農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 22日

「涼しい」を通り越して、やや「寒いな」

左は、午前3時の霧分布の様子。次は午後3時のレーダーアメダスの雨域と気温分布。
上空1500㍍付近の気温分布図を見ると、雨と気温の境界線付近が寒気と暖気の
接点に成っている。
こういう気圧配置が、度々現れるようだと「低温に関する異常天候早期警戒情報」も
いよいよ現実味を帯びてくるのかしら。
c0048643_15485417.pngc0048643_15492252.pngc0048643_1549471.png








昨日は19時過ぎから霧雨、今朝は濃霧。14時半頃から雨。明日は時々雨の予報。
16日以降~21日までの最高最低気温は
20.5/14.5,19.8/17.2,18.7/17.2,18.0/14.7,19.2/14.3、21.1/15.7。
日照時間は、20日に1.4時間,21日に5.6時間で、他は今日も含めてゼロ。

おかげでジャガイモの茎葉は長生きしているけれど、
こうなると疫病(昨日までの処、その徴候はないけれど)の心配がにわかに出てくる。

****************************************************
[PR]

# by agsanissi | 2013-07-22 16:28 | 気象/季節メモ
2013年 07月 21日

「政党としての」総決算

「政権としての」決算は、先の総選挙で付いた。
今度の選挙で、民主党は「政党としての」決算を迫られる事になるのかな。

今日のBLOGOSに門田隆将氏(僕は、どんな人か全く知らないが)が、
   こんなことを書いておられる。

果たして民主党は、今後、どんな末路を辿るのだろうか。私は6月26日の
ブログに「民主党は参院選後“存在”できるのか」と書かせてもらった。国民
を失望させ、求心力も消えた政党がどんな四分五裂を見せるのか、それが
気にかかったからだ。

衆議院と参議院の差はあるとはいえ、4年前に史上最多の「2984万票」を
集めた政党は、どこまで坂道を転がり落ちるのだろうか。これから民主党が
辿る道は、有権者の怖さと怒りを見せつけるという意味で、日本の政界で
これまで見たことがないような「残酷なもの」になるような気がする。


選挙が、どの程度、民意を反映しているのか疑問のあるところだけれど、
個々の政治家に対する判定はともかく、ある政党の政権担当能力に対する
大局的判定は、概ね間違っていないのかな(あるいは、政党に対する全体的
評価は、その時代の国民的願望を概ね反映しているのかな)とは思う。

民主党の一部の勢力の母体に成る社会党は、
敗戦直後の1947年4月の第23回衆議院選挙で143議席を獲得、比較第一党
になり社会党委員長の片山哲を首班とする片山内閣が成立した。
二年後の次の総選挙では41議席に激減し(代わって共産党が35議席を獲得)、
その後、約半世紀に亘って政権とはまったく無縁の政党になってしまった。

1994年、自民党の自滅的な凋落から、瓢箪から駒のように村山富市社会党
委員長を首班とする村山内閣が生まれたが、これを転機に社会党は「政党として
の」命を自ら立ってしまった。壊れたレコードのように馬鹿の一つ覚えを繰り返す
社民党が、卒塔婆のような名残をとどめている。
それでも社会党には「綱領」もあったし、政党としての矜持も・それなりの一貫性
もあった。

民主党は、「綱領」もない・政党としての最低要件さえも欠いたポピュリズムだけが
売り物の夜合集団でしかない。そして現代のポピュリズムの最大のアキレス腱は
財政問題であり、案の定、財政問題でコケた。コケた後も、かつての民主党の二人
の元総理は、自ら醜聞をまき散らしてその凋落に拍車をかけている。

衆愚政治の名残に、どういう形の決着を付けるか・突きつけるか、
   それが今度の選挙の見所だ(「維新の会」にも、やや類似点がある)。

**************************************************
[PR]

# by agsanissi | 2013-07-21 17:44 | ミミズの寝言
2013年 07月 21日

ジャガイモの生育比較

4時頃は霧で見通しがきかなかったけれど、7時前に晴れ間が出てきた。
北西の空(西7の大豆畑で)と東側の空(西1のジャガイモ畑・ワセシロで)。
東側の空には、海上濃霧なのか霧が入ってきている。
昼前には、薄日が残っているが、全天雲に覆われ始めた。
週間予報では、明日の後半から雨で、その後は今月いっぱい曇時々雨、
最高気温は20-21度前後。ひょっとする、今朝が最後の晴天かも...。

c0048643_11303453.jpgc0048643_11311338.jpg









ジャガイモ作りは18年やっているけれど、去年は最悪の年だった。
7月第一週には、早くも茎葉の黄変が始まり、今頃の時期はもう老化し始めていた。

今年は、
西1のワセシロの生育ぶりは充分で、未だ青々としており、部分的に花が残っている。

これに較べると西11の男爵は、やや見劣りする。写真では分かりにくいけれど、
茎葉の丈もやや低いし、畝間が微かに見え隠れしている。部分的に黄変も見える。
ワセシロを100とすれば、男爵は80くらいか。
加えて、去年の畑の手入れが悪かったせいで雑草も目立ち始めている。
c0048643_11544521.jpgc0048643_11551193.jpg









それで、W11の男爵(キタアカリは充分と見て除く)に、10日と今朝、
代謝促進剤に尿素(及び10日はニガリも)を加えた500倍液を散布した。
今月一杯、茎葉が持てばベター、8月10日まで延長出来ればベスト。
[PR]

# by agsanissi | 2013-07-21 12:11 | ジャガイモ
2013年 07月 20日

「異常天候早期警戒情報」

昨日、東北地方の太平洋沿岸部に「低温に関する異常天候早期警戒情報」が出された。

c0048643_1439308.pngc0048643_1440590.png










4-5月頃は、僕は「北部沿岸部は今年の夏は冷害の可能性」があるのじゃないかと
懸念していた。その後、5月の下旬頃から「平年並みに」戻ってきた頃から、ひとまず
「平年並みかな」とホッと息抜き。

長期予報でも7-9月の気温は「高い」と予測されていた。

ここに来て東北北部は、にわかに逆転予報。ここ数日も、かなり低温。
オホーツク気団が強く張り出し、太平洋高気圧は後退する見通しだそうだ。
そうなると「梅雨明け」は長引き(「梅雨明け」がなくなることも!)、
低温多雨&濃霧の日々が、「これでもかこれでもか」と続く。

そうなれば、賢治のように「寒さの夏はオロオロ歩き」しか手はない。
僕が普代に来る前の年、1993年は冷害で沿岸部では米は一粒も取れなかった。
その後、何度か「冷夏」の年はあったけれど、こんなにひどい冷害はなかった。

暫く、そんな経験も忘れていたけれど
    「災害は忘れた頃にやってくる!」との名言は、忘れたくないもの。
一昨年の災害でも、
先祖からの言い伝えを忘れてしまったかどうかが、明暗を分けたようだ。

*****************************************************    
[PR]

# by agsanissi | 2013-07-20 16:05 | 気象/季節メモ
2013年 07月 19日

大雨

寒気と偏西風の流れの織りなす偶然なのか、地形的特徴のなせる技なのか、
いずれ偶然なのか、必然なのか分からないけれど、
北緯38度線と39度線の付近を境に「気候帯」が違うのかな、と思うことがある。

それぞれ今朝7時までの24時間雨量と昨日の14時の気温、今朝5時半の雨の現況。
c0048643_7535699.pngc0048643_7542074.pngc0048643_7545263.png










昨日は山形県の豪雨、一昨日は岩手県区界の豪雨。共に観測史上初めての
集中的豪雨だそうだ。地形がすっかり変わってしまって、農作物が押し流された映像が
ニュースで報じられていた。
自然の中で、自然を相手に生きるということは、こういうことなんだな! とつくづく思う。

昨日たまたま読んでいたバルザックの《老嬢》の中に、こんなセリフが出てくる。
19世紀初めのフランス南部の地方都市を舞台にした「地方生活情景」の風俗描写だが、
「ジョゼットもジャックランも、農夫が天候の不順を甘受するように、こうした老嬢のむら気を
甘受していた。これら三人の善良な召使は、天を恨むこともなく、「天気がいいか、雨が降る
かさ!」
というのだった。」
自然との接点がますます薄れ、社会的接点だけが異常に肥大化している僕達の感覚は、
さてどうなのだろう?
自分の主観的錯覚がどうあれ、自然との本質的な関わり方は、(科学技術がどんなに
進んでも)少しも変わっていないようにも思えるけれど。

尤も、普代は”長雨”とは言えても、”大雨”というほどでもないけれど。

************************************************************
[PR]

# by agsanissi | 2013-07-19 08:45 | 気象/季節メモ
2013年 07月 18日

久々に

長らく投稿しなかったために、ウッカリ「投稿方法」を忘れてしまって、チョット慌てた!

今朝から雨が降り続いている。久々に本格的な雨だ。
5月、6月と渇水状態が続いた。6月18日に東北北部も「梅雨入り」と発表されたけれど、
その後も、暫く渇水状態は続いた。
7月に入って、やや改善された。処によっては、ゲリラ豪雨に襲われ、逆の悩みのタネに。
県南の花巻地方では、渇水でダムの「取水制限」を発表した直後から、大雨洪水警報が
頻発されている。今日も県南方面は大雨洪水警報が出ている。

グラフは、普代の7/1から17日までの雨量・気温・日照の推移だ(アメダス地点)。
10日に一度だけ35度に迫るバカ陽気があったけれど、その後はやや低温。
黒崎は、朝晩、霧が入り、これよりは2-3度低めか。
昨日は「寒くて、ストーブを焚いた」などと言ってる人もいるほどだ。

c0048643_7402965.pngc0048643_7414670.pngc0048643_7423472.png








さて、こうした天候は農作物にとって、どんな環境だろうか?
今、畑にある作物は、実験的・家庭菜園的・自由放任・遊び的作物を除くと
ジャガイモ・ダイズ・それにカボチャと人参が少々だ。

ジャガイモは、4月半ばに播種。ダイズは6/23&24と7/2。人参は6/17。

ジャガイモは、5月上旬には出揃うと見ていたが、渇水と低温のせいか、5/20頃に出芽揃い。
見込みより、7日から10日遅い。6月中頃までは、例年より「やや遅れ気味」と見ていた。
その後は、比較的順調か。
写真は、西11(男爵)の6/1、6/13、7/01の様子だ。
チョット、バラツキもあるけれど、この程度なら許容範囲だろうか。(クリックして、拡大)
c0048643_914840.jpgc0048643_858487.jpgc0048643_941093.jpg






ダイズは、(種子持ち込みで”契約栽培”を打診されたブラジル産・遺伝組み換えではない・
ダイズを除いて)播種時期が天候に恵まれたせいか順調だ。
例年、10日から最長二週間かかった出芽揃いに、今年は5~7日で揃った。
写真は、播種から12日目、21日目の様子だ。
c0048643_14131478.jpgc0048643_14142593.jpgc0048643_14145671.jpg



******************************************************
[PR]

# by agsanissi | 2013-07-18 07:15 | 作業メモ
2013年 03月 22日

ハウスの開閉

ジャガイモの浴光育芽期間の、主な仕事は

 ・種芋の点検(病害芋や芽の動きの悪いものを排除する)
 ・ハウスの開閉(日中陽射しがあれば全開、曇の日でも5度以上あれば全開にする)
 ・種芋にまんべんなく光を当てるために、上下反転すること

今朝は、ジャガイモを広げたばかりで、ザッと一通り点検したので、開閉だけ。
暁方氷点下5度まで下がったが、日中は10度前後の予報。

例年、3月末から4月初めは降雪があるが(去年は、3月25日に畑は25センチの積雪だった)、
どうやら今年は3月末の大量の降雪はなささそう。

24~29日の週間アンサンブル予想図(参照)を見ると、
25日後半と28日夜半から29日にかけて天気は下り坂の様子。
例年なら、これが雪になりそうだが、今年は大崩れはなさそう。
c0048643_14442927.jpg

[PR]

# by agsanissi | 2013-03-22 14:27 | ジャガイモ
2013年 03月 21日

ジャガイモを広げる


自家製の種芋は、14日までに、すべてハウス内に運搬。
16日には、購入種芋(男爵及びワセシロ・キタアカリを各2㌧、500、200キロ)を搬入。
まだ気温がやや低いので、徐々に昇温を図る目的で、ダンボール又は袋詰のままハウス内に保管。
日中のハウス内の温度は、30度以上に達する。

19,20日の二日間で、すべての種芋を広げて、簡単に点検。保管中の腐れ・その他の障害芋を排除。
自家芋3.2トンに対して、約80キロ程度。保管前(前年中)に”念入り”点検しなかったわりには悪くない。
ワセシロに、やや病害が多く目立つのは、前年の種芋が悪かったせいか(通常の種芋が入手できずB級品)。

昨夜、二つ玉低気圧が通過し、深夜に一時降雪。2~3㌢か。
今朝は、一点の雲もない青空に雪がキラキラ輝く。軽い粉雪で、強風に吹き煽られ、砂塵のように舞う。

珍しく畑の雪は、自宅周辺よりも少ない模様。
道路には、殆ど雪は残っておらず、畑に雪も明日には消えるか。
ハウス内は、21度(気温は、9時に0.4度)、片側のみ開放する。
[PR]

# by agsanissi | 2013-03-21 09:46 | ジャガイモ
2013年 03月 14日

種芋準備

48歳で普代村に来て、今年で20年目に入ります。

昨日は、保管庫の種芋を運び出しました。例年になく寒い年で、「芋の状態はどうかな?」と
かすかな懸念もありましたが、全く問題なし。保管前に、充分に点検しなかったため、ちらほら腐れも
見られますが、これは点検したにしても避けられぬこと。

段ボールで200余、肥料袋で9袋、各2トン、1トン程度。
c0048643_8474237.jpgc0048643_8472551.jpg











今朝、いつも通り3時頃目覚めましたが、チョット腰回りが重い感じがして、
再び横になって6時まで寝てしまいました。昨日の疲れかしら....。
こんな時は、「年と取ったな!」 と自分でも実感します。
以前なら一日でやってしまったことも、最近は二日、三日かけてやってます。
これもまた良し!
[PR]

# by agsanissi | 2013-03-14 08:49 | ジャガイモ
2013年 03月 12日

仕事始め

すっかりご無沙汰してしまいました。
別段、何があったわけでもありません。
なんとなく疎遠に....なってしまいました。

今日は、今年の仕事始めです。心機一転、ブログも再開です。

種芋の浴光育芽の準備のため、ハウスの補修と内部の整理。
畑の雪は、数日前に、すっかり消えて、今日は小春日和です。

去年の今日は、大雪に見まわれ、畑には来られませんでした。
一昨年の今日は、前の日から今日と全く作業をやっていて、地震にあいました。

その時の実感は、「長い地震だな」と思っただけで、特別大きな地震とも、東北地方が
とんでもない災厄に見舞われたとも、全く想像だに出来ませんでした。
何か、とんでもない事態に見舞われているようだと知ったのは、停電の復旧したやっと
三日後のことでした。同じ三陸沿岸でも、ここは”ちょっと変わった”そんなところです。

去年の3月12日朝です。身動き取れません!    今年は、雪がすっかり融けました。
c0048643_8223423.jpgc0048643_828470.jpg
[PR]

# by agsanissi | 2013-03-12 22:33 | ジャガイモ