農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 20日

「異常天候早期警戒情報」

昨日、東北地方の太平洋沿岸部に「低温に関する異常天候早期警戒情報」が出された。

c0048643_1439308.pngc0048643_1440590.png










4-5月頃は、僕は「北部沿岸部は今年の夏は冷害の可能性」があるのじゃないかと
懸念していた。その後、5月の下旬頃から「平年並みに」戻ってきた頃から、ひとまず
「平年並みかな」とホッと息抜き。

長期予報でも7-9月の気温は「高い」と予測されていた。

ここに来て東北北部は、にわかに逆転予報。ここ数日も、かなり低温。
オホーツク気団が強く張り出し、太平洋高気圧は後退する見通しだそうだ。
そうなると「梅雨明け」は長引き(「梅雨明け」がなくなることも!)、
低温多雨&濃霧の日々が、「これでもかこれでもか」と続く。

そうなれば、賢治のように「寒さの夏はオロオロ歩き」しか手はない。
僕が普代に来る前の年、1993年は冷害で沿岸部では米は一粒も取れなかった。
その後、何度か「冷夏」の年はあったけれど、こんなにひどい冷害はなかった。

暫く、そんな経験も忘れていたけれど
    「災害は忘れた頃にやってくる!」との名言は、忘れたくないもの。
一昨年の災害でも、
先祖からの言い伝えを忘れてしまったかどうかが、明暗を分けたようだ。

*****************************************************    
[PR]

by agsanissi | 2013-07-20 16:05 | 気象/季節メモ
2013年 07月 19日

大雨

寒気と偏西風の流れの織りなす偶然なのか、地形的特徴のなせる技なのか、
いずれ偶然なのか、必然なのか分からないけれど、
北緯38度線と39度線の付近を境に「気候帯」が違うのかな、と思うことがある。

それぞれ今朝7時までの24時間雨量と昨日の14時の気温、今朝5時半の雨の現況。
c0048643_7535699.pngc0048643_7542074.pngc0048643_7545263.png










昨日は山形県の豪雨、一昨日は岩手県区界の豪雨。共に観測史上初めての
集中的豪雨だそうだ。地形がすっかり変わってしまって、農作物が押し流された映像が
ニュースで報じられていた。
自然の中で、自然を相手に生きるということは、こういうことなんだな! とつくづく思う。

昨日たまたま読んでいたバルザックの《老嬢》の中に、こんなセリフが出てくる。
19世紀初めのフランス南部の地方都市を舞台にした「地方生活情景」の風俗描写だが、
「ジョゼットもジャックランも、農夫が天候の不順を甘受するように、こうした老嬢のむら気を
甘受していた。これら三人の善良な召使は、天を恨むこともなく、「天気がいいか、雨が降る
かさ!」
というのだった。」
自然との接点がますます薄れ、社会的接点だけが異常に肥大化している僕達の感覚は、
さてどうなのだろう?
自分の主観的錯覚がどうあれ、自然との本質的な関わり方は、(科学技術がどんなに
進んでも)少しも変わっていないようにも思えるけれど。

尤も、普代は”長雨”とは言えても、”大雨”というほどでもないけれど。

************************************************************
[PR]

by agsanissi | 2013-07-19 08:45 | 気象/季節メモ
2013年 07月 18日

久々に

長らく投稿しなかったために、ウッカリ「投稿方法」を忘れてしまって、チョット慌てた!

今朝から雨が降り続いている。久々に本格的な雨だ。
5月、6月と渇水状態が続いた。6月18日に東北北部も「梅雨入り」と発表されたけれど、
その後も、暫く渇水状態は続いた。
7月に入って、やや改善された。処によっては、ゲリラ豪雨に襲われ、逆の悩みのタネに。
県南の花巻地方では、渇水でダムの「取水制限」を発表した直後から、大雨洪水警報が
頻発されている。今日も県南方面は大雨洪水警報が出ている。

グラフは、普代の7/1から17日までの雨量・気温・日照の推移だ(アメダス地点)。
10日に一度だけ35度に迫るバカ陽気があったけれど、その後はやや低温。
黒崎は、朝晩、霧が入り、これよりは2-3度低めか。
昨日は「寒くて、ストーブを焚いた」などと言ってる人もいるほどだ。

c0048643_7402965.pngc0048643_7414670.pngc0048643_7423472.png








さて、こうした天候は農作物にとって、どんな環境だろうか?
今、畑にある作物は、実験的・家庭菜園的・自由放任・遊び的作物を除くと
ジャガイモ・ダイズ・それにカボチャと人参が少々だ。

ジャガイモは、4月半ばに播種。ダイズは6/23&24と7/2。人参は6/17。

ジャガイモは、5月上旬には出揃うと見ていたが、渇水と低温のせいか、5/20頃に出芽揃い。
見込みより、7日から10日遅い。6月中頃までは、例年より「やや遅れ気味」と見ていた。
その後は、比較的順調か。
写真は、西11(男爵)の6/1、6/13、7/01の様子だ。
チョット、バラツキもあるけれど、この程度なら許容範囲だろうか。(クリックして、拡大)
c0048643_914840.jpgc0048643_858487.jpgc0048643_941093.jpg






ダイズは、(種子持ち込みで”契約栽培”を打診されたブラジル産・遺伝組み換えではない・
ダイズを除いて)播種時期が天候に恵まれたせいか順調だ。
例年、10日から最長二週間かかった出芽揃いに、今年は5~7日で揃った。
写真は、播種から12日目、21日目の様子だ。
c0048643_14131478.jpgc0048643_14142593.jpgc0048643_14145671.jpg



******************************************************
[PR]

by agsanissi | 2013-07-18 07:15 | 作業メモ