2012-04-06 07:41 | 日々雑纂